amazonギフト券を使って現金化【知らなきゃ損】みんなが選ぶおすすめサイトまとめ

amazonギフト券売買

amazonギフト券の売買の方法は限りなく存在する

クレジットカード現金化の業者を通さず、自分で現金化を行えないかと考えている人もいるかもしれませんが、これは十分に可能です。

業者を通せば一定の手数料は取られるものの、逆に言えば一定の換金率は保証されているわけです。

現金化を自分で行う場合の難点は、何かを購入したものの予想以上に買取が安く、大きく損をするケースがある点です。

そんな中、クレジットカード会社からも目を付けられにくく、換金率にも期待が持てるのがamazonギフト券です。

配送業者の過酷な労働環境などがよく問題として挙げられるものの、日本でもECサイトは生活に欠かせない存在になりました。

amazonギフト券は特定のサービスでしか使えないギフト券であるにも関わらず、需要がある商品です。

コンビニでの購入など販売方法も多数ですが、プレゼントのためにクレジットカードで購入されるケースも多く、クレジットカードでamazonギフト券を購入しても違和感がありません。

実際にインターネットでamazonギフト券を購入する際はほとんどの人がカード決済か銀行振込または引落しの利用となっています。

もちろん電子マネーでの決済もありますがそれ自体もクレジットカード登録しているはずですが問題ありません。

そもそも、Amazonギフト券を買ってから必要な物を購入するというのは手間がかかるのであまり見かけませんアマゾンギフト券が安く手に入るならその方法も有りだと思います。
私も含めほとんどの人がAmazonギフト券を購入するのは現金化するための手段にすぎません。

では、どうやってAmazonギフト券を現金に換えることができるのでしょうか?

相手

この前、駅前の金券ショップにアマゾンギフト券を持ち込んだけど現金化はしてもらえなかったんですけど本当に出来るの?

そうなんです。

このamazonギフト券をどうお金に換えるかですが、金券ショップに持ち込んでも大抵の場合は買い取ってもらえません。

amazonギフト券は、発行されたコードを入力してチャージする商品なので、コードがあってもそれがチャージされたものなのか、まだ使われていないのかが判別できないのです。

そのため、金券ショップではamazonギフト券を扱っていないところが大半なので、他に現金化の方法を考える必要があります。

amazonギフト券はインターネットオークションでよく出品されており、自分で現金化するならオークションが第一候補です。

インターネットオークションでは額面より高い価格で出品されているにも関わらず、それが売れるなんてケースも珍しくはありません。

送料がかからない商品なので、amazonギフト券を求めている人にとっては使いどころがあります。

インターネットオークションで利用できるポイントがあるなら、そちらで支払えば負担は皆無でamazonギフト券が手に入り、これを逆の立場から見ればamazonギフト券を出品することでお金に換えられるというわけです。

額面以上にはならない場合もあるものの、額面通りの価格で落札してくれる人がいたら、業者の換金率を遥かに上回ります。

需要が高い商品なので落札には期待が持てるものの、それでも必ず落札されるとは限らず、売れないなら値下げを余儀なくされる場合もあるでしょう。

そのような売れるか売れないかの不安に悩まされたくないなら、Amazonギフト券の現金化業者を利用してお金にするのが確実です。

現行ではクレジットカードの現金化よりも高還元率で換金してもらえる店舗もあるので要チェック!

管理人が今日おすすめする店舗はココ!

1位
買取ボブ
買取ボブ

買取ボブの強みは「分かりやすい買取率提示」と「スピーディな買い取り手続き」の2点。また、換金・振り込み手数料は無料なので、サイトに提示されている金額を振り込んでもらえます。

2位
ギフトグレース
ギフトグレース

毎日買取相場をチェックし、どこよりも高く買取ろうという姿勢を維持しているからこそできること。買取手数料、登録手数料、振込手数料などの手数料は一切ないという点も、ギフトグレースが人気の理由と言えるでしょう。

3位
買取KING
買取KING

サービスではリピーターから高評価を受け、更には他店との換金率の差があれば即対応というとてもありがたい店舗ですのお気軽にご相談ください。

4
買取セブン
買取セブン

6種類すべてのamazonギフト券買取に対応しており、買取率は最高96%です。買取セブンではギフト券が失効していない限りきちんと買取に応じてくれます。

買取率や買取価格は日々変動することもあるので必ず利用する際に確認したほうがいいです。

ちょっとだけ!現金化についてもっと詳しく知っておこう

Amazonギフト券を購入したりプレゼントされた場合は、Amazonアカウントへログインしてギフト券番号を入力することで、アカウントへチャージされます。

そして、買い物をする時にチャージされた金額を使用するのですが、使い切らなかったおつりは有効期限があるので、通常のAmazonギフト券であれば、Amazonギフト券の購入日から一年間経過してしまうと使えなくなってしまいます。

注意

現在は種類に限らず10年となっていますので間違えないようにして下さい。

正直10年っていう期限を設けるなら、有効期限ななんて無にすればいいのにって感じてしまう。
10年後の期限なんて覚えてられませんよね。

次々と買うものがあれば問題ありませんが、なかなか使う機会がないとAmazonギフト券は持て余してしまう可能性があります。

こういった時に、Amazonギフト券を現金化できたらと考える方がじつは結構多いんですね。

ですが、Amazonギフト券はAmazonから換金することはできません。

しかし、Amazonギフト券の現金化業者を利用すればお金に換えることができるんですね。

つまりAmazonギフト券が換金できるのは、インターネット上の買取ショップのみです。

インターネット上のAmazonギフト券現金化店舗では、申し込みフォームから必要な情報を入力して、身分証と口座の登録が必要です。

そして、買い取って欲しいAmazonギフト券のギフト券番号を入力すると買取してもらうことができます。

買取が完了すると指定口座へ買取ショップから現金が振り込まれてきますが、一点注意が必要なのはこれらのAmazonギフト券現金化業者は、Amazonギフト券の金額そのままでは買い取ってくれないということです。

Amazonギフト券の買取金額はAmazonギフト券の金額や、買取を依頼するタイミングによっても違いますが、大体Amazonギフト券の70%から90%程度の金額での買取となります。

これは、街の金券ショップの買取と同じ仕組みになります。

Amazonギフト券の買取ショップも、買取金額と販売金額の差額で利益を得ている為、買取金額は実際のAmazonギフト券の金額よりも少し安い金額になってしまいます。

Amazonギフト券を現金化業者へ売る場合は、そのショップが信頼できるショップかどうかを事前に確認してから利用することをおすすめします。

中には評判の悪いショップもありますので注意しましょう。

また、Amazonギフト券の現金化業者はお店ごとに買取利率が異なります。

どうせ売るのなら少しでも高い金額で買取をしてくれるショップを選びたいので、Amazonギフト券を買取してくれるショップをいくつか比較した上で売ることをおすすめします。

ギフト券をお金に換える現金化のショップってどんな業者?

お金に換える
Amazonギフト券の買取は、街の金券ショップなどでは取り扱ってくれる店舗は非常に少なくなっています。

金券ショップには新幹線チケットをはじめとした様々な金券が取り扱われていますが、Amazonギフト券を取り扱っている金券ショップはある理由により少ないのです。

なぜ金券ショップがAmazonギフト券の買取を行わないかというと、そこには通常の金券に比べてAmazonギフト券の方がリスクが高いという理由があります。

リスクというのは、まずそのAmazonギフト券が使用前か使用後かを判別する方法が難しいという理由があります。

Amazonギフト券を使うには、Amazonギフト券に記載されている16桁の番号が必要ですが、番号を知っていれば直ぐにAmazonギフト券を使うことができてしまいます。

たとえば、Amazonギフト券を金券ショップに買い取ってもらった直後にそのAmazonギフト券の番号を利用して買い物をするといったこともできてしまいます。

さらに、そもそもそのAmazonギフト券が本物か偽物かを判別する方法が、実際にAmazonのアカウントへログインしてギフト番号を登録する以外ないというのも、金券ショップがAmazonギフト券を取り扱わない理由のひとつです。

精巧に作られたAmazonギフト券の偽物があったとしたら、それを見破る為には記載されているギフト券番号をAmazonにログインして入力するしかありません。

もしも偽物であれば、番号を入力してもチャージできないので判別できますが、そのAmazonギフト券が本物だった場合には、チャージしてしまったアカウントでしか利用できない為、そのAmazonギフト券を販売することができなくなってしまいます。

こうした理由により、店舗ではAmazonギフト券を買取してもらうことは難しいですが、どうしてもAmazonギフト券を買取して欲しい場合には、インターネットで「Amazonギフト券 現金化」と検索すると買取をしてくれる専門業者がたくさん出てきます。

インターネットのAmazonギフト券現金化店を利用するメリットは、自宅にいながらにしてAmazonギフト券を買い取ってもらえる点があります。

また、24時間受け付けているのでいつでも買取依頼ができるほか、銀行が営業している時間であれば数時間程度で直ぐに買取金額を振込してもらうことができます。

手続きも簡単なのでAmazonギフト券を手放したい方にはおすすめです。

Amazonギフト券をケータイ払いで購入する方法~バンドルカード~

Amazonギフト券は、誰かにプレゼントすることもできますし、自分用に購入してアカウントへチャージして買い物をする時に利用することも可能です。

そんなとても便利なAmazonギフト券の購入方法はいくつかありますが、今回は携帯決済での購入方法をご紹介したいと思います。

1
ドコモのケータイ払いで購入できる

Amazonギフト券は基本的に携帯電話の決済に対応していません。

ですが、ちょっとした工夫をすることで購入ができます。

今回ご紹介するのは、ドコモのケータイ払いです。

直接ドコモのケータイ払いでAmazonギフト券を購入はできないのですが、ある方法を利用することでドコモのケータ払いを利用してAmazonギフト券を手に入れることが可能になります。

その方法とは、バンドルカードを利用した方法です。

バンドルカードとは何かというと、Visaのプリペイドカードです。

そして、Amazonギフト券を購入する為に使うのはバンドルカードのバーチャルカードです。

2
バンドルカードの入手方法

バンドルカードの入手方法は、まずバンドルカードへ登録をします。

登録が完了したら、ドコモのケータイ払いを利用する為の情報を入力して、Amazonギフト券を購入する為の金額をチャージしましょう。

チャージが完了したら、いよいよAmazonギフト券の購入に移ります。

3
バンドルカードでAmazonギフト券を購入する

バンドルカードの準備が整ったら、Amazonへ行ってクレジットカード登録の画面に進み、先ほど作成したバンドルカードを登録します。

すると、AmazonでAmazonギフト券を購入する際にバンドルカードをクレジットカードとして選択することができるようになりますので、そのままAmazonギフト券を購入することができます。

直接ドコモのケータイ払いで購入するのと比べると、やや手間がかかりますがそれでも一度バンドルカードを作ってしまえば次回から同じようにしてAmazonギフト券を購入することもできますし、わざわざクレジットカードを作ってAmazonギフト券を購入するのに比べたらそれほどの手間はかかりません。

わざわざAmazonギフト券を買いにお店に足を運ぶ必要もありません。

ちなみに、Amazonギフト券をドコモのケータイ払いで購入可能な転売サイトがありますが、こちらはあまりおすすめしません。

転売サイトによってはAmazonギフト券を購入できても、そのAmazonギフト券がAmazonで利用できない場合があるからです。

電子マネーを経由した転売で現金化を行う方法とは

電子マネー転売
自分で現金化を行う際に使える電子マネーはamazonギフト券だけではなく、楽天Edyなどでも使えます。

楽天Edyもamazonギフト券と同じくチャージするタイプの電子マネーですが、間違えて多くチャージしすぎて困るというのは割とよくある問題です。

他の電子マネーでもチャージしたものの払い戻しには基本的に応じておらず、払い戻しができるのは故障などが原因の限られた場合のみです。

このような電子マネーをチャージしすぎた場合にどう対処するかですが、普通に使う以外に何かを購入する手があります。

現実的に考えると、新品で購入したものをほぼ同じくらいの価格で買い取ってもらうのは難しいですが、人気商品なら近づけることは可能です。

最近は転売が社会問題と化していますが、どうして転売が起こるかといえば儲かるからです。

身近なものだとゲームソフトがよく転売のターゲットとして狙われており、人気作品だと換金率が9割くらいに達するケースも珍しくはありません。

電子マネーが何らかの理由で余っているようなら、このような換金率が期待できるものを購入して売却する手もあるんです。

amazonギフト券以外で電子マネーを扱っている現金化の業者はそう多くはありませんが、そのような場合には何かを購入して換金するのも有効な方法です。

ただ、この方法の難点はどれくらいで買い取ってもらえるかが未知数な点で、大きく損をするケースもあります。

先に挙げたゲームソフトの場合は、何らかの理由で中古市場に多く出回ってしまい、発売から数日で価値が大暴落したものもあるのです。

ゲームソフトでなくゲーム機なら急に価値が下がるケースはほとんどないものの、換金率はやや下がります。

ブランド品は知らない人が手を出すのは危険な分野ですが、ブランド品の価値について詳しいなら有効な手段です。

どのような商品を狙うかは人それぞれですが、基本的には暴落の危険性がある商品より価値が安定しているものがよいでしょう。

一応、裏技的な方法としてはECサイトで電子マネーで買い物をして、それを返品する方法があります。

電子マネーで購入した場合でも現金で返ってくるなら、現金化の目的で返品するのも手です。

ただ、返品の処理はサービスによって対応が異なり、電子マネーで購入したら電子マネーで返ってくるECサイトもあります。

そのため、この方法を使うなら本当に現金で返ってくるのか、現金で返ってくるまでにはどれくらい時間がかかるのかは必ず事前に調べたいポイントです。

ポイントサービスを利用すれば電子マネーや現金を得られるが…

ポイントサービス利用
現金化を自分で行うなら電子マネーをうまく使うのが重要ですが、合わせて電子マネーを獲得できるサービスを利用するのも手です。

ポイントサイトやお小遣いサイトと呼ばれるサービスがありますが、こちらはサイト内の行動やサイトを経由したインターネット通販によりポイントを獲得できるサービスです。

ポイントが貯まれば電子マネーに交換したり、指定の口座に現金を振り込んでもらったりもできます。

ポイントサイトでポイントを貯める方法としてはアンケートに答える、サイト内のゲームで結果を残すなどの方法があり、普段から意識して利用するのが効果的です。

インターネット通販をよく利用しているなら、普段の買い物で使っている通販サイトに対応しているポイントサイトを利用するのが基本です。

ポイントサイトによってはポイント還元に対応していない通販サイトもあるので、どのポイントサイトを選ぶかは非常に重要です。

どのポイントサイトも電子マネーへの交換には対応しているものの、目当ての電子マネーに対応しているとは限りません。

電子マネーに交換してから買い物をして換金する、そのような面倒な手順を踏まず、現金に交換できるサービスを選ぶのも手です。

換金率が予測できない電子マネーでの換金とは違って、現金と交換すればそのような心配は不要です。

このようにポイントサイトを使う方法は有効ではあるものの、やはり自分で行う現金化には限界があります。

転売ではどれくらいで売れるか分からないという不安がついて回るので、何回も利用すると精神面での負担も大きいのです。

むしろ、業者の換金率を大幅に下回って大きく損をするケースも多く、素直に業者に任せておけばよかったと頭を抱える人もいるでしょう。

自分で行う現金化の場合、換金率が業者のそれを上回っているようならお得なのですが、そのような商品はそうはありません。

ポイントサイトで現金と交換するなら確実ではあるものの、買い物でポイントを貯めるなら出費もそれなりにかかりますし、買い物なしでポイントを貯めるなら相当な時間が必要です。

クレジットカードの現金化業者を利用することにもデメリットはあるものの、信頼できる業者を見つけられれば安定した交換率でお金に換えられるのが大きなメリットです。

自分で現金化を行う場合のメリットとデメリット、業者に依頼する場合のメリットとデメリットを比較した上で、クレジットカードからどう現金を手にするかを考えてください。

アマゾンギフト券を現金化する店舗を選ぶ際のポイントを教えて

インターネットで情報収集してみると、Amazonギフト券買取サービスがたくさんあります。

その中には優良店もあれば、悪質な営業を行っているところも見られます。

優良店にはそこならではの特徴がありますので、信頼できるお店かどうか隠してから利用することです。

まったく知らない店舗では問題が無い店舗かどうかの確証が持てません。
ある程度のポイントを押さえれば余程悪質な業者は確実に排除できます。

まずは店に関する情報がきちんと掲載されているかどうか確認しましょう。

ホームページなどに電話番号や住所が記載されているかどうかチェックします。

もしこれが書かれていないと、何かトラブルになった時に、どこへ問い合わせすればいいのかという話になります。

あと古物商許可番号が記載されているかどうかもチェックポイントです。

古物商許可を受けるためにはリサイクルショップや中古品販売店、金券ショップを行うにあたって必要なものです。

厳密に言うと、Amazonギフト券の買取をするには古物商許可の認可を受ける必要はありません。

しかし古物商許可番号がWEBサイトに記載されていると、買取業者として信用できると判断できます。

大切なのでもう一度おさらい
  • 店舗情報の記載があるか?
  • 電話番号や住所が記載されているか?
  • 古物商許可番号が記載されているか?

Amazonギフト券の買取サービスの中でも優良店舗の場合、身分証の確認を手続きの中で行っているはずです。

逆に身分証の提示がなくても買取ができるようなところは怪しいので、気を付けたほうがいいでしょう。

身分証の中でも顔写真付きの身分証明書を提出しているかどうかも事前に確認したほうがいいです。

また何か問い合わせをする場合、メールを使っているところが多く、優良店の場合はメールのレスポンスが早い傾向も見られます。

一つの目安として、15~30分以内に連絡があるかどうか確認をしましょう。

もしその日のうちに返信が来ないようであれば、利用者側も不安になってしまいます。

また電話での問い合わせに対応しているところの方が、すぐに問題点を解決できるので優良店といえます。

大切なのでもう一度おさらい
  • 身分証の確認は行われてか?
  • メールのレスポンスは早いか?遅いか?
  • 電話での問い合わせに対応しているか?

Amazonギフト券の買取業者を比較するにあたって、換金率がどの程度か気になる人も多いでしょう。

換金率の高いのが優良店の特徴です。

換金率の目安ですが、買取価格によって変わってきます。

もし額面1万円以上のAmazonギフト券を売却しようと思っているのであれば、85~90%の換金率が目安です。

1万円未満の場合だと換金率は下がりますが、80~85%の換金率であれば十分優良店と言えるでしょう。

これ以下はもちろんですが、はるか上回る換金率でも注意が必要です。

換金率があまりに高いところはそれでお客さんをひきつけ、手数料などの名目で引き下げて結局換金率が高くなかったという結果になりがちです。

Amazonギフト券を実店舗で現金化するメリットたくさんあるの?

現金化のメリット
Amazonギフト券買取サービスを行っている業者に関してインターネットで検索するとお分かりでしょうが、オンラインサービスだけに特化しているところが多いです。

ネットで手続きできるので、家を出ることなく売却できますし、近くに実店舗がなくても買取サービス利用できるメリットもあります。

しかし中には近くにAmazonギフト券買取してくれる実店舗があれば、そこを利用したいと思っている人もいるでしょう。

実店舗には実店舗ならではのメリットがあります。

まず大きいのは対面式で売却できる点です。

インターネットの場合、相手の顔を見ることなく手続きができます。

できるだけ人に会わずに売却したいと思っている人にはお勧めです。

また女性の中には対面式で対応するスタッフが男性だと緊張してしまう人もいるでしょう。

そのような人も一切相手とコンタクトをとることなく買取サービスが利用できるので、ストレスをあまり感じません。

特に初めて買取サービスを利用する場合、いろいろと聞きたいこと・心配なこともあるでしょう。

対面式の場合、このような気になることをいろいろと質問しながら手続きができるので安心です。

ネットで買取サービスを利用する場合、普段あまりパソコンやスマホを使っていない人は不安に感じるものです。

特にオンラインの場合、身分証明書は写メで撮影して画像データをメールなどに添付して提出する形をとりますが、写メなどを普段使っていないのでやり方が分からないという人もいるでしょう。

このようにパソコン・スマホを使って手続きをするのに不安を感じているようであれば、実店舗で買取サービスを利用したほうが安心です。

対面式で店舗がある場合、何か買取サービスで問題が生じてもすぐに確認ができます。

すべてが安全とは断言できないものの、ネットと比較すると詐欺まがいの悪質な営業をしているところは少ないでしょう。

オンライン買取サービスの場合、買取額は皆さんの指定する口座に振り込みという形をとっています。

しかし実店舗の場合は現場で買取金額が提示され、納得できれば現金で買取価格を受け取れます。

口座の場合、午後3時までに振込手続きが完了しないと翌営業日以降でないと入金が反映されません。

今すぐ何らかの事情で現金が必要という人の場合には、実店舗に行けばすぐに現金を受け取ることもできます。

買取業者選びをする際に安心感を重視しているのであれば、実店舗がおすすめですう。

Amazonギフト券の取扱店舗に来店したら?

取扱店舗に来店したら
先に紹介したようにAmazonギフト券の買取を行っているお店はオンライン専門以外にも実店舗があり、実店舗ならではのメリットもあります。

来店して手続きを進めるのですが、スタッフがやり方を教えてくれます。

その指示通りに手続を進めれば問題なくお手持ちのAmazonギフト券を売却できるでしょう。

ここでは来店した場合の実際の流れについて紹介します。

来店したら買取サービスを利用したい旨を担当者に伝えます。

そして身分証を提示しましょう。
身分証は写真付きのものが好ましく、運転免許証やマイナンバーカード、パスポートのうちいずれかを提出すれば問題ありません。

店のホームページにどのようなものが身分証明で認められているか、一覧が書かれているはずなので、こちらで確認するといいです。

続いてAmazonギフト券を提出します。

Amazonギフト券には2種類の形式があり、カードタイプであればその実物を提出します。

メールタイプであれば、額面・番号・購入した際のレシートを提出する形になりますので、あらかじめ準備しておきましょう。

実店舗を利用する場合、お店の中の雰囲気や担当者の態度など、いろいろなことを目で確認できます。

もしどうも雰囲気がおかしいと思ったのであれば、Amazonギフト券を売却しないほうがいいでしょう。

例えば雑居ビルの中で、看板なども出ていないようなお店は要注意です。

中も接客をしているような感じがない、机の上も書類などがほとんどない、固定電話もないといったところは、悪質な営業をしているお店の可能性があります。

看板など店を運営するにあたって必要そうな備品が一切置かれていないのは、何かトラブルが発生したときにすぐに店をたたんで、そこを出ていけるようにしている恐れがあるからです。

きちんとしたお店であれば、社員教育がしっかりしています。

ですからお客さんと接するにあたって、言葉遣いなど丁寧であるはずです。

ところがスタッフが横柄な態度をとる、妙になれなれしい応対をする場合、きちんと社員教育ができていないと判断せざるを得ません。

そのようなお店でもAmazonギフト券を売却すると後々トラブルになったり、相場よりも低く買いたたかれたりする恐れがあります。

また買取金額についての説明を求めると、はっきりと返答してくれない、なんだかんだといってあやふやにするなど、誠意ある態度ではないお店も注意が必要です。

感覚で「なんかこの店おかしい…」と思ったのであれば、買取サービスを利用しないのが賢明です。

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする