アルトレードの店舗詳細と特徴

アルトレード公式サイト
Amazonギフト券買取専門店のアルトレードを利用してみたいけど、そもそもどういう業者なのかがわからない人は多いですよね。

アルトレードはオンライン通貨を換金してくれる業者で、Amazonギフト券を使っての現金化ができます。

勝手に管理人プレビュー

私が勝手にネットの公式サイトを調べてみた感想をかいてます。


クレジットカードはあるけどキャッシング枠がなく、消費者金融もなかなか利用できない人にとって、このサービスはうれしいですよね。

気になる買取についてですが、最短で30分、最長で120分あれば振込をしてくれます。

もちろん混雑状況や口座側の取り扱い状況によって変わってきますが、たいていの場合はその日のうちに現金化できるわけです。

そして買取率は、確認した時点で83%になっています。

この数字はライバル業者と比較しても良い数字ですね。

ただ画像として作られた部分では90%となっているのに対して83%なので、そこはちょっと気になりました。

現金化についてはその時の状況によって買取率が変動することもあるので、事前にしっかりと確認する必要がありますね。

ちなみに10万円以上の買取になると83%以上になるとのことなので、まとまったお金が必要な人は一気に買い取ってもらった方が良いです。

無理をする必要はありませんが、その金額が無理にならない範囲ならできるだけ得をできる取引をした方が良いですからね。

申し込みは専用フォームからになっていて、そこでは名前やメールアドレスに電話番号や住所、そして利用金額などの情報と振込先口座情報を書くだけです。

必要な情報がそろっていれば数分で完了できる作業なので、この手軽さもポイントになります。

ギフト券については、Eメールタイプ、カードタイプ、印刷タイプに対応をしているほか、PINCOM発券のAmazonギフト券の買取も可能です。

買取業者の中にはメールタイプの未対応というところもありますが、これだけ幅広く対応をしてくれる業者は頼もしいですね。

ちなみに申し込みフォームは最低限の情報だけを入力するようになっているので、細かい部分での質問があれば電話での連絡になります。

ホームページ上では買取率が提示されていますが、利用する金額によって変わることもあるので、少しでも気になることがあれば直接連絡してみてください。

お金に困った時に活用できるサービスは色々ありますが、中には良くない話を聞くところもあります。

そのリスクを避けるためにも、いきなり利用するのではなく情報をしっかりと確認して納得できるところを選ぶようにしてくださいね。

平日15時以降・土日祝日の振込みは?

お振込対応時間は営業時間内。土曜・祝日対応可能。

平日15時以降もジャパンネット銀行・ゆうちょ銀行・楽天銀行および、モアタイムシステム参加金融機関の口座をお持ちの方なら即日振込みが出来ます。

もちろん、土曜日や祝日でも上記銀行をお持ちであれば振込み対応可能です。

アルトレード詳細一覧

企業名 アルトレード
所在地 表記無し
古物営業許可 表記無し
営業時間 平日8:00~22:00
土日祝10:00~20:00
お申込み方法 WEBサイト
買取率 83%~90%
最短時間 最短30分
最低買取金額 額面500円以上~

複数のネット上にある口コミを調べてみたよ

勝手に口コミや評判などを調べてみたので書いてみました。


Amazonギフト券の買取業者は、探してみると意外なくらい見つかりますよね。

そして数が多くなると、それだけ「どこを選べば良いのか」と迷ってしまいます。

ここで注目をするのは、アルトレードの口コミ情報です。

買取業者の中でも有名なところなので選択肢のひとつとして上がりやすいところですが、だからと言ってそれで安心して利用できるものでもありません。

なので実際に利用した人の口コミ情報をチェックして、本当に利用しても問題ないのかどうかを判断していきます。

今回、Amazonギフト券買取業者のアルトレードについて、ネット上にある口コミを徹底的にチェックしてみました。

全部確認したと言えるくらいに調べてみましたが、そこで見えてきたのは良いところもあれば悪いところもあるというところですね。

まず良いところですが、ホームページ上に明記してある換金率はしっかりと守られているところです。

そんなの当たり前だと思う人もいますが、この手の業者の場合は実際に申し込んだら「現在はこの換金率なので」と不当に安く買い取ろうとするところもあるのです。

そういうところを利用すると大きく損をしてしまうだけに、納得のできる買取をしてくれる業者というだけで高評価になります。

他の口コミでは、換金率だけではなく振込までの時間もしっかりと守られていたというものがありました。

当たり前のことのように見えるけど、実際にそれが守られているとわかると安心できますよね。

良かった口コミをまとめると・・・
  • 換金率はちゃんと守る
  • 振り込みまでの時間も正確

特にアルトレードの場合、基本的にネット上でのやりとりのみでの買取なので、長時間振込も連絡もないと不安になります。

ただ、この「時間を守ってくれる」部分も絶対ではなく、悪い部分の口コミには3時間以上も待たされたという内容がありました。

それとは別に悪いとまでは行かないまでも評価が下がっているところで、1万円以上でしか買取をしていないというものもありますね。

できれば必要な額だけで済ませたいところで、一定以上の金額でなければ買取をしないところには不満が出てしまうものです。

それでもその口コミでは、他業者よりも買取率が良かったので評価自体は高めになっていました。

悪かった口コミをまとめると・・・
  • 振り込みまでの時間がかかり過ぎ
  • 少額での買取は断られる

これらのことからわかるように、サービスの質自体はそれほど悪いものではありません。

手数料が取られるところは残念とありますが、それはどこの業者でもやっていることなので(取らなくても換金率に影響)、許容範囲と言えます。

こういう買取系の業者の中では評判も良い方なので、お金のことで困ったことがあれば利用してみる価値は十分にありますね。

アルトレードの申込みはどんな感じなのでしょうか

ここからは実際に私が申込みんだ時の印象や状況を詳しく載せてます。


Amazonギフト券買取業者のアルトレードは、とても簡単に利用できます。

現金化の時には色々と難しい手続きが必要なのではないかと思っている人もいますが、専用フォームから必要な情報を入力していくだけなので安心してください。

ちなみにそのフォーム自体も、必要な情報は最低限のものになっています。

アルトレード申込み手順1

名前や連絡先を入れて、どれだけの金額を利用したいのか、そしてどの口座へ振り込めば良いのかなどです。

たったこれだけの情報なので、最初から必要な情報を用意していれば1分くらいで終わりますね。

アルトレード申込み手順2

フォームに情報を入力したら送信するだけですが、そこからもうひとつ必要な作業があります。

それは身分証明書を使っての確認です。

お金が絡むやりとりになるので、不正防止のために本人確認は必須というわけですね。

この部分をしっかりとやっているのかどうかでも、安心して利用できるのかどうかに関わってきますね。

その後はギフト券を送るだけです。

送る方法自体はメールを使ったものになるので、特に迷うことはありませんね。

Amazonギフト券のコードを送り、それが確認されたらアルトレードから送金がされます。

最短で30分、遅くても2時間くらいあれば取引は完了するので、流れるように現金が手に入るわけです。

もちろん時間帯や口座の都合によって遅くなる場合もあるので、その点は注意が必要です。

あまりにも遅い場合は連絡をしての確認が必要ですけど、基本的にそれほど時間がかかることはまれなので、安心して待っていられます。

ちなみに指定する口座を変更することで、柔軟な対応も期待できます。

一般的な銀行だと15時を過ぎると翌日扱いの振込になります。

だけどネットバンクなど取扱時間の長い口座なら、15時を過ぎてもその日のうちに振り込まれる可能性が高くなるわけです。

そうは言ってもあまり遅ければ業務時間外なので翌日以降の手続きにされるため、その点は注意が必要ですね。

ちなみに振込手数料は300円発生するので、その点にも気をつけてください。

換金率から出た金額から300円低くなるだけなので全体から見れば小さな金額ですし、そのことについての説明はあります。

簡単にまとめましたが、このような流れでAmazonギフト券を買い取ってもらえます。

最初は緊張するかもしれませんが、慣れてしまえばどうということはありませんね。

10万円以上のギフト券なら換金率もアップしてくれるので、上手く活用できれば便利な業者です。

ここからは実際に当サイトに頂いた申込者の声

埼玉県 20代 男性

2019年5月
買取率は驚くほど高くはないけど、いくつか問い合わせて聞いてみたけど手数料などが差し引かれたりして結局はここの金額が一番高かった。


茨城県 20代 男性

2019年4月
意外とメールのやり取りが多い。
本人確認も申込みフォームから1回で送れるようにしてほしい。


愛知県 30代 女性

2019年2月
amazonのギフト券番号を送ってから3日後だったかな振り込まれたのが。
遅いか早いかはわからないけど、私の時はこのくらいでした皆さんの参考までに・・・。

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする