申込みができるのは何歳からという年齢制限はあるのでしょうか?

年齢制限規制

カードがあっても店舗側による年齢制限規制が設けられている事が多い

現在、クレジットカードにも様々な商品があって、何歳からという年齢制限についても会社によって異なります。

通常、本人名義でカードを作るとなれば高校生を除く18歳以上という条件が多いですが、20歳以上としている会社もあります。

ただ親権者の同意と審査に問題なければ、専門学校生・短大生・大学生が申し込める学生カードというクレジットカードがあります。

親元を離れて生活する学生は、学生カードを利用して生活用品を購入したり、光熱費などの支払いをしたりするケースも少なくありません。

また、カードの本会員が自分の家族に持たせる目的で、付属カードとして作ることが可能な家族カードというのもあります。

これも高校生を除く18歳以上と言う条件になっているケースも多いですが、海外留学など事情がある場合は中学生を除く15歳以上も作れます。

このように、未成年であっても学生カードや家族カードといったクレジットカードを所持することができるのです。

その為、何の問題も無くショッピングで利用することができるので、カードの現金化も可能と考えることができます。

しかし、業者としてもトラブルを回避するために年齢制限を設けていることがあって、おおよそ20歳からとしています。

つまり、利用可能なカードを持っていたとしても、業者を利用することが可能な年齢に達していなければできないのです。

このように何歳からと年齢制限を設けている業者では現金化ができないのであれば、年齢制限がない自分でやる方法を選択することも考えられます。

自分で換金性の高い商品をクレジットカードで購入して転売するのなら、何歳からという年齢制限を気にする必要はありません。

また、何歳からといった年齢制限を設けていない業者を利用するというのも選択肢のひとつとして考えられることです。

しかし、この2つの方法はリスクがありますし、トラブルに巻き込まれてしまう可能性も考えられると認識しておく必要があります。

では、年齢を偽ってカード現金化サービスに申し込む場合はどうなのかというと、これは詐欺罪に該当する可能性が考えられます。

また、実際に利用する時には身分証明書の提示が求められて本人確認するので、年齢をごまかして利用することは不可能と言えます。

リスクやトラブルに巻き込まれる危険も考えられるので、下手な嘘をつくのではなく正直に伝えて、正しい方法でサービスを受けることが大切と認識しておくことが重要です。

クレジットカード現金化は20歳以上の学生なら利用可能?

学生でも可能
専門学校や短大、また大学へと進学すると友達付き合いも多くなって、時には出費がかさんで手持ちの現金が不足してしまうこともあります。

そのような場合には、消費者金融のキャッシングなどの利用を優先的に考えるとは思いますが、未成年の学生では申し込むことがほぼできません。

そうした時に頼りになるのがクレジットカードを利用した現金化で、自分名義のカードがあれば学生でも利用することは可能です。

ただ、先にも触れましたが未成年の学生ではカードを作ることができないので、現金化もできないことになってしまいます。

しかし、専門学校生・短大生・大学生でも作ることが可能な学生カードというものがあって、親権者の同意などの条件をクリアすると大丈夫です。

この学生カードは、社会人を対象とする一般的なクレジットカードと違って、キャッシングすることができる機能がついていないことが多いです。

また、学生ということで社会的に信用もまだ低いために、ショッピング枠の利用限度額も少なめに設定されています。

このように普通のクレジットカードと比較すると利用範囲は限られてしまいますが、進学で親元を離れて生活する学生にとっては便利な存在です。

学生でも現金化が利用可能になる条件は業者で異なる点もありますが、先に触れたようにまずは自分名義のクレジットカードがあることです。

そして、それにプラスして有効期限に問題がないことや、カードのショッピング枠に余裕があることが条件として必要になります。

ただし、そうした条件を満たした学生であっても、業者が年齢制限を設定している場合には、20歳以上でないと利用可能ではないので注意が必要です。

また他の注意点としては、利用可能な年齢だからといってカード現金化を無計画に利用することは避けるべきで、学生では限られた収入しかないことを認識しておくことです。

カードで現金化すると言うことは、カードを使って買物をしたのと同じで、必ずカード会社から請求があってそれを返済する必要があるということなのです。

安易に利用して返済ができなくなれば、当然のことカードは使用できなくなりますし、最悪親にも迷惑をかけてしまうことになります。

そのようなことにならないためにも、自分が返済可能な範囲で計画に利用することが重要で、そのことをしっかり認識して責任ある行動を心がけることが大切です。

ただ、できることならカードの現金化を利用するのではなくて、地道にアルバイトなどをしてお金を稼ぐ方法を考えてみることも大事なことです。

また、それと共に生活を見直して浪費していることがないのかを一度チェックしてみることをおすすめします。

未成年の学生が持っているカードでの利用は危険を伴う可能性がある?

危険トラブル増加
専門学校生・短大生・大学生などを対象とする学生カード、また家族カードなら未成年の学生でも本人名義のクレジットカードを所有することは可能です。

ただ学生カードにはキャッシングの機能がついていないことが多いですし、家族カードでキャッシングすると親に知られてしまうことになります。

その為、急に現金が必要になった場合に、本人名義のカードがあれば誰でも利用可能といわれるカードの現金化という方法を考える学生もいます。

でも、未成年の学生でも利用できるのか、利用するにあたって危険性はないのかなど疑問不安があるのも確かです。

未成年によるカード現金化については基本的に利用することはできず、ほとんどの業者では20歳以上と年齢制限をしています。

その理由は、学生は支払い能力が不足しているために、カード会社への返済が出来なくなる可能性が考えられ、カード会社から制裁が下ることになるからです。

また、未成年の学生であれば親権者からも訴えられる可能性があって、こうしたトラブルを避けるために業者としては未成年の学生の利用を断るのです。

逆に未成年の学生でも利用可能というような業者の場合は、悪質な商売をしていることも考えられるので、危険が伴うこともあると認識しておくと良いでしょう。

学生カードにはショッピング枠がありますが、学生の支払い能力を考慮して、一般的なカードと比べて利用できる金額は少なく設定されています。

その為、カード現金化するにしても少額の現金しか手にすることができないことも考えられ、ハイリスクローリターンな取引になってしまいます。

つまりトラブル発生の危険性が高い割には、利用者にとってのメリットが大きくはなく、これは家族カードにも同様のことが言えます。

では、業者の利用ではなくて個人でカード現金化をしようと考える方もいるでしょうが、個人で行なう現金化も危険な行為なのです。

その理由は、カード会社も個人で実施する現金化に対して警戒していて、場合によってはカードの利用停止といった厳しい対応をしているからです。

また、古物営業法に違反となる可能性があって、買取業者としては法律違反になる危険性を侵すことはありません。

逆に法律違反になる危険性を無視して買い取ってくれる業者は、危険な業者でトラブルに巻き込まれる可能性も考えられるでしょう。

現金化業者を利用するにしても、個人で現金化するにしても未成年の学生が利用するとことは、危険な行為と認識しておく必要があります。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする