借金に抵抗のある女性は多い!?いつも損ばっかという方は必読

女性には抵抗がある

女性が被害にあいやすい理由とあいにくい行動とは?

家計が苦しくて、どうしてもお金が足りないという事態に陥ったとき、金融業者からお金を借りるしかありません。

親や親戚、友達や恩師といった人たちから借りられることは後々の関係性にも響きますし、うわさは広まりますからなかなか相談できません。

また、多くの女性にとって、消費者金融にお金を借りに行くという行動は、非常に勇気が必要になる事だといえるでしょう。

しかも、それが専業主婦の場合でしたら、総量規制の影響もあって、以前よりさらに借り入れが厳しくなっていますので、借り入れができないケースもあるようです。

せっかく勇気を出して消費者金融まで足を運んだのに、お金を借りられずに帰ることになってしまうというパターンだけは免れたいところでしょう。

そんな方にオススメなのが、クレジットカード現金化です。

クレジットカード現金化は、クレジットカードのショッピング枠を利用して現金を用意できるサービスですので、クレジットカードさえ持っていれば、それを使って現金を用意することができます。

自宅でネットシッピングをするような感覚で利用できますので、消費者金融のように入りづらい店舗に踏み込む必要もありません。

しかも、消費者金融では必要な審査も、クレジットカード現金化においては不要ですので、審査に時間もかかりません。

申込みを行えば、現金化業者が手順を教えてくれますし、指定された商品を購入次第、すぐに振り込みの手続きをしてくれるます。

すべては換金率できまる

還元率の高い業者を選ぶ事ができれば、商品代金に近い現金を提示してくれますので、消費者金融での借り入れと比較しますと、かなりお得に借りることができます。
高ければ高いほどいいのですが、詐欺の可能性も念のために疑ってください。

クレジットカード現金化の利用者には、このような理由から消費者金融に足を運ぶことに抵抗のある女性が多いのですが、実は、女性に限らずともさまざまな人が利用可能となっていきます。

  • 主婦
  • 高齢者
  • パート
  • アルバイト

はははもちろんですが、無職の場合でも利用できますし、女性専用のサービスや店舗までありますので、キャッシングが利用できないという方にも好評のサービスといえます。

おすすめは?
  • キャッシングは利用可能だけど手を出したくない方
  • キャッシングが利用できないという方

クレジットカード現金化サービスを試してみてはどうでしょうか。

意外と女性を優遇したサービスが多い

女性優遇

クレジットカードを使ったショッピング枠現金化の特徴として、利息が低いというのは見逃せない点ですが、他にも消費者金融に抵抗を感じる比較的年齢の低い女性に人気がある点などが挙げられます。

こんなイメージ?

消費者金融というといかにも中年の男性が使う資金繰りの方法という感じですよね。

それに対し、現金化は女性にとって身近なクレジットカードのショッピング枠を利用するという特徴がある為、複数のカードホルダーの女性にとっては最適なのです。

与信情報に問題さえなく、上限額いっぱいまで利用していなければすぐにお金を調達出来ます。

振込時間は最短で約5分程度(リピーターの場合)と短く、これは何度も使えばそれだけ時間短縮できるという特徴もあります。

近年ショッピング枠での現金化が注目されている背景には、この忙しい女性にとってとても身近なクレジットカードというツールを使って、時間が全くかからずお金が手にはいるという点が大きいのです。

やっぱり、他人の視線を気にすることなく調達できるという事はおおきい。

「誰かに見られたら…」「今回だけだから家族にもバレたくない…」って私も思うから少なくないハズですよ。

昔のように働き手が男性ばかりでなく、女性も労働力としてとても重視されている現在では、消費者金融の審査には通らなくともフリーターでクレジットカードを数枚持っているという女性は多いのではないでしょうか。

ショッピングや海外旅行の時にショッピング枠を使う事はあっても、それで現金が調達出来るとなるとまた見方が変わってきます。

お金がない時も焦ることなく、カードの履歴にもごく一般的なクレジットカードでの通信販売利用程度しか残らないというのは、働く女性や家族、同棲相手の居る女性にもピッタリです。

カードを利用した履歴は明細となって届くため、それを適切に処理さえすれば「大きなお金を現金化した」という事について触れるのは困難です。

ココに注目!

郵送で届くような紙の明細って今ではほどんどないし、もしも届いたとしてもショッピングした明細しかないので本人以外では、わかるはずがない。

万が一にも明細だけで気づいた人がいたら…、その人も現金化を利用した経験がある人です(笑)。

また、すでに審査の通ったクレジットカードを使ったお金の調達方法であるという点も評価れており、多くの女性が現金化を利用しているという調査結果も残っています。

クレジットカードを持っている女性は困った時は検討しても損のない方法ですし、女性向けの充実したサイトでは20代から30代の女性店員が現金化について説明している所も多いため、聞いてみるだけでも参考になると思います。

  • 安心して利用することができる
  • 恐怖やデメリットが少ない

という事がわかれば利用しやすくなるのではないでしょうか。

このような点を重視する女性はぜひ、一度現金化の専門サイトを確認してどのような方法か、特典はどんなものがあるかを確かめてみては如何でしょうか。

クレジットカードの使い方は様々で、年々多くのネットサービスや電子マネーなどが公開されていくなかで業者の利用だけでなくポイントや決済サービスを組み合わせることでカードの現金化の方法が増えていっているので探してみるのも楽しいですよ。

知らないだけでスタッフは意外に丁寧

親切で丁寧

クレジットカードの現金化というと、どのようなイメージがあるでしょうか?

闇金のように怖いイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

しかし、実際にサービスを利用してみると分かりますが、多くのサービス会社は対応が良く、初めて利用するのでやり方が分からない利用者に対しても、懇切丁寧に教えてくれます。

意外に思われるかもしれませんが、ヤミ金など一部の悪徳業者以外では、会社のイメージにも直結するオペレーターの対応は評判が良いのです。

そのため、分からないことがあっても安心して利用できます。

もちろん、納得がいかないことがあれば、説明を聞くだけ聞いて、取引はしないという選択でもOKです。

ココに注目!

悪徳業者であれば、電話で説明を聞いただけで「もう解約できない。解約するためには手数料がかかる」などと理不尽な脅しをかけて消費者が逃げにくい状態を作ろうとしますが、クレジット決済前であれば契約したことになりません。

もしもそのままクレジット決済してしまえば、本当にキャンセルすることができなくなりますので勇気をもって断りましょう。

インターネット上の取引は、クーリングオフでキャンセルができますが、時間が経ってしまうと業者がそれを許す場合でなければキャンセルがしづらくなります。

クレジットカード会社に決済を取り消すように申し込んでも、実際に決済を行っているのはカード会社ではなく代理店ですので、代理店に連絡するしかありません。

また、契約前にきちんと説明を受けていたのであれば、連絡を取っても不可能になる場合もあるかもれしません。

ですので、現金化を行う時はすぐに決済しようとせず、

  • 本当に必要かどうか
  • 信頼できる業者かどうか

じっくり考えることが大切です。

ちなみに、悪徳業者がどうしてぞんざいな態度をするのかというと、それでも利用するような消費者をターゲットとしているからです。

悪徳業者は、初めから判断能力のある消費者をターゲットにはしておらず、脅したり焦らせたりして不安を煽り、都合の良い事ばかり言って契約してくれる消費者を相手に商売しています。

それ以外の消費者は、悪徳業者にとって徒労に終わる消費者であり、いくら丁寧さを装っても怪しいと思われれば絶対契約してもらえないので、初めから丁寧ぶる必要はないと考えているのかもしれません。

被害にあわないことが最短で換金する方法かもしれない

クレジットカード現金化をする上で注意をしたいのが被害にあわないことです。

クレジットカード現金化業者の被害にあう方が少なくはありません。

なぜクレジットカード現金化で被害にあう方が多いのかというと、これにはいくつかの理由があります。

個人情報の問題

まずは個人情報を手渡さなければならないからです。

クレジットカード現金化をするときには必ず身分証明書が必要になります。

運転免許証や保険証など、身分を証明するものがなければクレジットカード現金化をすることが出来ません。

また、業者によっては身分証明書以外にクレジットカードの情報が必要な場合もありますし、ネットで手続きをする場合は身分証明書が自分のものだと証明するために、身分証明書を持った写真を送る必要がある可能性もあるでしょう。

身分証明書を渡さないとクレジットカード現金化をすることは出来ませんが、渡した個人情報がきっかけで詐欺やトラブルに巻き込まれてしまう可能性があります。

規約違反であること

それと、クレジットカード現金化はカードの規約違反の行為だからです。

クレジットカード現金化自体は犯罪ではありませんが、クレジットカード現金化は決して良い行為ではありません。

クレジットカード会社に知られると、クレジットカード解約に陥ってしまう可能性があります。

心理的に言えない…

だからこそ、他人には知られてはいけない、万が一詐欺にあったとしても警察などに相談しにくい行為です。

だからこそ、泣き寝入りをする人が多く、クレジットカード現金化も行われてしまいます。

今、お金に困ている状況

最後に、クレジットカード現金化を行う人はお金に困っている人やお金を借りることが難しい人が行う行為だからです。

クレジットカード現金化をするのは、現金を必要としている人です。

そしてクレジットカードのキャッシング利用をすることが出来ない、消費者金融や友人親戚などからお金を借りにくい事情があるということになります。

もちろんクレジットカード現金化はお金の借り入れではないので、

  • 収入審査がない
  • 信用情報に借り入れ履歴が残らない
  • 取り立てもこない

などのメリットもありますが、それでも何かしらの事情で現金がすぐに必要な人が利用することです。

ココに注目!

お金に困っていて人に頼れない事情がある、そんな人が利用するクレジットカード現金化だからこそ、そこに付け込み、巧みな技術で誘い込み、詐欺だと気付かれないうちにさまざまな被害にあっている可能性があります。

クレジットカード現金化を行うときは十分に注意をしてから行いましょう。

クレジットカード現金化で起こる可能性のある被害とは

クレジットカード現金化で起こる可能性のある被害はいくつかあります。

1
入金がされない

まず第一に、入金がされないということです。

具体的には

これはせっかくクレジットカード現金化をしたのに振込み先に指定した口座に入金されず、クレジットカード現金化業者に連絡をしても全くつながらない、メールアドレスも利用できないようになっているということです。

一番単純かつありうる可能性の高い被害です。

2
手数料を請求される

二つ目は、想像以上の手数料を請求されるという点です。

クレジットカード現金化を業者に依頼すると手数料が差し引かれて現金の請求が行われます。

手数料は業者によって異なりますが、悪徳業者に関わると法外な手数料を請求されてしまう可能性があります。

また、当初は通常の手数料だったはずが、後から勝手に法外な手数料が差し引かれてしまう場合もあるので注意をしてください。

3
キャンセル料の発生

三つ目はキャンセル料の発生です。

クレジットカード現金化業者によっては、想像以上に低い換金率を取られて大幅に損をしてしまう現金化を行っている場合もあります。

詳細を聞いたり最終的な換金率を聞いてキャンセルをする場合もあると思います。

しかし事前説明もなしに、法外なキャンセル料金を請求される可能性もあります。

クレジットカード現金化のキャンセルをしても法律的には支払う必要はありません。

脅されたり、個人情報の悪用を示唆されてしまいキャンセル料を支払ってしまうという人は少なくありません。

4
個人情報の悪用

四つ目は個人情報の悪用です。

クレジットカード現金化をするときは、法律上個人情報の提示が必要となります。

しかし悪徳業者の場合は、提示した個人情報が悪用されてしまう可能性があるので注意をしてください。

特に注意をしたいのが金融業者への流出です。

情報を何に使う?

クレジットカード現金化を利用するということはお金に困っていて、普通の借り入れが難しい人という状況の人が多いのは事実です。

その情報を金融業者に提供して、違法な借り入れや融資が簡単に出来るような誘いをしてくることがあるようです。

だからこそ違法な金融業者に個人情報を流して狙われてしまう可能性があるのです。

5
利用規約に関する被害

五つ目は利用規約に関する被害です。

契約をするときに必ず利用規約を読みサインをするかと思いますが、違法なクレジットカード現金化業者の中には利用規約に危険な情報が記載されている可能性があります。

利用規約をきちんと読まずにサインをしてしまった場合、利用規約に従わなければいけません。

そして一度サインをしてしまうと、規約に同意したこととなり警察の介入も出来なくなってしまうので注意をしましょう。

ココに注目!

明らかに法律に反する契約内容なら破棄できると思いますが、法には触れずとも納得できないといった程度では簡単に破棄することができないこともあります。

他にも沢山の被害があります。

悪徳クレジットカード現金化業者に関わらないようにしましょう。

被害にあわないために出来る事とは

クレジットカード現金化を利用する上で被害にあわないためには二つの方法があります。

まず一つ目は、自分自身でクレジットカード現金化を行うことです。

クレジットカード現金化を行うとき被害にあうのは業者を利用するからです。

業者を利用すると、悪徳業者に関わってしまう可能性がでてきます。

しかし自分自身でクレジットカード現金化を行えば、被害にあう可能性も少なくなります。

自分自身でクレジットカード現金化をするときは、

  1. 換金率の高い商品を探して
  2. それを安く購入して
  3. 高い価格で買い取ってくれる店舗を探す
  4. そして交渉して売る

ことです。

商品の売却をすればそのまま自分の手元に現金が残ります。

しかし、自分自身でクレジットカード現金化を行うと大幅に損をしてしまう可能性もありますし、もちろん事前調査も必要となります。

こういう場合は向かないかも

出来るだけ早く現金が欲しい場合には向いていません。
また、自分の知識がなければ大幅に損をしてしまう可能性も高いです。

だからこそ、最初から自分自身でクレジットカード現金化を行うことはおすすめしません。

業者を使うなら換金率よりも優良店を

被害にあわないために行うべき二つ目の方法は、優良業者でクレジットカード現金化を行うということです。

クレジットカード現金化はさまざまな業者があります。

グレー行為のため老舗店というのは少ないですが、それでも長期間クレジットカード現金化を行っていてネットなどの口コミも良い業者は存在します。

そのため、被害にあわないためにも、優良のクレジットカード現金化業者を見つけるようにしましょう。

優良や老舗ではなくても、ネット上で複数の口コミを見かける店舗であれば安心してクレジットカード現金化を行うことが出来ます。

自分自身で優良店舗かどうか調べる方法はいくつかあります。

ホームページ

ホームページはお店の看板のようなものです。

簡単に作ったものではなく、ある程度きちんとした作りのものであればきちんとした業者である可能性が高いです。

サイト内容

サイト内容をくまなくチェックして、電話番号、会社概要、連絡先や責任者名や所在地などが記載されているかどうかをチェックしてみてください。

どこか抜けている部分があると、悪徳業者の可能性があります。

所在地が記載されている場合は本当にある住所なのかどうかマップでチェックをして見ましょう。

電話番号

電話番号が固定電話以外だと注意が必要です。

携帯電話やIP電話だと、悪徳業者の可能性が高いので利用を避けましょう。

手数料を見込んで申込みをするのがルール

クレジットカードの現金化を利用した人のトラブルとして多いのが「広告で表示されていた割合でキャッシュバックされていない」というものです。

インターネットの広告を見ると

  • 還元率最大98%が可能
  • 買い取り率90%以上を保証します
  • 換金率10%アップのキャンペーン中

といった文言が少なからず見られています。

とはいえ、その数値が本当に適用されるのであれば、現金化業者の儲けはほとんど存在しません。

ですから、クレジットカードの現金化を利用しようとする人は手数料を見込んで申込みをするというルールを銘記しておきましょう。

クレジットカードの現金化手続きにはさまざまな手数料が発生します。

「キャッシュバック方式」を採用している業者の場合、商品を発送するための手数料や、クレジットカード決済を代行業者に依頼するための費用が必要となります。

また、キャッシュバックする金額は基本的に「現金書留」ではなく「銀行振込」になりますから、そのための振込手数料も負担することが求められるでしょう。

加えて、キャッシュバックの対象となる商品に関して売買手続きが発生するので、当然消費税も支払わなければなりません。

これらに加えて、業者としての儲け分の差し引く必要があります。

こうした点を総合して考えると、「額面の98%で買取」というのはほとんどのケースにおいて不可能である、ということが分かるでしょう。

ですから、きちんと手数料を見込んで申込みをすることが不可欠なのです。

これだけあると、現金化をしても残ってないのでは?って思っちゃいますよね。
でもすべての業者が全部請求するって事でもないようです。

「買い取り方式」を採用している業者に関しても同様のことが言えます。

この場合、現金化業者が直接売買をしてクレジットカード決済をする訳ではないので、決済手数料や消費税は発生しません。

また、金券やギフト券、回数券やブランド品を介して現金化をする場合には、現金を手渡しできるので振込手数料も不要となるでしょう。

ココに注目!

ただし、業者は買い取った商品をまた別のルートで転売する必要があり、そこで確実に利益を確保する必要があります。

そうなると、買い取り価格はどうしても額面の70%前後、高くても80%程度という水準になってしまうのです。

最近では、大手インターネットサイトのギフト券を使ったクレジットカードの現金化も増えていて「高価買取」で注目を集めているものの、実際には相当まとまった金額を買取するのでないかぎり、90%を超えることはほとんどないということが明らかになってきています。

このように、業者の側に立ってその背景を考慮するなら、「手数料を見込んで申込みをするのは当然である」ということが分かるでしょう。

主婦に優遇措置を設けている現金化業者が多いのはなぜ?

クレジットカードの現金化を行なっている業者のサイトを見ると、主婦を対象として特別還元率などのお得なキャンペーンを実施しているケースが目立ちます。

では、主婦に対して優遇措置を設けている現金化業者が多くなっているのは一体なぜでしょうか。

主婦はキャッシングが難しくなっているから

1つ目の理由は主婦はキャッシングが難しくなっているからという点が挙げられます。

金融に関する法整備が進み、2010年以降は「総量規制」が導入されて、個人として借入ができる上限は「年間収入の3分の1まで」となりました。

参考サイト

貸金業法Q&A|金融庁公式サイトより
https://www.fsa.go.jp/policy/kashikin/qa.html

そのため、主婦の立場にいる人は気軽にキャッシングをすることが難しくなっている訳です。

「急きょまとまった額の現金が必要になったけれど、今月は出費がかさんでちょっと厳しい」という状況になって、どこでお金を工面したら良いか分からず困ってしまうという人もいます。

その打開策として「銀行カードローン」の利用が推奨されているものの、審査を受けたりカードローン専用のカードを作ったりすることに抵抗感を覚える人は少なくありません。

一方、現金化はクレジットカードがあればすぐに利用できるという利点があります。

この理由

申し込み手続きから振込までが素早く行われることや、クレジットカードの明細には現金化の手続きが「キャッシング枠」ではなく「ショッピング枠」に記載されるため、配偶者が違和感を感じにくい、という点に魅力を感じる人も少なくありません。

こうした背景から、「主婦層はポテンシャルがある」と考えて、主婦の利用者をさらに取り込む狙いで優遇措置を設ける業者が増えているのです。

主婦は現金を必要とする場面が多いから

優遇措置を設けている理由の2つ目として挙げられるのは主婦は現金を必要とする場面が多いからという点でしょう。

夫が会社で働いている間、妻は家事以外にも多くのことを行なっています。

生活必需品の購入はもちろんのこと、各種税金やガス・光熱費などの支払いなども行う必要があるでしょう。

子どもが体調を崩したら病院へ連れて行かなければなりません。

こうした手続きの中には、支払い方法が現金のみで、クレジットカードは使用不可というケースもあります。

とはいえ、すべての主婦が常に十分なキャッシュを確保できているというわけではないでしょう。

そうした需要に応えるのが「クレジットカードの現金化」です。

この理由

最近では24時間の振込にも対応する業者が登場しており、主婦からは「利用しやすいサービス」として認知されるようになっています。

その流れを受けて主婦向けの優遇措置を設ける業者が多くなっている、というわけです。

「女性優遇」「女性優先」という業者は何が違うの?

ネット店舗を持つクレジットカード現金化業者の数は引き続き増加傾向にあります。

その中で独自性を打ち出すために「女性優遇」あるいは「女性優先」といったサービスを提供している業者は少なくありません。

中には「女性のみご利用可能です」といったスタイルの業者も登場しています。

では、「女性優遇」「女性優先」という業者を利用することで具体的にどんなメリットがあるのでしょうか。

女性利用者は還元率が高くなる

「女性優遇」を謳っている業者は大抵「レディースプラン」を準備しており、その還元率は男性向けのプランと比べて1%から3%程度高く設定されています。

中には

レディースディにご利用いただければ「男性向けプランよりも還元率を5%アップします」というキャンペーンを展開している業者もあるほどです。

特別な申し込みなどをせずに通常のプランよりもより高い還元率で手続きができ
る、というのは大きな魅力と言うことができるでしょう。

プレゼントが準備されている

新規の女性利用者に対して、QUOカードや図書カードなどをプレゼントしている現金化業者は少なくありません。

また、女性客に限って毎回の利用ごとにお得なクーポンを配布しているというケースもあります。

これらのクーポンには大抵「次回利用時に還元率を2%アップします」といった内容が記載されているため、受け取った側としてはとても得をした気分になることでしょう。

このようなプレゼントを準備することで、固定客の獲得を目指す業者が多くなってきています。

少額利用でも還元率が良い

一般的にクレジットカードの現金化業者は、利用額が多くなればなるほど還元率が良くなるというシステムを採用しています。

一方、「女性優先」という業者の中には、「女性であれば利用額に関わりなく高還元率で手続き可能」というサービスを提供しているケースがあるのです。

これは「少しだけキャッシュが欲しい時に便利」ということで、若い女性を中心として大変好評を博しています。

優良業者である可能性が高い

還元率優遇やプレゼントなど女性優先のサービスを提供するということは、その業者が「短期的には薄利になったとしても安定的な顧客獲得ができればよい」という長期的な視点を持っていることの表れと言えます。

一方、悪質な業者は「短期でいかに効率よく利益を上げるか」を目指しています。

こうした違いを考える時、女性向けプランを設けているのは優良業者である可能性が高い、ということができるわけです。

女性でも安心して申し込みができる現金化業者の見分け方

クレジットカード現金化業者の中には数多くの優良な業者がある一方で、詐欺まがいの悪質な営業方法を行なっているケースも散見されています。

では、女性でも安心して利用できるクレジットカード現金化業者を見つけるにはどんなポイントを押さえておくとよいでしょうか。

会社の情報をサイト内にしっかりと提示していること

悪質な現金化業者はできるだけ会社の実態が見えないようにしており、悪評が広まったらすぐにその会社を放棄し、しばらくしてから別の会社を立ち上げる、ということを繰り返しています。

そうした業者のサイトは

高還元率を謳う広告やバナーが大量にある一方で、会社の概要・所在地や個人情報管理などに関する情報がほとんど、もしくは一切記載されていない、という特徴があるのです。

ですから、慌てて申し込みをするのではなく、サイト内の構成や会社に関する情報などをじっくりと精査してみましょう。

そうすることで、女性でも安心して利用できる信頼性の高い業者かどうかをある程度見極めることができるはずです。

コールスタッフの対応が丁寧であること

手続きに関して分かりやすく説明してくれるか、最初から個人情報を聞き出そうとしないか、といった点に注意しておきましょう。

ココに注目!

「最終的に受け取ることができる金額は幾らですか」という質問に対してどのように回答するかも重要なポイントです。

「サイトに記載されている通りです」というように曖昧な回答であったり、はぐらかしたりするような場合には、サービスの利用を中止するのが賢明でしょう。

また、高圧的な態度で対応してくる場合には、ためらうことなくすぐに電話を置き、他の業者を探すことをおすすめします。

口コミサイトにおける評判が良いこと

優良な現金化業者は、基本的に口コミサイトで良い評価を獲得しています。

実際に利用した人の体験談をチェックして、おおよその買取率や還元率を知っておくというのも有効です。

とはいえ、最近では「サクラ」を使って集客を目指す業者も登場していますから、複数の口コミサイトをチェックして、いずれにおいても高い評価を獲得している業者へ申し込みをするようにしましょう。

長年に渡る営業実績を持つ業者であればトラブルに巻き込まれるリスクはさらに低くなるはずです。

こうしたポイントを確認しておくことで、女性でも安心して利用ができる現金化業者は見つけやすくなることでしょう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする