カードでお金が欲しいときに即実践できる【絶対おススメ業者】超簡単テク

カードでお金

世の中には沢山の手段があるが、収入や資産によって選択することができない

初めてお金を借りる場合、いろいろな方法が思いつくことでしょう。

もちろん、生活スタイル自身の収入だったり資産の状況により、できる事とできない事が今の時代ではハッキリ別れてきます。

一般的にお金を借りるといえば、消費者金融や銀行などから借りる、つまり融資を受ける事になりますが、実は全ての人が利用できるわけではありません

とくに専業主婦や定職を持たない人では誰にも知られずにちょっと借りるということはできなくなりました。

しかし、それら以外にも現金を調達する方法がいくつかあるのをご存知でしょうか。

その方法の一つが、カードでお金を調達するという手段です。

皆さんクエッションマークが出たことでしょう。

消費者金融でもカードは使いますが、それとは別ものになります。

この場合のカードというのは、クレジットカードのことなんです。

クレジットカードさえあれば現金の調達方法はたくさんあります。
換金率にこだわらなければリスクも少なく誰にも知られずに利用できる方法だって迷うほどありますので検索してみてはいかがでしょうか。

管理人が今日、おススメする店舗

1位
あんしんクレジット
あんしんクレジット

あんしんクレジットは当サイトでとても人気がある店舗の1つになります。リピーターの方も多く対応も親切丁寧。
キャンペーンも多いことから初めてでも安心して申し込めます。2011年度顧客満足度NO.1。
女性専用や法人用もありますのでオススメです。

2位
換金クレジット
換金クレジット

比較的に新しい現金化業者にも関わらず対応に定評があり、リピーター率が高いのが換金クレジットです。
「今日どうしてもお金が必要になった」「騙されるのは絶対に嫌だから安心できるところに申し込みたい」とお困りの方のお手伝いをさせてください。現金の大小に関わらず、個人の方はもちろん法人方でも大丈夫です。
まずはご相談からお待ちしております。

3位
和光クレジット
和光クレジット

数あるクレジットカードの現金化業者のなかでも、入金までのスピードが早いのが和光クレジットです。
「当日になってどうしても現金が必要になった」「現金は必要だけどキャッシングはしたくない」といった方から、会社の運転資金や借り入れの清算に現金が必要な方まで、すぐにお悩みを解決します。

4
キャッシュライン
キャッシュライン

満足度も非常に高く高評価、換金率も業界ではトップクラスと口コミも多いようです。初回契約者様への特典もありますのでお申込みのチャンスです。ご利用前のお客様対応も好感が持てますし、スマートフォンからのお問い合わせが増えてきとこともあり「電話で話すのは苦手だし」「メールではちょっと遅い」という方の為にLINEでの相談も可能です。

収入や仕事に関わらず調達できることがスゴイ

クレジットカードは、ショッピングなどの支払いをする場合に使うというのが通常の使用方法です。

クレジットカードで支払いをすると、一括払いまたは分割払いを選ぶことができるので、手持ちの現金がなくても大きな金額の買い物をすることが出来るのが特徴ですよね。

しかし、クレジットカードにはもうひとつの機能としてキャッシング機能があります。

クレジットカードのキャッシングとは!?

クレジットカードのキャッシングとはどういう仕組みかというと、クレジットカードを作る場合、申し込み内容にキャッシング枠についての記載欄があるのを見たことがありますでしょうか。

実はキャッシング機能は勝手に付帯されてしまいます。
もちろん使う必要が無ければ利用限度額をゼロにしてしまえばいいだけ。

利用するかしないかは任意ですが、キャッシング機能を付けた場合、そのクレジットカードは通常通り支払いにも利用できますが、お金を借りることも出来るようになります。

この仕組みはクレジットカードによってついているものとそうでないものがありますがほとんどが付帯されます。

初めてクレジットカードを作る場合には特に必要と思わないかもしれませんが、いざという時にあると便利なのがクレジットカードのキャッシング機能というわけです。

クレジットカードのキャッシング機能は、申し込みの際に上限金額を設定することになります。

この上限金額は申し込む際に自由な金額を記載することが可能ですが、いきなり大きな金額を記載してもその通りになるとは限りません。

特に初めてクレジットカードを作る方は、キャッシング機能が付けられたとしても少額になることが多いです。

大きな金額のキャッシング枠をクレジットカードにつけたい場合は、まずそのクレジットカードを利用してクレジットヒストリーを作ることが大切です。

クレジットカードヒストリーとは単純にカードを使って延滞無く返済をしているという実績を作ることで信頼を得るという事です。

この『実績』というところがとても重要。
この収入や貯金額などではなく、カード会社にとっての優良顧客というお墨付きが大切なんです。

また、クレジットカードのキャッシング機能は、必要ない場合には付けないで申し込みをした方が審査に時間がかかりません。

キャッシング機能を同時に申し込むと、キャッシング枠についての審査も行われることになりますので、通常の申し込みよりも審査完了までに時間が掛かってしまう場合があるからです。

早くクレジットカードの審査を進めたい場合はキャッシング機能は申し込まないことです。

カードでお金を工面することを現金化と思っている人が多いけど・・・

思い違い
クレジットカードのキャッシング機能は、カードの現金化とは違うのかと言われれば、明確に違います。

確かに、クレジットカードを利用して現金を手にいれられるので、現金化とは違うのかよくわからなくなりますが、この二つはそもそもの仕組みが違います。

まず、クレジットカードのキャッシング機能を利用してお金を借りる場合は、クレジットカード会社からお金を借りるということになります。

その為には、キャッシング機能を利用する為に事前の審査も必要となります。

その上で、クレジットカード会社が認めた上限金額までの範囲の中で、お金を借りることが出来るのがキャッシング機能です。

一方、クレジットカードの現金化は、まず第一にお金を借りるのではなく、文字通り現金化するのです。

どういうことなのか、クレジットカードの現金化の流れを具体的に説明します。

1
専門業者に現金化を依頼

まず、クレジットカードの現金化をする場合には、専門業者に現金化を依頼します

クレジットカードの現金化業者はインターネットで検索するとたくさん出てきますので、実際に検索みるとわかりやすいかもしれません。


2
業者から提示される現金化の種類

これらの専門業者へ現金化を依頼すると、2種類の方法での現金化が可能です。

これは業者によっても違いますし、現金化のやり方によっても変わってきます。


キャッシュバック方式

ひとつはといって、専門業者が指定する商品をクレジットカードで購入します。

すると、商品を購入した後に専門業者からキャッシュバックとして現金が指定口座に振込まれるという流れです。

この場合のキャッシュバックとは、あくまで名目であってクレジットカードのショッピング枠を現金化したことになります。


買い戻し方式

次に買い戻し方式というのが、キャッシュバック方式と同様に専門業者から指定された商品をクレジットカードで購入するところまでは一緒です。

その後、その商品を専門業者が買い戻すことで、利用者は現金を手に入れられるという仕組みです。

いずれの方法も、結果的にクレジットカードのショッピング枠を現金化したということになります。

クレジットカードのキャッシング枠は、クレジットカード会社に決められた枠内でお金を借りることが出来るのに対し、クレジットカードの現金化はショッピング枠の金額いっぱいまで現金化することができます。

2
カード会社への返済は忘れずに!

現金化したあとは、クレジットカードで買い物をしたことになっていますので、ショッピング枠の利用額を毎月返済していくことになります。

クレジットカードのキャッシングを利用した場合も、毎月返済をしていくという意味では同じです。


日本クレジット協会|「現金化」の誘いにご注意ください
日本クレジット協会の公式サイトにて現金化の注意喚起やその仕組みが掲載されております。
詳しく知りたい方は是非ご覧下さい。

結局は借金をしているのと同じ事なの!?カードでお金が調達できるのは何故?

借金との違い
「クレジットカードでお金を調達するということは、借金と何が違うのか」と問われれば、「一緒です」と返答します。

たとえばクレジットカードのキャッシング枠を利用してお金を借りた場合と消費者金融からお金を借りた場合で何が違うかというと、お金を借りた相手がクレジットカード会社なのか、それとも消費者金融なのかという違いだけです。

借りたお金には同じように金利がかかるので、借りた金額が大きかったり借りている期間が長くなればなるほど、結果的に出て行くお金は大きくなります。

では、クレジットカードの現金化は借金と違うのかと言われると、これも借金と同じだと考えられます。

ただし、法律上の解釈でいうと借金ではない為、法律で取り締まれる仕組みではありません。
だからグレーゾーン(法律に抵触しない)と呼ばれています。

クレジットカードの現金化はキャッシング枠を利用するのではなく、ショッピング枠を利用してお金に変える仕組みです。

しかし、キャッシング枠を利用してもショッピング枠を利用してもその金額を返済しなければならないという状況は同じですし、ショッピング枠を利用して分割で返済する場合も、キャッシングをした場合と同じように手数料などがかかりますので、分割での返済回数が多ければ多いだけ、余計に払うお金も増えていくことになります。

そもそも借金の定義によってこの当たりの解釈は異なってきますが、初めにまとめて現金を手にして、あとから返済していくという仕組みは一緒なので、直接現金を借りるのもクレジットカードの現金化も、借金と言っても過言ではないでしょう。

他にも、住宅ローンやマイカーローンをはじめとした「ローン」も見方を変えれば借金と一緒です。

まとめて一括で支払うことができなかったり、分割で購入したい場合にローンを利用しますが、ローンの場合は直接お金を借りていないだけで、毎月決まった金額を払っていくという仕組みは借金と一緒です。

ローンも金額や分割の回数に応じて金利がかかりますので、その点も借金の返済と同じです。

ですから、消費者金融からお金を借りることだけが借金ではありません。

消費者金融からお金を借りることは抵抗があるけど、クレジットカードでお金を借りることには抵抗がないという方もいますが、結果的にやっていることは同じなので、安易に利用してしまうと、あとから返済が大変になりますので、どんな方法であったとしてもお金を借りる場合には、返済する時のことを考えて無理のない金額を借りる必要があります。

お金を借りる相手や方法が違っても、結局お金を借りてしまえばそれは借金であることにはかわりないのです。

現金が手に入るということが大きなメリット

大きなメリット
クレジットカードを利用してお金を作るということは、どんな方法でも、とにかく現金が手に入るということが大きなメリットになります。

もしも何か欲しいモノがあって、でも手元にそれを購入するだけの現金がない場合には、クレジットカードを利用して購入したり、ローンを組むなどして購入することができるようになります。

しかし、時と場合によってはどうしても現金がなければ困る状況も往々にしてあるはずです。

たとえばなにかの支払いや返済がある時です。

支払いや返済は残念ながらクレジットカードで行うことはできません。

厳密に言えば携帯料金の支払いや公共料金の支払いは一部、クレジットカードでも行うことができますが、それは事前にクレジットカード払いの設定をしていた場合だけです。

もしも明日中に支払わなければいけないものがあった場合には、どうしても現金が必要になります。

他にも結婚式のご祝儀であったりお葬式の香典などはどうしても現金が必要となります。

そんな場合にも現金を手に入れることが出来るクレジットカードにはとても大きなメリットを感じます。

ただし、ほかにクレジットカードのメリットがない訳ではありません。

クレジットカードは現金を持ち歩かなくても買い物ができたり、最近よくあるインターネット上のサービスなどは、クレジットカード払いしか選択できないものもあります。

クレジットカードを利用することが、本人確認の意味合いを持っていたりもするので、クレジットカードは一枚持っているといろいろな場面でとてもメリットを感じます。

また、分割払いではなく一括払いでも、現金で支払うのとクレジットカードで支払うのでは、クレジットカードを利用した方がカードのポイントが貯まって、あとからそのポイントを利用してまた買い物ができるというメリットもあります。

クレジットカードは使わずに現金主義という方は、クレジットカードを持つと金銭感覚が狂ってしまって使いすぎるのが怖いと言いますが、きちんと管理するのであれば、クレジットカードの方が何を購入したのかが明細で確認出来る為、家計簿を付けるのにも非常に便利だったりします。

このように、クレジットカードには数多くのメリットがありますが、クレジットカードは決して万能な訳ではありません。

クレジットカードにはクレジットカードのメリット、現金には現金のメリットがありますので、どちらもバランスよく利用するのがベストと言えます。

その上で、クレジットカードを利用して現金を手に入れられるメリットを生かすとよいでしょう。

もちろんそれなりのリスクもあるので確りと考えて欲しい

リスクもある
クレジットカードでお金を借りることは、消費者金融でお金を借りることと一緒です。

ただ、イメージ的に消費者金融からお金を借りるよりもクレジットカードでお金を借りる方がよい気がしてしまうだけです。

クレジットカード1枚でショッピングもできて、尚且つキャッシングもできるということは非常に便利であることは事実です。

しかし、その便利さに甘えすぎてお金を借りてばかりいると、あとから返済金額が膨れ上がったことに後悔するというデメリットがあることをしっかりと認識した上で、クレジットカードのキャッシングは利用しなくてはなりません。

また、クレジットカードで現金を作る方法としてもう一つ、クレジットカードの現金化がありますが、こちらもメリット・デメリット両方あるのできちんと理解した上で利用する必要があります。

クレジットカード現金化のメリットは、もしもクレジットカードにキャッシング枠がついていない場合でも、クレジットカードを利用して現金を手に入れられるという点にあります。

現行の法律では、消費者金融でお金を借りる場合には、総量規制の対象となります。

総量規制とは、年収の3分の1以上のお金を借りることができないという内容です。

これは、消費者金融を利用する方がお金を借りすぎてしまって、返済できなくなったり複数の消費者金融からお金を借りてしまって返済ができなくなる状態、多重債務者を減らすことが目的で作られた法律です。

ですから、すでに消費者金融から年収の3分の1までのお金を借りてしまっている場合、他の消費者金融へ行ってもお金を借りることはできません。

だとしても、総量規制はクレジットカードのショッピング枠は対象外となっているので、クレジットカードの現金化なら、さらに現金を手に入れることが可能となります。

これが、クレジットカード現金化を利用する付加価値と言えます。

しかし、クレジットカードの現金化はそもそもクレジットカード会社の規約では禁止されているものです。

クレジットカード現金化業者はクレジットカード会社に現金化とばれてしまわないように、キャッシュバック方式や買取方式を使っていますが、場合によっては現金化したことがクレジットカードにばれてしまう可能性もあります。

クレジットカードの現金化がクレジットカード会社にバレてしまった場合、そのクレジットカードが利用できなくなったり、強制的に解約されてしまったり、その後同じクレジットカード会社のクレジットカードを作ることができなくなるといったデメリットがあります。

こういった事例は、多くは無いにせよカード会社から連絡を受けたという人も実際にいますので「絶対に大丈夫」ということはありません。

ですから、リスクを最小限に抑えられることを優先的に考えることをお奨めしております。

接客や対応が親切な業者の見つけ方のコツってある?

親切な業者
クレジットカード現金化をこれから利用するという方は、きっといろいろなことに不安を覚えていることでしょう。

というのも、現金化はカード会社の規約違反であることが多く、しかも換金率などの法律がないため不利な条件で契約させられてしまうのではないかと思うからです。

では接客の対応が良い親切な現金化業者は存在するのでしょうか。

まずクレジットカード現金化の業者には店舗型と無店舗型があります。

無店舗型の場合すべての手続きがインターネット上で行えるので、接客が親切な対応の良い現金化業者は店舗型ということになるでしょう。

もちろんどの現金化業者も接客を行ってはくれますが、親切かどうかは店舗によってもかなり異なります。

対応が雑な現金化業者もいれば、手続きの方法やトラブルの対処法などを懇切丁寧に教えてくれるという店舗もあるのです。

特に初めて現金化を利用するという方、女性の方などはこうした対応の良い店舗を選んだ方が安心して現金化ができるでしょう。

ではどうやって親切な対応の店舗型の現金化業者を探すことができるのでしょうか。

一番手っ取り早い方法は、口コミサイトを利用することです。

今はどんな業種でも口コミサイトが存在します。

インターネットで「現金化業者 親切」などと検索すればすぐに多くの口コミサイトがヒットすることでしょう。

そのいくつかを見てみて、評判の良い現金化業者を見つければよいのです。

特に女性からの支持率が高い現金化業者は一般的に対応が良いところが多いので注目です。

女性の利用者は少ないうえに情報を公開しやすいです。
男性はめんどくさがってあまり口コミを書かない傾向が高いので女性の支持率は信頼度が高くなります。

さらに長期間にわたって営業している現金化業者、さらにホームページがしっかり作りこんである業者は親切に接客してくれることが多いです。

こうした親切な対応の現金化業者を探すことは非常に重要なのですが、それでも注意すべき点があります。

それが換金率です。

多くの現金化業者が親切な対応をアピールポイントに挙げていますが、もし換金率が低すぎる、もしくは高すぎる場合には悪徳業者の可能性が非常に高いので慎重になるべきです。

例えば普通の換金率は低いところで70%程度、高いことろでも80~85%といったところです。

もしどれほど親切な対応が評判の現金化業者があっても、95%を超える換金率を謳っているのであればほぼ間違いなく悪徳業者です。

親切な接客も重要なポイントですが、そこだけに重きを置くのではなく、換金率や安全性など総合的に判断して現金化業者を選ぶようにしてください。

国内の経済情勢は、カード換金率とは無関係

経済情勢との関係
カードの現金化を行う場合、換金率が高いほうが、利用する側としては有利です。

カードの現金化は、クレジットカードのショッピング枠を使って、現金を借りているに等しい行為です。

銀行などの金利は、国内の経済情勢とリンクして上がったり下がったりしますので、金融の1つのジャンルである、カード現金化の換金率も、経済情勢との関係が気になるところです。

ですが、国内の経済情勢とカード換金率とは無関係と言われています。

クレジットカードの現金化は、違法ではないもののグレーゾーンの業界ですので、銀行など正規の金融業者とは異なり、国内の経済情勢とはリンクしにくく換金率とは無関係と見ることもできます。

もちろん、国内の景気の良しあしによって、カード現金化を利用する人の数は変動します。

景気が悪い時のほうが、現金化業者を利用する人もそれだけ増える可能性があり、厳密には影響がないとは言い切れないでしょうが、換金率とは無関係に近いと見るほうが自然です。。

クレジットカード現金化の換金率は、長期間固定されている業者もあれば、その時々で変動しているような業者もあります。

ですが、変動している業者も、その変動に仕方は、業者によるさじ加減ひとつといった側面が強いと言えるでしょう。

現金化の換金率は、80%以上であれば高額と言われています。

ですので、この80%というラインを目安に覚えておくと、業者選びの時に役に立つはずです。

インターネット上には、90%を超えるような高額の換金率をうたっている業者も数多く存在します。

そういった業者の広告を見ていると、80%というのは、低いように感じられてしまいます。

ですが、90%以上の換金率をうたっている業者であっても、手数料などいろいろなお金が差し引かれるため、利用金額の90%以上が利用者の手元に残るわけではありません。

この点は注意が必要です。

利用金額に対する換金率自体は90%以上あったとしても、そこからいろいろとひかれて、最終的に手元に残る金額や正味の換金率はいくらなのか、その点に注意を払うべきです。

カードの現金化を行う上では、よさそうな業者をいくつかピックアップして置き、実際に換金してもらったらいくらになるのか、問い合わせると良いでしょう。

そして、実際の換金率が良いところに換金を頼むべきです。

カード現金化業者は非常に多いです。

どういった換金率の業者を選ぶべきかは、経済情勢と換金率の関係よりも、利用者にとっては重要なテーマと言えるでしょう。

多くの現金化業者が廃業した理由と、新規参入で開業する業者

廃業の理由
クレジットカード現金化を利用しようと思っている方であれば、どの現金化業者が良いのかよく吟味しているに違いありません。

というのも、現金化業者の中には換金率の非常に低い詐欺まがいの商売をしているところもあるからです。

現金化業者について調査していると、新たな業者が新規参入していたり、別の業者が廃業していたりすることに気づくでしょう。

では現金化業者は日本全体として増えているのでしょうか。

少し前までは、現金化業者の新規参入が相次ぎ数が増えていました。

毎月のように新たに開業した現金化業者がおり、利用者にはたくさんの選択肢があったのです。

現金化業者は利用者に商品を購入してもらって、もう一度それを買い取る差額で利益を出しています。

したがって非常に利益が出しやすく、しかも法律に抵触することもないため非常に儲かるとされていました。

そこで多くの人が現金化業者として新規参入し、年々その数は増加していたのです。

しかし現金化業者の逮捕が相次いだ時期に廃業する業者が激増しました。

現金化業者の逮捕は貸金業法などに対する違反が摘発されたものだったのですが、同様の手口を使っている現金化業者も少なくなかったため一気に数を減らしたのです。

特に価値のない物を商品として販売して現金化を行っていた業者は、実質貸金業を行っているとして摘発の対象となり廃業に追い込まれました。

現在はこの摘発を教訓に、価値のない物を売る手法を取っている現金化業者はほとんどありません。

どんな法律が現金化業者に適用されるのかも徐々に浸透しつつあるため、慎重に営業している業者が増えています。

現在では違法行為をしたとして摘発される現金化業者は極めて少なくなりました。

そのため新たに開業する現金化業者や他業界からの新規参入も増えてきています。

一時期極端に少なくなった現金化の選択肢も徐々に増えつつあるのです。

しかし新たに開業したばかりの現金化業者には注意が必要です。

というのもクレジットカード現金化には多くの悪徳業者がいると言われているからです。

悪徳業者は短期間開業しては廃業するというのを繰り返して詐欺行為を行っています。

現金が欲しいという利用者の弱みに付け込んで、非常に低い換金率で利益を上げ行方をくらましてしまうのです。

そのためもしクレジットカード現金化を利用したいのであれば、開業してから期間が経っている、もしくは多くの人から高い評価を得ている現金化業者を利用するようにしましょう。

お金に困ったら最後の手段としてクレカ現金化を選ぶべき理由

最後の手段
日々の生活をしていて、急に現金が必要になるシーンはごくたまにあります。

こういった場合、どこから現金を集めてくるか非常に悩むものですが、クレジットカードを何枚か所持しているなら、最後の手段としてショッピング枠の現金化を利用するべきでしょう。

カードの現金化は、カード会社の規約で禁止のため、ばれたら利用停止になるリスクがあります。

ですが、使い方によっては現金化は非常に役に立ちますので、いざというときには迷わないで活用するほうが良いでしょう。

カードの現金化というのは、間違いなく最後の手段です。

そもそも普通に生活をしていて、カードの現金化が必要になるシーンというのは限られています。

利用にあたっては、業者に払う手数料などがかかり、リスクも考えるとあまり良い方法とは言えません。

他の方法でお金が準備できるなら、それに越したことはありません。

ただ、他の方法で必要なお金が準備できない場合、スピーディーに現金を調達できるのが、カードの現金化です。

カードの現金化は信頼できる業者さえ見つかれば、あとはちょっとした手続きで現金を手に入れることができるからです。

急に現金が必要になったとき、お金を調達する手段として主流なものの一つが、民間の金融会社を活用する選択肢です。

ですが、銀行以外の金融会社は利息が高く、審査もあり、借りることでのリスクも大きいです。

その点、カードのショッピング枠の現金化は、利用停止になるリスクこそあるものの、そういった金融会社を使うよりはよほど安心であるという側面は間違いなくあります。

実際にカードの現金化を行うかどうかは別にしても、こういった最後の手段があるのだと知識として知っておくだけで、いざというときに迷わないで活路を見出せる可能性が出てきます。

いざというときに迷わないで現金化を活用できるようにしておくためには、現金化業者の情報も押さえておく必要があります。

業者によって換金率や対応しているカードのブランド、営業時間など細かく違いますし、また、ちょっとグレーな業界でもあるため、信頼できる業者とそうでない業者があります。

いざ現金が必要になったとき、余裕をもって現金化の業者を吟味することは難しいかもしれません。

ですので、心と時間に余裕があるうちに、信頼できそうな優良業者をいくつかチェックしておくことは、ムダにはならないはずです。

信頼性やスピードという点を考えると、実際に店舗をもって営業している業者のオススメ度が高いです。

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする