アメリカン・エキスプレス【アメックス】で現金化に成功!と話題になったのはコレ

アメリカンエキスプレス

そもそもアメックス保有者は現金化しないのでは!?

私はアメックス系の楽天カードが登場したということで、早速カード申請をして現金化にチャレンジしてみました。

と言いますのも、アメリカン・エキスプレスは現金化に対して最も厳しい対策を講じているブランドなので、私のノウハウを活かして見事成功してやろうとチャンスを伺っていたからなんですよね(笑)。

ちょっとモラルの無い言い方だと感じる方も多いでしょう。

カード利用規約で現金化行為が禁じられていて、それを同意したユーザーが現金化をするのはけしからんという意見はごもっともですね。

ですが、カードの現金化は刑法上では何の問題もないと考えてます。

質屋や買取専門店は国が認める商業モデルです。

お金に困った人が、

手持ちの物品を売却することに制限を設けることはありませんよね。

またローン返済が終了しないうちはローン会社の所有物という建前がありますが、それも現実社会では通用しません。

クレジットカードで購入した高級品を誰かにプレゼントしても、クレジットカード会社は口を挟む余地がないでしょう。

ココに注目!

要は返済金を契約通りに返済する点で、モノの所有権が云々されるだけなんですね。

極論を言えば
  • クレジットカード現金化は刑法上の問題なし
  • もカード会社には不利益の可能性があるので避けたい

といった見解なんですよね。
まあ、私のワガママな持論ではありますが。

話を戻しましょう。

ステータス性が非常に高いアメックスカードですから、カードブランドをキープするためにも現金化行為を許容しない姿勢をとっているようですね。

ユーザーはアメックスカードによってワンランク上の上質な待遇を受けているのも確かなんですよね。

その為にアメックス・グリーンは年会費が12,000円もしている訳で、私としても実験的にカードを申請したとは言いながら、今ではそれなりのメリットは受けていますよ。

例えば年間500万円以下のショッピング・プロテクションがありますし、ポイントがANAのマイルに交換できるのも良いですね。

旅行に最適なカードなんですよね。

それで現金化を拒否する姿勢は十分にうなずけます。

カードの品位を重んずる対応なんですよね。

この点は現金化に厳しいJCBとはポリシーが全く違いますね。

私は10万円ほどのヴィトンのバッグを銀座で購入し、それを買取専門店で78%の還元率で売却しました。

これは単に実験で、しかもカード初のショッピングだった為に成功したと思っています。

そのくらいアメックスの現金化対策は厳しいですよ。

皆さんもこの事はよく承知しておいてくださいね。

アメックスで安全に現金化するノウハウ!

アメックスはクレジットカードの先駆け的存在で、それだけに世界的な信頼度も利用価値も高いとされる優秀なブランドです。

つまり

  • ステータス性が非常に高く
  • ユーザー特典も多いカード

として愛用されています。

そんなアメックスでも現金化をしているユーザーはいますよ。

ただし、現金化チェックが最も厳しいカードブランドですから、発覚する確率は高いですし、その場合は即カード利用停止になります。

つまり、そのユーザーは金融ブラック化してしまうということですよ。

参考サイト

https://www.adire.jp/keyword/blacklist/
ブラックリストとは?|アディーレ法律事務所より

そこで現金化をする際には次の点に注意してみてくださいね。

まず健全な利用履歴をつくっておくことです。

実は私もアメックス系の楽天カードを取得して、1度だけ現金化を試してみたことがあります。

その時はチャレンジでしたから履歴は作らずに、初利用時に高級ブランドバックを購入したんですよね。

金額も10万円と曖昧な金額にして、しかも銀座の有名店で購入したことでチェックを逃れはしましたが、このやり方は2度目がありませんね。

何故なら2回目以降は平時の利用履歴が参考にされてしまいます。

いつも銀座で買い物をして、しかもちゃんと返済しているという実績をつくるのは大変でしょう。

そんなに裕福ならば現金化は不要ですよね。

やるべきことは普通の実績をつくる事

そこで、まずノーマルな実績をつくりましょう。

5万円以下の買い物を定期的に行って、返済もしっかりとこなしていきます。

そうすれば10万円以下の現金化がバレ難くなりますよ。

また自分のショッピング枠をカスタマーセンターに確認しておきましょう。

実はアメックスには利用限度額の提示がありません。

ココに注目!

ユーザーによってかなり違いますので、ここはちゃんと把握しておくのが賢明ですね。

現金化を行うのであれば、換金率の高い金券・商品券や新幹線の回数券などには手を出さない方が良いですよ。

これらはNG商品で、必ずチェックされますからね。

それよりも評価の良い現金化サイトをおすすめします。

しかもキャッシュバック式であれば尚、安全です。

対応できる店舗

アメックスの現金化が得意なサイトはいくつかありますので、ネットで情報収集を徹底してから行うようにして下さい。

私のように、買取店や質屋への転売目的で高額商品を購入するのは賢い方法ではありません。

換金率の高い商品は事前にネットが掛けてあって、取引エラーとなり、そのままカード利用停止になる確率が高いんですよね。

私の場合はあくまでも実験的行為です。

ちゃんと現金化がしたい人は、キャッシュバック式でしかも一回の取引金額が大きくないものを連発する方が安全なんです。

アメックスでどうしても現金化したいっていう人は!?

始めにはっきりとさせておきますが、アメリカン・エキスプレスのショッピング枠を利用した現金化はおすすめできません。

アメックスって?

アメックスはグリーンカードレベルでも、それなりの収入のある方に発行されるステータス性の高いカードで、実際に海外旅行などへ行くとホテルやブランドショップなどで優遇される程メリットのあるクレジットカードなんですよね。

旅行やレジャーなどでは現金よりも信頼性があるとさえ言われていて、それだけにブランドイメージのためのメンテは徹底しています。

参考サイト

https://www.americanexpress.com/jp/
アメリカン・エキスプレス公式サイトより確認できます。

もちろん現金化は可能ですよ。

私も試験的にアメックス系のクレジットカードでトライしたことがあります。

方法はカードを発行してもらった初利用でブランドバックを買い、それを買取額の高い業者に転売するやり方です。

初利用ですから、この時点での私の利用履歴は0ですよね。

またアメックスカードであれば、高級ブランド品の買い物は当たり前です。

しかも銀座の有名ブティックでの買い物ならば怪しまれることもないんですよね。

これはアメックス系クレジットカードだからできた技ですが、2度目以降は成功しないでしょうね。

結論から言うと

アメックスカードの審査に通る方ならば、他のクレジットカードも入手できるはずですね。

ならばマスターカードやVISAクレジットのカードで、上手に現金化をした方がずっと安全ですよ。

特に今はキャッシュバック式の現金化サイトが人気ですね。

キャッシュバック式は商品の転売ではないために、クレジットカード会社も手が出し難いとされています。

つまり怪しいとは思いつつも、これを理由に強制解約ができない状態なんですよね。

金額は小さいですが、キャッシュバック率が90%を超えるところが殆どなので、細かく現金化して必要額を集めるのが得策でしょう。

実はこの手のサイトならば、さすがのアメックスでも利用停止にはし難いとされています。

また買取式で行う場合ですが、絶対に換金性の高い商品を大量買いしないことが肝心です。

ショッピング枠の半分を超える商品を購入するとか、複数回に分けるにしても、同じようなサイトで大金を使うようなまねはしない方が良いです。

あくまでも普段通りの感じで数万円を現金化するくらいにとどめるべきでしょう。

やはり安全策としては、アメックスカード対応タイプの優良サイトで現金化することです。

実は現金化サイト側としても、収入のしっかりしているアメックスユーザーを歓迎する傾向があるんです。

リピーター促進に高還元率を提示しているサイトもあるくらいです。

どうしてもという方は、そういった現金化サイトを目立たぬ感じで利用すると良いかもしれませんね。

国産ブランドJCBと提携したアメックスの現金化の現状は?

クレジットカードの先駆者であり、世界中でも最もステータス性の高いブランドカードがアメリカン・エキスプレスです。

一昔前は、このカードを持って海外旅行に行くと、かなりの優遇を受けたと言います。

ホテルやブティックでも、カードを見せただけでスタッフの対応が変わったとの話もたくさんあったくらいです。

持ってるだけでジェントルマンやレディの扱いを受ける凄いクレジットカードという訳ですね。

アメックスにも種類がある事をご存知ですか?

ステータスが高いのはプラチナやゴールドやグリーンの自社発行プロパーカードで、それ以外は金融会社との提携カードになります。

またアメックスの提携カードは、提携会社がライセンスによって代理発行をしています。

その為に審査はアメックス程厳重という訳ではないんですよね。

中にはアメックスではあり得ない、18歳の学生でも取得できるところもあります。

  • 年会費が無料だったり
  • ポイントに独自性があったり

と近年になってユーザーが非常に増えてきていますね。

実は私も楽天銀行のアメックスカードを取得しました。

これで現金化をトライして、ちゃんと成功しています。

最も難しいと言われる換金率の高い高級ブランド品の転売でしたが、一回限りの高額商品購入ということで実質的なペナルティは受けませんでした。

でも、これを2~3回繰り返すと間違いなく強制解約になるでしょうね。

また最近は国産ブランドのJCBと提携して、国内のどの店舗でも利用可能になっていきましたね。

ただし現金化については以前の厳しい対応のままです。

むしろJCBとの連携で厳しさが倍増した感じがあるくらいなんですよね。

現時点でアメックスとJCBでの現金化が最も利用停止リスクが高いとされていて、現金化を頻繁に行っている方々でも警戒しているカードなんですよ。

そういった背景もあってアメックス系のカードは、最終的に換金率が低くなる傾向があります。

それはカード決済が国外でおこなわれるため、クレジットカード決済手数料が高いんですよ。

最低でも購入額の8%は取られます。

普通の買い物であれば手数料は販売店が負担するのですが、クレジットカード現金化の場合は利用者負担となり、他ブランドの現金化より現金が少なくなってしまうというデメリットがあることも知っておいてくださいね。

このようにアメックスは普通に利用するにはメリットもステータスもあるカードですが、現金化ではデメリットの方が目立つ感じですね。

アメリカン・エキスプレスで即日現金化が可能な方法とは?

クレジット現金化の手段としては、アメックスカードが最も難しいとされています。

幾通りかのチェックをかけていて、ちょっとでも不審な部分があれば取り敢えず取引停止をしてしまう手ごわい相手なんですよね。

私は普段アメックスでの現金化はしないようにしています。
基本的にはおすすめもしていません。

クレジットカードの現金化歴は5年以上ありますが、アメックスでトライしたのはたったの1回だけですね。

銀座の有名ブティックでヴィトンのバックを10万円ほどでカード購入し、それを買取専門店で転売しました。

初回利用での突発行為だったので多分怪しまれたはずですが、その時は様子見のスルーだったのでしょう。

見事実験は成功に終わりましたが、もちろんそれ以降は怖いので手を出してはいません。

それ程に手厳しいチェックをしているアメックスですが、それでも即日現金化の可能な手段はあります。

もちろん100%安全という訳にはいきませんが、少なくともネットで噂されているレベルの危険度にはなりません。

また、既に実行しているユーザーもたくさんいますので、特別な方法でもありません。

その手段とは、アメックスカードを得意としている現金化サイトを利用することです。

大事なのは

トラブルなどの悪評が口コミ等で出ていない優良現金化サイトに絞り込むことが肝心です。

例えばアメックス現金化で評判の良い『ハピネス』というサイトがあります。

ここは現金化でも安全性が高いとされているキャッシュバック方式を採用していて、年間2万件にも及ぶ利用者がいるとのことです。

また換金率が98%まで可能ということで、お得感もあります。

最も大きなメリットは、営業開始からカード利用停止になったケースがないことです。

これは利用価値が高いと言えますよね。

他にもキャッシュバック方式の現金化サイトはたくさんあります。

比較的人気が高いのは、利用停止ゼロをうたい文句にしていて、リスクの低さが際立つ現金化サイトです。

もちろん換金率は90%を超えるとありますがキチンと条件を提示して確認する必要がありますけど、現金調達の手段としては有効でしょう。

これら現金化サイトでは、クレジット購入が完了した時点で現金のキャッシュバックをしてくれますから、まず即日でお金が手元に入るシステムなんです。

このスピード感も大きなメリットですし、買取式の現金化サイトでは商品の往復分の時間が掛かり、お金を手にするまでのタイムラグが長いです。

また自分で商品を買って買取店や質屋に持ち込むのは、アメックス側にバレるリスクが高くておすすめできません。

その個人情報が本当に必要かどうか確認することは大切なこと

本当に必要?
カードを利用して現金化する際に、心配なことのひとつとして個人情報の取扱いがあって、悪意のある業者に搾取され悪用されないか不安になります。

個人情報の取扱いについては、カード現金化だけでなく大手企業の顧客情報が搾取されると言った事件もあるので気になる点といえます。

どんなにセキュリティに配慮されていたとしても、個人情報が第三者に漏れてしまうことや悪用されてしまう可能性というのはゼロではありません。

その上でカード現金化を利用するにあたって、個人情報についてどのような点に注意しておくべきか認識しておきましょう。

カードで現金化する際には、他人名義のカードを不正使用していないことを確認するために、本人確認などで最低限の個人情報を伝える必要があります。

ただ最低限の個人情報であって、クレジットカードの表裏のコピーを提出まで要求されることはありませんし、要求するような場合は悪質な業者と考えるべきです。

実はカードの表裏には、カード番号・名義人の名前・有効年月日・セキュリティコードなどといったとても重要な情報が記入されているのです。

しかも、これらの情報さえあればカードが手元になくても、また暗証番号を知らなくてもネットショッピングを利用することが可能になります。

このように必要以外の個人情報やカード情報の提出を要求してくる業者は、悪意を持っている業者と判断して利用しないことです。

悪意を持って商売をしているのではなくて、優良な現金化サービスを提供している業者を見極めて利用しましょう。

また、それと共に業者が個人情報を重要な情報と認識して、大事に取り扱いをしているのかをチェックすることも大切になってきます。

その理由は、悪意のない業者であったとしても、個人情報など大事な情報を送信するサイトのセキュリティが不充分であれば外部に漏れる可能性があるからです。

そして、その外部に漏れてしまった情報を、別の悪意を持った人間が悪用すると言った危険性があるので、サイトのセキュリティを確認する必要があります。

その判断材料のひとつが暗号化で、それがされていれば個人情報などが外部から見られる心配も最小限になると言えます。

また、サイトのURLがhttpからスタートしているか、鍵マークが表示されているかなども併せて調べると良いでしょう。

現金化する際には、セキュリティ意識の高い業者を利用することで、個人情報の漏えいなどのリスクが回避できると認識しておくことです。

クレジットカード同様にマイナンバーカードの情報漏れには注意を

マイナンバー情報漏れ
カードを利用して現金化する際の手続きとして、業者がトラブルを避けるために本人名義のカードであることを確認します。

その為に、本人確認書類として顔写真付きの免許証などを提出するように指示されることになります。

これは、あくまでも余計なリスクを回避するために、優良業者が取り組んでいることで、何ら問題はありません。

しかし、このことを悪用するケースもあって、悪質な業者に個人情報やカード情報を盗まれて悪用されることがあります。

また、それによって犯罪に巻き込まれてしまう可能性も考えられるので、個人情報やカード情報の取り扱いには注意が必要です。

近年では、マイナンバーについても情報を聞き出そうとする悪質な業者も増加傾向にあって、その点にも注意しなくてはなりません。

マイナンバーカードには顔写真が付いているので、身分証明書として利用することができますし、いろいろな公的サービスにも利用可能です。

その為、現金化する際の手続きに必要となる本人確認に使用することもありますし、情報を聞かれても不審に感じないことも多いです。

それはクレジットカードを申込む時などに、職場や勤続年数など様々な個人情報聞かれて審査を受ける経験あるため、正当なことのように認識してしまうためです。

しかし、マイナンバーカードには様々な個人情報が入っているので、セキュリティは万全と言われていますが、悪用されてしまう危険性があることを忘れないようにしましょう。

このように必要以上に個人情報を聞き出そうとしたり、カード情報やマイナンバー情報などについて聞いてきたりする業者については疑う必要があります。

ある程度手続きが進んでいたとしても、キャンセルを申し出て利用しないのが賢い選択です。

ただ、気付かずにマイナンバーカードを本人確認に使用したり、情報を伝えてしまったりした場合には、居住地の市区町村の役所に相談すると良いでしょう。

また、個人番号カードコールセンターに連絡して相談するのも良いですし、必要に応じて再発行の手続きをすることも検討するのもひとつです。

カード現金化を利用する際の個人情報の取り扱いにはリスクを伴うので、リスクを少なくするためにも法令順守をしている優良な業者を選びましょう。

悪質な業者なのか優良な業者なのかを判断するのは難しいことになりますが、利用するにあたっては最低限、業者の判断を正しくできる知識を事前に持っておくことも重要となります。

クレジットカードを紛失すると現金化に利用されることもある

紛失の危険性
一般的に大金を持ち歩くことはありませんが、財布の中に複数のクレジットカードが入っているという方は少なくありません。

このように複数のクレジットカードを携帯しているというのは、大金を持ち歩いているのと同じと認識しておく必要があります。

万が一財布を落としてしまうことや置き忘れてしまうことがあると、クレジットカードを悪用されてしまう可能性があるのです。

では紛失したクレジットカードは、どのように悪用されてしまうのかというと、なりすましによる不正使用が行われる可能性があります。

カードには氏名が記載されていますが、そこから分かるのは性別の判断程度で、男性の名前なら成人男性が使用することが可能になるのです。

また氏名以外にもカード番号・有効期限・セキュリティーコードというのも記載されていて、この情報があれば不正使用されてしまいます。

インターネットでショッピングする際には、先の情報を入力すれば決済することが可能で、カード現金化と同様に換金で使用される危険もあるのです。

このように紛失したクレジットカードを悪用されてしまう可能性があることをしっかりと理解しておく必要があります。

しかし、いくら注意していても、財布を落としてしまうことや置き忘れてしまう可能性をゼロには出来ません。

ただ、紛失した際に悪用されないための対処法もあって、それをしておくことで被害を最小限にすることも可能になります。

対処法のひとつは、カード裏面にある署名欄に自筆でサインしておくことです。

それによりレジで書いたサインと比較して、不正使用の発覚につながります。

しかし裏面に署名していても不正利用されるリスクは高いので、紛失に気づいたらすぐカード会社に連絡して利用停止をしてもらいましょう。

また万が一紛失した時のことを考慮して、裏面に記載されているカード発行元の会社や電話番号をどこかにメモをしておくと良いでしょう。

24時間年中無休で対応している場合が多いので、不正使用されないためにも直ちに利用停止の連絡をして対処を心がけることです。

それと共に警察へ届けることによって、カードに付帯している紛失保険や盗難保険を利用する際に必要となる紛失の証明ができます。

実は、紛失保険や盗難保険による補償を受ける手続きでは、カード会社に連絡しただけでは不充分で、警察の証明がないと補償が受けられないことがあります。

時間が経過した場合でも気づいた時点で、すぐに警察に届出をすることです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする