【絶対に必要】個人情報を悪用されないために今できる事とは

本当に必要?

その個人情報が本当に必要かどうか確認することは大切なこと

カードを利用して現金化する際に、心配なことのひとつとして個人情報の取扱いがあって、悪意のある業者に搾取され悪用されないか不安になります。

個人情報の取扱いについては、カード現金化だけでなく大手企業の顧客情報が搾取されると言った事件もあるので気になる点といえます。

どんなにセキュリティに配慮されていたとしても、個人情報が第三者に漏れてしまうことや悪用されてしまう可能性というのはゼロではありません。

その上でカード現金化を利用するにあたって、個人情報についてどのような点に注意しておくべきか認識しておきましょう。

カードで現金化する際には、他人名義のカードを不正使用していないことを確認するために、本人確認などで最低限の個人情報を伝える必要があります。

ただ最低限の個人情報であって、クレジットカードの表裏のコピーを提出まで要求されることはありませんし、要求するような場合は悪質な業者と考えるべきです。

実はカードの表裏には、カード番号・名義人の名前・有効年月日・セキュリティコードなどといったとても重要な情報が記入されているのです。

しかも、これらの情報さえあればカードが手元になくても、また暗証番号を知らなくてもネットショッピングを利用することが可能になります。

このように必要以外の個人情報やカード情報の提出を要求してくる業者は、悪意を持っている業者と判断して利用しないことです。

悪意を持って商売をしているのではなくて、優良な現金化サービスを提供している業者を見極めて利用しましょう。

また、それと共に業者が個人情報を重要な情報と認識して、大事に取り扱いをしているのかをチェックすることも大切になってきます。

その理由は、悪意のない業者であったとしても、個人情報など大事な情報を送信するサイトのセキュリティが不充分であれば外部に漏れる可能性があるからです。

そして、その外部に漏れてしまった情報を、別の悪意を持った人間が悪用すると言った危険性があるので、サイトのセキュリティを確認する必要があります。

その判断材料のひとつが暗号化で、それがされていれば個人情報などが外部から見られる心配も最小限になると言えます。

また、サイトのURLがhttpからスタートしているか、鍵マークが表示されているかなども併せて調べると良いでしょう。

現金化する際には、セキュリティ意識の高い業者を利用することで、個人情報の漏えいなどのリスクが回避できると認識しておくことです。

クレジットカード同様にマイナンバーカードの情報漏れには注意を

マイナンバー情報漏れ
カードを利用して現金化する際の手続きとして、業者がトラブルを避けるために本人名義のカードであることを確認します。

その為に、本人確認書類として顔写真付きの免許証などを提出するように指示されることになります。

これは、あくまでも余計なリスクを回避するために、優良業者が取り組んでいることで、何ら問題はありません。

しかし、このことを悪用するケースもあって、悪質な業者に個人情報やカード情報を盗まれて悪用されることがあります。

また、それによって犯罪に巻き込まれてしまう可能性も考えられるので、個人情報やカード情報の取り扱いには注意が必要です。

近年では、マイナンバーについても情報を聞き出そうとする悪質な業者も増加傾向にあって、その点にも注意しなくてはなりません。

マイナンバーカードには顔写真が付いているので、身分証明書として利用することができますし、いろいろな公的サービスにも利用可能です。

その為、現金化する際の手続きに必要となる本人確認に使用することもありますし、情報を聞かれても不審に感じないことも多いです。

それはクレジットカードを申込む時などに、職場や勤続年数など様々な個人情報聞かれて審査を受ける経験あるため、正当なことのように認識してしまうためです。

しかし、マイナンバーカードには様々な個人情報が入っているので、セキュリティは万全と言われていますが、悪用されてしまう危険性があることを忘れないようにしましょう。

このように必要以上に個人情報を聞き出そうとしたり、カード情報やマイナンバー情報などについて聞いてきたりする業者については疑う必要があります。

ある程度手続きが進んでいたとしても、キャンセルを申し出て利用しないのが賢い選択です。

ただ、気付かずにマイナンバーカードを本人確認に使用したり、情報を伝えてしまったりした場合には、居住地の市区町村の役所に相談すると良いでしょう。

また、個人番号カードコールセンターに連絡して相談するのも良いですし、必要に応じて再発行の手続きをすることも検討するのもひとつです。

カード現金化を利用する際の個人情報の取り扱いにはリスクを伴うので、リスクを少なくするためにも法令順守をしている優良な業者を選びましょう。

悪質な業者なのか優良な業者なのかを判断するのは難しいことになりますが、利用するにあたっては最低限、業者の判断を正しくできる知識を事前に持っておくことも重要となります。

クレジットカードを紛失すると現金化に利用されることもある

紛失の危険性
一般的に大金を持ち歩くことはありませんが、財布の中に複数のクレジットカードが入っているという方は少なくありません。

このように複数のクレジットカードを携帯しているというのは、大金を持ち歩いているのと同じと認識しておく必要があります。

万が一財布を落としてしまうことや置き忘れてしまうことがあると、クレジットカードを悪用されてしまう可能性があるのです。

では紛失したクレジットカードは、どのように悪用されてしまうのかというと、なりすましによる不正使用が行われる可能性があります。

カードには氏名が記載されていますが、そこから分かるのは性別の判断程度で、男性の名前なら成人男性が使用することが可能になるのです。

また氏名以外にもカード番号・有効期限・セキュリティーコードというのも記載されていて、この情報があれば不正使用されてしまいます。

インターネットでショッピングする際には、先の情報を入力すれば決済することが可能で、カード現金化と同様に換金で使用される危険もあるのです。

このように紛失したクレジットカードを悪用されてしまう可能性があることをしっかりと理解しておく必要があります。

しかし、いくら注意していても、財布を落としてしまうことや置き忘れてしまう可能性をゼロには出来ません。

ただ、紛失した際に悪用されないための対処法もあって、それをしておくことで被害を最小限にすることも可能になります。

対処法のひとつは、カード裏面にある署名欄に自筆でサインしておくことです。

それによりレジで書いたサインと比較して、不正使用の発覚につながります。

しかし裏面に署名していても不正利用されるリスクは高いので、紛失に気づいたらすぐカード会社に連絡して利用停止をしてもらいましょう。

また万が一紛失した時のことを考慮して、裏面に記載されているカード発行元の会社や電話番号をどこかにメモをしておくと良いでしょう。

24時間年中無休で対応している場合が多いので、不正使用されないためにも直ちに利用停止の連絡をして対処を心がけることです。

それと共に警察へ届けることによって、カードに付帯している紛失保険や盗難保険を利用する際に必要となる紛失の証明ができます。

実は、紛失保険や盗難保険による補償を受ける手続きでは、カード会社に連絡しただけでは不充分で、警察の証明がないと補償が受けられないことがあります。

時間が経過した場合でも気づいた時点で、すぐに警察に届出をすることです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする