クレジットカード現金化

365日お申込み可能!24時間 年中無休 電話・メール受付OK

登録を行う必要がありません

クレジットカード現金化の申込みって登録の必要が無いんです。ってクレジットカードで登録してますからね。当たり前のような事ですがとっても画期的じゃないですか。
だって、お金を借りるのに買い物するだけで現金が手に入るんですよ。
もともと支払い能力や仕事が無い人はカードすら持てないので利用することもできませんが、今ではアルバイトなどでもカードが持てる時代です。もちろん上限はありますがね。

さて、クレジットカードのショッピング枠を利用して現金を得る方法です。
そのため、直接消費者金融から借りるよりも、低い金利で借りることができるんですね。
大手の消費者金融では、初めてのご利用でおおよそ18%の金利が適用されます。 しかし、クレジットカードなら13%前後でOK。
比較的低い金利で現金を手に入れることができるのです。

また、ショッピング枠で借りたお金を返す場合、自由に返済方法を選べることもメリットです。 キャッシングや商品者金融は、返済方法が指定されていることが多いのですが、クレジットカードなら返済方法も自分で選択することが可能です。 自分のライフスタイルに合わせて、リボ払いや分割払いにすることもできます。

クレジットカード現金化のやり方って、よく分からないという人がほとんどだと思います。 こういったクレジットカードの現金化をお手伝いしてくれるサービスもあるんですよ。 業者によって手数料が異なりますが、通常のネットショッピングと同じような感覚で利用できるので、すぐに現金が欲しいという方に重宝されているようです。 現金化されたお金は、自分の口座に振り込んでもらえます。 対応が早い業者なら、申し込み後5分で入金されるそうですよ。

ただし、デメリットもあります。
それは、還元率が100%ではないことです。
クレジットカードのショッピング枠で現金化する場合、還元率は85%前後となります。 ショッピング枠の残高によっても還元率が変わるので注意してくださいね。 また、オンライン決算ができるので、窓口に出向く必要もありません。 お手持ちのクレジットカードを使って行うので、審査を待つ手間がないことが、大きなメリットだと言えるでしょう。

誰にも知られずに現金化ができるのも魅力ですね。

  • 管理人画像
    管理人

    返済の金利は経済状況によって左右されることが殆どです。

    しかし、換金率は経済状況は関係ありません。カード会社の返済金利は同じですが。そこだけに注目してみると経済状況が上向いて金利上昇時の方がお得感があります。

自己破産できない噂は本当か?

噂の検証

■現金化していると自己破産ができない?

クレジットカードの現金化をしたことのある人は、他にも複数からの借り入れがあるケースが多いようです。
銀行やカード会社、消費者金融などに多重債務があり、新しい借り入れが難しくなった場合などは、次の手段としてクレジットカードの現金化を利用するという人が多いです。

自転車操業に陥るとなかなか抜け出せないというのが実情です。
最悪の場合、返済が滞って支払いが困難になることもあり、自己破産を考えるところまで行く人もいるでしょう。
実は、「現金化をしてしまうと自己破産ができなくなる」という噂があります。真相はどうなのでしょうか。


■自己破産が許可されないことも

自己破産を申し立てるときに「当初からお金に換える目的でクレジットカードで商品を購入し、換金して現金にしたことがあるか」という質問項目があります。
つまりこれは、「現金化をしたことがありますか?」という意味の質問です。
なぜこのような質問があるかというと、クレジットカード現金化は自己破産の免責不許可事由、つまり、自己破産を許可しない理由となり得るのです。
現金化の事実がある場合は自己破産が許可されない、ということは十分にあり得ます。


■買取方式のほうが不許可になりやすい?

自己破産が認められないということは、破産を申し立てる人物に何らかの問題があると判断されたことになります。
許可がおりない理由の1つにクレジットカード現金化があるのですが、現金化の中でも買取方式を選択した場合に「不許可」となるケースが多いようです。
買取方式の場合は、購入したものをすぐに買い取ってもらうため、「最初から換金が目的だった」と判断されやすいのかもしれません。


■キャッシュバック方式なら安心?

自己破産については、本人の証言だけでなく客観的な事実をみて総合的な判断が下されます。
もし本人が「クレジットカード現金化をしたことはありません」と証言したとしても、商品の購入や買い取りの事実を客観的に見て、現金化であると判断される場合もあるのです。
とくにカード会社から目を付けられているような人物の場合は不利かもしれません。

しかし、キャッシュバック方式での現金化を行った場合は、自己破産の手続きに影響がないという説もあります。
キャッシュバック方式では、商品を買い取ってもらうのではなく購入した特典としてキャッシュバックされるという仕組みをとっているから不許可にはならない、というものです。


↑ PAGE TOP