Amazonギフト券買取を90%以上で現金にできる店舗を全部載せます!

amazonギフト券の買取とはその名の通りお手持ちのギフト券を業者に売って現金を手にすることができるサービスの事です。

amazonギフト券買取


最近ではアマゾンギフト券をお祝いや景品などで提供されることも多くなり、ついつい忘れたままになっていたりしませんか?

もちろん使い道があればAmazon.co.jpで買い物をすことが一番望ましいし、メリットも多いことは当然です。

しかし、ギフト券には有効期限があることを知らない方もいらっしゃるようです。

注意

現在のAmazonギフト券の有効期限は種類に関係なく10年となっておりますので間違えのないようにご注意ください。

残念ながら、有効期限内が過ぎてしまったらご利用いただくことはできません。

もしも、すぐに利用する予定が無い場合は、amazonギフト券を買取専門の業者に売って現金に換えてしまった方が、決して無駄になることはありません。

では、どのようにして現金に換えることができるのでしょうか。

それは前述の通り、買取専門の業者を利用することです。

来店不要で早ければ当日に現金をお持ちの銀行口座へ振り込むことも可能です。

必要以上の手間が掛からないのはとっても便利です。

また、有効期限が近いものでもほとんどの場合が買い取ってくれますから安心してご利用いただけます。

万が一わからないことがあっても相談できますから心配はいりません。

しかし、注意が必要なこともあります。

それは悪質な業者が存在することです。

現在では200社以上の専門店が営業しているともいわれておりますが、手数料やギフト券自体を騙し取ろうという悪徳業者は一向に減りません。

そういった業者に騙されないためにも信頼できる情報を見極めることが大切です。

もちろん当サイト以外にも確かな情報を提供している所はいっぱいありますので参考にすることをお勧めいたします。

このホームページへの掲載はいくつかのチェック項目をクリアした店舗のみを掲載しておりますので安心して活用できるように最善を尽くしております。

口コミや評価は全て利用者の方からの意見を反映したものとなっておりますので、毎月数人からしかご意見を頂戴できませんがその都度更新しておりますので是非ご覧ください。

管理人が本日おすすめする買取業者を全部載せます!

90%以上でAmazonギフト券を買取してくれる店舗を全部紹介します。

ただし、条件により換金率が下がることもあるのでご注意ください。


相手

ギフト券の買取価格が低かったり、有効期限によって変動したりすることは承知しております。


1位
買取本舗
買取本舗

現在、リピーター率が一番高いのが買取本舗です。振込み手数料無料、取引金融機関も多数あります。ギフト券以外でもOKですのでお気軽にご相談ください。

2位
バイカ
バイカ

Amazonギフト券やiTunesカードなど数種類の買取対応をしてるのがバイカ。換金率も対応もスピードも高い水準で提供してリピーターの方への面白いキャンペーンもたくさんなるので要チェック店舗。

3位
アルトレード
アルトレード

買取り専門店ですので初めての方でも安心してご利用いただけるのと、時間や換金率も明朗。2回目以降の方でもしっかりとした対応だからオススメ。

4
買取KING
買取KING

サービスではリピーターから高評価を受け、更には他店との換金率の差があれば即対応というとてもありがたい店舗ですのお気軽にご相談ください。

5
買取ボブ
買取ボブ

買取ボブの強みは「分かりやすい買取率提示」と「スピーディな買い取り手続き」の2点。また、換金・振り込み手数料は無料なので、サイトに提示されている金額を振り込んでもらえます。

6
買取セブン
買取セブン

6種類すべてのamazonギフト券買取に対応しており、買取率は最高96%です。買取セブンではギフト券が失効していない限りきちんと買取に応じてくれます。

7
買取生活
買取生活

「迅速な対応」と「新規顧客の優遇」という2つのポイントが大きな柱。買取生活は実際24時間対応ではないものの、その代わりにインフォメーションセンターを設けて顧客からの問い合わせに対応しています。

8
ギフトグレース
ギフトグレース

毎日買取相場をチェックし、どこよりも高く買取ろうという姿勢を維持しているからこそできること。買取手数料、登録手数料、振込手数料などの手数料は一切ないという点も、ギフトグレースが人気の理由と言えるでしょう。

9
インストック
インストック

買取専門店舗のインストックは営業実績も長くリピーターが多い事でも有名。個人情報の取り扱いやお客様対応を考えてスタッフの教育をしているので評価が高い店舗といえるでしょう。

アマゾンギフト券を現金に換えられる唯一の方法

百貨店の商品券やライブのチケットなどは、どこの金券ショップ・質屋でも条件が合えば直ぐにでも買い取ってくれます。

場所や季節によっても買取率が違うのが一般的です。

例えばその商品券が使える百貨店がある街の質屋の方が数パーセントかもしれませんが高く買い取ってくれる可能性が高いですし、新幹線などのチケットは同じ値段でも都心に近い方が少し高い傾向にあります。

このように、最終的に購入するユーザーが多かったり、訪問する可能性が高い方がお得になるという事がある業界なんです。

では、世界シェアトップクラスのアマゾンが発行しているギフト券を売る場合はどうだろうか。

  • 都内に近い方が良い?
  • ネットだから関係ない?
  • それとも地方都市の方が意外と高く買ってくれたりする?

など、いくつか考えが思い浮かぶでしょう。

でも実は、アマゾンのギフト券は、
一般の金券ショップで買取は行っておりません。

恐らく殆どの店舗がそうだろうと思います。

もしかするとカードタイプの物なら扱っているところもあるかもしれませんが稀だと思います。

取り扱わないその理由とは?
  • 使用期限自体が分かりづらい
  • 使用済みかどうかの判断が行い難い

という事です。

使用期限・利用期限については設けられていること自体を知らないほど認知度が低いこともあり、記載が無い種類もありますから確認が出来ない訳ではないのですが行いにくいという事です。

また、残金の確認。

つまり使用済みではないという証明はアカウントに反映してみないと確認ができないという非常にめんどうなシステムとなっている為、普及していないというのが大きな理由だろうと思っております。

ですから、都心に近くなくても、地方都市以外の場所に住んでいても、一番最善の方法というのはamazonギフト券を買取ってくれる専門の業者にお願いをする事です。

これが一番早く手間も掛からない方法といえるでしょう。

専門の業者って?と疑問に思いますよね。

アマゾンギフト券買取の専門の業者は実店舗を持って営業をしているところもありますが、ほとんどの店舗でインターネットを利用した取引ができるようになっており「デジタルタイプ」の物でも簡単に売買ができるようになっております。

地域性やお住まいの場所にかかわらず一定の買取率で取引ができるようなシステムになっております。

もちろん需要と供給による変動はありますが沖縄から北海道まで同じ条件という事です。

但し、買取店舗は1社だけではありません。

サービス業ですから店舗どうしの差はありますので比較したりしながら探すことをお勧め致します。

また専門業者の特徴として、ギフト券の売買が完了すれば買い取り金額を口座へ送金してくれますから全てが自宅に居ながら完結できます。

ネット検索を行えば換金率や買取率の比較もできるので便利でお得、365日営業という業者もおりますので曜日を気にすることなくお申し込みができるのが嬉しいですね。

クレジットカードの現金化の方法としても、利用されているようなギフト券買取ですが決してブラックな違法行為ではありません。
対応も含めしっかりした業者が多いので必要以上の心配はいらないと思いますよ。


相手

「換金」とか「現金化」と考えると、騙されてしまうというイメージがあるのでやっぱり心配ですし、こわい印象が強いです。


この後で説明もありますが、ネットオークションなどでは当たり前のように毎日出品されています。
こういった方法でもAmazonギフト券の換金はできてしまうという事です。

オークションでも販売可能!?

前述で「唯一の方法」と銘打って、ご説明しましたがオークションでの転売という事も、もちろん可能です。

今やネットオークションの利用者は若者だけではありません。年齢を問わず利用者が拡大しているのは間違いありません。

いつでも、どこでもインターネットに繋がるスマートフォンなどの普及やパソコンなどの低価格化もあり高齢者と言われる方たちも利用しているのを見かけるほどです。

また、インターネットが始まった第一世代も40代~50代となった事もあり利用人口の増加に拍車をかけているようです。

「オークション」と一般的に言われるサービスを提供しているサイトは大きな市場から小さな市場まで様々開かれており、有料会員制だったり無料で利用できるものなどもあります。

その中でも、パイオニア的な認知度・利用者数の高いヤフオクでアマゾンギフト券を見てみましょう。

オークション

ヤフオクで閲覧しただけでも1000件近く出品されていて、色々な種類のamazonギフト券が取引されているのがお分かり頂けると思います。

落札時点での金額を見る限りでは85%~96%と幅広い条件で転売されているようです。

オークションを利用した転売方法ではやはり時間が掛かります。

入札件数からみても数日掛かるのは必須です。

換金率を下げて即決狙いであれば当日という事もあり得るかもしれませんがお得感はありませんし、数日まてば好条件で入札してくれる人が現れたかもしれませんよね。

特に期限に迫られていなければ、オークションなどで出品することもとても良い方法だと思います。

ある程度、こちらの要望通りの条件で探す事ができますし、万が一購入者が現れなければ次のオークションか、専門の買取業者へ転売する判断ができます。

タイミングにもよるとは思いますが、同額・同条件の出品が目立つせいなのか入札者が思いのほか少ない様に感じます。

時間に余裕がないと、出品者のタイミングが重なったりして買い手が付かなかった時などは何度もやり直す必要が出てきます。

この辺りは、デメリットと言えるところでしょう。

これらはすべて自宅のインターネットから完結できる素晴らしいシステムだけに、現実での売買では多少の不便さが出てしまうのは理解ができるような気がします。

1週間~2週間以上、時間に余裕がある事やギフト券自体の期限も長いという条件が満たされれば利用する価値があるのではないでしょうか。

換金率のカラクリ!?手数料として引かれるのはNG

Amazonギフト券買取サービスを比較するにあたって、やはり気になるのは換金率でしょう。

高い換金率を誇っているサービスを利用すれば、それだけ多くの現金を手にできるからです。

しかし換金率の高低だけで比較すると足元をすくわれる恐れがあります。

Amazonギフト券買取業者の中には、手数料を別途で請求してくるところもあります。

優良業者であれば、手数料も込みの換金率を提示しているはずです。

しかし一部業者の中には、手数料をカウントしていないところもあります。

ですから「換金率98%!」のような高い還元率でお客さんを釣って、いざAmazonギフト券を売却すると手数料が別途でかかることが分かり、結果的に手数料を差し引いた換金率はあまり高くなかったというパターンも考えられるのです。

特に高い換金率を謳っている買取サービスであればあるほど、手数料などで差し引いている傾向が見られます。

手数料の説明に関しては、WEBサイトの隅に小さく書かれていることもありますので、見落としの無いようにしましょう。

ブラウザの検索機能で「手数料」と入力してチェックしてみる方法なら、見落としのリスクを低くできます。

Amazonギフト券買取サービスの中には、無店舗ですべての手続きをネットで済ませられるところもたくさんあります。

店舗に行かずに現金化でき、お金の受け取りも自分の指定した口座に振り込んでもらうことも可能です。

通常Amazonギフト券買取業者は、振込手数料は負担してくれます。

ところが一部業者の中には、振込手数料がこちら側負担であるところも見られます。

もちろん振込手数料がこちら側の負担になれば、それだけ換金率も低くなりますので注意しましょう。

買取にあたっての手数料ですが、主要な業者であれば無料です。

しかし一部業者では300~400円程度手数料を差し引くところも見られます。

銀行の振込手数料ですが、同じ金融機関であれば、無料などの低価格であるところが多いです。

しかし他行への振込手数料になると100~200円台かかるところがほとんどで、中には400円以上も手数料で取られるような金融機関も見られます。

もし手数料で300円・振込手数料で400円となると、合計手数料で700円以上も差し引かれてしまいますから、これはかなり大きなコストです。

換金率の高さに振り回されるのではなく、手続きするにあたってどんなコストがかかるのかという視点で比較することも大事です。

えっ本当?Amazonギフト券の買取って換金率がその日によって変動する

以前にも紹介しましたがAmazonギフト券の買取サービスをどこにするか決める際にポイントになるのが換金率の高低です。

主要なAmazonギフト券買取業者の換金率を比較しているサイトもあります。

こちらでより高い換金率の業者を見つけて、サービス利用を検討している人もいるでしょう。

しかしこの場合、そのWEBサイトが最新の情報をアップデートしているかどうか注意することです。

Amazonギフト券の買取の換金率ですが、常に変動しているので時間が経過するとその換金率で現金に換えてもらえない恐れがあります。

Amazonギフト券の換金率がなぜ変動するのか、それは株価や金券ショップと基本的な仕組みは一緒で、要するに需給バランスがどのようになっているかで変わってきます。

ギフト券の需要が高まってくれば高値買取が期待できますし、多くのギフト券が市場に出回っていると、安く買いたたかれる可能性が高まります。

Amazonギフト券買取の場合、その時々の買取相場によって大きく左右されます。

また自前で買取したギフト券を売却しているところなら、店の在庫状況などにも影響を受けるでしょう。

ただしAmazonギフト券の買取価格は多少変動するものの、他の金融商品と比較すれば安定しているといえます。

その理由として、他の電子マネーなどと比較するといろいろな商品を購入できるためです。

Amazonという大手オンラインショッピングサイトで利用できます。

Amazonでは日用品から趣味・レジャーに関するものまで、どのようなジャンルの商品でも取り扱っていて、多種多様な商品を購入可能です。

このようにユーティリティ性の高い金券なので使い勝手もよく、需要も安定しています。

その結果、換金率も安定しているわけです。

換金率の変動を悪用している業者もありますので、注意しましょう。

つまりホームページ上などでは、高い換金率を売りにしていても、いざ利用しようと思ったら「ホームページに掲載されている換金率は最大値であって、現在の換金率は異なります。」と言ってくることもあるのです。

確かにWEBサイトを見ると「○○%まで」といった感じで小さく「まで」などの表記が見られます。

このような悪徳な営業を行っているところは、口コミサイトなどで情報が掲載されています。

このように安易に換金率を信用するのではなく、いろいろなところから情報収集してベストの業者を見つけることです。

Amazonギフト券買取には換金率優遇しているところもある?

Amazonギフト券買取を行っている業者の中には、キャンペーンを実施しているところも少なくありません。

いろいろなキャンペーンを実施していますが、中でも多いのが「初回利用キャンペーン」でしょう。

初めてそのAmazonギフト券買取サービスを利用するお客さん対象に、通常の換金率よりも優遇されるというキャンペーンです。

前にも述べたように、Amazonギフト券買取サービスを行っている業者は複数見られるため、ライバル業者との競争に勝つために、新規顧客の獲得にしのぎを削っています。

そこで初回利用時に高い換金率で現金化サービスを行うことで、引き続き自分のところで買取してもらえるように対処しているのです。

ただしこの優遇換金率は、あくまでも初回限定です。

2回目以降は換金率がダウンしてしまうので、初回ほど買取サービスを利用した際にお得ではありません。

こうしてみると、何度も利用するのには適していないような気になるでしょう。

しかし2回目以降換金率は多少低くなりますが、効率的に現金化ができます。

例えば初回申し込み時に、本人確認書類を提出しているので2回目以降はこちらの手続きを省略できます。

また振込口座の情報も業者で管理しているので、前回の口座に自動的に振り込まれますから、初回と比較すると2回目以降の方がスピーディに現金を手にできるのです。

業者によっては早ければ10分程度の時間で入金までしてもらえます。

中にはいつでも優遇換金率を適用してもらうために、複数のAmazonギフト券買取サービスの利用を検討している人もいるでしょう。

確かに初回換金率の高いところを複数利用すれば、より多くの現金を手にできますが、リスクも出てきます。

1
個人情報を毎回提出するリスク

まず申し込みのたびに個人情報を提供し、身分証明書を提示しなければなりません。

ということは個人情報が漏洩するリスクがどうしても高まってしまうでしょう。

もちろんほとんどの業者で個人情報は厳重に管理しているはずです。

しかし今の時代、大企業でも情報漏洩する事例もニュースなどで報道されていますから、できることなら、個人情報はあまりいろいろなところに見せないほうがいいのです。


2
悪質な業者に申込んでしまう可能性が高まる

また多くの業者を利用すれば、悪質な営業をしている業者に出くわす危険性も高まります。

優遇換金率を活用するのはいいですが、その優遇欲しさにいろいろな業者を利用するのは止めたほうがいいでしょう。

また優遇していない換金率の高さで比較するのもおすすめです。

もともと換金率の高い業者は、それだけ換金効率も高いからです。

ギフト券買取による問題点ってあるの?これ知らないとマズイかも・・・

Amazonギフト券はいわゆる金券として扱われます。

その為、Amazonギフト券は転売することが可能で、実際にAmazonギフト券を買い取ってくれる業者もあります。

街の金券ショップなどではあまり取り扱ってくれるところはありませんが、インターネット上にはAmazonギフト券の買取専門店がたくさんあります。

しかし、これらのAmazonギフト券買取はもしかしたら法律に違反するのではないかと心配する声もあります。

そこで、Amazonギフト券買取の利用の問題点について調べてみました。

1
Amazonギフト券の買取利用の問題点は?

Amazonギフト券を業者に買い取ってもらうこと自体は、法律違反ではありません。

金券を買い取ってもらうことに関する法律と言えば古物営業法が関わってきますが、Amazonギフト券を業者が買い取る場合に、古物商は関係ありません。

ですから、Amazonギフト券の買取業者のホームページに古物商許可番号などが表記されていなくても、何も問題ありませんし買い取ってもらう事にも問題はないのです。

通常であれば、金券の買取には古物商の許可が必要となりますが、Amazonギフト券は扱いとしては金券というより電子マネーの分類に当てはまる為、古物商が関係してこないのです。

ちなみに、法律とは関係ありませんがAmazonの規約を調べてみても、Amazonギフト券を買取してもらうことを禁止している内容はありませんので、Amazonの規約違反ということもありません。


2
利用の問題点は現金化

Amazonギフト券を買い取ってもらうことは法律にもAmazonの規約にも違反はしていません。

しかし、場合によってはAmazonの規約違反になったり、Amazonギフト券を購入する際に利用したクレジットカードの規約違反となって、最悪の場合Amazonのアカウントが停止されたり、クレジットカードが強制的に退会させられる可能性はあります。

それは、Amazonギフト券を購入する目的が、はじめから転売したり現金化することを目的としていた場合です。

はじめから買取業者に転売してAmazonギフト券を現金化する目的であれば、Amazonの規約に違反することになります。

また、そのような目的でAmazonギフト券をクレジットカード決済するということは、Amazonギフト券のショッピング枠を現金化するのと一緒なので、クレジットカードの規約違反にもなるのです。

弁護士によるAmazonギフト券のトラブル解決方法を学ぼう

1
Amazonギフト券のトラブル被害

Amazonギフト券に関するトラブルや詐欺被害は年々増えてきています。

なぜかというと、Amazonギフト券のような電子マネー決済がどんどん普及してきていることにより、Amazonギフト券そのものの存在も認知されてきており、利用される場面が増えてきていることがあげられます。

また、振り込め詐欺や不正請求詐欺を行う犯罪者も、銀行への直接の振込みだと足がついてすぐに逮捕されてしまう為、Amazonギフト券のような電子マネーを利用した方法に切り替えてきているという理由もあります。

あともう一つは、Amazonギフト券の転売や買取によるトラブルです。

Amazonギフト券はギフト券番号さえあれば、Amazonのアカウントへチャージすることで利用できるものなので、誰が購入したものであっても番号を知っていれば利用できてしまいます。

そういった特徴から、転売や買取によるトラブルも増えているのです。


2
Amazonギフト券詐欺を弁護士に相談する

Amazonギフト券によるトラブルや詐欺被害に遭ってしまった場合、国民生活センターや警察、弁護士などに相談することができます。

しかし、国民生活センターは一件の被害相談やトラブルに関する相談だけではすぐになかなか動いてはくれません。

同じサービスや店舗に対して多数の声が寄せられて初めて動き出す体質です。

また、警察も基本的に民事不介入なのでお金のやり取りに仲介はしてくれません。

もしも、明確な詐欺事件であれば動いてくれるかもしれませんが、Amazonギフト券の詐欺となると、その詐欺行為を立証するのも難しく時間がかかるので、すぐに解決できるかと言われると難しいでしょう。

そんな場合に弁護士に相談するとどうなるでしょうか。

弁護士は警察などと違って、依頼者から仕事を依頼されて動きますので、国民生活センターや警察に比べれば迅速に対応してもらえる可能性は高いです。

たとえばAmazonギフト券の買取を依頼したのに、買取金額が振り込まれなかったり、はじめに言っていた金額とは違う金額で買い取りをされたという被害に遭ってしまった場合、弁護士を通じてその業者を訴えたりすることが可能なので、業者としても対応せざるを得ない場合があります。

ただし、弁護士を通じて対応してもらうには弁護士への報酬を支払う必要があることと、明確に詐欺であるという事実がなければいくら弁護士でも対応できないということはあります。

Amazonギフト券の詐欺で逮捕できるのでしょうか?

Amazonギフト券を利用した詐欺事件では、警察に逮捕された例もありますので、万が一Amazonギフト券を利用した詐欺被害に遭ってしまった場合には、すぐに警察に被害届を出しましょう。

ただ、Amazonギフト券が絡む詐欺事件は詐欺を立証するのがなかなか難しいということもあって、必ずしも犯人を逮捕できるかというのは厳しいところです。

ですが、泣き寝入りするよりはできるだけのことはするべきと言えます。

では、実際にAmazonギフト券などを利用した詐欺事件で逮捕される例をご紹介します。

1
不正請求詐欺による逮捕

Amazonギフト券の詐欺で逮捕された事例としては、アダルトサイトの利用料金を不正請求したという例があります。

まずはじめにアダルトサイトの料金未払いに関するメールが届き、電話にてその料金を現金支払いではなく、Amazonギフト券を購入してギフト券番号を送るように指示をするのです。

そして、犯人はそのAmazonギフト券をオークションサイトなどを利用して現金に換えるという方法です。


2
クレジットカードの不正利用

クレジットカード情報を盗まれたりして不正に利用されるという被害はよく耳にしますが、ここでもAmazonギフト券のような電子マネーが利用されることがあります。

なんらかの形でクレジットカード情報を取得した加害者が、Amazonギフト券のような電子マネーをそのクレジットカードで購入して現金化するという方法です。


3
なぜAmazonギフト券が利用されるのか

いろいろな詐欺にどうしてAmazonギフト券や電子マネーが利用されるかというと、まず現金のやり取りに比べて足が付きにくいという特徴があります。

今は詐欺でお金を振り込ませても引き出す際にATMの監視カメラで犯人が特定されることが多い為、簡単に逮捕につながってしまいます。

それに比べてAmazonギフト券なら、ギフト番号さえ手に入ればあとは現金化してしまえばいいだけなので、逮捕につながりにくいという特徴があります。

また、Amazonギフト券は一度アカウントへチャージしたり買い物に利用されてしまうとその時点でキャンセルができなくなってしまう為、被害者はAmazonギフト券を取り戻すことができません。

その結果、泣き寝入りする被害者が多いということも、詐欺を行う犯罪者が現金ではなくAmazonギフト券を詐欺に利用する理由のひとつとなっています。

売りたいと思った時に安心な業者の選び方について

インターネットが発達することによって、我々の生活は急激に利便性が向上しました。

本来ならば情報をやり取りするためだけの存在だったインターネットですが、情報そのものに価値を持たせる方法を開発することで、商取引までもがインターネット上で完結できるようになったのです。

その象徴的な存在がamazonです。

誰もが知っているインターネット通販の最大手であるamazonは、その取引を電子的な情報のやり取りで完結させようとしています。

その為に生まれたのがamazonギフト券であり、このamazonだけで使えるギフト券が他の商取引も大きな影響を与えました。

通常の金券ショップではamazonギフト券の買取をしているところはあまりありません。

一部カードタイプのものもあるamazonギフト券ですが、そのカードに価値があるわけではなく、価値を持っているのはそこに記載されている番号です。

つまり、番号というデータにこそ価値があるという、非常に電子マネー的側面を持っています。

偽造や捏造が容易であることから、通常の金券ショップではそれを確かめることが難しく、買取や販売を行うために専門の業者が誕生したのです。

ですが、そういった新興市場には悪徳業者が蔓延るのも世の常。

もちろん優良業者も存在するのですが、それと同じ表面で詐欺業者も存在するのですから、どの業者を選ぶか、その選び方が非常に重要になってきます。

amazonギフト券の買取において、悪徳業者が行う手口は様々なものが報告されています。

最も多いのが、最初に提示された買取金額から、実際に振り込まれた金額が乖離していたという事例。

つまり、1万円のギフト券を9000円で買い取ると言っていたのに、振り込まれた額は7000円だった、といった事例です。

それだけならまだしも、メールでギフト券番号だけを送付させて、一切振込をせず、その後連絡先もホームページも削除して連絡がとれなくなるという悪質な事例も報告されています。

こういった手口を知っておくと、優良な業者と悪徳業者を選ぶための選び方の指針となるはずです。

その様な詐欺まがいの手口を使う業者は、それにそった特徴を持っています。

そのような特徴を持っていない業者を選ぶというのが、amazonギフト券買取業者の正しい選び方、ということになるのです。

  • 換金率が相場より明らかに高すぎる業者
  • ホームページの作りが簡素で何が書いてあるかわからない業者
  • 必要事項が書かれていないなどの点がある業者

そういった所を見抜く業者の選び方が、この新興市場を生き抜く必須スキルと言えます。

ホームページで見分けるamazonギフト券買取業者

では、amazonギフト券を売りたいとして、とある業者にギフト券番号を送付したとしましょう。

ところが、待てど暮らせど買取金額の入金も無ければメールに対する返信もありません。

何より、連絡を取ろうとしてホームページを確認しようとしても、既にホームページは削除されていました…。

こういった事例が実際に起こっています。

つまり、ギフト券番号を騙し取るという詐欺の手口です。

amazonギフト券はその番号をamazonアカウントに登録することで価値が生まれるという電子ギフト券です。

そのシステムは画期的で、メールで番号を送付するだけでギフトが完了してしまいます。

これならば、物質を流通させないので、時間や燃料といったエネルギー消費をしなくてすむというメリットがあります。

ところが、番号を知ってしまうだけで価値の譲渡が済むわけですから、騙し取るといった詐欺行為も非常に簡単なわけです。

では、そういった詐欺業者に引っかからないように、業者を選定するにはどうしたらよいのでしょうか。

それには、ホームページをチェックすることが最重要ポイントなのです。

ギフト番号を搾取する詐欺業者のホームページにはある種の特徴が存在します。

そういった詐欺業者は、ギフト番号を搾取した後にホームページそのものを消去して逃走、次のターゲットを求めて網を張るために再びホームページを作るという作業を繰り返しています。

そのため、ホームページは非常に簡素な作りであることが多いのです。

タレントを使ったイメージ写真は皆無、取引の流れを解説したイラストも無し、ほとんど文字とフレームだけで構成されているという場合が多いのです。

こういったサイトの業者は選ばないのが無難です。

さらに、ホームページに記載するべきことが記載されていないということも、怪しい業者にありがちなことです。

amazonギフト券の買取はメールアドレスさえあれば完結できるため、それ以外の連絡先は不要のように思われがちですが、取引の詳細を電話で確認することも必要です。

そのための窓口電話番号を記載するのが常識です。

さらには、「特定商取引に関する表示」「古物営業法に基づく表記」「会社概要」など、会社としての実体が証明できるような情報を掲げていることが必須の条件であるとも言えます。

会社の住所、代表者名、電話番号などの情報がホームページに明記されていない業者は選んではいけません。

さらに、古物商の届けを出しているならば、営業許可番号も掲示されているはずです。

このように、ホームページから読み取れる情報は沢山あります。良く見て、優良業者を選びましょう。

詐欺業者を見分ける!amazonギフト券換金率の基準とは?

星の数ほど有るamazonギフト券買取業者の中で、多くの人が選定のポイントにするのは、サイトなどに掲示されている換金率なのではないでしょうか。

より高い換金率で、より高く買い取ってもらいたいと考えるのが当然の心理です。

従って、様々なサイトを比較検討する際に、より換金率が高いサイトを選ぼうとするはずです。

しかし、これが詐欺サイトに騙されやすい条件であるとも言えるのです。

上記のような当然の心理状況を、悪徳業者は当然の如く狙ってきます。

つまり、様々な人が網にかかりやすいように高めの換金率を掲示するのです。

「換金率85%」というサイトよりも、「換金率92%」のサイトを選ぶのが人の性というものでしょう。

詐欺サイトほど、高い換金率を掲げがちです。

ですから、換金率だけで業者を選んでしまう人はそういった詐欺サイトにとっては良い鴨と言っていいのかもしれません。

では、適正な換金率とはどのくらいに設定すべきなのでしょうか?

最近では、いくつかの業者が買い取りする額面によって換金率が変動するシステムを取っています。

例えば「1万円未満85%、1万円以上88%、10万円以上90%、50万円以上91%」といった具合にです。

ですが、ここでは多くの業者が目安として掲げている「1万円以上」の換金率を目安とします。

様々な比較サイトなどでみると、90%が一つの分水嶺になっているようです。

90%以下の換金率ならば比較的安全ですが、91%以上という業者はなかなかいません。

したがって、91%以上の換金率を掲げている業者は、単純には信用してはいけないということを示しています。

ネットを調べていると、時折95%という非常に高い換金率を掲げてホームページを運営しているところがあります。

しかし、そういったホームページを覗くと、前述のように電話番号の記載が無かったり、会社の概要の記述が無かったりと非常に怪しいサイトでした。

91%という換金率を掲げていたサイトもいくつかありました。

そのサイトは電話番号もしっかり記載されており、会社概要も記されていたのですが、91%という換金率は「新規のお客様限定」だったり、「キャンペーン期間のみ」といった条件付きで、通常は88%~85%という換金率で取引を行っているようです。

調査した結果、やはり91%以上の換金率は疑ってかかるべき基準であることが分かりました。

換金率は90%までが無難だと心に銘記しておいてから、amazonギフト券の買取業者を選ぶべきだと覚えておいてください。

amazonポイントとギフト券について

amazonポイントはご存知でしょうか。

amazonポイント

amazonでのお買い物の際にポイントが寄与されます。

【Amazonポイントとは】

これはアマゾンでの買い物の時に
1ポイント=1円として使える電子ポイント
といったところでしょうか。

ポンタやTカードなどのポイントと同様の物と考えれば理解しやすいでしょう。

ですがまだamazonポイント事態を国内の別の店舗での利用できるまでには至っておりません。

しかし、今後の展開を考えれば国内だけでは納まらないほどの驚くようなビジネス展開が期待できるハズです。

このamazonポイント自体は規定がやや多いのが特徴です。

例えば、1回の買い物で利用できるポイントの上限です。

え?って思う方もいると思いますが、10万ポイントという上限が設けられております。

これ以上は1度に利用することができない規定になっているのと、amazonギフト券・amazonコイン・デジタルコンテンツ商品の支払いに利用することができないルールとなっております。

実際に使うっとなったときは欲しい商品に利用しますのでこの辺りは支障はないとは思います。

また、ポイントが寄与されるに当たり寄与率が0.5%以上~1.5%未満のものは1%と表示されます。

そもそも少数点以下を設けて表示しないというところが日本の企業とは違った面白いところですね。

ポイントが寄与されるタイミングにも2種類があって仮ポイントと確定ポイントというのが存在します。

仮ポイントについはは確定待ちといったところで大体が支払いが完了した時点で商品が発送されますがそのタイミングで確定に変わります。

仮ポイントの状態では支払いができないので注意が必要です。

もちろんポイントにも有効期限がある事を忘れてはいけません。

有効期限は1年間、amazon.co.jpでの最後の購入日もしくはポイントの獲得日のどちらか遅い方から換算して1年間ということですが、良くも悪くもお手持ちのすべてのポイントが対対象になるようで全てのポイントの有効期限を伸ばすこともできれば、期限が過ぎてしまうと全てが失効してしまうそうです。

ですからギフト券もポイントに関しても有効期限を忘れないようにしなくてはなりません。

【公式】Amazonギフト券細則
2017年4月24日以降に発行されたAmazonギフト券の有効期限は全て10年となりました。

知らなかった!?amazonコインってあったんだ

amazonコイン
amzonコインはその名の通りアマゾン内で利用できる仮想通貨です。

有料アプリやアプリ内での課金が最大で15%もお得に利用できるというから驚きです。

通常のクレジットカードでの決済やamazonギフト券で購入するよりもお得になりますから利用価値は十分にあります。

しかもご自身で購入したコインについては有効期限を設けないというからうれしいですよね。

注意

但し、特典として無料で贈呈されたようなコインについては獲得日・購入最終日・コイン利用日のいずれか遅い日から1年間となっているようです。

実際は15%おトクになるといえどもゲームアプリやアプリ内課金のみにしか利用できないということですからゲームアプリをダウンロードしない人にとっては意味のない代物なのかもしれません。

amazonポイントからamazonギフト券やamazonコインの購入は不可となっており、それぞれのを1つにまとめたりすることは難しいようです。

色々な支払い方法や独自の電子マネーや通貨のシステムにより差別化を図ろうとしてはいるようですがそれぞれが弱点を補えるような関連性がほしいと思ったのがホンネです。

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする