クレジットカード現金化

365日お申込み可能!24時間 年中無休 電話・メール受付OK

土曜・日曜・祝日営業と年中無休の実態はどうなってるの

24時間営業

現在では24時間営業というのは当たり前のような時代でコンビニはもちろんスーパーマーケットや飲食店までも普通に営業しています。

数年前では24時間のお店を探す方が大変でしたし、大手銀行でも大型連休などでは業務が停止しているなかで遣り繰りをしていたと思います。

そのような需要が他業種に波及していきキャッシングやカードローンなどでもATMが24時間利用できたりするサービスを提供するようになりました。

それは一定数の利用者を確保するための企業サービスとなりクレジットカードでの現金化店舗でも展開・提供されるようになっております。


しかし、クレジットカード現金化を行っている店舗すべてが24時間営業というわけではありませんし、土曜・日曜・祝日はお休みという店舗ももちろんあります。

大体ですが現金化業者の4割程度が休日での営業を行っている感じです。


本当に必要になって自分が依頼しようと思った時に業者が営業していなければまったく意味を成しませんし、申し込んだとしても途中で時間外になってしまったり、休日をまたいでしまえば必要な時までに間に合わないかもしれません。

それでは困ってしまいますよね。

つまり、24時間営業を行っていて休日でも対応できる業者をあらかじめ探しておくことも必要な準備かもしれません。


平日の申込みとは違う事が多い!同じ条件とは限らない・・・

条件が違うかも

休日営業や24時間営業の現金化を行う場合は注意しなければならない事がいくつかあります。


まずは、営業時間です。

実は業者の公式サイトは数社見比べて見てもらいたいのですが、おおよそ9割以上のホームページに「24時間受付」「24時間申込みOK」などの記載があることに注目して下さい。

えっ!?こんなに沢山あるなら困らないじゃん。と思うかもしれませんが実は裏の事情が隠れています。

公式ページの「企業概要」「会社概要」を確認してもらうと実際の営業時間の記載があるはずです。

お気づきの方も多いと思いますが、この各社が記載している営業時間こそが受付を処理できる実際の時間となっております。

例えば「AM9:00~PM19:00 年中無休・24時間受付」と記載があったら、20:00にメールでの申込みは受け付けることができますよね。

ですが、その申込みの処理または手続きを行うのは翌営業日のAM9:00となるわけです。

24時間受付と謳っているが、スタッフもおらず電話での対応もしてもらえないというのが現実となります。

夜間での現金化はもちろん手続きすらできません。24時間メールは自由に送って頂いて、受付だけはしますよという解釈で記載しているようです。


クレジットカードの現金化なら一番早くお金を手にすることができると申し込んだけど結局振り込まれたのは週明けの月曜日になっちゃった、というのはリサーチをしないまま現金化を申し込んだ典型的な起こり得るパターンです。

事前調査や公式ページでない情報も最低限は目を通しておくことも大切ですがどのサイトにも年中営業・24時間受付と謳ってお客様の印象を良くし問い合わせでの数を獲得しようとしているためサイトだけでは分かりづらいかもしれません。


次に換金率です。

夜間も営業しているようだし、休日でも振り込んでくれるという事だからこの店舗なら大丈夫だな。

換金率もそこそこ悪くないし問題なく現金化できそうだ。

と大抵の方が判断しているのではないでしょうか。

もちろん悪くはありませんがここにも落とし穴があることをご存知でしたでしょうか。


本当にあなたが見た換金率表通りに振り込まれるのでしょうか。

もちろんお店側の人も換金率はこちらで嘘ではないのかも知れませんが、休日での振込みでも同じ換金率なのか、絶対に確認が必要です。

通常公式サイトに表示されているのは2種類~3種類程度。

「通常またはスタンダードプラン」
「即日またはスピードプラン」
「女性またはレディースプラン」

といったところでしょう。

でもこれは平日だけの換金率ではありませんか?
全ての業者に当てはまる内容では無いのかもしれませんが、土曜や日曜・祝日での現金化の場合は換金率が下がったり、手数料が掛かる事が実際にあります。

それは休日や夜間でもスタッフを常住させなければならいとなると経費が掛かる事は否めませんし、現金化に限らず飲食店やコンビニなどのアルバイトの時給でも高くなっているはずです。

また、銀行間の手数料も高くなるケースが大いにあります。

そう考えると優良店舗だとしてもあり得ることなのかもしれません。

心理的な営業により利用者が増えているのかもしれません

心理的営業

こういった即日での振込みや夜間や休日での振込みはインターネットバンクの普及があってこそできたサービスと言えます。

つまりどういう事かというと、実際に現金化の申込みを行って時間や曜日を問わずリアルタイムで送金対応してくれる業者というのがあまり多くはありません。

営業店舗が少ない上に一定数の需要が見込まれるということもあり、競争率があまり激しくないというのが私の印象です。

競争が激しくないという事は条件が厳しくても利用者がくるという事です。

利用者側からしたらあまり嬉しくは無いですよね。

営業店舗が少なく問い合わせしてもなかなか対応してもらえない状況になると、多少条件が悪くても「助かった」「有り難い」という感情が先行して申込みをしてしまう傾向にあるようです。

数店舗問い合わせをしても断られて、お金が必要な状況では冷静な判断能力が保てないということは誰しもが当て嵌まる心理状態です。

しかも、統計では低い換金率での申し込みだったとしても6割以上の利用者がリピーター(2回目以降も申込みに来る)になるという結果まで出ているようです。


通常で考えれば低い換金率でサービスを提供され足元をみられる様な形になったとしても過半数は悪い印象を持たないというのはとても信じられませんよね。

但し、このような心理状態を巧みに利用し詐欺や換金率の必要以上な引き下げを行っている業者も確認が取れております。
現在でも営業を行っているはずです。

できることならすぐに申し込みを行わずに数社をゆっくり検討できる時間を持てるようにしたほうが良いでしょう。

お互いの条件が必要であることを理解しよう

互いの条件

この24時間行える現金化は業者側の問題で行えなくなるわけではありません。

24時間リアルタイムでの現金化は業者側の業務上の問題だけでなく利用者側の最低限の準備が必要になります。


それがネット銀行(インターネットバンク)になります。

ネットバンクは実店舗を持たずにインターネット上でのみ業務を行える銀行のことで銀行員ではなくコンピューターから処理を行うシステムとなっております。

少し前までは金利がメガバンクよりも高い印象がありましたが最近では余り変わらないようですね。

このインターネットバンクは日本の大手銀行や地方銀行とまったく変わりません。


ペイオフという言葉を耳にしたことはありませんか?

このペイオフとは金融機関が破綻したときに通常では1金融機関で1預金者あたりの元本1,000万円迄と、その利息等が預金保険機構より保証される(支払われる)システムの事です。

これは預金者が行う保険ではなく金融機関側が入る保険の制度となっております。

何も知らないで預金を預けていませんか?
この保険に加入している銀行は良いのですが、加入していない銀行に預金をして金融機関が破綻した際はすべて無くなってしまうかもしれません。

ですからこういった保険制度を確認し銀行を選択し預金を行った方がよいでしょう。

現在の国内の銀行では殆どの金融機関が加入しているようです。

もちろんネットバンクも加入しており保証対象となっております。

インターネットバンクと一言でいっても多くのネットバンクと呼ばれる銀行が存在(営業)している状態です。

現金化の業者はおおよそ2行から3行の口座を殆どの店舗が持っています。

その現金化業者の口座と同じ銀行の口座を自身が持っている事でリアルタイム送金が実現できるというわけです。

なので、夜間でも手続きを行ってくれる店舗があっても口座が対応していなければ翌営業にしか振込まれません


クレジットカード現金化は最短だし、簡単に利用できるという事には変わりはないと思うが自信の準備も必要であるというのは余り浸透してない情報ともいえます。

最終的な意見としては出来ることなら土曜・日曜・祝日や15時以降での現金化の申込みを平日にするほうが絶対的に良いはずですのでお勧めします。

24時間営業の業務システムについてのまとめ

今後の展開としては時間外営業はどうなるかは分かりません。


百貨店は逆にしっかりとお休みを取る方向にシフトし始めましたし、コンビにも24時間営業を見直す考えを持っていることにも言及してるようですのでこれ以上のシステム向上が見込めるかは今のところ不明です。

夜間での業務の人手不足により単価も上がっていることは間違いありませんので現金化の換金率も人件費に伴って反比例してしまうようなことがあれば需要は減少し、申込みを躊躇するようになってしまうような時代になるかもしれませんね。

お役立ち特集

↑ PAGE TOP