Amazonギフト券は法人や個人事業主などビジネス向きだって知ってました?

ビジネス向き

個人消費よりもビジネス利用の方が大幅に多い

個人でネットショッピングするときにアマゾンギフト券を使っている人もいるでしょう。

ところでこのアマゾンギフト券ですが、ビジネス用途で活用することも可能です。

というのも、法人向けアマゾンギフト券と呼ばれる商品もアマゾンでは提供しているからです。

法人向けアマゾンギフト券は文字通り、事業経営しているとか個人事業主向けに提供しているギフト券になります。

amazonのサービスであれば、いろいろな用途で利用することも可能です。

法人向けアマゾンギフト券ですが、4種類のタイプを用意しています。

コードタイプとカードタイプ、そしてオンデマンドタイプ、さらに電子メール配信代行サービスの4種類になります。

このタイプ別にギフト券の金額が若干異なります。

コードタイプの場合には1円単位で金額指定ができ、幅も50円から50万円とかなり広範囲で設定が可能です。

カードタイプの場合、500円と1000円、3000円、5000円の額面の中からチョイスする形になります。

残りの2つ・オンデマンドタイプと電子メール配信代行サービスの場合、法人向けアマゾンギフト担当の部署がありますので、こちらで問い合わせをして詳しい内容を確認しましょう。

法人向けアマゾンギフト券ですが、さまざまなビジネスシーンで活用できるでしょう。

例えば新規顧客を獲得するためのキャンペーンを行うにあたって、その景品として使用するケースがあります。

その他にはポイントプログラムを独自に展開している法人であれば、一定ポイントがたまった場合の景品という活用法も考えられるでしょう。

さらにはアンケートを実施した場合の謝礼として、アマゾンギフト券を活用する手法もあります。

このように自分のビジネスを展開するにあたって、時として有力なツールになる可能性がありますので、興味のある事業主の方はチェックしてみると良いでしょう。

ただし一部サービスについては、法人向けアマゾンギフト券の発券を断る場合があります。

タバコや貸金業者、賭博に関係するようなゲームの景品、結構情報サービス・出会い系サービスの一環の場合はNGとなりますので注意しましょう。

公序良俗に照らして問題のないサービス・商品のために利用する分であれば、問題なく活用できるはずです。

ちなみに1回あたりの注文で10万円以上から受け付けを実施しています。

アマゾンギフト券をビジネスシーンの中で活用したいと思っている経営者の方はいませんか?

その場合には、利用を検討してみる価値は十分あるでしょう。

アマゾンギフト券を利用する際の注意点について

手数料に注意
1円単位での購入も可能で、アマゾンでの買い物にとても便利なアマゾンギフト券ですが、注意点もあります。

特に有効期限は重要です。

電子マネーですから、有効期限を1秒でも過ぎてしまうとカードに残っている金額は0円になってしまいます。

10年もあるから大丈夫と油断していると、あっという間に失効期限が迫ってきます。

amazonギフト券が手元に届いたら自分のアカウントにすぐに登録しておきましょう。

クレジットカードでネット通販を利用しており、amazonにもクレジットカード情報を登録している人の場合、アマゾンで商品を選択し購入すると、大抵自動でクレジット払いが選択されていますので注意してください。

意識せずに「次に進む」ボタンをタップしてしまうとアマゾンギフト券を使えません。

「支払方法を選んでください」欄の一番下にある「使用可能残高」にチェックを入れてから「次に進む」をタップして支払確定画面に進むようにしましょう。

アマゾンギフト券には、1,000円や5,000円など定額になっているタイプとバリアブルカードと言って1円単位で購入でき、必要な時にはリチャージもできるタイプがあります。

毎月の使い過ぎを防ぐには、面倒でも定額カードの方が抑止になりますし、アマゾンではたまに買い物をする程度で有効期限切れが怖い人はバリアブルカードが適しています。

Eメールタイプのamazonギフト券は、購入から発券まで5分ほどしかかかりません。

とても便利ですので、詐欺にも狙われやすいので注意が必要です。

怪しいメールには返信しない、怪しいホームページには個人情報を登録しないなど、ネット上では常に警戒を怠ってはいけません。

実際にあった事例ですが、「Amazon.co.jp」からメールが届き、アマゾンギフト券をプレゼントするので、住所氏名やメールアドレスを登録してほしいと書いてありました。

アマゾンが利用しているドメインは「amazon.co.jp」などいくつかありますが、「Amazon.co.jp」はアマゾンのドメインではありません。

指定のサイトに行くと、まずamazonギフト券を購入し、その番号を相手に送ると金額を2倍にして返してくれるという内容です。

これは詐欺です。

うまい話には必ず裏があります。

アマゾンでは、自社が使うドメインをすべてホームページ上で公開しています。

amazonのホームページから「ヘルプ」→「その他」→「セキュリティ・規約」を見ると、届いたメールが偽装メールかどうか判断できますし、アマゾンにメールで相談もできます。

全国百貨店共通商品券とどう違うのか?

百貨店
amazonギフト券は近年利用者が急増しており、人気の金券になっています。

全国のデパートで利用できる全国百貨店共通商品券も人気があり、金券ショップなどの中古市場でも高値で取り引きされています。

どちらもショッピング枠の利用で買うことができますし、換金性も高いため現金化には向いている商品です。

デパートの商品券はそれぞれのデパート独自のものが多くあります。

三越の商品券は基本的に三越でしか使えませんし、高島屋、伊勢丹などでも同様です。

ところが全国百貨店共通商品券は日本のデパート・百貨店のほぼすべて利用可能です。

日本百貨店協会に加盟しているところに限りますが、一地方のみで店舗を展開しているデパートであっても加盟しているケースがほとんどです。

そのため、全国百貨店共通商品券は高い利用価値があります。

大手のチェーンにはこの協会に属していないものもありますが、数は限られています。

この商品券は換金性に優れていることでも知られています。

日本のデパートであればほぼすべてで使うことができるので、金券ショップでは定番の商品のひとつになっています。

買取率も高めで、ほとんどの金券ショップで額面の90%を超える額で買い取ってもらえます。

かたや、amazonギフト券ですが、こちらも急速に利用が拡大しつつあります。

通販サイトとしては最大級に属するため、日本のどこでも使えます。

全国百貨店共通商品券はデパートや百貨店でしか使えません。

こういった店舗で販売されているものは多くが高級品です。

そのため需要には限りがあります。

一方でamazonギフト券はamazonで販売されているものであれば何にでも利用できます。

利用者の生活スタイルに合わせた商品の購入に利用できるので、今後ますます需要が高まることが予想されています。

amazonギフト券のメリットとして、紙の券ではなく、ネット上でやり取りできることも挙げられます。

全国百貨店共通商品券は基本的に紙ですので、破れてしまうこともありますし、汚れがひどかったり折れ曲がっていたりするものは金券ショップで買い取ってもらえないこともあります。

amazonギフト券の唯一と言ってもいいデメリットは有効期限があることです。

コンビニで販売されているものはすべてが10年です。

頻繁に利用する人にとってはたいしたことはなくても、使い慣れていない人や、他の通販サイトのリピーターには使いにくいというケースがあります。

商品を購入できるのが1つのサイトだけなので、その点で嫌われるケースもあります。

他の商品券とは異なる特徴

割引
amazonギフト券には、他の商品券にはない大きな特徴がいくつかあります。

プレゼント用としてだけでなく、自分用に購入しても数多くのメリットを受けることができます。

デメリットとしては、amazon内の買い物でしか利用できないという点です。

それ以外は高い利用価値があり、転売目的で購入する人も多く、専用の買取業者も存在します。

大きな換金メリットとしては、クレジットカードを使わなくても買い物ができるという点でしょう。

クレジットカードを持てない人や、カードをあまり使いたくないという人も利用できます。

amazonにはクレジットカードでしか買えない商品が数多くあります。

amazonギフト券はそういった商品の購入にも使うことができます。

またギフト券購入であるため、代引引換で必ずかかる手数料の324円を支払わなくて済みます。

amazonギフト券はコンビニでも購入できます。

代引手数料を払うのがもったいないと考えていても、かといってクレジットカードも持っていないという場合には、amazonギフト券で買い物するのが最も安くあがります。

また、クレジットカードを持っていない人がamazonを利用するには、代引引換にするか、コンビニ払いにする必要があります。

コンビニ払いではいちいち買い物をするごとにコンビニに行く必要がありますが、amazonギフト券をいったん買っておけばその手間を省くことができます。

また、ATMやネットバンクを利用して支払いをしている場合にも手数料が発生しますが、amazonギフト券では手数料は無料です。

プレゼントとしてamazonギフト券を利用するのもメリットがたくさんあります。

たとえば、写真や画像を添付してメッセージを書き込むことで、自分のオリジナルのギフト券を作ることが可能です。

amazonではクリスマスや誕生日、母の日や父の日などに合わせたデザインを用意しています。

記念日のうっかり忘れも良くあります。

時間がないときには、便利なサービスと言えるでしょう。

また、ギフト券ですのでプレゼント選びで失敗することがありません。

相手の好みや嗜好が分からないときや、出産祝いなどでプレゼントする商品がかぶってしまいがちなときに活躍します。

また、Eメールタイプをプレゼントに使う場合には、クレジットカードで決済してEメールを利用して相手に送信するだけの手間で済みます。

配送する場合にも配送料はかかりません。

配送にラッピングを使いたいという場合にも、ラッピングは無料で受け付けています。

ギフト券の額面だけの金額で済みます。

法人向けギフト券を持っている人は迷わず利用しよう

法人向け
Amazonのサービスの中にはたくさんのギフト券などが用意されております。

そのなかで今回は法人向けアマゾンギフト券に注目して、法人様がお使いになられる法人向けAmazonギフト券についての詳細と個人でお持ちの方の利用方法などをご紹介いたします。

まず、通常のギフト券との利用方法や価値についてはまったく変わりません。

一般的な利用価値ではなく、法人(企業側)の規模に関係なく、従業員、顧客、協力業者へのインセンティブとしての利用価値を見出しているとしています。

インセンティブとは難しい表現ですが、綺麗に説明すると目標達成の為の起爆剤だったり、個人などの従業員を動機づける為の施策と言えば分りやすいでしょうか。

「進呈」「贈呈」などでの消費者の購買意欲を駆り立てるといった効果での方法もその類です。

要するに「商品券を配って従業員に頑張って働いてもらってり、消費者を誘導しよう」といった内容です。

エンゲージメントと満足度の向上(カスタマー及びエンプロイ)、業績や業務の改善または向上に皆様購入されているようで、一時的には購入資金がでますが長期的なランニングコストとして考えるとコスト削減ともなる。

こういった方面での価値がありますよ、とAmazon.co.jpは言っているわけです。

どういった種類があるのだろうか

まずは、「コードタイプ」と「カードタイプ」の2種類となっているようです。

疑問

Eメールによる配信代行も対応し、一括コードの提供(csvファイル)を行っているので企業側からSNSやEメールでの送信も簡略化できるようになっております。

さらに法人のプラットフォームなどのシステム統合により、リアルタイムでユーザーへの送付も可能としたAPIも用意されているという事で法人企業としての利用価値は高まります。

図書券とはワケが違いますね。

また、会社のロゴやメッセージを使ってギフト券をカスタマイズすることも可能です。

法人側の具体的なご利用方法とは

社内や社外での報奨や功績の表彰として提供することによって、新たな気持ちで会社への貢献をもたらすことも考えられます。

従業員や協力業者のかたはさまざまですから、万人に最適なプレゼントはありません。

時計が良かったり、料理などの調理器具だったりと男女によっても変わってくるはずです。

新規顧客獲得の為の製品やサービスの値引きに代えての提供やアンケート回答などの謝礼としても回答率が向上したり、法人へのハロー効果も期待ができます。

また、法人向けのメリット

Amazon.co.jp自体の認知度や信頼性が高い為、ブランドとしての価値が期待できるという事で、法人としてのイメージもアップすることも期待できるのではないでしょうか。

また、2億6000万人を超えとも言われている、世界トップのオンラインショップはデスクトップ・スマホ・タブレットから時間や場所を問わず、簡単に数百万点もの商品を閲覧し選択できます。

これだけの規模になると、お客様向けのカスタマーサービスへの取り組みも力を入れているという事、法人向けギフト券のプロモーションなどのお手伝いもしてくれるという事で非常に頼もしい印象を受けます。

法人向けになってしまいますが、休眠手数料や管理費用も無いようです。

手数料がかからないのはコスト面で大きなメリットと言えます。

法人ギフト

購入に際しての注意点

まずは購入できない業種があります。

購入できないもの
  • 「たばこ」
  • 「貸金業」
  • 「賭博を模したゲーム類」
  • 「出会い系サービス」
  • 「結婚情報サービス」
  • 「不適切と判断したもの」

と公式サイトには出ております。

購入金額については最低10万円からとなっておりますが、その限りでもないようです。有効期限があるという事です。あくまでも発効日からですのでお間違えの無いように。

Eメールタイプは到着も早くて買取の実現も容易

Eメールタイプ

amazonギフト券は紙の券でも発行されますが、Eメールタイプと呼ばれるものがあり非常に便利です。

クレジットカードを持っているならEメールタイプを選ぶと良いでしょう。

ポイントも貯まりますし、到着も素早いです。しかも15円から50万円まで1円単位で額面を指定できます。

基本的にはオンラインストアで購入し、支払い方法はクレジットカードのみです。

有効期限が1年であることに注意しましょう。

送信予約というのを設定することができ、誰かの誕生日プレゼントとして贈りたいときに忘れずに届けることが可能です。

amazonギフト券を使って買い物をするとamazon内のポイントも貯めることが可能というのはご存知でしょうか。

クレジットカードを使っている人は、そのカードのポイントも貯まりますので二重にお得ということになります。

amazonが発行しているクレジットカードを使えば購入した額の1.5%から2%のポイントが付与される仕組みになっており、たとえば1000円でamazonギフト券を購入すると、最大で20ポイントを獲得できます。

また、オンラインで買うEメールタイプは、券で買うのに比較して断然処理が早いです。

紙の券は到着まで時間がどうしてもかかりますが、オンラインであれば一瞬です。 

このEメールタイプは到着が素早いだけでなく、現金化も実現可能です。

クレジットカードを使ってギフト券を買ってポイントを貯めて、さらにそれを現金化して手持ちの資金を増やすことが可能です。

持ち合わせがないときに急な資金の必要が出てきたときに使える手段です。

Eメールタイプのギフト券を買取に出すには、このタイプのギフト券の取り扱いのある業者を選ぶ必要があります。

近年では金券ショップにデパートの商品券を売る感覚でamazonギフト券も売買されており、専門の業者もいます。そういった業者を選んでメールを使ってやり取りをします。

たとえばクレジットカードでamazonギフト券を購入します。

そのとき、購入画面でメールアドレスの入力欄に買取業者のアドレスを打ち込みます。

メールを受け取った業者はギフト券に問題がないか、到着したメールに記載されたギフト番号を見て確認します。

利用できるギフト券であることが確認できれば、自分が指定した銀行の口座に買取金額が振込されます。

買取額は業者によってまちまちですが、おおよそ90%程度と考えておけば良いでしょう。

買取業者へ申し込みして、amazonのサイトにアクセスしてメールを送信するだけですので、自宅のPCからでもできますし、スマートフォンでも可能です。

発行から有効期限があることを忘れてはいけない

有効期限忘れないで

amazonギフト券は、コンビニやamazonのサイト内で購入してamazonのサイトで買い物できる商品券です。

クレジットカードなしでは買い物ができないマーケットプレイスでも利用できるため、クレジットカードを持っていない学生や主婦などに好評です。

非常に便利なものですが、amazonギフト券には有効期限があるので注意が必要です。

期限切れになったものは、失効してまったく使うことができません

amazonギフト券は種類ごとに期限が異なっています。

発行から起算するという点に注意が必要です。

Eメールタイプや印刷タイプが良く利用されていますが、これは発行から1年が期限※現在は10年です。

友人へのプレゼント用に利用できるグリーティングカードタイプの券や、Suicaなどのようにチャージできるタイプも発行から1年が有効期限です。

シートタイプのものも人気がありますが、こちらは発行から3年が期限※現在は10年です。

ここで言うところの期限が、amazonが一次取扱い先に対して発行した時点を指します。

たとえば友人にプレゼントとしてamazonギフト券を贈った場合、買った本人がamazonと取り引きして発行した時点から起算します

贈られた方が受け取った時点ではありません。

amazonを使い慣れていない人は、受け取った本人がメールを開くなどの行為をした時点から起算すると考えがちですので注意しましょう。

何も欲しい物がないと思って放置していると、あっという間に1年は経ってしまいます。

贈り物としてamazonギフト券を利用する際には、相手がamazonのシステムを理解しているかどうか確認しましょう。

amazonギフト券の有効期限がいつ来るのかについて確認する方法があります。

最も手早いのは、amazonのカスタマーセンターに直接電話して確認することです。

amazonギフト券には必ずカード番号が記載されていますので、それを通知することで期限がいつ来るのか知ることが可能です。

また、パソコンを使って確認することもできます。

amazonにはユーザーそれぞれにアカウントが割り当てられており、アカウントサービスでは注文の履歴などを確認できますが、このサービス画面からamazonギフト券の期限も知る事ができます。

アカウントサービスの「お支払方法の設定」にあるamazonギフト券の残高・利用履歴の確認をクリックすると、そちらに現在のギフト券、ショッピングカード残高が表示されます。

その横にamazonギフト券の有効期限が記載されています。

最後に言いたい事は

この法人向けギフト券というのはインターネットでの利用価値がとても高いというのが管理人自身の印象です。

ネットで感想や口コミ、評価などのアンケート調査だったりでの協力報酬として多く使われているのをみてきました。

プレゼントや報奨としては大手企業での経験が無いのでわかりませんが、こういった形での提供であれば中小企業でも利用できる機会が増えてくるのではないでしょうか。

そうなると年齢や性別に関係なく多くの方が手にする事となりますから価値が高まっていくのではないでしょうか。

もし、お持ちの方で利用されることが無いようであれば買取業者へ相談もできますよ。

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする