ダイナースクラブカードが使える業者で安全に現金化するポイント

ダイナースクラブカードが使える業者

ダイナースクラブカードって思ってるよりどこでも使える

三井住友トラストクラブが発行しているダイナースクラブカードですが、こちらは国内ではかなりステータス性の高いクレジットカードで、

  • 医者
  • 法律家
  • 個人経営者
  • 投資家

といった収入の高い人に愛用されているカードなんですよね。

そんなダイナースクラブカードではありますが、このカードで現金化はできるのかについて説明しましょう。

まずダイナースクラブカードは、発行元の三井住友グループがエグゼクティブな会員に提供するカードとしてスタートしました。

ユーザーも限られていましたし、国内で一番の歴史と伝統を持つクレジットカードなので、そのステータス性はバブル期前後にあって極めて高かったことは言うまでもありませんね。

今でもブランド力があり、審査基準が年齢27歳以上の年収500万円以上に限るとされているようです。

年会費も22,000円(税抜)とかなり高額です。

もちろんユーザー特典も優れていて、利用価値の優れたカードであるのは間違いありませんね。

このようにセレブチックなクレジットカードですが、実は利用限度額を特定していないという特徴があります。

これはアメックスと同じで、ユーザーには特に公開していないんですよね。

でも海外旅行で高額商品をまとめ買いするような場面でも、ちゃんとカバーできる枠が設定されていると言います。

収入面や人格面で信用が高い人は、利用枠を気にせず使えるメリットがあります。

こんな厳しいカードだと換金利用もすぐ指摘されるのでは?

  1. では、もしまとまった現金が急に必要になった場合、ダイナースクラブカードの現金化は可能なのでしょうか?
  2. アメックスみたいにかなり厳しいチェックが入っているのではないでしょうか?

この辺が気になるところですよね。

実はチェックがあまり厳しくないんですよね。

もともと発行時の審査が厳しいので、現金化目的の利用なのに、突発的な要因だろうと不正利用を疑われないことも多いそうですよ。

お金持ちでも利用する理由が違い過ぎる

これは私の経験ではありませんが、友人が50万円ほど現金を用意しなければならなくなって、ちょうど口座に充分な預金がなかった時に、何食わぬ顔で現金化サイトを利用していたんですよね。

利用した理由があっけらかんとしていて、カードでキャッシングするのがかっこ悪いからでした。

利用履歴にキャッシングの項目を付けたくないので、現金化サイトを利用したということなんですよね。

あるいは事業資金の調達にわざわざ現金化を利用するケースもあるんですよね。

現金化は借金ではないので、会社のバランスシートには記載されませんよね。

つまり健全経営の面で役に立つんだそうです。

これで融資申請に有利になるので、そう言った事情で現金化をしているユーザーもいるんですよね。

ダイナースはチェックが厳しいの?それとも緩めなの?

チェックが厳しい?緩い?

国内で最も権威のあるクレジットカードダイナースクラブカードは、バブル期前後であればユーザーが高所得者層に限られていました。

特に医者や弁護士や大企業の管理職者など、社会的にステータス性の高い職種に従事している人が多かったと言いますよね。

しかし現在ではかなり一般向けの営業展開をしていて、27歳以上で500万円以上の年収があれば取得できるレベルにまで下がってはきましたね。

そう言った理由もあって、ダイナースクラブカードの現金化も頻繁に行われている様子なんですね。

これに対してカード会社はどのような態度を示しているのでしょうか?

公式サイトの見解と企業の回答はどうなっているのか

公式サイトを見ますと、ステータスを汚す行為として、現金化には厳しく対応する旨が掲示されていますね。

つまり利用規約に反すれば強制解約で対応するということで解釈はあってると思います。

では実際の状況はどうなっているんでしょうか?

ここが一番気になるところでしょう。

私は残念ながらダイナースクラブカードを持っていないので、友人の話を例にとって説明しましょう。

彼は東京で個人店舗を経営している経営者なんですが、金融会社からのキャッシングはかっこ悪いといって、時々現金化サイトを利用しているんですよね。

しかもダイナースクラブカードを主に使っているそうです。

経営者の立場上、数万円・数十万円の借金をするのは自分の評価を下げるとも話していて、それならば金融信用履歴に残らない現金化は都合が良いそうです。

ネットの口コミを見ても、やはり自分の口座や会社の口座を借金で汚したくないという理由で、秘かに現金化する方はけっこういるんですよね。

ココに注目!

ダイナースクラブカードの場合は日ごろから高額な買い物や支払いをするユーザーが多いので、現金化をしてもスルーされる確率が高いとも言われていますよね。

またダイナースクラブカードでは、1~200万円のクレジット払いならいちいち承認作業をしないとの話もありますよ。

つまり、このレベルが日常的な利用ベースになっているということなんですよね。

100万円ぐらいを現金化サイトで使っても、ほとんどチェックに引っかからないということなのでしょう。

私なんかはバレないように数万円単位でしか現金化サイトを利用できない身分ですから、こういった噂話を聞くと羨ましく思いますよ。

ただし、実際のところはもっと厳しいチェックがなされていると思っています。

ですが高収入で社会的信用の高い方ならばスルーされる率が高そうですね。

カード発行の審査でかなり厳しいチェックが入るため、ユーザーの信頼度はもともと高いんですね。

その信頼関係があるからこそ、敢えて現金化を深く追求しないケースが多々あるんでしょうね。

ダイナースクラブカードを所有してるならおすすめの現金化って?

所有してる人におすすめ

ダイナースクラブカードの現金化のメリットは、基本的にショッピング枠が高額設定なので、一回の現金化で大きな額をゲットできるチャンスがあるということですね。

しかもダイナースでは100万円ぐらいの利用で承認作業を行いませんので、特に怪しい方法でなければスルーされる可能性が高いという特徴もあるようです。

もちろんステータスキープのために、現金化といった下賤な利用方法は認めていません。

違法行為でないために自己防衛的なチェックを行い、利用規約違反で回避するようにしています。

ですが、もともとダイナースクラブカードは換金性の高い高額商品購入で利用するユーザーが多いので、よほど確証が持てなければ手を出し難い感じがありますね。

軽率な利用停止処分をすることで、これまで築いた評判や信用を落としたくないというのも本音でしょう。

そういった状況化なので、ダイナースクラブカードで現金化するチャンスは割とあるんですよね。

おすすめは評判の良い業者を利用するのがベスト

おすすめの方法はやはり評判の良い現金化サイトを利用することですね。

現金化サイトは決済代行業者を介して販売をしているので、クレジットカード会社に不信を抱かれ難いんですね。

この決済代行業者とは

クレジット会社と提携していない販売業者に、代理でカード決済を提供する業者なんですよね。

正規代理店での取引ですから、実際の店舗へのチェックはなされません。

つまりカード会社は取引内容を疑わないというメリットがあるんですよね。

現在では現金化サイトがいろいろと営業していて、どこも高換金率を謳ったサービスを展開していますよね。

換金方法には買取り方式とキャッシュバック方式がありますが、大きなお金を早急に用意したい時はキャッシュバック式が安全でクイックリーです。

キャッシュバック式はクレジット決済をした瞬間にキックバックされるシステムです。

サイトのフォーマットでクレジットカード購入の手続きを終えた時点で、業者は指定口座にキャッシュバック分の現金を振り込んでくれます。

わざわざ商品が宅配されるまで待たなくても良いですし、高級品を丁寧に送り届ける面倒もありません。

また現時点で、キャッシュバック方式は現金化とみなされていないこともおすすめ理由なんですよね。

私はもっぱらキャッシュバック式のサイトを利用していますよ。

もちろん口コミ等で評判の良いサイトだけを利用しています。

ダイナースクラブカードは持っていませんが、チェックが厳しいと言われるJCBでも成功していますよ。

優良な現金化サイトであれば85%以上の換金率になることもあるので、お得感もありますしね。

ダイナースクラブカードで注意すべきポイント教えて!?

ダイナースクラブカードでは、日常的にユーザーが高額商品・サービスの決済に利用しています。

取扱店舗はまだまだ少ないのですが、利用できる所では自由な使い方ができるプレミアム性をもったカードですよね。

ココに注目!

その特徴的な事例として、ダイナースクラブカードならばamazonギフト券が購入できるんですよね。

換金率が非常に高い商品で、専門の買取業者へ持ち込めば満足のいく買取額を提示してくれます。

このamazonギフト券による現金化はかなり人気がありますね。

現金化におすすめセットはEメールタイプですね。

これは単にギフトコードを発行しているだけで、実物の券がないので取り扱いが楽らしい。

最高で500,000円まで購入できる点も強いメリット

Amazonでは様々な高額商品が取り扱われていることから、現金化で高額購入になっても怪しまれにくいです。

私もマスターカードでやってみましたが、上手くスルーしましたし、換金率も90%ゲットしてお得でしたね。

このように現金化でも利用価値のあるダイナースクラブカードですが、注意しておきたい事があります。

このサインが出たらあなたは疑われている!?

店舗でカード決済する時、カードリーダーにG30「カードガイシャニオトイアワセクダサイ」が示されると取引エラーになります。

これはダイナースの不正防止機能なんです。

これが出たらあなたは疑われていると考えなければいけません。

またG30が出た時は、店舗で『本人確認』を行います。

でも、ここは問題なくクリアできます。

身分証を見せればOKです。

あとはカスタマーセンターに連絡して決済を通してもらえます。

ただし、G30が頻繁に出るようならば、悪い事は言いませんのでダイナースクラブカードでの現金化はストップしたほうがいいです。

利用停止の一歩手前だと理解してくださいね。

そしてもう一点注意事項があります。

手数料が高いこともあって店舗数が少ない傾向

カード利用できるところが少ないと同時に、現金化サイトも比較的少なめなんですね。

利用パターンが少ないということは、カード会社がチェックしやすいということでもあります。

また、ダイナースは手数料がもともと高いので、結果として換金率が下がる計算になりますよ。

これはカード決済をする店舗・業者側が負担する手数料で、現金化サイトではこの手数料も利用者負担ですから、手にする現金はその分目減りしてしまうんですよね。

VISAやマスターカードが3~5%に対し、ダイナースでは7%と割高です。

VISAやマスターカード ダイナース
3~5% 7%

これらの注意点を理解した上で、慎重に現金化をするようにおすすめしますね。

ダイナースクラブカードを扱っているサイトをご紹介!

高収入で社会的ステータスのある職業の方々に人気なのがダイナースクラブカードですよね。

利用できる店舗は限られていますが、それだけに格式と伝統をもつクレジットカードとの評価があります。

そんなプレミアムカードのユーザーでも、ちょっと現金化が必要になるシーンはあるでしょう。

今回はダイナースクラブカードで現金化できるお得な現金化サイトをいくつか紹介しましょう。

まずその前に、ダイナースは決済代理店の規制が厳しいこともあって、そう簡単に現金化サイトで扱えないことを知っておきましょう。

実際にダイナースOKのサイトは限られている筈です。

その点を理解した上で、より安全性の高い現金化サイトを選ぶ必要がありますね。

そこで、ここでは3サイト紹介しておきますね。

余り知られていないけどココなら使えます

和光クレジットはダイナースクラブカードの現金化では、比較的人気が高いサイトですね。

ここは優良な大手の決済代行会社を仲介していますので、利用停止リスクがかなり低いんですよね。

事故発生率はゼロ%なんて評価もありますね。

換金率は83~95%と常識の範囲内、誇大広告はありませんよ。

24時間対応のカスタマーサービスと、日曜日も営業しているということで利便性の高さも上々でしょう。

押しはココ!今、注目の話題の店舗

ハピネスはショッピング枠での商品購入に対して一定額のキャッシュバックを提供している現金化サイトですね。

買取式に比べると利用停止リスクが低いとされていて、ダイナースクラブカードでも問題なく成功していますね。

こちらも事故発生率はゼロと公式サイトにありますよ。

実績の高さでは定評のあるサイトだと言えるでしょうね。

また換金率が高いんですよね。

90%以上のケースが頻繁に見られますし、クレジット決済完了後に即振り込んでくれる点にも注目ですよ。

キャッシュバック式は商品を送り返す手間がない、クイックリーな現金化システムなんですよね。

老舗の安心安全を選びたいならココ

あんしんクレジットは現金化サイトの最大手、これまでの確かな実績と高い換金率で業界でのシェアトップになっていますね。

ダイナースクラブカードの場合、88~98.8%で現金化が成功しているとあり、お得感でもナンバーワンだと言えますね。

スタッフの対応も丁寧でしっかりしていて、安心してお任せができるサイトですよ。

他にもひまわりギフトやゴールドラッシュなど、真面目に現金化をサポートしているサイトがあります。

実際に利用する際は口コミ等で事前チェックを行って、その上で選んでみましょうね。

初めてでも自分にあった店舗を選ぶことができる

自分にあった店舗を選ぶ

  • 自分にあった店舗なんてないよ
  • 店舗選びは還元率でしょ!?
  • 営業の許可って?

という声をよく耳にします。

実際に現金化された方みなさんそうだと思います。

あくまでも還元率というもを指標として自分に合った店舗を探してほしいという事をお問い合わせ頂いた方にはお話ししております。

そうなるとただ還元率だけでいいんじゃないかとも思いますが、実は違うんです。

そこが選びどころです。

色々な比較サイトや公式サイトなどで確認していくとキャンペーン情報やキャッシュバックなどのキャッチが目に入ってくると思います。

名目は様々ですが大体、年がら年中やってます。

では、そこを詳しく確認してください。

たとえば、学生の方なら還元率が高かったり、女性の方ならとか、年齢でしばったりとかさまざまです。

今日のタイミングで自分の年齢や性別、金額や日程などにより一番お得な店舗が変わるんです。

公式サイトに記載しているパーセントだけで判断してここが一番高いから、なんて利用している方は損してるかもしれませんよ。

例えば100,000円の還元率に10%の違いがあれば10,000円違うって事です。

1,000,000円なら100,000円ですよ。

大きな違いです。

とくに今ほしい人は10,000円くらいと思って申込みますが出費後に『あともうちょっとあったらな。』なんて事も!

そんな後悔はしほしくありません。

しっかりと少し面倒ですが探して調べてからにしてください。

とくに比較サイトなどではこれからはじまるキャンペーンなども載せている場合がありますので要チェック。

さて、ここで豆知識ですが全て表示されている%が正しいとも限らず上限でという形になっているものもあり非常にわかりにくいものです。

ですから直接問い合わせて聞いたほうが間違いありません。

特にメールなどでは記録として残るためトラブルの際の一つの証拠にもなりますから。

メールアドレスなどは個人情報ですから大切にご利用ください。

ぜひ店舗選びの参考にして慎重に決めていただくことをお勧め致します。

ご自身にあったという言い回しだと何処がいいのかわかりづらくなってしまいますよね。
もっと単純に借りるときの年齢や金額で一番条件のいいところを探しましょうということです。

よく使われる詐欺の手口

現在、インターネット上には、数百ものクレジットカード現金化業者が存在します。

これだけ業者同士の競争が激化した状況では、各業者が高い換金率とスピーディーな手続きで利用者に魅力をアピールしています。

しかし、市場が活況を呈するほどに、悪徳業者の数が増えるのも事実です。

実際に詐欺被害がいくつも報告されているので、クレジットカードを現金化したいと考えているのなら、あらかじめどんな詐欺の手口があるか知っておくことが大切です。

クレジットカード現金化業者を選ぶ際の第一の基準に、換金率の高さがあります。

自分のクレジットカードのショッピング枠を現金に換えるわけですから、できるだけ100%に近い金額が欲しいと思うのは当然です。

しかし、そういう利用者の心理を突いて、悪徳業者は詐欺を働きます。

よくある手口として、他社より異様に高い換金率を提示しておきながら、実際に利用すると、手数料だなんだと難癖を付けられ、広告表示よりずっと低い換金率でしか取引してくれなかったというのがあります。

悪徳業者に限りませんが、サイトなどで表示している換金率は、利用条件がいちばん整った時の最高の数字です。

実際の換金額は、利用額や入金までの時間など、いろんな条件を考慮したうえで決定されるので、必ずしも広告にある換金率で入金されないということは知っておきましょう。

そういう事情がありながら、悪徳業者のなかには、98%以上の換金率など異様に高い数字を掲げているところがあります。

クレジットカードの現金化では、カードの決済手数料は業者が受け持つわけですから、100%近い換金率などあり得ない数字です。

こういう広告を目にしたら、誇大広告と思って近づかないことが安全です。

また、「期間限定のキャンペーン中」などと謳って、意図的に利用者をだまそうとしている業者も存在します。

「キャンペーンだから普段より高い換金率なんだ」と思って実際に申し込むと、「キャンペーンは終了しました」などといって結局普段通りの換金率でしか現金化してくれないということがあります。

加えて、詐欺の手口のなかには、申し込みをキャンセルするのに違約金が必要だと脅す「違約金詐欺」というものがあります。

ふつうの業者であれば、たとえ申し込み後にキャンセルするとなっても、それにお金が必要などと言われることはありません。

お金を請求されたらまず詐欺だと思って間違いないでしょう。

もし、こうした詐欺に遭った時は、警察やしかるべき機関に連絡するなど毅然と断ることが大切です。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする