QUICPayの現金化は使える店舗が多いから簡単にできる換金法はコレ

QUICPay現金化

使える店舗がすごく多い!現金化しなくても大丈夫じゃない?

レジなどで支払いをするときに使えるクレジットカードや電子マネーなどのロゴが一覧で出ていますよね。

その中でブルーベースのQのマークを見かけたことはありませんか?

これはQUICPayのロゴになります。

電子マネーの一種で、けっこう日本国内でも使えるお店は多いです。

持っているといろいろなお店でキャッシュレスにてショッピングできるようになるので損はまったくしません。

QUICPayの利用できるお店ですが、まず主要なコンビニではどこでも使用できると思います。

使えるコンビニ
  • アンスリー
  • くらしハウス
  • スリーエイト
  • 生活彩家
  • セイコーマート
  • セブンイレブン
  • デイリーヤマザキ
  • ファミリーマート
  • ポプラ
  • ミニストップ
  • ローソン
  • ローソンストア100

コンビニを利用するときって、何か急にあるものが必要になって買い物するパターンが多いですよね。

そんな時に混雑していて、なかなか買い物ができないと焦ってしまいます。

しかしQUICPayがあれば、端末にタッチするだけで終わってしまうので何かと重宝しますね。

日用品を買い物するときに近くのスーパーを利用している人も多いと思います。

QUICPayはスーパーでも使用できます。

ざっと見ると60種類以上のチェーン店で支払いができるようになっています。

公式サイトを見てみると

  • ピアゴ
  • イトーヨーカドー
  • イオン
  • OKストア

などで利用できるようです。

いずれも日本全国どこにでもあるお店で普段利用している人も多いでしょう。

いつも使っているお店でキャッシュレス決済ができればかなり利便性がアップしますね。

さらに日用品の買い物というと、近くのドラッグストアを利用している方も多いでしょう。

QUICPayの利用できるドラッグストアも増えています。

例えば

  • ウエルシア
  • ココカラファイン
  • マツモトキヨシ
  • セイムス
  • ツルハドラッグ

では利用できるはずです。

ドラッグストアの場合、スーパーほどレジも多く設置されていなくて時間帯によっては結構並んでいることもありますよね。

そんな時に小銭が出なくてあたふたすることもなくなると思います。

外食をする人の中には全国にチェーン展開しているお店をよく利用する方もいるかもしれません。

QUICPayも大手飲食店で利用できるところが結構あります。

一例を紹介するとガストやジョナサン、マクドナルドやロイヤルホスト、すき家などがあります。

喫茶店であればコメダ珈琲店、回転ずしならかっぱ寿司でも利用できます。

さらにタクシーでQUICPay決済できるところもあります。

終電逃してタクシー移動せざるを得ない、でも現金があまりないといった場合でも安心です。

このように結構いろいろなショップで利用でき、使い勝手のいい電子マネーだと思いますね。

個人的にはここまで使える店舗が多いならQUICPayを現金化しなくても十分利用価値があるのかなぁって思ってます。

QUICPayの支払いはどの種類も現金引き出しはできない

キャッシュレスでショッピングなどを楽しめるのがQUICPayのメリットといえます。

しかしチャージしたお金を現金化したいと思うこともあるかもしれませんよね。

結論から言ってしまいますと

QUICPayを使って現金を直接引き出す方法はありません。

現在QUICPayでは

  1. クレジットカード一体型
  2. モバイル型
  3. カード型

の3種類があります。

そのいずれの方法でも現金引き出しはできないので、これから利用しようと思っている人はあらかじめ理解しておきましょう。

QUICPayを使って現金化することは出来る!?

ではQUICPayを使って現金化する方法はないかというと、そうではないです。

転売を活用する方法がありますね。

つまりいったんQUICPayを使って何かしらの商品を購入します。

それをリサイクルショップや質屋など買取してくれるところに持ち込んで、現金化する方法が一般的ですね。

この場合、換金率が重視されますので必ず調べましょう。

リサイクルショップや質屋などの買取サービスを行っているところで平均的な高額買取の期待できるのは、金券や腕時計、ブランド品、ゲーム機器といったところでしょうか。

返品して現金にて還元してもらう

そのほかには購入した商品を返品することで、現金化する方法もあります。

QUICPayで商品を購入し、返品すると返金は現金にて行われることが多いです。

そもそも

お店としてみても、QUICPayで売った商品をQUICPayで返却するシステムをそもそも持っていません。

よって現金にて返金、という形になるわけですね。

ただしこの方法をとる場合、いくつか注意すべきことがあります。

  1. そのお店で確実に購入したことを証明できるレシートは捨てずにとっておくこと
  2. そのままの状態で返品すること

もし開封してしまうと、たとえ中身を一切使っていなくても返品の対象外になってしまう恐れがあります。

この辺のところを注意するといいですね。

割り勘などの支払いで現金徴収

あと飲み会を利用する方法も考えられます。

同僚や友人と飲みに出かけたとします。

この時割り勘であっても、いったん幹事さんがQUICPayにてみんなの代金を支払います。

そしてほかの参加者の支払い分を現金にて徴収するわけです。

そうすれば、自分以外の飲み代を現金化できますよね。

場合によっては周りの人から電子マネーを現金化したということで、せこい人間と思われるかもしれません(笑)。

そのように見られるのが嫌であれば、トイレに行くふりをしてさっと会計を済ませておくとスマートだと思います。

このように現金化する方法はいくつかあるので、手持ちの足りないときなどに活用してみませんか?

もっと即日で現金化したいし、手間も時間も掛けたくないって言う人にはこっちがおすすめかなぁ…。

QUICPayの支払い方法について解説

キャッシュレスで買い物できるQUICPayを持っていると、スムーズにショッピングが楽しめるようになります。

最初に使用する際、スムーズに決済手続きできるかどうか不安になるかもしれませんね。

でもそんなに使い方は難しくありません。

カードやモバイルタイプなどいくつか種類がありますが、買い物するときの流れは基本的には一緒です。

  1. 買い物をして会計の段階で「QUICPayで」と店員さんに伝えます。
  2. お店の方で決済できるように作業してくれます。
  3. 準備が完了すると、端末にカードもしくはスマホをかざすように言われます。
  4. するとしばらくして「QUICPay」という決済音が鳴ります。
  5. 端末が緑色に点滅すると手続きの完了を意味しますから、カードやスマホを外してしまって問題ありません。

ほかの電子マネーの場合、前もってお金を入れてチャージをする必要があったりしますので比べると簡単です。

つまり

QUICPayの場合は後払いという形になっているという事です。

皆さんが持っているクレジットカードに紐付ける形をとっています。

そして買い物の代金については、後日カード会社からの請求という形になります。

念のため、カード会社から請求書が届いたときにはその明細を確認しておきましょう。

身に覚えのない買い物情報が記載されていないかどうかチェックするのが得策です。

自分でいちいち記録しなくても、この明細が一種の家計簿のようにもなってくれるので、これを見ただけで使いすぎた場合には来月はもっと節約しないとなどと反省できます。

支払いの方法も選べるくらい多くなってきた

最近ではQUICPayの支払い方式もいろいろと出てきています。

例えばiPhoneユーザーの中には、Applepayを利用している人もいるでしょう。

このApplepayでQUICPayの支払いも可能です。

このように言われると、モバイル決済にあまり詳しくない人は混乱するかもしれません。

わかりやすく例えると、Applepayはいわばお財布です。

そしてQUICPayはそのお財布の中に入っているお金という感覚ですね。

ApplepayはQUICPayに限らず、いろいろな電子マネーを入れるお財布として活用できます。

QUICPayコインといって、500円玉大のもので支払う方式もあります。

参考サイト

500円玉くらいの大きさですから、外出する際にも携帯で苦労しませんよね。

専用のリストバンドの中に入れて保管すれば、腕時計のような感じで腕に装着して持ち運びができます。

スムーズに支払いができるとして人気になっていますね。

実際に使ってみないと分からなかったメリットとは

現在出回っている主要な電子マネーを使ったことのある方ならご存知でしょうが、いったんチャージしてからでないと買い物できませんよね。

QUICPayの場合

クレジットカードを経由して支払う形になるので、いちいちチャージの手続きをする必要がないですし、残高のことを気にしながらショッピングすることもありません。

ココに注目!

チャージ不要というのは、電子マネーの中でもなかなか大きなメリットだと思いますね。

余計にお金を入れてしまって、残高がある、現金化したいけれども手続きが面倒などのジレンマを感じる必要もないです。

QUICPayはクレジットカードと連動していると紹介しましたよね。

ということはQUICPayでショッピングすればするほど、クレジットカードのポイントもどんどんたまる形になります。

もしQUICPayと連動するクレジットカードが還元率の高いものであれば、効率的にポイントをためることも可能です。

カードのポイントを意識して貯めようと思っている人にとっては大きなメリットになります。

ポイントがたまれば、ポイント自体を換金することができるのでめちゃくちゃお得ですよ~。

クレジットカードと連動しているということは、今すぐに代金を支払う必要もないです。

ほかのカードショッピングの代金同様、1か月前後の猶予があります。

つまりほしい商品があって、あいにく手持ちのなかったときでも買い物はできるわけです。

皆さんが持っているクレジットカードで、ショッピングプロテクションがついているものはありませんか?

参考サイト

カード自動付帯保険「ショッピングガード保険」とは?
ショッピングプロテクションについてのJCB解説ページ

もしQUICPayで購入した消費を一定期間内で壊してしまった、盗難などで紛失してしまった場合でももしかするとその代金を保証してもらえる可能性があります。

あとQUICPayというよりも、電子マネー全体のメリットといえますが支払いがスムーズであるところもメリットだと思います。

スマホやカードなどを端末にかざすとすぐに決済出来てしまいます。

小銭が財布の中からなかなか取り出せずにあたふたした経験って、誰もがあると思います。

このような手間もかからなくなりますね。

クレジットカードもキャッシュレスで買い物できますが、店員に手渡す手間などを考えるとQUICPayはさらにスピーディです。

まさに「クイック」ペイですね。

QUICPayで支払いをすれば、お釣りをもらう必要もなくなりますね。

ある時気がついてみると財布の中で小銭でじゃらじゃら、といったこともなくなります。

このようにQUICPayでショッピングをすれば、いろいろなメリットが期待できるようになります。

便利だけではない?初めての人が気を付けるQUICPayの注意点

電子マネーの中でも比較的利便性の高いQUICPayですが、注意すべき点もいくつかあります。

まず最大の問題点は、クレジットカードがなければQUICPayは使えないという点ですね。

3種類から選択
  • クレジットカード
  • デビットカード
  • プリペイドカード

この3つの中から選択することは出来ます。

中にはいろいろな事情でクレジットカードを作っていない人もいるでしょう。

その場合、QUICPayによる支払いの選択肢がおのずと消滅してしまいます。

支払いの上限が設けられている

また上限が設けられているので、この部分も注意したいところですね。

1回当たりの金額が2万円までとなっています。

高価な商品を購入したい、ちょっとしたまとめ買いをしたいと思っていてQUICPayを出したところ、上限を超えていて使えないということも起こりえます。

ただし1回当たり2万円までですから、複数回に分けて買い物する分には問題ありません。

国際カードで連動しても海外では使えない

皆さんお手持ちのクレジットカードの中にはMasterCardやVISAのような国際ブランドの付いているものもあると思います。

このようなカードがあれば、海外旅行をした際に現地でショッピングが可能です。

ただし国際ブランドのカードとQUICPayを連動させても、海外では電子マネーとして使用できない点には注意したほうがいいです。

さらにネットショッピングの時にも、QUICPayは利用できないのでこの部分も注意が必要です。

ただしカードではいずれも買い物できるので、そこまで不自由する感じでもないと思います。

返済の遅延や使い過ぎにならないように

QUICPayはカードと連動して買い物できる電子マネーです。

自分で現金を出して買い物しないのは便利ではありますが、一方で人によってはリスク要因となるかもしれません。

つまりついつい買いすぎてしまうという問題です。

気軽に購入できるからと、調子に乗って買い物して気が付いたらかなりの高額請求が来たというパターンです。

先ほど見たように2万円という上限が設けられているので、一度に爆買いをする人はいないでしょう。

でもこまめに買い物していて、気が付いたら結構な額に…ということは十分考えられますね。

特にショッピングの限度枠が大きめの人は注意したほうがいいかもしれません。

もし心配であれば、ショッピング枠を切り下げるなど買い物しすぎないような対策を講じたほうがいいです。

手軽にショッピングできるようになるQUICPayですが、余計なものをついつい買いすぎてしまう傾向も見られます。

カード会社の明細を見て、買い物しすぎていないか、常に見直す必要があるかもしれませんね。

初めてご利用される方にまず最初に知ってもらいたい事

初めての利用

クレジットカードの現金化を初めてご利用される方にお話しさせていただきます。

注意

※リピーターの方にはあまり参考にはならないかもしれません。


まずはクレジットカードを持っていることが前提になります。

それはそうですよね。

ですから現金化については年齢制限などはほとんどがありません。

カードを作れるのであれば利用可能となっております。

自営業の方やサラリーマン、学生や主婦の方まで全く関係なくご利用いただけるようになっております。

今までお問い合わせ頂いたなかで一番多かったのが、

  • どのような業者が何社くらいあってちゃんと対応してもらえるかな?
  • 騙されたりしないかな?

とか不安要素でした。

そのあたりは全ての業者を掲載しているわけではなく精査して掲載しておりますのでご安心ください。

次に多かったのがやはり還元率ですね。

この辺りは良く耳にするのではないでしょうか。

そもそも還元率はクレジットカードで現金化する金額に左右されます。

もちろん

店舗ごとに変わりますが店舗内でも金額によって変動します。

それにクレジットカードにはご利用限度額というのがあるわけですから全ての人が同じ条件というわけにはいかないわけです。

ただ、実際は初めてご利用される方は多くの店舗で優遇された条件で利用できるというのが本当のところです。

ほとんどの店舗でキャンペーンなどを打ち出してきてますのでお得に申し込めるはずです。

だからといって詳細を確認せずに申込みをしてしまうのは注意が必要です。

ネットの検索エンジンなどでは多くの業者が紹介・掲載されておりますがあからさまに高額な還元率のところには気を付けてください。

あまり初めてという事を強調しすぎると色々な業者の『カモ』となってしまうかもしれませんので…。

後、私のなかでのオススメは不安なことや心配なこと、不明なことは直接聞いてしまうという方法です。

もちろんメールなどの手段となるかもしれませんが、その対応で判断することができるのではないでしょうか。

しっかりと親切・丁寧に対応してもらえる店舗は信頼がおけますよね。

そういった形で精査して頂くことも一つの手段といえるでしょう。

初めての方ほどあまり急がずに各店舗の詳細をしっかりと確認して納得いってからお申し込みをする事が一番だと思います。

やっぱり初めては緊張しますし不安です。

上記に記述していることは当サイトだけでなく他のサイトでも同じことが言えます。

相手

確かに管理人さんの言うとおりしっかり読んで調べておいて良かったです。

申し込みにあたり用意するものや現金化に必要な口座など初めてだと知りえない事がたくさんありました。

どの店舗に申し込むにしろわからないことは聞いてしまうことが一番だと思います。

但し、ほとんどの店舗にホームページがある為、不安に思っていることに対する記載がないかも見ておく事も大事です。

場合によっては丁寧に書いてあるので見落とさないように。

現金化っていつからあって、本当に利用者はいるの?

2008年に試行され、2010年に完全施行された貸金法改正以降、消費者金融(サラ金)から過度の借金をしすぎて、借金地獄に落ち込んで自己破産者が沢山でて一時、社会問題なった事などすっかり忘れ去られたように感じます。

貸金法改正の二つの大きな目玉は

  1. 総量規制
  2. 最低金利の固定

総量規制

改正後は、年収の1/3までしか消費者金融は貸し出しすることが出来なくなりました。

むろん、会社をまたがっても総量規制金額は合算なので、A社が一杯になったらB社に借りてという従来の形が出来なくなりました。

また、

  • 専業主婦などの収入のない方
  • または扶養されている方

などは旦那様の年収の範囲内で制約になり、無論旦那様の借金と合算で制約がかかります。

つまり、旦那様に内緒で借金するということが出来なくなったという事です。

実質、消費者金融のタ-ゲットからは専業主婦は外れてしまい、貸し出しそのものを専業主婦にはしなくなった消費者金融もたくさんあります。

手間暇の割に、貸出額増加につながらないからでした。

ある意味、経営判断としては 正しいと言えます。

最低金利の固定

貸金法改正点である最低金利の固定も影響し、サラ金業界は未曾有の生き残り競争の中に投げ出されたような状態になっています。

そうした中の生き残り方法のひとつとして、大手の消費者金融は都市銀行との提携でこの難局を乗り越えようとしています。

都市銀行の傘下に入ることで、総量規制、最低金利額厳守の縛りが、なくなり貸し出しの自由度が大きく広がるのを利用しようとしているのです。

ただ体力のある消費者金融ならば、都市銀行の側も提携してもメリットがありますが、かなり限られています。

そのため、中小の不動産金融にはマネの出来ない経営戦略ではあります。

そうした 生き残りを模索しているなかで出てきたのが「クレジットカード現金化」であります。

利用者に貸し出しできる金額は総量規制で制限がかかっていますが、クレジットカードでの現金化に限度額はありません。

具体的には
  1. 消費者は業者が販売する商品(例えば指輪など)を、クレジットカードを使って50万円で購入
  2. 購入後、同じ業者が消費者から商品を40万円で買い取り、消費者は40万円を得る
  3. 後日、消費者はクレジット会社から50万円の購入代金を請求される

これは一つの流れですが 他の方法も大体同じです。

この場合利用者の手元には40万円がのこりますが、同時に50万円の借金が発生します。

完全に合法なのか?

という理屈もなきにしもあらずですが、本当にお金がいる人「明日までに現金がないと3代続いた老舗の店を手放さなければならない」とかいう人が沢山おられます。

以前、つまり総量規制のかかる前ならば、そういう人たちも更にお金を借りれたのでしょうが、今は駄目になっています。

利用者が良くても貸す方が罰せられるから借りれなくなりました。

そういう人たちに、このクレジットカード現金化というシステムは地獄に仏的な、意味を持つ場合もあります。

賃金業法の改正前は規制がなかったので業者もバンバン貸していました。

その結果として異常な取立てなどに苦しむ人が多出たことは間違いありません。

「本人の問題だ!」って言っていた人も多くいたが実際には法改正が施行されたのです。

結果として本当に必要な人にも貸せなくなってしまったのは事実で、だからこそこうした新しいシステムが出てきたのだと思います。

個人的にはどのような形で現金を手にしても自己管理ができない人には周りの環境がどんなに整備されても同じような状況(借金地獄)になりうる可能性があります。

相手

国のシステムや法律が整備されても自己管理ができなければ多額の借金をしてしまうのはその通りだと思います。

手段は関係なく結果なんですよね。

必要になってからではなく、事前にシステムを理解しておこう!

「葬儀のやりかたなんて不謹慎で誰にも聞けない。」なんて言っても、いざ本当の葬儀になったら知らないでは通りません。

現金化も同じ事です。

急に必要になったり、どうしても足りなくなってしまったりというような場合が今来たらどうするでしょうか。

知人に借りたり、金融機関に借りるなどという方法がありますが、それでも万が一ダメだったらクレジットカード現金化という言葉を目にするでしょう。

その時ではなく先にシステムを理解しておく事が大切です。

クレジットカードの現金化って

これはクレジットカードで商品を購入し、その金額相当分を現金化するというものです。

たとえば業者からダイヤモンドを50万円で購入したことにして、40万円を現金で返してもらうというものです。

何パーセントかの手数料が引かれますから購入代金の全額を現金化することはできませんが、少額からスピーディーで簡単に現金を手に入れることができると人気が高まっています。

金融機関のクレジットに比べると、メリットが多いということも利用者が増えている理由の一つになっているといいます。

まず、審査が必要ないということです。

金融機関で借り入れを申し込むときは、かならず審査を通らなければなりません。

収入が少なかったり、現在の借り入れ額や借り入れ件数が多いと審査を通ることは難しくなります。

しかしクレジットカード現金化だと、クレジットカードさえ持っていれば審査など必要ないのです。

ですから主婦や学生でも利用できますし、短時間で現金が得られるということになります。

またクレジットカードの分割払いは、通常のクレジットより金利が低く設定されていることがほとんどです。

金利が低いということは、返済の負担が少なくて済みますのでこれは大きな利点ではないかと思います。

ただクレジットの返済方法は分割のほか一回払いやボーナス払いなど自分の好きな方法を選択することができますので、金利がかからない返済方法を利用することも可能になります。

ただ気をつけなければならないこともあります。

クレジットカード現金化も、クレジットカード会社にお金を借りているということになります。

自分が返済出来る金額内で現金化をするようにしなければならないでしょう。

そして信頼できる業者を選ぶというのもポイントだと思います。

実際には難しい内容はまったくございません。

現金化した金額よりも少しだけ多くカード会社に返済するものと理解してもらえば大丈夫です。

相手

なるほど、それくらいなら理解できそう。

いざって時では確かに遅いですよね。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする