リピーターが選んだ優良店を一番多く掲載しているサイト

現在はキャッシングなどの借り入れの審査が厳しくなり、小額の現金を手にすることも簡単にはできなくなってきております。

もちろん、身内に内緒で必要だったり恋人や彼氏・彼女にばれない様になんてことを思っても難しいですよね。

そんなときにクレジットカードがあるだけで現金化できちゃう便利なシステムがあるんです。

もちろん高額な金利などはなく法律に基づく金利で返済可能です。

このサイトはユーザー(お客様)が直接クレジットカード現金化の業者に申込めるようになっており、色んな業者がいる中で厳選した優良店舗のみを掲載しております。

是非、安心してご利用ください。

1位
あんしんクレジット
あんしんクレジット

あんしんクレジットは当サイトでとても人気がある店舗の1つになります。リピーターの方も多く対応も親切丁寧。
キャンペーンも多いことから初めてでも安心して申し込めます。2011年度顧客満足度NO.1。
女性専用や法人用もありますのでオススメです。

2位
換金クレジット
換金クレジット

比較的に新しい現金化業者にも関わらず対応に定評があり、リピーター率が高いのが換金クレジットです。
「今日どうしてもお金が必要になった」「騙されるのは絶対に嫌だから安心できるところに申し込みたい」とお困りの方のお手伝いをさせてください。現金の大小に関わらず、個人の方はもちろん法人方でも大丈夫です。
まずはご相談からお待ちしております。

3位
和光クレジット
和光クレジット

数あるクレジットカードの現金化業者のなかでも、入金までのスピードが早いのが和光クレジットです。
「当日になってどうしても現金が必要になった」「現金は必要だけどキャッシングはしたくない」といった方から、会社の運転資金や借り入れの清算に現金が必要な方まで、すぐにお悩みを解決します。

4
キャッシュライン
キャッシュライン

満足度も非常に高く高評価、換金率も業界ではトップクラスと口コミも多いようです。初回契約者様への特典もありますのでお申込みのチャンスです。ご利用前のお客様対応も好感が持てますし、スマートフォンからのお問い合わせが増えてきとこともあり「電話で話すのは苦手だし」「メールではちょっと遅い」という方の為にLINEでの相談も可能です。

まずは現金化のご利用・使い方について知ろう

近年増加傾向にあるのがクレジットカードの現金化です。

今は殆どの方がカードを持っている時代になりました。

現金を持ち歩いている人のほうが少ないのではないかと思ってしまうほどです。

ポイントカードやETC、電子マネーとして使えるものなどさまざまです。

そんな時代ですからクレジットカードの現金化も主流になりつつあると言っても過言ではありません。

それだけ認知度が高くなってきたのですから色々な業者がいるのはおかしくありません。

もちろんどの業者でもご利用できると思いますし親切な店舗もあるでしょう。

ですが本当にお得なのでしょうか?
実はとっても損をしているかもしれませんよ。

そもそも、本当に安心してご利用できる業者なのでしょうか。

それにもっと高い還元率やお得なキャンペーンを行っているところがあるかもしれませんよね。

それはたくさんの業者がいる中で1つ1つ毎日サイトをチェックして見ていくのはとっても大変ですよね。

それに掲示板などの書き込みでも知りえますが誰が書いたものなのかはネット上ではわかりません。

そんな大変さがわかるからこそ作ったサイトなんです。

ですから、しっかりとご紹介している店舗を精査してご自身にとって一番ご利用しやすいものを選んでください。

また、最近ではamazonギフト券買取なども人気がりますので興味がある方はこちらの記事も読んでみてください。

このサイトは何処を何時間みていただいてもOKです。

そうして選んで頂いたことのほうが嬉しく思います。

また、当サイトにおいても改善しもらいたいことや掲載してもらいたい内容などがありましたら遠慮なくお話ください。

全てというわけにはいきませんが最善のご対応をさせていただきます。

誰でもわかる選ぶポイントってなんだろう?!

単純に選ぶポイントは還元率と思って間違いないと思います。

現金が必要で来ているのに手元に入るお金が低い所を好き好んで選択する人はほぼいないでしょう。

それでは単純に還元率の高さだけで選べば良いと思っていませんか?

そこが少し大変なんです。

還元率はたくさんある業者なかでも様々で100%なんてところもあるかもしれません。

そんな還元率をうたっている業者は疑わしいです。

あくまでも相手も商売ですから手数料が必要になります。

手数料もないようなところではいつ倒産するかわからないですからやめましょう。

【一般的な換金率とは】

クレジットカード現金化の通常のレンジは70%~90%台です。

この辺りが妥当だと思われます。


さて、ここで注意してもらいたい事があります。

それは還元率は同じ店舗内でも金額や入金速度などにより大きく変わるということです。

また、キャンペーンや女性限定や男性限定、時には年齢などにより大きく変わることがあります。

ですから『最大還元率』だけでなく店舗の詳細情報やキャンペーンなどの情報もしっかりとチェックしたりして選んで下さい。

もしどうしても詳細がわからないようなことがあれば直接、現金化業者へお問い合わせするのも良いでしょう。

その際はご利用条件を細かく決めておかないと実際の数字は出ないかもしれません。

あとは非常に急ぎの時などは還元率が低い傾向にあります。

スピードが早い分だけ手間もかかるのでその辺りもゆとりをもってご利用できることをオススメいたします。

現金化を利用したことがある人はわかると思いますが、キャッシングのように法律で定められた最低限の基準のような換金率は存在しません。


相手

換金率が定められていないし、法律にも無いっていうことは業者の好きなように決めてOKという事なんでしょうか。


その通りです。
そもそもクレジットカードの現金化自体がグレーゾーンなので守る法律もありません。
しかし、貸金業法で定める利率が適応される場合もあるようです。

日本クレジット協会からの注意喚起のお知らせ
日本クレジット協会からの現金化についての注意喚起が掲載されております。

日本クレジットカード協会から現金化禁止について
日本クレジットカード協会は銀行系クレジットカード会社から発足した団体になります。「各カード会社からのクレジットカード現金化の禁止について」を掲載してます。

自宅のパソコンからでもお手持ちのスマートフォンからでもお申込みができる

クレジットカード現金化の流れを簡単に説明しますと、まずは業者への申し込みになります。

その時に、現金化してくれる業者をしっかりと選ぶ事が重要です。

業者を選ぶのに大きく分けて2つのポイントがあります。

1
換金率やキャッシュバック率の高さに注目

還元率・キャッシュバック率が高い業者を選びたくなりますが、あまりに高い100%や99%などと唄っている業者は危険です。

何故なら、現金化を行うという事はクレジットカードを使って決済を行うため、カード会社へ支払う手数料がどんなに安くても3%程度掛かる事を考えると高い還元率・キャッシュバック率は赤字になってしまうのは双方にとってデメリットしかありません。

2
業者の対応をしっかり見極める事

もう1つのポイントは、業者の対応をしっかり見極める事が非常に重要です。

対応の悪い業者を選択すると、後でトラブルになりかねませんから、事前に問い合わせやメールでの記録を残したり、わざと質問をしたりしながら相手の対応が雑なかどうかを判断してください。

2つの点を見極め、業者を選択したら申し込みを行おう
  • 申し込み後、本人確認が行われ指定された商品を決済
  • カード決済の確認を業者が取れたら、業者からお金が送金・入金
  • カード決済した商品が、届きますのでそれを受け取れば完了

何故これで、業者からお金が送付されるのか疑問に思われる方もいると思います。

このシステムを理解するのは初めての方では難しいかもしれません。

間単に説明すると、よく広告でこの商品を購入した方にキャッシュバックしますという広告を見かけると思いますが同じような仕組みです。

指定した商品を決済して単純にキャッシュバックするだけです。

キャッシュバック分のお金が振込まれるというわけです。

このシステムは、審査がなくクレジットカードのキャッシング枠ではなく、ショッピング枠を利用するため、リボ払い・分割払いを選択・利用する事ができカード会社によっては利息すら無い場合もあるようです。

リボ払いと分割払いの利用がこちらで指定出来ますから無理なく計画的に返済が可能となっております。

このような流れで利用できるようになっているから、自宅のパソコンや出張先でもスマートフォンからお申込みができるんです。

つまり、ネット環境さえあれば何処からでもOK!

注意

但し、お振込みされる銀行口座の利用できるATMなどが無いと手元には届きませんので注意が必要です。

グレーゾーンってどういう事?実際に国内での違法性はどうなのか!

現代では、クレジットカードは必要不可欠な存在です。

インターネット上ではクレジットカードしか支払いができないケースが多くあります。

しかし、クレジットカードは一時的な支払いを立て替えてくれるだけです。

誰にでも経験があると思いますが、毎月の支払いをしていると現金が足りなくなる事ってありますよね。

他の部分から現金を回せればいいのですが、どうしても足りなくなることもあると思います。

そうなったら、普通は家族から一時的に借りるか、クレジットカードなどのキャッシングですよね。

でも、家族がお金を借してくれるのって意外と少数派です。

それに、クレジットカードのキャッシングでは、高い金利がかかってしまいます。

そんな時にインターネットで目にする「単語」がクレジットカード現金化という話はよく聞く話です。

確かに便利なサービスだと思いますが、業者の指定する商品をクレジットカードで購入することで、業者の手数料などを引いた金額を現金として入金してくれるというのが定番。

キャッシングと違って高い金利がかからないということでとてもニーズがあり当サイトでご紹介する店舗以外にもネット上で数多くの業者が散見されます。

それゆえに業者も増え、顧客を取り込もうと差別化を図ろうと様々なサービスも生まれてきた一方で過大広告や嘘の謳い文句で表示したりしてトラブルになるケースも多いようです。

でもトラブルになった時ってどっちが悪くなっちゃうの?

  • だまされた自分が悪いの!?
  • そもそも違法なんじゃないの!?
  • 営業の許可って?

なんていう事は実際に今、お金が欲しい人にとっては気づけません。

ですからそうなる前にチェックしておきましょう。

ぶっちゃけてしまうとクレジットカード現金化は何度も繰り返して言いますがグレーゾーンです。

利用者が罰せられるということは無いようですが各社・各団体が注意を促していることは確かです。

「日本クレジット協会」「JCB」「消費者庁」「政府広報オンライン」にも掲載されております。

それだけ危険な業者が増えてきてトラブルになるケースが多いという事でしょう。

また公認営業許可なんていうことに騙されてはいけません。

注意

現金化による営業許可証なんてものはありませんから、それだけ巧妙な手口でのサイト表示だったりしますのでしっかりと見極めることが大切です。

カードを持ってない!クレジットカードが作れるか心配!?

クレジットカード現金化はもちろんですが、カードが発行されてから申し込みが出来るシステムになっております。

年収だったり、「自営業か会社員か?」「勤続年数や居住年数などは?」等々さまざまな条件で審査されますが、たいていの場合、利用限度額の金額がそれぞれ違うだけで発行してくれることが多いです。

しかし、キャッシングなどのローンの滞納などにより信用事故情報の記録が残っているような場合は、クレジットカード発行申請の時点でアウトとなることがほとんどです。

とくに現在では携帯電話の支払遅延情報までもが記録されているような状況で、さらに高価格のスマートフォンなどの普及により知らないうちにローンを抱えている状況が半数以上ではないでしょうか。

もちろんその支払も遅れてしまうとカードだけでなく、マイカーローンや学費ローンなどにも影響を及ぼしかねません。

そのくらい現代の支払遅延情報は残ってしまうものなのです。

では現金化をしたくてもそういった状況の方はあきらめるしかないのでしょうか。

まだ、あきらめるのは早いです。

審査がとおりそうなカード会社があるのではないでしょうか。

一般的にローンやクレジットカードの申請情報 6ヶ月
ローンやクレジットカードの遅延情報 5年
クレジットカード会社の調査記録 6ヶ月

ほとんどの信用情報機関が最大5年間保存されているようですのでその期間を過ぎていれば大丈夫でしょう。

但しローン完済後1年間は情報が残ります。

そのローンで遅延があった場合情報が残っていることもありますので注意が必要です。

また、審査の際は記載項目は全て埋める。

めんどくさかったり、隠したいこともあるかもしれませんが全てを正直に伝える事が一番の近道です。

通常、カードを発行して手元に届くまで長いと1ヶ月くらい掛かる場合もあります。

カードが届けば番号を確認して現金化を行う事ができるようになります。

インターネット環境が整っていればいつでも、何処でもお申し込みが可能です。

もちろん昨今ではwi-fiの普及により最寄の駅やコンビニ、大手レンタルチェーン、ガソリンスタンドでも無線が無料で利用できるようになってきましたので非常に便利です。

そういった所を利用できればご自身のネット環境は必要ありませんが誰でも利用できる無線LANには危険も潜んでますのでご注意ください。

個人情報やカード情報などを盗もうと考えているサイバー犯罪もあります。

自分だけは大丈夫という保証はどこにもありません。

また、実店舗を持ているところに来店して申し込みという方法もありますが手間も時間もかかります。

ある程度の環境が整っているのであればインターネットを利用した方が便利なのと入金までの時間短縮になりますのでおすすめです。

利用に際して申込む業者の選定については慎重に

世間は二極化といわれております。

「高級」か「激安」。

中間は好まれません、というよりか商売として顧客の需要を確保できないのがホントのところです。

スーパーなどでも「とにかく安いお野菜」か、「無農薬こだわりの肥料で育てた国産お野菜」という商品になっていませんでしょうか。

また、観光ツアーなどでも格安という分類まであるようです。

この激安という言葉の裏側には「安全」が欠如しているという安い理由があるのではないでしょうか。

現金化も同じかもしれません。

換金率が高ければ顧客も集まってくることでしょう。

でも換金率の高さの裏側には店舗の経費や利益がありません。

となると会社を経営していく事は非常に厳しい。

ボランティアで営業されてればよいのですがそんな会社はありません。

ですから「○○円入金します。」といってても実際の金額と違う、なんていうトラブルになりかねません。

それにキャンセルや問い合わせをしようと思っても連絡が取れない状況になるトラブルも急増しております。

ですから、換金率の高さだけでは判断できないこともあります。

そういた事も踏まえて精査していただきたい。

日本では馴染みのないクレジットスコアって知ってました?

あなたの生活が点数化されているってご存知ですか?

正確にはローンやクレジットなどの信用情報を基にして算出された数値が信頼度の偏差値というわけです。

実はこれ「クレジットスコア」といってアメリカなどのクレジットカードなどの先進国ではもうすでに様々なサービスの利用に使われているシステムなのです。

例えば信頼が高ければ(クレジットスコアが高ければ)住宅ローンなどでも低い金利が適用されたり、グレードやサービスの高いクレジットカードが持てたりとクレジットスコアを指標として審査が行われているようです。

もちろん国の法律でも定められているシステムですから、年1回ですが自分のスコアをチェックすることが出来るようになっています。

さらに驚くことに家の賃貸契約や就職・転職活動の中でも参考とされる1つとも言われているほどです。

そんなクレジットスコアですがどういった要素で構成されていたり評価されているのでしょうか。

また、高める方法や下げてしまう場合なども考えていきましょう。

【スコアの5大要素】
  • 契約している金融サービス(ローンやキャッシング、ショッピングなど)の返済履歴(35%)
  • 契約口座の残高(これから払うべき金額と限度額に締める割合)(30%)
  • 契約口座保有数(各契約が結ばれてから期間の長さ)(15%)
  • 最近の新規の契約口座数(10%)
  • 契約口座の種類(ローンなのか、キャッシングなのか、クレジットカードのショッピングなのかなど)(10%)

基本的には「期日内に決められた金額を返済する」または「支払期日までに請求金額を支払う」というのが一番大切なことだといえます。

例えば当たり前のことですが延滞や不払いなどがないというのが理想的な状態だといえます。

だとすると利用しない方がマイナスにならないし、高い評価を得られるのでは?とも思いますよね。

一概には断定できませんがクレジットカードや小額の借り入れなどの利用がないまま住宅ローンなどの高額の申し込みが通りにくいといったこともあるようです。

実は記録がまったくない事が信用できるのか出来ないのか判断がしづらいということのようです。

だからといって一度にクレジットカードなどを複数契約し沢山使ったり、小額ローンを沢山申し込んだりすることも逆効果となりますので控えたほうがよいでしょう。

また、常に限度額を使っているのも印象がよくないようです。

定期的にクレジットカードなどを利用して毎月規則正しく支払をしていくことがクレジットスコアを高める方法だといわれています。

あくまでもクレジットスコアはアメリカの話だから関係ないって思っていませんか。

日本ではクレジットスコア自体が金融機関や消費者に直接利用されることはありませんが、金融機関内ではこういった信頼度の偏差値は利用されていることが実際にあるようです。

ですから日本でも信用情報を高める上でスコアを意識した管理の方法を行動レベルで行っていかないと審査が通りづらくなっていまったり低い金利を適用されなくなってしまうことが予測されます。

今現在日本でお金を借りた場合、其れに関わる全ての情報が記録されるといわれております。

具体的な例としては、「クレジットカードなどの開設・利用における情報」や「マイカーローンやマイホームローン」それと「スマートフォンなどの購入等の分割払いを直接店舗と契約した情報」等々となります。

関連した情報としては契約者の個人情報や審査の為の信用情報の閲覧履歴なども記録されるようです。

現在ではなく、老後におけるマネープランニングの重要性

クレジットカードの現金化は返済することが前提で現金を今手にする事ができるサービスです。

つまり、1万円借りれば1万円を返さなくてはなりません。

実際には手数料や利息などもありますのでもう少し高くなるでしょう。

結果だけで言えば、利用しないという事が生涯収入で考えたときに1番お金を多く使える最善策といえます。

毎月の収入と支出が合わずお金が無いと悩んでいたり、節約をしても生かされず手元に現金が残らないといった方がとても多く居ることを実際の生活と鑑みて賢いマネープランニングを考えて解決策を見つけてみましょう。

増やす努力と減らさない努力のパワーバランス

老若男女問わず家計の悩みは誰しもが経験することでしょう。

何も考えずに使いたい放題でずっと生活できる人なんて、なかなか居ません。

特に主婦の方などは毎日家計の管理を行っていたり、事業の経営に携わる人はより厳しい管理を行っていることでしょう。

マネー管理とは厳しい管理体制でお金を守ると言う事ではなく、それぞれの各個人において収入と支出または今後予想される必要な資金や蓄えなどを算出してそのためにはどうしたら良いかというのを考えることの総称です。

勿論、その個人によっても違いますし、その年の経済状況や物価によっても変動されますからできることなら1年~3年に一度で見直しすることが望ましいでしょう。

ではその中でも注目の高い、「増やすのか?減らさないのか?」について考えて参りましょう。

そもそも収入の多い少ないによって考え方が変わります。

例えば年収400万円の人と1000万円の人では投資できる金額も違います。

月収に換算すると33万円と83万円となります。

同じアパートに住んで光熱費や水道代も食費も同額だとしたときに30万円掛かってた場合を考えてみてください。

月収83万円では十分に貯蓄ができるほど残ってますので今後収入を増やすための支出も検討することが出来ます。

しかし、月収33万円では貯蓄ができるのは3万円となり、投資を行うことよりも今後必要になるであろうまとまった資金を貯めなくてはいけません。

そうなると増やすよりも減らさない方が優先的に必要だと判断できます。

つまり、「減らさない」というのは収入を減らさない努力であり、支出を減らし、出費を抑えるということになります。

この出費を減らすことによって貯蓄額が増え増やす方向へとシフトできる近道となります。

出費を減らすという事はその金額分だけ稼いでいるのと変わりません。

どうしても手元にお金が残らないという人はもう一度自分のお金の使い方を考えて必要ないものを買ってないか、必要以上に支払っているものはないかを探してみたほうが良いかもしれません。

前述は1つの例として紹介しましたが、実はどの場合でも「減らさない努力」つまり出費を抑えることから始めることが必須条件なんです。

出費を抑えることができれば後は増やす努力だけです。

増やす努力というのはお金の使い方に関わる部分も多く全くのゼロから投資もせずにお金が増えるということはありえません。

そのあたりも計画性が重要視されますので直ぐに結果を求めずに長期スパンで考えていくことが大切です。

お金の使い方の上手な人と下手な人

まずは、「金」と「株式」と「銀行預金」で今日現在から10年前に遡って100万円をあなたなら何処に投資を行いますか。

3つの状況は下記のようになっております。

  • 金については約10年前と比べても大きく値上げしておりますがここ数年ではあまり変動が無い状況です。
  • また銀行預金についてもほぼ変動は無い状況です。
  • そして株式については08年にリーマンショックで約半以下まで落ちた後に政権交代後のアベノミクスにより少しだけ上昇傾向にある状況です。

ではどのように投資するのが正解だったのでしょうか。

先の状況が予測できるなら上昇傾向にあるものに投資をしていけば良いのですが、いくら先見の明があったとしても全てを予測すのは不可能です。

ですからそれぞれに分配して投資するのがベストなのかもしれませんが元手よりも増える保証はありませんから正解は無いのかもしれません。

上記をふまえましてお金の上手な使い方を考えていきましょう。

そもそも、お金の上手な使い方とはなんなのでしょうか。

それぞれに価値観が違えば使い方のメリットやデメリットも違いますのでギャンブルに使うのが絶対にダメというわけではありません。

それによってストレスが解消できて仕事が捗る人もいるでしょうし、取引先の人との会話が弾み仕事を受注できるチャンスになるかもしれませんよね。

但し、それは一部の例に過ぎません、ほとんどの人はお金を上手に使いこなせていません。

ですから現金化やキャッシングなどに頼ってしまうことがあるのかもしれないというのが考えられます。

私が考えるお金の上手な使い方はポジティブな価値観であれば全てが正解と思っております。

やはり、自分への投資という面では資格や技術を磨くための出費はとても前向きでスキルアップによる収入増も結果としては考えられますし、全く別の分野を学ぶことによって複数からの収入源を持つことも可能です。

だからといって、遊びに使ったりショッピングに使ったりする出費も決して下手な使い方とは言えません。

ある程度のスキルアップが望めたのであれば高みを目指すのもよいですし、家族や友人との休日を楽しむこともモチベーションや知識を高める上で必要なことだとも思います。

つまり、上手なお金の使い方とは自分なりに考えて利用する事ということなのです。

老後のセカンドライフの考え方

働けるうちは今月収入を使い切ったとしても翌月には収入を得ることが出来ます。

しかし老後についてはそうではありません。

年金制度がありますから毎月受け取る事ができますが、30代40代のように稼ぐことは難しいのが現実です。

現在定年といわれる年齢は60歳~65歳となっており、年金受給開始年齢よりも若いことも危惧されております。

高齢者という括りの定義が60歳歳からとなっているようですが国の方針として70歳からにとも検討されているようです。

そうすることにより、働ける年齢も長くなる分年金受給開始年齢も引き上げられる可能性も高くなることが想定されるとともに、60歳で仕事を辞めてセカンドライフを楽しもうと思っている方達にはよほどの貯蓄が無ければ延期せざるを得ない制度となりそうです。

現在でも3.4%となっており全ての方が働けるわけでは無い状況で、高齢者といわれる人たちがどれだけ多く働ける場所を提供してもらえるかというところも心配になります。
失業率の表
物価上昇による年金保険料もまた老後への負担と不安を増加させる要因の1つとなっております。

下記の表をご覧戴くと一目瞭然ですが毎年約280円増加しています。

この表は計画ですので実際には280円未満だったり以上だったり値上げする年もありますが上昇傾向にあることは間違いありません。
年金保険料の計算
保険料の計画
現行の法律では平成29年以降は固定となっておりますが、こちらも物価変動や資金の運用によってはどうなるかはわかりません。

日本の政治だけではありませんが、問題を先延ばししてるに過ぎません。

ですから極端に経済が落ちることも景気が上向くこともないのが良くも悪くもといったとこでしょう。

個人においても不安が払拭されるわけではありませんから老後への期待感は薄くなる一方です。

経済の物価上昇といってもお給料や収入は比例して上がるとは限りませんし、自営業の場合はなおさらです。

となると節約していくことで保険料の値上げ分だけ出費を抑えるという方法で対応していくしか、現状では厳しいのではないでしょうか。

色々とネガティブな問題ばかりの内容となってしまいましたが、老後のセカンドライフというのはもっと楽しいはずです。

定年を迎えやっと趣味や夢だったものへ時間が使えるとおもったところでやはり貯蓄が無ければ何も出来ません。

時間が自由に使えるようになったのに将来の不安から節約を優先してまったく家からも出ないような生活では後悔するだけです。

ゆとりのある老後を迎えるためにもマネープランが大切になってきます。

一般的には公的年金以外に約2000万円が必要とも言われますが持ち家だったり、賃貸だったり、子供との同居だったりと個人の生活によっては金額は様々です。

絶対に必要な事ではありませんが、本当に必要なものなのか考えたり、生命保険料などの見直しや、見栄を張る為だけの出費などについては出来るだけ若いうちから検討することをお勧め致します。

お金の調達方法なんて考え方を変えれば誰だって合法的にできる!?

クレジットカードの現金化を調べてこのサイトに辿り着いているはずですから今さら「現金化とは?」なんてことを説明する必要もないと思いますが、少し考え方を変えてみてはいかがでしょうか。

クレジット機能を利用して高価だったり、人気の商品や利用価値の高い商品などを購入して金券ショップやオークションなどで現金に換金する事や専門の業者に依頼してクレジット決済して現金に換えたりする事という固定観念をいだいている人がとても多い。

当然、どのホームページを見ても同じような説明しか記載していないのでそう思う事も不自然ではありませんし、間違いでもありません。

ですが、生活の一部としてごく自然に現金化できるとしたら考え方や偏見が変わるのではないでしょうか。

管理人が生活する中で感じたのは、例えば会社の同僚との飲み会や食事会だったり、友人同士での旅行でも、割り勘で支払うときに幹事がクレジットカードで支払って参加者の方からは現金で割り勘の代金を徴収したりするところを見たり聞いたりした事がありますが実はこの行為自体も前述の現金化と同じ。

もちろん幹事はお金が欲しくて行っているわけではないので、即規約違反となるわけではありませんが結果的には同じことです。

笑ってしまいますが実はこの場合の換金率は約100%と言えます。

更に全額支払でのクレジットカードポイントも寄与されますから単純に換金率が100%超えになるというわけです。

そうなると実践したくなりますよね。

じつは現金化に限らずこういったシステム導入はたくさんあります。

食べログなどで「幹事様の代金無料」や「御1人分無料」などのフレコミのある店舗があります。

こういった場合で同じような現金化を行ったとすると自身の支払いは無いのに現金を徴収しクレジットで支払ったらかなり高額の換金率となりえます。

また、ゴルフなどの接待などでは予約を取る幹事様へのポイント寄与により2回~4回コンペがあるだけで自身のゴルフ代金がタダになるというサービスもあります。

こういった情報は探せばまだまだ出てくるでしょう。

固定観念に囚われずに考え方を少し変えるだけで見えなかった物や受け取れなかった物が入ってくることもあるのかもしれません。

また、みんなが言っているから正しいとか、口コミが多いから信頼できるとかは本当は全くあてにならないのかもしれませんので最終判断はご自身で確かめるべきだと思います。

ただ、前述で述べた方法などを実践してみるとそれなりのデメリットもある事も理解をしておいたほうがよさそうです。

あまり知られてないとはいえ、クレジットカードを所有しているのであればポイントの寄与に執着している人も中にはいると思います。

特に最近では年齢を問わず全ての支払いを態々カード決済にしている場合もあるくらいです。

ですからそれなりにポイントへのこだわりが強い方だと自分のポイント欲しさに現金払いを断られたり、自身カード利用を促されたり、最悪の場合によっては「ポイントが欲しいだけ」と勘違いされ、幹事だけズルいなどといった陰口をたたかれることも無いとは言い切れません。

そういった友人知人関係の問題へ発展することも考えられますのでこういった場合は参列者や参加者や総合的な金額も考慮して行う方が望ましいでしょう。