カードタイプのギフト券にある記載事項ってご存知でした?

記載事項

知らなったでは済まされないので確認が必須

amazonギフト券を使っている人でも、記載事項について詳しく知らない人も多いでしょう。

記載事項を最も確認しやすいのは、コンビニで購入できるアマゾンギフト券のカードタイプです。

アカウントにログインしてから、裏面に記載されている英数字を入力することでアカウントへとチャージがされます。

このカードタイプの裏面にはコード番号以外にも記載事項があるのですが、こちらはあまり読まれません。

記載されているのはamazonギフト券に関する利用規約のようなもので、まずはamazon以外のサイトで使えないと明記されています。

amazonは他社の電子マネーにはほとんど対応しておらず、またamazonギフト券も他社では使えないので、電子マネーの購入時には間違えないよう注意が必要です。

次に、amazonギフト券を使って別のアマゾンギフト券を購入したり、amazonプライムの年会費の支払いにあてたりはできないと記載されています。

そのため、複数の品物を買い物かごに入れていて、その中にamazonギフト券がある場合はアマゾンギフト券での支払いができないのです。

amazonプライムの年会費はクレジットカードの支払いに限られているので、クレジットカードを所持していない人は登録はできません。

そして、記載事項の中で最も重要と言っても過言ではないのが、有効期限は発行日から1年間という文言です。※現在は10年となっております。

発行日から1年以上が経過すると、コード番号を入力しても受け付けてはくれないので、支払ったお金が無駄になります。

カードタイプの場合の発行日は、レジに通した日のことを指していて、後回しにしておくと忘れて有効期限が切れることもありうるのです。

何事も後回しにする傾向がある人の場合、買ったら真っ先にチャージしておきたいところです。

カードタイプは一律で有効期限が1年ですが、一部のコンビニなどで購入できるシートタイプになっているアマゾンギフト券なら有効期限は発行日から3年なので、こちらを購入するという選択肢もあります。

残りは、返金や換金はできないこと、仮にカードタイプであるamazonギフト券を失くしたり、盗まれた場合でもamazonは責任を負わないこと、そして問い合わせ先が記載されているのです。

いずれも基本的な情報ですが、会員登録時に表示される規約などの文章は目を通さない人も多いので、一度は詳しく記載事項をチェックするのもよいでしょう。

登録するにはアカウントが必要

amazonのオンラインショッピングやコンビニなどで、アマゾンギフト券を購入できます。

このアマゾンギフト券を使って、amazonの中でショッピングできます。
アマゾンギフト券を使ってショッピングするにあたって、やらなければならないことがあるので注意する必要があります。

まずはアマゾンギフト券を登録する必要があります。

そのためには、アカウントを取得する必要があります。

アマゾンギフト券にアカウントを登録するとアカウントサービスを利用すれば、残高が表記されるようになります。

次回アマゾンギフト券が利用可能な商品を購入するにあたって、自動的に適用されるようになります。

ではアカウント登録の手続きはどのように行うかですが、amazonのホームページにあるアカウントサービスにアクセスしましょう。

すると「お支払方法の設定」というところをクリックすると、「アカウントに登録」というメニューが出てくるはずです。

こちらをクリックすると、サインインのページになります。

このボックスが出てきたら、メールアドレスとパスワードを入力します。

そして「サインイン」というボタンをクリックするとログインできるはずです。

すると続いてテキストボックスが出てきて、アマゾンギフト券の番号を入力する欄が出てきます。

こちらにアマゾンギフト券を入力しましょう。

アマゾンギフト券をコンビニなどで購入した場合、カードの裏面のところにギフト券番号が記載されています。

ギフト券番号は、当初は銀シールが貼られていて、番号が見えないようになっています。

このシールですが、コインなどを使って軽く削ると剥がせて番号が出てくるはずです。

コインがない場合でも、指を使って軽くこすっても剥がすことはできるはずなので、実践してみましょう。

番号を入力して「アカウントに登録する」をクリックすると、「アマゾンギフト券がお客様のアカウントに登録されました」というメッセージが出てきます。

そしてamazonのギフト券残高が、アマゾンギフト券分の金額がプラスされているはずです。

これでアマゾンギフト券の登録手続きは完了して、ショッピングで利用できるようになります

ギフト券残高の他にも、過去のそのアカウントサービスの残高と利用履歴についてもパソコンの画面で確認できます。

この履歴の情報についてですが、1年間が有効期間となります。

1年以内の履歴情報であれば、いつでも自由に確認できます。

amazonギフト券のやり取りで、個人情報が伝わらないか

個人情報は大丈夫

個人情報の流出をどう防ぐか、これはインターネットが発達した現代ならではの問題と言えるでしょう。

個人情報を預かる企業が情報漏洩を防ぐのは当然として、利用者の方も安易に個人情報をさらさないなど対策が必要です。

もっとも、amazonに代表されるECサイトを利用するのであれば、氏名や住所などの個人情報の打ち込みは欠かせません。

一方で、クレジットカードの情報はどうしても必須な情報ではなく、コンビニなどで買えるamazonギフト券を使うという方法もあります。

この辺りの判断は人によって分かれますが、クレジットカード番号の流出は大きな被害に繋がりかねないので、個人情報を重視するのも1つの手です。

アマゾンギフト券はプレゼントの用途でもよく使われているものの、贈る側が個人情報を気にするケースもあります。

amazonギフト券を受け取った側が、記載されているコードをamazonのアカウントへ登録して金額がチャージされる、これが基本的な仕組みです。

この場合、amazonギフト券を贈る人の個人情報が、受け取った人に伝わらないかと心配する人もいます

先に書いた通り、近年は個人情報の保護を心がけている人も多く、知り合いであってもそれほど親しくないなら住所などを教えないことも珍しくはありません。

しかし、amazonギフト券を贈ることで相手に個人情報は伝わらないので、その心配は無用です

運営しているamazonは、amazonギフト券を購入した人、実際にコードを入力した人が誰なのかは把握していると考えられます。

しかし、仮にamazonギフト券を受け取った側がamazonに問い合わせをしたとしても、贈った側の情報は伝えられません。

amazonギフト券のやり取りだけでは個人情報の漏洩には繋がらないので、安心して利用できます。

また、実際の知り合いにプレゼントするのとは少し異なりますが、インターネット経由の知り合いにamazonギフト券を贈るケースも最近はあるのです。

メールアドレスを公開している人の場合、Eメールタイプのamazonギフト券なら相手がどこの誰だか分からなくてもプレゼントできます。

このようなEメールを使ったやり取りであっても個人情報は伝わらないので、その点での心配は不要です。

一方で、amazonギフト券のような電子マネーは詐欺に使われることも増えていて、本当に見知らぬ人に贈っても大丈夫かはよく考えたいところです。

ギフトカードで悩んでいたので何が手に入るか試してみた

ギフトカードで購入
ギフトカードは贈り物としてよく用いられています。

何か特定の商品を贈るより、受け取った人が自由に使えるギフトカードの方が喜ばれるケースも多いのです。

この各種ギフトカードを使ってamazonギフト券を手に入れられないか、試す人も珍しくはありません。

しかし、基本的にギフトカード、金券といったものを使って別のギフトカードを手に入れるのはほぼ不可能です。

かつては一部のコンビニに限り、amazonギフト券の支払いにギフトカードを使えるところがありました。

ところが、2014年からはそのコンビニでも対策が取られてしまったので、現在はギフトカードでのアマゾンギフト券の購入はできません。

amazonで使える電子マネーはamazonギフト券など極一部に限られているので、対応していないギフトカードを持っている人にとっては非常にもどかしい気持ちを感じるでしょう。

ただ、対応していないギフトカードを持っていてもどうしようもないので、諦めて別の買い物で使ってしまう、金券ショップに売ってしまうというのも手です。

金券ショップでギフトカードを売り、そのお金でamazonギフト券を購入するという手段も一応はあります。

amazonギフト券を販売しているのは基本的にamazonだけですが、一部の業者はamazonギフト券の買取に対応しているのです。

ただ、街中にあるような金券ショップだとアマゾンギフト券の買取は受け付けていないところが多数です。

そのため、購入するならインターネット上で営業している買取業者を探す必要があるでしょう。

また、インターネットオークションに出品されている場合もあり、そちらで購入する人もいます。

しかし、このようなアマゾンギフト券の転売、転売されたものの購入はamazonは認めてはいません。

そのため、仮にその事実が発覚した場合にはamazonからのペナルティを受ける場合があるのです。

アカウント停止といった重い処分を受けた例は存在しないものの、使用したamazonギフト券が無効にされたといった例はあります。

買取業者からamazonギフト券を購入する場合のメリットは定価より安い点ですが、一方でamazonからのペナルティという強烈なデメリットもあるのです。

手元にギフトカードがある場合、そのまま買い物をする、売ってしまう、売った上でアマゾンギフト券を購入するという選択肢があるので、どれが一番お得かをじっくり検討したいところです。

アマゾンギフト券はラッピングや梱包にも対応

ラッピング対応

最近は服や電化製品もインターネットで気に入った一品を探して購入する人が増えています。

入学祝いや結婚祝いなど、アマゾンギフト券は大切な人へのプレゼントにも最適です。アマゾンでは、ギフト券のかわいいラッピングや梱包しての配送にも対応しています。

amazonギフト券を購入するには、まずamazonのホームページからギフト券を検索してアクセスします。

インターネットからプレゼント用に注文できるアマゾンギフト券には、デジタルタイプ配送タイプがあります。

用途やプレゼントを受け取る相手の好みにあったamazonギフト券を選びましょう。

デジタルタイプには、直接相手に送信できるEメールタイプと寄せ書きにしたり長文のメッセージも書き込めるPDF印刷タイプがあり、注文してすぐに相手または自分の手元に届きます。

配送タイプの場合は、翌日が翌々日に配達されますが、きちんとラッピングしたアマゾンギフト券を送りたい時は、配送タイプがお勧めです。

amazonギフト券には入学祝いや結婚祝いのほかに季節のあいさつやサンクスレターなど用途に合わせた何種類ものイラストやアニメーションが用意されています。

また、自分の好きな写真と自作のメッセージをアップしてオリジナルデザインのアマゾンギフト券を作成することも可能です。

出産祝いのお返しなどには、かわいい赤ちゃんの写真とお礼の一言を書き添えたオリジナルカードを作って送ればきっと喜ばれることでしょう。

配送タイプのamazonギフト券を購入する際は、何種類かあるおしゃれなギフトBOX、グリーティングカードのデザインの中から気に入ったデザインと金額を選んでから、「カートに入れる」ボタンをタップします。

注文内容を確認して間違いがなければ、「レジに進む」ボタンをタップしましょう。

配送タイプのアマゾンギフト券であれば、注文する時に「ギフト設定」を選択すると有料オプションでのしを付けたり、ギフトラッピングをしてもらうことも可能です。

梱包がしっかりしているので、ラッピングを開けることは難しいです。メッセージはamazonギフト券のパッケージとは別に添付されてくるメッセージカードに書きましょう。

一度に注文できる件数は15品目、金額は750万円までです。

同じデザイン・金額・Eメールアドレスの場合は、何枚あっても1品目としてカウントされます。

Eメールタイプと印刷タイプのアマゾンギフト券はクレジットカード決済のみですので注意してください。

配送タイプはクレジットカード決済のほかに代金引換も利用できます。

割引価格で購入する方法を紹介

割引
アマゾンでネットショッピングをする時に重宝するアイテムとして、アマゾンギフト券があります。

アマゾンギフト券ですが、コンビニ各社でも2種類のamazonギフト券が購入できるし、アマゾンのホームページからでも注文することが可能です。

ところでアマゾンギフト券を購入するにあたって、やはり少しでも割引価格で購入したいと思っている人は多いはずです。

実はちょっとした工夫で、アマゾンギフト券を低下の割引価格で買い求められる可能性があります

実はアマゾンギフト券の取引サイトがあります。

こちらではアマゾンギフト券の買取をしていますし、買い取ったギフト券を販売もしています。

この販売価格ですが、定価よりも安い価格で販売されています。

ではどの程度の割引率かですが、2016年現在で見ると大体5~10%といったところでしょうか?
こうしてみるとあまり大した割引率ではないと思う人もいるかもしれません。

しかしまとめてアマゾンギフト券を購入すれば、何千円といった節約ができるかもしれません。

何千円のコストを節約できるのは、決して無視できないはずです。

またこのようなアマゾンギフト券の取引サイトを見てみると、キャンペーンを限定期間で実施していることもあります。

キャンペーン期間中にアマゾンギフト券を購入すれば、さらに割引の度合いもアップします。

サイトによっては20~30%も安い値段で買い求められる可能性もあります。

ですから各取引サイトのキャンペーンの最新情報について、こまめにチェックしておきましょう。

1万円分のアマゾンギフト券が7000~8000円で購入できるとなれば、かなりお買い得な感じになるでしょう。

ちなみにこのようなアマゾンギフト券を割引価格で販売されているサイトの中には、他のギフト券の取引も行っていることが多いです。

いろいろなギフト券を買い求めて、ネットショッピングで利用している人は、この手の取引サイトは有効活用しない手はないでしょう。

個人間の取引サイトでも、アマゾンギフト券が割引価格で販売されていることもあります。

しかしこの個人間サイトの場合、不正出品をしている人も時たまいて、売買を巡ってトラブルになることもあるようです。

もし個人間サイトを使ってアマゾンギフト券を割引価格でお得に購入したければ、トラブルに巻き込まれないようにするために、返金保証などの対策を具体的にどのように行っているかをきちんと出品者に確認することです。

安いからといって安易に飛びつくと失敗する恐れもあるので注意しないといけません。

非常に扱いやすい支払い方法であることの認知度が低い

支払い方法が簡単

amazonで販売されている多くの商品の支払いに使えるのが、amazonギフト券です。

アマゾンギフト券はコンビニで販売されているカードタイプを始めとして色々な種類があるものの、使い方はどれも変わりません。

まず、amazonギフト券はamazonのアカウントと紐付けて使うものなので、必ずamazonのアカウントを作る必要があります。

ギフト券は種類が多いですが、どのタイプの商品もコード番号が記載されている点には違いがありません。

カードタイプなら裏面に10円玉などで削れるところがあって、その下にコード番号が記載されています。

Eメールタイプなら購入時に指定したメールアドレスにコード番号が届くので、それを入力すればよいのです。

例外的なのはチャージタイプで、こちらは購入が完了した時点で自動的にアカウントにチャージされるので、コード番号はありません。

チャージタイプ以外は、amazonのアカウントにサインインしてコード番号を入力することでチャージされます。

チャージされた金額はamazon内に限り現金のように扱えて、amazonギフト券だけでの支払いも可能です。

支払いの際にamazonギフト券のコード番号を入力してもよいのですが、あらかじめアカウントにチャージしておく方が分かりやすく便利です。

クレジットカードを持っていなかったり、インターネット通販での使用を避けている人にとって役立つのが代金引換です。

amazonでも多くの商品が代金引換に対応しているものの、やはり手数料が別にかかるのが難点です。

しかし、アマゾンギフト券の多くはクレジットカードがなくても購入できるので、あらかじめアカウントにチャージすることで代金引換の代わりの支払方法として使えるのです。

代金引換と違って手数料もかからないので、非常に便利な支払方法と言えるでしょう。

アマゾンギフト券のデメリットとしては、コード番号に有効期限があるので入力を忘れると支払ったお金が無駄になる点、そしてほとんどのタイプでは端数への対応がされていない点です。

もっとも、有効期限については購入後すぐに入力すれば問題は起こらず、購入後に余った額は持ち越せるので大きなデメリットではありません。

すぐに決済が終わるクレジットカードと比べると、チャージのワンクッションがあるのでやや手間がかかるものの、それでもamazonギフト券が非常に使いやすい支払方法です。

ギフト券の種類によって用途を変えることでメリットもできる

コンビニで買える
amazonギフト券は、amazonで販売されている商品であればすべてに利用できるギフト券です。

大きなメリットとして、クレジットカードがなければ買えない品物でも買うことができるという点です。

マーケットプレイスで販売されている中古品コレクター商品は、クレジットカードかamazonギフト券を利用しないと買えないものが多数あります。

amazonギフト券はamazonのサイト内でも販売されていますが、近年ではコンビニでも販売されるようになっています。

全国のほぼすべてのコンビニで取り扱いがあります。大手のチェーンにはamazonギフト券に力を入れているところもあり、多彩に品揃えしています。

コンビニで買えるamazonギフト券には2種類あります。

1つは、プラスチック製のカードとして販売されているカードタイプで、もう1つはコンビニに設置されている端末を操作して、紙のシートにギフト券の番号が記載されているシートタイプです。

コンビニによっては、このシートタイプの扱いがないケースがあります。

どちらも現金で買うことができ、クレジットカードを利用したくない人にとってはありがたいサービスです。

現金支払いで発生する代金引換では手数料がかかりますが、ギフト券を利用して購入した場合には手数料はまったくかかりません。

カードタイプは、取り扱っているコンビニによっても異なりますが、基本的に3000円、5000円、1万円、2万円の4つから選択することになります。

シートタイプは2000円から購入できます。先の4つに加えて2万5000円まで購入可能です。

カードタイプは店頭のラックに引っ掛けて販売されています。希望する金額のカードをレジに持っていって現金で支払います。

シートタイプはコンビニの端末を利用します。チケット販売などに対応した端末が各コンビニに設置されていますので、それを操作して発券します。

通常、プリペイドサービスを選択して、電子マネーからamazonギフト券を選択するようになっています。

発券された代金引換票をレジに持っていって現金で決済します。

また、バリアブルカードというamazonギフト券もコンビニで取り扱っています。

これは購入金額を自由に選択できるカードです。
1500円から5万円の範囲で1円単位で指定して購入できます。

バリアブルカードはカードタイプと同様にフックに掛けた形で販売されています。

このカードをレジに持っていき、希望の金額を指定してレジで現金決済することができます。

クレジットカードがあると購入の際に便利

カードがあると便利

クレジットカードを使うか使わないかで、買い物の利便度は大きく変わってきます。

日本ではまだまだ現金を持ち歩くのが主流なので、実店舗での買い物ではそこまで利便度に差は生まれないでしょう。

ただ、インターネットでの通販に関しては、クレジットカードの有無で大きく差が生まれます。

ECサイトの最大手、amazonでもそれは変わらず、クレジットカードがあれば時間帯を問わずに簡単に決済が可能です。

もっとも、amazonで販売されている商品の大半はクレジットカードなしでも買えるので、必須ではありません。

ただ、クレジットカード決済にのみ対応をしている商品もあり、例としてはamazonプライムの年会費、amazonギフト券のタイプの一部が挙げられます。

amazonプライムは配送料が全商品で無料という大きな特典があるので、よくamazonを利用している人にとっては非常に役立つサービスです。

アマゾンギフト券は色々なタイプに分けられていて、クレジットカードなしでも購入可能なものもあります。

ただ、アマゾンギフト券のEメールタイプ、印刷タイプに関してはクレジットカードでないと購入できません。

Eメールタイプ、印刷タイプは自分のアカウントへのチャージにも対応しているものの、基本的にはプレゼントの用途で使われます。

Eメールタイプは特定のメールアドレスにアマゾンギフト券を贈るもの、印刷タイプは名前の通り印刷して渡すためのものです。

Eメールタイプは相手のメールアドレスさえ分かっていれば贈れるので、住所などを知らないそれほど親しくない人にも対応できるのが魅力です。

日本のアマゾンで買ったギフト券は日本でしか使うことはできないものの、クレジットカードがあるなら日本にいながらアメリカなど海外のアマゾンギフト券を買えます

海外はクレジットカードでの支払いが基本で、インターネットを通した支払いであっても同じです。

そのため、海外の友達にamazonギフト券を贈りたい場合、クレジットカードが必要なのです。

このように利便性がある一方で、クレジットカードをインターネットで使うならどうしても個人情報の問題が付いて回ります。

他の企業で、クレジットカードの番号が流出した事件は幾つもあるので、不安に感じる人がいるのも仕方がないでしょう。

こちらについては利用者の意識や努力だけではどうにもならない部分なので、利便性を選択するか、安全性を選択するか人によって判断が分かれます。

初心者が換金の申込みをする方法

amazonギフト券には有効期限があるため、期間内に使わなければただの紙切れになってしまいます。

そのため、ギフト券としてではなく換金してしまった方が価値がでます。

しかし、初心者がamazonギフト券を売る時には買い取ってくれる業者をネットで探さなければなりませんし、申込みの仕方などもよくわからない人が多いと思います。

amazonギフト券を買う時に一番簡単なのはコンビニで、カードタイプのamazonギフト券をすぐに手に入れることができます。

しかし、最初から現金にする目的で買う時には、Eメールタイプの方が良いでしょう。
というのは、Eメールタイプは買い取り業者が高額で買い取る傾向があるからです。

しかし、amazonギフト券は電子ギフトなので取り引きできる業者は限られてしまいます。

Eメールタイプのamazonギフト券を買った後には業者から指定されたメールアドレスに転送して、ギフトコードが偽者でないかきちんと使えるかを確認してもらえれば、自分が指定した銀行口座に送金してもらえます。

初心者が換金の申込みをする時の注意点として、申込む店舗によって代金が違い、場合によっては銀行の振り込み手数料もこちらの負担にされることもあるので留意しておく必要があります。

初心者が換金する時には不安になりますが、実際にはamazonギフト券の換金は簡単です。

amazonギフト券を現金に換える時に、額面の値段で買い取ってくれる業者があれば良いと願いますが、業者側は商売なので買い取り率100パーセントならば業者の収益は0円になってしまいます。

どんな業者でも最大で90パーセント前後でしょう。

amazonギフト券を現金に換えるには買い取り業者に売る以外にも、マッチングサイトに申込みをして出品する方法もあります。

マッチングサイトとamazonギフト券のオークションを行っているサイトで、常識的な値段にすればほぼ落札できます。

amazonギフト券を額面の値段で取り引きしたいと思いますが、少し低めの価格に設定しないと誰からも相手にしてもらえません。

さらに、ネットオークションに出品するという方法もあり、ネットオークションの利用者は、既に貯まっているポイントを使って決算できるので、額面の金額とさほど変わらなければ、落札してもらえる可能性は高いです。

難点は現金になるまでに時間がかかってしまうことですが、初心者にはこの方法が安心かもしれません。

【知らないだけ】飲食店で使えるお店ってあるの?

飲食店

アマゾンギフト券は、基本的にはアマゾンで販売されている商品であれば購入することができます。

アマゾンのサイトを見てみると、実にいろいろな種類の商品の販売されていることがわかります。

その中には食料品もいろいろと販売されているのがホームページで確認できるでしょう。

魚介類や肉類、野菜、果物、乳製品、お米、麺、パンなどいろいろな日常生活で食べられるような食料品が販売されています。

そのほかにも、香辛料や調味料も販売されているので、仕事で忙しい人は自炊するための食材をアマゾンギフト券を使って買い求めることも可能です。

そのほかにもレトルト食品などもアマゾンで購入することができます。

仕事が忙しい人はなかなか毎日自炊で料理を作るというのが難しい人もいるでしょう。

電子レンジでチンして食べられるようなレトルト食品が自宅にあると、ちょっとした時間で食事を準備することも可能です。

さらにはちょっと口さびしくなった時や小腹のすいた時に食べられるスイーツやスナック菓子などもアマゾンでアマゾンギフト券を使って買い求めることができます。

ベビーフードや介護用食品のような特殊な人に提供する食事なども、アマゾンにアクセスすればインターネット上で簡単に注文できます。

さらにアマゾンでは、季節ごとの食料品の販売を特集で行っていることもあります。

たとえば年末にかけては、お節料理の特集が組まれます。

日本人にとって正月に欠かせないおせち料理ですが、いざ自分で準備するとなるとそれなりに時間がかかってしまいます。

アマゾンではすでにフルセット準備されたおせち料理を宅配で届けてくれるサービスを実施しています。

20種類の食材の入っている豪華なおせち料理などもアマゾンで注文可能です。

またおせち料理だけでなく、これまた正月には欠かせないお雑煮のついているようなおせち料理もアマゾンでは販売されています。

このように食料品などについては、アマゾンギフト券を使って購入することができます。

しかしアマゾンギフト券はアマゾンの中で販売されている商品を購入するためのツールになります。

ですからアマゾンギフト券の使える飲食店というのは日本にはありません。

つまり巷にあるレストランやカフェ、居酒屋のような飲食店で食事をして、レジでお会計をする時にアマゾンギフト券を提示して支払いはできません。

アマゾンギフト券はあくまでもアマゾンで支払いをするためのツールであると思いましょう。

アマゾンギフト券の使えない飲食店がほとんど…でも将来は?

未来では使える

アマゾンギフト券は、あくまでもオンラインショッピングサイトのアマゾンの中で販売されている商品を購入する際の支払いツールとして利用できます。

ですから、レストランなどの一店舗の飲食店でアマゾンギフト券を使って食事をすることはできません。

ちなみに大手全国チェーン店を展開しているような飲食店の中には、クーポンなどを販売していることもあるでしょう。

通常より割引価格で各種メニューを食べられるクーポンが多いです。

たとえばアマゾンギフト券を使って、このクーポンを購入することなどもできません。

アマゾンではギフト券をほかの金券と交換することを禁止しています。

またクーポンがアマゾンで販売されているという話もないので、この方法を使って飲食店でアマゾンギフト券を活用する方法も封じられています。

つまり全ての飲食店でアマゾンギフト券は使えないということになるわけです。

しかしこの使えない飲食店しかないという現状ですが、将来的には変わってくる可能性も期待できます。

実は海外のアマゾンのサービスを見てみると、飲食関係のサービスビジネスを展開しているところも見られるからです。

アメリカのアマゾンでは「Amazon Restaurants」というサービスをこのたび運用開始しました。

Amazon Restaurantsとは、アメリカにあるレストランの料理をデリバリーで自宅に届けるサービスになります。

スマホやパソコンの画面でレストラン名やそのメニューをチェックして、もし食べたいと思うものが見つかれば、それを選んで注文します。

するとアマゾンの配送ドライバーが店でその料理を受け取ります。

そして注文した人の自宅に届けるというサービスです。

注文してから自宅に届くまでの時間は1時間以内とされています。

ちなみにAmazon Restaurantsですが、アメリカのほかにもイギリスのロンドンの一部地域でもサービスが開始されています。

もしかすると今後このAmazon Restaurantsのサービスが、日本でも運営されるようになるかもしれません。

その場合、飲食店の食事代をアマゾンギフト券を使って支払うことができるようになる可能性もあります。

現在、アマゾンギフト券が手元にあるけれども活用の仕方がわからないという人でも食事をする時に重宝するツールになる可能性はあります。

クレジットカードのない人でも、アマゾンギフト券があればキャッシュレスで有名レストランの味に舌鼓が打てるでしょう。

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする