クレジットカード現金化

365日お申込み可能!24時間 年中無休 電話・メール受付OK

自分にあった店舗を選ぶ

『自分にあった店舗なんてないよ。』『店舗選びは還元率でしょ。』という声をよく耳にします。
実際に現金化された方みなさんそうだと思います。

あくまでも還元率というもを指標として自分に合った店舗を探してほしいという事をお問い合わせ頂いた方にはお話ししております。そうなるとただ還元率だけでいいんじゃないかとも思いますが、実は違うんです。そこが選びどころです。

色々な比較サイトや公式サイトなどで確認していくとキャンペーン情報やキャッシュバックなどのキャッチが目に入ってくると思います。 名目は様々ですが大体、年がら年中やってます。

では、そこを詳しく確認してください。たとえば、学生の方なら還元率が高かったり、女性の方ならとか、年齢でしばったりとかさまざまです。

今日のタイミングで自分の年齢や性別、金額や日程などにより一番お得な店舗が変わるんです。
公式サイトに記載しているパーセントだけで判断してここが一番高いから、なんて利用している方は損してるかもしれませんよ。

例えば100,000円の還元率に10%の違いがあれば10,000円違うって事です。1,000,000円なら100,000円ですよ。大きな違いです。とくに今ほしい人は10,000円くらいと思って申込みますが出費後に『あともうちょっとあったらな。』なんて事も!
そんな後悔はしほしくありません。
しっかりと少し面倒ですが探して調べてからにしてください。とくに比較サイトなどではこれからはじまるキャンペーンなども載せている場合がありますので要チェック。

さて、ここで豆知識ですが全て表示されている%が正しいとも限らず上限でという形になっているものもあり非常にわかりにくいものです。
ですから直接問い合わせて聞いたほうが間違いありません。特にメールなどでは記録として残るためトラブルの際の一つの証拠にもなりますから。
メールアドレスなどは個人情報ですから大切にご利用ください。

ぜひ店舗選びの参考にして慎重に決めていただくことをお勧め致します。

  • 管理人画像
    管理人

    ご自身にあったという言い回しだと何処がいいのかわかりづらくなってしまいますよね。
    もっと単純に借りるときの年齢や金額で一番条件のいいところを探しましょうということです。

よく使われる詐欺の手口

よく使われる手口

現在、インターネット上には、数百ものクレジットカード現金化業者が存在します。
これだけ業者同士の競争が激化した状況では、各業者が高い換金率とスピーディーな手続きで利用者に魅力をアピールしています。
しかし、市場が活況を呈するほどに、悪徳業者の数が増えるのも事実です。実際に詐欺被害がいくつも報告されているので、クレジットカードを現金化したいと考えているのなら、あらかじめどんな詐欺の手口があるか知っておくことが大切です。


クレジットカード現金化業者を選ぶ際の第一の基準に、換金率の高さがあります。
自分のクレジットカードのショッピング枠を現金に換えるわけですから、できるだけ100%に近い金額が欲しいと思うのは当然です。しかし、そういう利用者の心理を突いて、悪徳業者は詐欺を働きます。

よくある手口として、他社より異様に高い換金率を提示しておきながら、実際に利用すると、手数料だなんだと難癖を付けられ、広告表示よりずっと低い換金率でしか取引してくれなかったというのがあります。


悪徳業者に限りませんが、サイトなどで表示している換金率は、利用条件がいちばん整った時の最高の数字です。
実際の換金額は、利用額や入金までの時間など、いろんな条件を考慮したうえで決定されるので、必ずしも広告にある換金率で入金されないということは知っておきましょう。

そういう事情がありながら、悪徳業者のなかには、98%以上の換金率など異様に高い数字を掲げているところがあります。
クレジットカードの現金化では、カードの決済手数料は業者が受け持つわけですから、100%近い換金率などあり得ない数字です。
こういう広告を目にしたら、誇大広告と思って近づかないことが安全です。

また、「期間限定のキャンペーン中」などと謳って、意図的に利用者をだまそうとしている業者も存在します。
「キャンペーンだから普段より高い換金率なんだ」と思って実際に申し込むと、「キャンペーンは終了しました」などといって結局普段通りの換金率でしか現金化してくれないということがあります。

加えて、詐欺の手口のなかには、申し込みをキャンセルするのに違約金が必要だと脅す「違約金詐欺」というものがあります。
ふつうの業者であれば、たとえ申し込み後にキャンセルするとなっても、それにお金が必要などと言われることはありません。お金を請求されたらまず詐欺だと思って間違いないでしょう。


もし、こうした詐欺に遭った時は、警察やしかるべき機関に連絡するなど毅然と断ることが大切です。


↑ PAGE TOP