車のトラブルでも安心して利用できるから嬉しいよね

トラブルの解決策として有効

車のトラブルを解決する時

車を運転していると、思わぬトラブルに見舞われることがあります。

たとえば、道路に落ちているガラスの破片でタイヤがパンクしてしまったり、オープンエアを楽しめるサンルーフが雨漏りしてしまったり、夏場に欠かせないエアコンが壊れてしまったり。

トラブルに対処するためには、当然お金がかかります。

タイヤの場合、パンクしたタイヤの廃棄や設置の工賃などを含めると1本1万円程度、サンルーフの修理は作業工賃が高くなるので8万円程度、エアコンの修理は20万円程度かかります。

さらにATミッションやエンジンなど重要部位になるとより高額の費用がかかります。

中古で安く購入したらすぐにトラブルが発生してしまい、修理費でガッツリ持っていかれた方も多いでしょう。

車は毎日の生活に欠かせませんが、車のトラブルはいつ起こるか分かりません。

しかし、車の修理代にクレジットカードを使えない車屋も多く、現金払いを求められる可能性もあります。

万が一クレジットカードが使えない場合どうしますか?

もちろんまとまったお金があれば問題ありませんが、生活費や子供の出費などでない場合もあります。

そんな時はクレジットカードのショッピング枠を利用して現金化をすることで状況を打開することができるでしょう。

ほとんどの場合、年会費無料のカードであれば30~50万円のショッピング枠が多いですから十分でしょう。

しかし、業者に支払う手数料を考えると一般のカードローンを利用した方が良いとは思いますが、書類審査や在籍確認があり、無職や専業主婦の方、フリーライターなど不安定な職種に就いている方は審査に通らない可能性があります。

また、過去に遅延事故を起こして信用情報に傷が付いている方も、一定期間経たないと審査に通ることはできません。

ですからスピードや対応の早さを考えると現金化を利用する方が全てではありませんが良いこともあります。

特に生活や通勤の為、車をすぐに直さなくてはならない場合などでは尚更ではないでしょうか。

車の購入にクレジットカードが使えない?

購入にカードが使えない
車を購入しようとしてクレジットカードを差し出すと、「当店ではクレジットカードが使えません」と断られる場合があります。

クレジットカードが使えるかどうかは店舗によって異なりますが、車の販売店は独立採算が基本であり、クレジットカードの決済手数料を取られたくないという販売店は、クレジットカードの加盟店契約自体行っていない場合もあります。

決算手数料は5%前後ですが、車という高額商品では5%は大きいです。

とはいえ、まったくクレジットカードを使えないというのも顧客を逃すことになるので、「クレジットカードは30万円まで、残りは現金払い」などのルールを定めている場合もあります。

中古車でも基本的には現金払いを求められます。

どうしてもクレジットカードを使えない場合、現金を用意する必要がありますが、中古の軽自動車でも数十万円かかりますので、ポンポン払える金額ではないでしょう。

手付金を払えば予約できる可能性もありますが、販売店によってはトラブルが嫌で、現金一括払い以外受け付けないという場合もあります。

「配達の車が壊れてしまった。明日も車を使用するから、すぐに軽自動車が欲しいのに……」

「どうしても欲しい車なのに、あと20万円足りない。このままでは他の人に買われてしまう……」

そのような時は、クレジットカード現金化を利用している方がふえているようです。

1枚のクレジットカードのショッピング枠では足りない時も、複数のクレジットカードを使用することができるので、車のような高額商品にも対応できます。

上記のように「クレジットカードは30万円まで」と言われた場合も、販売店で使用したクレジットカードの残高や他のカードを使用して現金化することができます。

クレジットカード現金化には、店舗型とオンライン型があり、すぐに現金化するなら銀行振込のオンライン型が便利です。

しかし、オンライン型は業者の顔が見えにくく、悪徳業者に騙される可能性があります。

手続き方法も業者に有利な方法であり、現金を振り込まれるどころか、かえって債務だけが発生する恐れがあります。

焦っている時ほどトラブルに巻き込まれる可能性がありますので、まずは一呼吸して、クレジットカード現金化の優良業者を調べましょう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする