他人名義のAmazonギフト券だけど、それでも買取してくれる業者

他人名義

目次[

もらったギフト券でも換金できる店舗があるってホント?

amazonギフト券は自分で買って入手することもあれば、他人が買ったものを譲ってもらい、入手することもあるでしょう。

他人から譲ってもらったamazonギフト券を扱う場合、他人名義になり、買取できないと思っている人も多いですが、実際はそのようなことはありません。

他人名義のamazonギフト券でも、問題なく買取サービスを利用して換金することができます。

なぜ他人名義のものでも買取できるかというと、amazonギフト券にはそもそも名義がついていないからです。

amazonはamazonギフト券をいつどのようにして売ったかは販売記録をとっているので、わかるようになっています。

しかし、誰が買ったかはわかりませんし、誰が買ったか分からない状態でも利用できるのがamazonギフト券なのです。

特にポイントなどで第三者サイトでamazonギフト券を交換した場合は、amazon側では誰がamazonギフト券を所有しているのか知る由もありません。

第三者サイトはamazonギフト券を確保しておき、ポイント交換の申請者にそのamazonギフト券を送るだけです。

もちろん、このように第三者サイトからポイントなどで交換したamazonギフト券についても買取サービスで換金できます。

以上のことから、amazonギフト券の買取はギフト券の入手方法で制限を受けることはないことがわかります。

amazonギフト券に名義がついていないことはコンビニなどの店頭でギフト券を購入したことがある人なら予想がつくはずです。

店頭では自分の名前を名乗ることもなく、お金さえ支払えばすぐにamazonギフト券を購入できるので、ギフト券に名義をつける手続きなどはないことが明らかです。

こういった事情から、そもそも買取業者はamazonギフト券を買取する時、誰が買ったかということは一切気にしていません。

誰が買ったとしても、amazonギフト券の番号さえわかれば、買取業者に損はないからです。

悪いことをしているわけではないので、他人が買って譲ってもらったamazonギフト券でもどんどん買取サービスに出すといいでしょう。

ただし、すでにamazonギフト券の番号をサイトに入力し、アカウントに帰属させている場合は別です。

この場合はそのアカウントでしかamazonギフト券を使えなくなるので、そのアカウントの持ち主が所有者となり、買取はできなくなります。

有効期限1週間のamazonギフト券でも買取できる

有効期限が切れる
amazonギフト券は他人名義のものでも買取できますが、では有効期限の制限はどうかというと、有効期限1週間のものでも買取できます。

というより有効期限1週間に限らず、有効期限内であれば買取可能です。

ただし、もちろん有効期限が切れたamazonギフト券については金銭的価値がないので、買取はできません。

amazonギフト券の有効期限は基本的に1年もしくは3年となっており、Eメールタイプやチャージタイプ、印刷タイプなど、さまざまな種類がありますが、大抵は有効期限が1年に設定されていて、シートタイプに限り、3年と有効期限が長く設定されていました。

そのため、シートタイプのamazonギフト券であれば、ゆっくりと買取するかどうかを検討することができるとともに買取業者にも好まれていたわけです。

ですが、現在ではすべてのギフト券の有効期限が10年となりました。

以前から所有しているギフト券がお持ちなら有効期限がなくなる前に利用するか売買してしまった方がお得です。

【よくある勘違いに気を付けて】

よくあるのが、有効期限の勘違いです。

もちろん忘れてしまう事もよくあることですが、覚えていても間違えるのが有効期限はアカウントに登録した日からではないという事です。

発行された日から1年となっているものもありますので再度確認しましょう。

※現在は有効期限が10年となっております。

それからamazonギフト券には法人向けのものがありますが、法人向けも以前は有効期限が2年に設定されていましたが現在では10年となっております。

法人向けのamazonギフト券は、社員の報酬や顧客へのプレゼントなどを目的にしたものですが有効期限内であればもちろん買取はできます。

有効期限の開始はamazonギフト券を購入した日からです。

amazonギフト券をアカウントに登録した日からカウントされるわけではないので、注意してください。

有効期限の終了は期限日の23時59分となっています。

買取を考えている時は必ずこの点を意識してamazonギフト券を扱うようにしましょう。

もし有効期限が過ぎてしまい、amazonギフト券が失効した場合は、amazonのカスタマーセンターへ問い合わせてみると良いでしょう。

必ず対応してくれるとは限りませんが、初めて問い合わせる人なら高確率でamazonギフト券の有効期限を延長してくれます。

注意

※この方法では有効期限が10年となってから対応してくれないようです。

問い合わせ方法はamazonの公式サイトのヘルプから確認することができます。

電話、チャット、Eメールなど、好きな方法で問い合わせてみてください。

ちなみに有効期限の延長は有効期限が過ぎてからでなくては対応してくれません。

有効期限1週間で、そろそろ失効するかもしれないから事前に延長の問い合わせをしておくといったことはできないのです。

また有効期限の延長に成功した後、再び有効期限が過ぎてしまった場合、二度目の延長対応はないので、そのamazonギフト券を買取してもらうことは出来なくなります。

amazonギフト券の買取は最低額が低く、最高額が高い

最低額と最高額
amazonギフト券の買取で気を付けたいのは単に買取できるかどうかだけではなく、「いくらで買取できるか」という点も重要です。

amazonギフト券の買取は買取業者によって最低額と最高額が決められています(最低額・最高額が決められていないこともあります)。

買取サービスを利用する時は買取業者が提示するルールを守らなければいけないので、しっかりと最低額と最高額の範囲内の額面のamazonギフト券を用意するようにしましょう。

一般的な買取業者であれば最低額は数百円~数千円に設定されることが多いです。

このあたりの最低額であれば誰もが気軽に利用できる額面といえます。

たとえば、amazonギフト券を少額入手したものの、特に使う機会がないという時にも利用できます。

最高額は一般的な買取業者でも数百万円程度の額面の取引が可能です。

さすがに数千万円規模の取引になると買取業者の資金の問題で不可能になってくるので、たとえ買取の最高額を設定していない業者だとしても断られる可能性が高くなります。

もっとも、個人での買取であれば、数百万円以上の取引を望むことはほとんどないでしょう。

万が一、買い取ってもらいたいamazonギフト券の額面が、利用する買取業者の最低額あるいは最高額をはみ出していた場合は、その買取業者に相談してみるといいでしょう。

買取業者の多くはそれほど厳密にルールを敷いていないので、交渉次第で取引を考慮してくれる可能性があります。

ただ相談しても対応してもらえなかった場合は、別の買取業者に買取してもらうことを検討するしかありません。

またamazonギフト券の買取はギフト券の額面通りの金額で行われるわけではありません。

というのも、もし額面通りの金額で買取が行われたならば(たとえば3,000円のamazonギフト券を3,000円で買い取るなど)、買取業者が利益を出すことができないからです。

amazonギフト券の額面の80%~90%程度の金額で買い取っている買取業者がほとんどで、このamazonギフト券の額面に対する買取金額の割合のことを「買取率」といいます。

もちろん買取率は高いほど、amazonギフト券を換金する人にとってお得です。

この買取率はamazonギフト券の額面が高ければ高いほど上がる特徴があります。

というのも、大口の取引の方が買取業者にとっては一気に利益が出る分、メリットが大きくなるからです。

そのため、できるだけお得にamazonギフト券の換金を行うには、買取業者が設定する最高額に額面を近づけた方が良いのです。

本当に困ったときに利用できなければ意味が無い

本人名義でないカード

クレジットカードの現金化は、消費者金融からお金を借りられなくなった人の資金調達方法として利用されています。

クレジットカードのショッピング枠を使って現金化するので、一般的な借金とは違って審査を受ける必要もありません。

そのため、審査に落ちて借入不可に陥ることもない分、安定して資金調達を行うことができます。

たとえ家族でも他人名義のクレジットカードでは現金化を行った業者が罰せられる

買取逮捕
しかし、クレジットカードの現金化は通常、本人名義のカードでしか利用することができません。

なぜかというと、クレジットカードの現金化を受け付けている業者は申込者の本人確認を厳しく行う必要があるからです。

その本人確認では身分証明書やクレジットカード、公的な機関が発行した書類など、さまざまなものの提出を申込者に求めます。

こうなれば本人以外の人間が、本人に代わってクレジットカードの現金化を利用しようとすれば、すぐにバレてしまいます。

実は本人名義のクレジットカードでなくてもamazonギフト券を使えば現金化をする方法がある

実は、amazonギフト券買取を利用してクレジットカードの現金化をする時は、本人名義でないクレジットカードでも使うことができるというのをご存知でしたでしょうか。

クレジットカード現金化のサービスを利用した場合、クーリングオフや申し込み者とのトラブルになった際に「グレーゾーンの取引」という事もあり、他人名義のクレジットカード決済では現金化業者が罰せられてしまったり、ペナルティを受けなければならなくなってしまいます。

なので、たとえクレジットカードの所有者だとしても家族のカードなどで本人名義ではない場合はリスクが大きすぎで拒否しなければならないというわけなんです。

では、amazonギフト券の購入決済はというと・・・できてしまうんです。

つまり、クレジットカードさえ持っていて、amaonギフト券を購入すれば換金できる方法があるという事なんですね。

他人名義のクレジットカードで買ったギフト券って買取してもらえるの?

でも、ちょっと待って!他人名義で買ったamazonギフト券は専門の業者に買取してもらえるのでしょうか。

というのも、クレジットカードの現金化サービスとamazonギフト券現金化サービスは、似ているようで大きく異なる取引だからです。

どこが異なるかというと、クレジットカードの現金化サービスは上記のようにカードを所有している本人しか利用できませんが、amazonギフト券買取サービスは自分の身分証明書があれば誰でも利用できます。

なぜamazonギフト券買取サービスは自分の身分証明書があれば利用できるかというと、amazonギフト券には「名義」の概念がないからです。

amazonギフト券の所有者はただその券を所持していて自由に使える立場にあるという人間に過ぎず、amazonギフト券自体に「所有者」として登録されているわけではありません。

またamazonギフト券買取サービスはあくまでも不要な金券を買い取るためのサービスなので、業者側はクレジットカードの現金化に関与しているわけではありません。

それだけにamazonギフト券買取業者が本人確認を厳しくする理由がないのです。

amazonギフト券がすでに手元にあるのであれば、それを買取してもらえばいいですが、無い場合はクレジットカードのショッピング枠でamazonギフト券を購入することになります。

この時、アカウント情報の名前とクレジットカードの名義が一致していなければ、購入することができません。

そのため、本人名義でない、たとえば家族名義のクレジットカードを使う場合は、その名義に合わせたアカウントを使う必要があります。

クレジットカードによるamazonギフト券の購入メリット

購入メリット
amazonギフト券を利用すればクレジットカードの現金化も簡単ですが、クレジットカードでamazonギフト券を買うのには現金化以外の面でもメリットが多くあります。

クレジットカード支払いでオンラインショッピングを利用すればすぐに欲しい商品を購入することができます。

そのため、わざわざamazonギフト券をクレジットカードで購入することには何の意味もないように思いがちですが、モノは使いようとは言いますが、どのようなメリットが生まれるのでしょうか。

カード決済でポイントが還元されるので実質割引と同じ

たとえば、取得できるポイントが増えることがクレジットカード購入メリットに挙げられます。

というのも、クレジットカードでamazonギフト券を購入した時はクレジットカードにポイントが貯まり、amazonギフト券で商品を購入した時は今度はamazonポイントが貯まるからです。

クレジットカードのポイント付与率は購入金額の1%程度が多いです。

そのため、1%と仮定した場合、10,000円分のamazonギフト券を購入すれば100円分のポイントを得ることができます。

そしてamazonポイントの付与率は購入金額の1~5%程度です。

5%と仮定した場合、10,000円分のamazonギフト券を丸々使えば、500円分のポイントが手に入ります。

このケースではクレジットカードでamazonギフト券を購入した方が500円分のポイント分、得をしていることになります。

カードで直接購入しないから浪費癖をセーブできるかもしれない

浪費癖
それからクレジットカードの使いすぎを防止することができる購入メリットもあります。

クレジットカードでの決済手続きは一瞬で済んでしまうので、お金を支払っているという感覚が鈍くなることも珍しくありません。

そして感覚が鈍くなると、ついついクレジットカードを使いすぎてしまい、後の支払いが困難になる可能性が高くなります。

その点、クレジットカードでamazonギフト券を買い、なおかつそのamazonギフト券の金額の範囲内でしか買い物を行わないことにすれば、少なくともオンラインショッピングでクレジットカードを使いすぎることはありません。

ただし、クレジットカードで購入できるamazonギフト券は金額上限が高く、50万円まで購入できるので、amazonギフト券自体を買いすぎないように気をつける必要があります。

また、クレジットカードで購入したamazonギフト券が余って使い切れなかったとしても、amazonギフト券買取サービスを利用すれば、問題なく処理することができます。

amazonギフト券買取サービスは手数料が引かれるので、額面そのままが返ってくるわけではありませんが、それでも有効期限が切れて失効してしまうよりはるかにマシでしょう。

クレジットカードは使ったほうが良いのか、使わないほうが良いのか

使った方が良いか使わない方が良いか
このようにクレジットカードにはさまざまなメリットがありますが、それでもまだクレジットカードを使ったほうが良いのか、使わないほうが良いのか迷うこともあるかもしれません。

この答えはクレジットカードの特徴を知り、自分がその特徴をどれだけ生かせるかを考えれば自然と分かります。

たとえば、クレジットカードを使うと支払い金額に応じてポイントが貯まっていきますが、そのポイントは指定の商品と交換することが可能です。

交換する商品はメニューの中から好きなものを選べます。

メニューによっては商品券・ギフトカードを取り扱っていることもありますから、amazonギフト券と交換することも当然できるわけです。

このようにクレジットカードはショッピング枠でamazonギフト券を手に入れることもできますし、貯めたポイントでamazonギフト券を手に入れることもできるので、amazonギフト券買取サービスの多様な利用が可能です。

しかも、商品券・ギフトカードへのポイント交換は交換レートがお得になっていることが多いというメリットもあります。

おすすめはするけど、デメリットも知っておく必要がある

クレジットカードは年会費がかかるものもありますが、年会費が無料のものも数多くあります。

そのため、年会費が無料のクレジットカードのプランを選べば、純粋にクレジットカードのお得さを生かすことができるのです。

ただし、年会費が有料のクレジットカードはそれだけ機能やサービスが充実しているので、利用したい機能やサービスがある場合は年会費有料のクレジットカードを使うのも悪くありません。

クレジットカードをamazonギフト券購入に使う人の多くは、amazonギフト券買取によるクレジットカード現金化を目的としています。

クレジットカードにキャッシング枠がついていれば、それを使ってお金を借りることもできますが、限度額が低く設定されています。

それに対してショッピング枠は商品を購入することを前提としている分、限度額が高く設定されているのです。

そのため、amazonギフト券買取によるクレジットカード現金化は、普通にキャッシング枠を利用するよりもはるかに多くの資金を調達することができます。

ただし、現金化目的のクレジットカードのショッピング枠の利用は各クレジットカード会社によって規制されています。

そのため、あくまでもamazonギフト券購入を目的にしたショッピング枠の利用であることを意識して、クレジットカードを使ったほうが良いのか使わないほうが良いのかを考えてみてください。

amazonギフト券とは関係なくクレジットカードの現金化を理解しておこう

現金化と理解
カード決済によるメリットやamazonギフト券の購入による換金方法を紹介してきましたが、クレジットカード現金化の本質を知っておいてもらいたい。

そもそもクレジットカードを持ったことがある人はわかっていると思いますが、「キャッシング枠」と「ショッピング枠」が最初から備わっています。

利用限度額は収入や申告などにより変わってくるため、定額ではありませんが全てのカードで利用することができるはずです。

キャッシングについては消費者金融と同じようにクレジットカード1枚あれば簡単にお金が必要なときに、借り入れができるサービスとなっております。

ショッピング枠については買い物などの物品などの購入に充てられる予算額となっているので、キャッシングとして現金を借り入れすることはできません。

この2つの予算額はあくまでも別々のものとして管理・利用されているのです。

ショッピング枠で現金が手に入るってどういうこと

金券ショップで現金
通常、クレジットカードのショッピング枠では現金が無くても買い物をする事はできますが換金することはできません。

ショッピング枠の限度額がいくら残っていても、そもそもの用途が違うのでどんなにお金が必要になってもキャッシングのようにはなりません。

ではクレジットカードを現金化するっていうのは消費者金融のようなところで借入を行うということなのでしょうか。

若干異なります。

クレジットカードさえあれば、職業や年収に関係なくお金が手に入るサービスです。

来店する必要もなく、審査を通す必要も無いというから驚きますよね。

それもそのはず、クレジットカードを持っている時点で社会的に認められているわけですから、現金化するためだけに審査をする必要はなくカード会社からお墨付きをうけているのと同じことです。

クレジットカードを使って現金化専門の業者に申込みを行い、カード決済を行うことでこちらの指定口座に入金してもらって引き出すことで、現金を手にできるというシステムになってます。

その現金化の方法には2通りあり、買取方式とキャッシュバック方式とあります。

現金化の「買取方式」と「キャッシュバック方式」とは?

クレジットカード現金化では、利用者は手続きの一環として業者が指定する商品を購入する必要があります。

クレジットカード現金化には、買取り方式とキャッシュバック方式があり、それぞれの方式で業者のカード決済を行う指定商品が変わってきます。

【買取り方式とは】

買取り方式は利用者がクレジットカードで業者から商品を購入し、購入した商品を業者に買い取ってもらうことで現金を受け取ることができるというものです。

買取り方式の指定品としては、金券、商品券、新幹線の回数券、ルイヴィトンやシャネルといったブランド品などが挙げられます。

買取り方式は店頭で買い取っている業者もありますが、インターネットで手続きが完結している業者もあります。

買取り方式は古くからあるクレジットカード現金化の手法です。

買取り方式によるクレジットカードの現金化には、グレーゾーンとされるクレジットカード現金化の中でも特に違法性が低い、店舗を持っている業者が多いので安心して取引を行うことができるといったメリットがあります。

反面、指定品が換金性が高い商品となるので、カード会社から疑いがかかる可能性もあります。

また、買取り方式は購入した商品を店頭に持っていったり、送り返したりといった手間がかかるので、即日現金化ができないこともあるというのがデメリットです。

【キャッシュバック方式とは】

キャッシュバック方式はクレジットカードで業者から商品を購入するという流れは買取り方式と同様ですが、キャッシュバック方式の商品にはキャッシュバックサービスがついているのが特徴です。

そのため、キャッシュバック方式では商品の購入と同時に現金化の手続きが行われることになります。

キャッシュバック方式は商品よりもキャッシュバックサービスがメインです。

商品が価値のあるものだと手続きがややこしくなるので、キャッシュバック方式においてはほとんど価値のない商品が指定品となります。

具体的には、ビー玉などが指定されることが多いです。その他、CD-ROMなどの情報商材が指定されることもあります。

キャッシュバック方式は買取り方式と比べると手続きが簡略化されるため、基本的に即日現金化が可能というメリットがあります。

また、キャッシュバック方式のほとんどはインターネットで手続きが完結しているので、店頭に出向く必要もありません。

しかし、キャッシュバック方式は違法性が高い方法であり、業者の摘発もいくつか発生しています。

悪徳業者が多数存在しているので、利用する際にはしっかりと業者の善し悪しを見極めることが大切です。

業者を比べる時は項目が多いほどより正確になる

比較のコツ
アマゾンギフト券ですが、買取サービスに対応している業者もたくさんあります。

買取業者についてはインターネットで調べてもらえばお分かりになるでしょうが、無数に営業しています

この中からどこで買取依頼をすればいいのか迷ってしまうでしょう。

買取業者の比較をするにあたって、以下で紹介する3つのポイントをチェックするといいでしょう。

まずは換金率がどうなっているかです。

アマゾンギフト券の買取ですが、額面通りに買い取りをしてくれるわけではなく、多少ディスカウントされた買取価格になります。

極力損をしないようにするためには、換金率が少しでも高い業者を選ぶことが大事です。

インターネットを見てみると、各買取業者で換金率をホームページ上で表示しています。

換金率を比較すると、90%以上という高還元率を提示している業者も見られます。

中には95%を超えて、限りなく100%に近い換金率を表示している業者もあるようですが、このような不自然に高すぎる換金率を表示しているところは、手数料などの名目で実際に買取依頼すると差し引かれることもままあります。

ですから、あまりに高すぎる業者は慎重にチェックをしたほうがいいです。

アマゾンギフト券の買取に関する手続きですが、基本的に電話やメールなどで実際に店舗に行って手続きをすることはないです。

買取サービスに興味があるけれども、仕事で忙しいという人でも安心です。

いずれの業者も買取して現金化するまでにかかる時間はそれほどではないでしょう。

でも今すぐに現金が必要というのであれば、買取までの時間で比較してみるのも一つの方法でしょう。

中には申し込みしてから10分以内で現金を振り込んでくれるような業者もあります。

買取サービスを行っている業者は、大半がしっかりとした営業を実施しています。

しかし残念ながら、詐欺まがいの悪徳業者も存在しているのは事実です。

そこで最後の業者を比較する際のポイントとして、こちらが実害をこうむるような危険性がないかという点も注意したほうがいいです。

安全性を確認するにあたって大事なのは、古物商許可番号がサイトのどこかに表示されているかどうかチェックすることです。

アマゾンギフト券の買い取りをする場合、古物商の許可を得ていないといけません。

無許可でアマゾンギフト券の買い取りをしている場合、それはいわゆるモグリであり非合法な業者となります。

古物商許可番号がサイトのどこにも表示されていない業者は悪徳業者の可能性が高いので、利用は控えたほうが賢明です。

ギフト券買取業界は多いので業者選びには慎重に

慎重に

アマゾンギフト券を持っているけれども当面使うつもりがないので、換金したいと思っている人もいるでしょう。

その場合には、アマゾンギフト券の買取サービスに対応している業者もありますのでこのサービスを活用してみるといいでしょう。

ところでこのアマゾンギフトに特化した買取サービスの業界ですが、アマゾンギフト券を使用する人が増えるに従ってどんどん拡大しています。

どの程度の店舗があるかですが、インターネットで、アマゾンギフト券 買取などのキーワードで検索してみましょう。

そうすると実に数多くのサイトがヒットするはずです。それほど業界は肥大化してきています。

アマゾンギフト券の買取業者ですが、基本的にはまっとうなサービスを行っているところがほとんどです。

しかし中には一部悪質な営業をしている業者も見られます。

買取価格を高額提示しておいて、そこから手数料だなんだといろいろな名目をつけては買取金額をどんどん引き下げる方法が有名です。

またひどくなってくると、取引が成立してアマゾンギフト券を提示したところ、入金されずなしのつぶてという事例もネットでは紹介されています。

そこで買取サービスを利用するのであれば、それぞれの業者が信用できるかどうか見極めることが大事です。

口コミサイトなどを確認して、評判などをチェックしましょう。

そのほかにもアマゾンギフト券の買取業者に関するランキングサイトもいろいろとあります。

サイトによって厳密な順番は異なるかもしれません。

しかし上位にしばしば出てくる買取業者はまず信頼性の高い業者と判断することができます。

評判の業者をいくつかピックアップしたのであれば、サービス内容で比較して買取先を選んでみるといいでしょう。

買取業者の中には、キャンペーンなどを展開していることもあります。

キャンペーンを利用することで、通常よりも買取価格が高くなる可能性もあります。

先ほども紹介したように業界の競争も激しくなっているので、ほかの店よりも新規顧客を獲得するために、この手のキャンペーンを開催していることも多いのです。

買取業者ですが、基本的に対面でやり取りすることはないです。

そこで初めてアマゾンギフト券の買取サービスを利用する場合、不安に感じる人もいるでしょう。

その場合にはわからないことなど、実際に業者に問い合わせの電話をかけてみるといいでしょう。

対面でなくても実際に話をすることで、信頼できるかどうかなんとなくわかるでしょう。

サイトを見て判断!アマゾンギフト券の現金化業者を見分ける方法

見分ける方法

アマゾンギフト券ですが、アマゾンでネットショッピングするときに利用できるツールです。

アマゾンギフト券に関連して、現金化業者がいくつかあります。

まっとうなサービスを実施している現金化業者が大半ではありますが、悪徳業者も少数ながら後を絶たないという現実もあります。

悪徳業者に引っかからないようにするためには、見分けるコツがあります。

基本的なアマゾンギフト券の現金化サービスですが、ネットでのやり取りですべて終了します。

そこで各業者とも、ホームページを公開していますがこのホームページをチェックするだけでもきちんとした業者かどうか見分けることも可能です。

まずは古物商許可を受けているかどうかをチェックすることです。

アマゾンギフト券はデジタルマネーの一種であり、これを買い取るためには古物商許可を受ける必要があるのです。

きちんとした現金化業者であれば、古物商の許可を受けているはずなのでその番号がホームページのどこかに記載されています。

もしホームページのどこを見ても、そのような表示がないようであれば悪質業者の可能性があります。

また業者の会社概要が記載されているかどうかも、ホームページを見た際にはチェックしてみるといいでしょう。

特に連絡先の電話番号を明示しているところは信頼性が高いです。

アマゾンギフト券の現金化業者を見てみると、問い合わせについてWEBフォームしか用意していないところが多いです。

しかしその中で電話番号が表示されていて、電話でも問い合わせができるとなると安心でしょう。

フォームの場合メールのやり取りになってしまうので、どうしても時間がかかる恐れもあります。

電話であればリアルタイムで問い合わせができるので、何か問題が起きてもすぐに解決できる可能性は高いです。

スピーディに対応してもらえる、それはお客さんの立場に立って営業している姿勢も推測できます。

またサイトのレイアウトにも着目してみましょう。

実店舗に入る際に、ごみごみしているところよりもこぎれいにしているお店のほうが入りやすいでしょう。

それと一緒で、サイトのレイアウトがわかりやすくなっているかどうか確認してみましょう。

自分の知りたい情報をすぐに見つけられるかどうか、デザインがいい加減なものではないかなどがチェックポイントとなるはずです。

手数料とか買い取りにかかる時間など大事な情報はトップページのわかりやすいところの表示されている業者のほうが好ましいといえます。

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする