現金化を初めてご利用される方のためのビギナーズガイド

初めての利用

初めてご利用される方にまず最初に知ってもらいたい事

クレジットカードの現金化を初めてご利用される方にお話しさせていただきます。

注意

※リピーターの方にはあまり参考にはならないかもしれません。


まずはクレジットカードを持っていることが前提になります。

それはそうですよね。

ですから現金化については年齢制限などはほとんどがありません。

カードを作れるのであれば利用可能となっております。

自営業の方やサラリーマン、学生や主婦の方まで全く関係なくご利用いただけるようになっております。

今までお問い合わせ頂いたなかで一番多かったのが、「どのような業者が何社くらいあってちゃんと対応してもらえるかな?」とか「騙されたりしないかな?」とか不安要素でした。

そのあたりは全ての業者を掲載しているわけではなく精査して掲載しておりますのでご安心ください。

次に多かったのがやはり『還元率』ですね。

この辺りは良く耳にするのではないでしょうか。

そもそも還元率はクレジットカードで現金化する金額に左右されます。

もちろん店舗ごとに変わりますが店舗内でも金額によって変動します。

それにクレジットカードにはご利用限度額というのがあるわけですから全ての人が同じ条件というわけにはいかないわけです。

ただ、実際は初めてご利用される方は多くの店舗で優遇される条件でご利用できるというのが本当のところです。

ほとんどのところがそういったキャンペーンなどを打ち出してきてますのでお得になってます。

だからといって詳細を確認せずに申込みをしてしまうのは注意が必要です。

ネットの検索エンジンなどでは多くの業者が紹介・掲載されておりますがあからさまに高額な還元率のところには気を付けてください。

あまり初めてという事を強調しすぎると色々な業者の『カモ』となってしまうかもしれませんからね。

後、私のなかでのオススメは不安なことや心配なこと、不明なことは直接聞いてしまうという事です。

もちろんメールなどの手段となるかもしれませんがその対応で判断することができるのではないでしょうか。

しっかりと親切・丁寧に対応してもらえる店舗は信頼がおけますよね。

そういった形で精査して頂くことも一つの手段といえるでしょう。

初めての方ほどあまり急がずに各店舗の詳細をしっかりと確認して納得いってからお申し込みをする事が一番だと思います。

やっぱり初めては緊張しますし不安です。
上記に記述していることは当サイトだけでなく他のサイトでも同じことが言えます。
どの店舗に申し込むにしろわからないことは聞いてしまうことが一番だと思います。

但し、ほとんどの店舗にホームページがある為、不安に思っていることに対する記載がないかも見ておく事も大事です。
詳細ページを確認しましょう。


相手

確かに管理人さんの言うとおりしっかり読んで調べておいて良かったです。
申し込みにあたり用意するものや現金化に必要な口座など初めてだと知りえない事がたくさんありました。

現金化っていつからあって、本当に利用者はいるの?

2008年に試行され、2010年に完全施行された貸金法改正以降、消費者金融(サラ金)から過度の借金をしすぎて、借金地獄に落ち込んで自己破産者が沢山でて一時、社会問題なった事などすっかり忘れ去られたように感じます。

貸金法改正の二つの大きな目玉、一つは総量規制、つまり年収の1/3までしか 消費者金融は貸し出しすることが出来なくなりました。

むろん、会社をまたがっても総量規制金額は合算なので、A社が一杯になったらB社に借りてという従来の形が出来なくなりました。

また、専業主婦、つまり収入のない者は扶養されている者、つまり旦那様の年収の範囲内で制約になり、無論旦那様の借金と合算で制約がかかります。

つまり、旦那様に内緒で借金するということ出来なくなりました。

実質、消費者金融のタ-ゲットからは専業主婦は外れてしまい、貸し出しそのものを専業主婦にはしなくなった消費者金融もたくさんあります。

手間暇の割に、貸出額増加につながらないからでした。

ある意味、経営判断としては 正しいと言えます。

貸金法改正のもう一つの大きな目玉である 最低金利の固定も影響し、サラ金業界は未曾有の生き残り競争の中に投げ出されたような状態になっています。

そうした中の生き残り方法のひとつとして、大手の消費者金融は、都市銀行との提携でこの難局を乗り越えようとしています。

都市銀行の傘下に入ることで、総量規制、最低金利額厳守の縛りが、なくなり貸し出しの自由度が大きく広がるのを利用しようとしているのです。

ただ 体力のある消費者金融ならば、都市銀行の側も提携してもメリットがありますが、かなり限られています。

そのため、中小の不動産金融にはマネの出来ないやり方ではあります。

そうした 生き残りを模索しているなかで出てきたのが「クレジットカード現金化」であります。

利用者に貸し出しできる金額は総量規制で制限がかかっていますが、クレジットカ-ドでのショッピング金額には其れがありません。

具体的には

  • 消費者は業者が販売する商品(例えば指輪など)を、クレジットカードを使って50万円で購入する。
  • 購入後、同じ業者が消費者から商品を40万円で買い取り、消費者は40万円を得る。
  • 後日、消費者はクレジット会社から50万円の購入代金を請求される。

これは一つの流れですが 他の方法も大体同じです。

この場合利用者の手元には40万円がのこりますが、同時に50万円の借金が発生します。

完全に合法か?

という理屈もなきにしもあらずですが、本当にお金がいる人「明日までに現金がないと3代続いた老舗の店を手放さなければならない」とかいう人が沢山おられます。

以前、つまり総量規制のかかる前ならば、そういう人たちも更にお金を借りれたのでしょうが、今は駄目になっています。

利用者が良くても 貸す方が罰せられるから借りれなくなりました。

そういう人たちに、このクレジットカード現金化というシステムは地獄に仏的な、意味を持つ場合もありますね。

賃金業法の改正前は規制がなかったので業者もバンバン貸していました。
その結果として異常な取立てなどに苦しむ人が多くいました。

「本人の問題だ!」って言っていた人も多くいたが実際には法改正が施行されたのです。
結果として本当に必要な人にも貸せなくなってしまったのは事実で、だからこそこういったシステムが出てきたのだと思います。

但し、どのような形で現金を手にしても自己管理ができない人には周りの環境がどんなに整備されても同じような状況になりうる可能性があります。


相手

国のシステムや法律が整備されても自己管理ができなければ多額の借金をしてしまうのはその通りだと思います。

手段は関係なく結果なんですね。現金化というものも非常にわかりやすく解説してくれて助かりました。

必要になってからではなく、事前にシステムを理解しておこう!

「葬儀のやりかたなんて不謹慎で誰にも聞けない。」なんて言っても、いざ本当の葬儀になったら知らないでは通りません。

現金化も同じ事です。

急に必要になったり、どうしても足りなくなってしまったりというような場合が今来たらどうするでしょうか。

知人に借りたり、金融機関に借りるなどという方法がありますが、それでも万が一ダメだったらクレジットカード現金化という言葉を目にするでしょう。

その時ではなく先にシステムを理解しておきましょう。

これはクレジットカードで商品を購入し、その金額相当分を現金化するというものです。

たとえば業者からダイヤモンドを50万円で購入したことにして、40万円を現金で返してもらうというものです。

何パーセントかの手数料が引かれますから購入代金全額を現金化することはできませんが、少額からスピーディーで簡単に現金を手に入れることができると人気が高まっています。

金融機関のクレジットに比べると、メリットが多いということも利用者が増えている理由の一つになっているといいます。

まず、審査が必要ないということです。

金融機関で借り入れを申し込むときは、かならず審査を通らなければなりません。

収入が少なかったり、現在の借り入れ額や借り入れ件数が多いと審査を通ることは難しくなります。

しかしクレジットカード現金化だと、クレジットカードさえ持っていれば審査など必要ないのです。

ですから主婦や学生でも利用できますし、短時間で現金が得られるということになります。

またクレジットカードの分割払いは、通常のクレジットより金利が低く設定されていることがほとんどです。

金利が低いということは、返済の負担が少なくて済みますのでこれは大きな利点ではないかと思います。

ただクレジットの返済方法は分割のほか一回払いやボーナス払いなど自分の好きな方法を選択することができますので、金利がかからない返済方法を利用することも可能になります。

ただ気をつけなければならないこともあります。

クレジットカード現金化も、クレジットカード会社にお金を借りているということになります。

自分が返済出来る金額内で現金化をするようにしなければならないでしょう。

そして信頼できる業者を選ぶというのもポイントだと思います。

「システムを理解しよう」とありますが実際には難しい内容はまったくございません。
現金化される金額が多少変わるということを解ってもらえれば大丈夫だと思います。

クレジットカード現金化等の関連で還元率で探したりすればおおよその数字も出てくると思います。


相手

なるほど、それくらいなら理解できそう。

いざって時じゃ確かに遅いですよね。

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする