15時以降に現金を受け取りたい!必要なもの基本メモ

必要なもの

結局は即日振込と入出金の口座があれば大丈夫

今すぐにまとまった現金が欲しい!というときに一つの方法となるクレジットカードの現金化ですが、本当に急に、15時以降に現金が欲しい事情が出たときにはどうすれば良いのでしょうか

結論から言えば、15時以降対応で即日振り込みをしてくれる銀行の口座を持っておくことです。

クレジットカード現金化において、業者からの支払いは銀行口座に振り込まれるのが基本です。

そのため、業者側の都合よりも振り込まれる銀行のルールによって現金を受け取れるタイミングに差が出てくるのです。

15時以降に急に現金が必要になったという場合に業者側で対応するのはなかなか難しく、利用者の方で即日で受け取れるように工夫をしておくことが必要になります。

具体的にどんな銀行であれば15時以降の対応が可能となっているのかと言うと、主に都市銀行、ネットバンク系が適しています。

このような銀行は平日夜まで営業していることも多く、ネットバンク系に関しては24時間・365日で対応が可能となっている場合があります。

クレジットカード現金化の予定がすぐにない場合でも、このような営業方針の銀行口座を持っておくと役に立つシーンが多いでしょう。

リアルな現金の引き出しに関しても、ネットバンク系は各種コンビニをはじめ、郵便局など身近な施設での取り引きが全国的に可能なケースがほとんどなのもメリットです。

ネットバンク系は利用者の目を引くため、各種手数料の無料化の特典などをつけていることが多いので、どこのネットバンクで口座を持つべきか迷った場合は参考にすると良いでしょう。

まとめると、クレジットカード現金化の申込みが15時を過ぎても即日で現金を受け取ることは可能であり、そのために必要なものは現金化業者ではなく利用者側で用意する必要があるということです。

現在ではあまり見られない例としては、現金化業者のリアル店舗に足を運んで現金を受け取るという方法もありますが、リアル店舗が身近になかったり、またリアル店舗に足を運ぶのは避けたかったりする場合には向いていません。

もし、クレジットカード現金化の利用を考える機会があるのであれば、普段から受け取る銀行の口座はどうするか、口座を持った銀行の対応はどうなっているかの確認は最低限しておくのがおすすめです。

また、その際に新たな口座を持つ必要性があるかも合わせて考慮し、余裕を持った取り引きが可能なように準備しておくとスムーズでしょう。

クレジットカード現金化・15時以降に現金を受け取りたい!現金化業者の対応に注意

時間外受取
クレジットカード現金化で15時以降の現金受け取りを希望する場合、15時以降対応の都市銀行やネットバンクの口座を持っておくと良いことがわかりました。

しかし、実際にはもう1つ注意しておきたいポイントがあります。

クレジットカード現金化のためにネットバンクの口座を持ったあなたは、15時以降に急に現金が必要な事情が出来てしまったとしましょう。

そのため、とある現金化業者に申し込みをしたところ、振込先として提示した銀行には対応していないことを伝えられました。

このケースでは、現金を即日で受け取ることは難しいでしょう。

クレジットカード現金化で15時以降に現金を受け取りたい場合、対応できる口座を持っておくことは最も重要なのですが、盲点になりがちなポイントに「その銀行口座への振り込みに現金化業者が対応しているかどうか」を確認するというものがあります。

近年では、現金化業者としての営業の歴史が長い場合はほとんどの主要な銀行に対応していることがほとんどですし、比較的新しい業者であっても集客の側面で対応していることがほとんどなのですが、なかには対応できない銀行がどうしてもあるという業者もあります。

また、振り込む銀行口座によって換金率に影響があるケースもあります。

この場合は手数料的なものと考えておくと良いでしょう。

しかし、ほとんどの銀行に対応している現金化業者が増えている現状では、利用者からすれば損をした感情になってしまうのも頷けます。

クレジットカード現金化で15時以降に即日で現金を受け取りたい場合は、銀行口座の用意に加えてその銀行への振り込みに対応している現金化の業者に狙いを定めて申込みをする必要があります。

また、口座の用意や業者がその銀行への振り込みに対応しているかどうかの確認とは別の問題として、すぐに現金が欲しいという焦りから業者の選択を間違えてしまう可能性があることに注意しなければなりません。

業者の換金率や対応に疑問を感じても、焦りから「そんなことより今は現金を…」と思考が鈍って結果的に損をすることとなり、後から冷静に考えてみればおかしかったと後悔するケースも少なくはないのです。

普段の生活のなかで少しでもクレジットカード現金化の利用を考える機会があるのであれば、業者の傾向や最近の動向、現金化に関するトラブルやニュースに目を向け、常に新しい知識を見につける姿勢で自衛しながら活用していくのがおすすめです。

クレジットカード現金化・15時以降に現金を受け取りたい!細かな営業のチェック項目

営業している店舗
実際に15時以降に即日で現金を受け取りたい場合にチェックしておきたいことはまだまだあります。

自分が持っている口座への振り込みが可能な現金化の業者を選ぶのはもちろんですが、銀行側がどのような営業形態をとっているかはしっかり確認しておくことが必要です。

クレジットカード現金化を利用するケースは、急に現金が必要になったという”予測できなかった事態”に備えてのことが多くなっています。

その性質上、現金化業者への申し込みと業者からの振り込み、そして実際に現金を受け取るまでに、場合によってはタイムラグが生じることを覚えておきましょう。

即日対応と言っている現金化業者を選んだのにそんなこと起こるわけがない、と考えている人も多いのですが、冷静に考えれば理由がわかります。

多くの銀行は営業が15時まで、さらに土日が休みという場合が多くなっています。

このようなケースで、例えば金曜日の17時に現金化業者が振り込みをおこなったとします。

そうすると、24時間365日営業の銀行でなければ口座に反映されるのは翌営業日である月曜日の朝になってしまうのです。

このようなケースは、15時以降や土日の対応が可能な都市銀行やネットバンクの口座を利用することで解決する場合が多いでしょう。

しかし、ネットバンクであっても振込元と振込先の口座が別の銀行であった場合はタイムラグが生じる可能性があるので、この部分も現金化業者に確認をとるのがおすすめです。

もう1つのケースは、クレジットカード現金化の業者自体の営業時間に左右されるというものです。

近年はクレジットカード現金化の需要が多様化したことにより、24時間・365日営業していますという業者も増えていますが、なかには土日祝日は休みだったり、ゴールデンウィークやお盆の時期には休みがあるという業者もあります。

この時期はまとまった現金が急に必要になる事情が発生しやすい時期でもあるので、十分に確認しておいて、いざというときに慌てないようにしておきたいものです。

さらに注意したいのが、24時間・365日営業なのか、24時間・365日対応が可能なのかの違いです。

営業は文字通り365日おこなっているものの、現金化の新たな申し込みができるのは9時~19時までなど限定的になっている場合もあるのです。

このような場合はメール・電話の対応も翌日になってしまうので、夜に急に現金が必要になった!というケースで選択する業者としては向いていません。

クレジットカード現金化ではチェックしておきたい項目がいくつもありますが、より満足できる現金化のためにも覚えておきましょう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする