クレジットカード現金化

365日お申込み可能!24時間 年中無休 電話・メール受付OK

まずは「キャッシング」と「キャッシング機能付き」について理解をしてみよう。

このページをご覧頂いている方の半数以上の方が初めてご利用されることを前提にお話を進めさせて頂きます。
まず「キャッシング」とは直訳すると「現金化、現金に換える」という事になります。
キャッシング=消費者金融というイメージが強い方も沢山いるでしょう。しかし実際はキャッシング自体は殆どの企業が取り入れているシステムです。 もちろんクレジットカード会社は勿論のこと銀行もキャッシュカードの追加機能としてキャッシングを用意しているところが殆どです。

まずはキャッシングについて学んでみましょう

クレジットカードもキャッシュカードについてもキャッシング機能は現状お金がない状態から全ての提携ATMより現金を手にすることができるシステムとなっており年収やカードの種類によって利用限度額が決まっております。
担保や連帯保証人不要というところが殆どで所得証明やお勤め先の提出程度で申し込みができるようになってきてるようですが賃金業法の改定により収入のない方や低い方は借りられなかったり、手続きが多くなってご利用限度額も低く定められてしまってます。 一般的に収入の3分の1までが限度額といわれておりますが、それは1社ではなく全ての借入限度額となっております。
また夫婦間でも同様です。夫の収入が200万円で妻の収入が100万円だとすると基本的に夫婦あわせて100万円が限度額となりますので注意が必要になります。

貸金業法改定後
※上記は(参考)日本貸金業協会からの画像を借りてます。

ですから平成22年6月18日施行以降は消費者金融などの利用者は減りキャッシング機能付きといわれる付帯システムへの乗り移りが多くなっています。
いわゆる消費者金融業者などは自社カード自体にクレジットカード機能などを付帯してお客を取り返そうと巻き返しの為に独自サービスなども打ち出してきております。
しかし、多くのクレジットカード発行元やメガバンクもキャッシングの利用が出来るようなシステムを導入してますので錯交してきているのが現状です。
ですからどこを選んだほうがお得なのかわらなくなるほどです。
しかも昨今ではいわゆるポイント会社もポイントとクレジットを同時に取得・利用できるようにしてますので非常に便利になってきている一方で、お買い物をする場所や商品によって使い分けが必要なくらいに選択肢が増えてしまっているのも事実です。

例えば全国に展開するイオンクレジットもまた、キャッシング機能がついているのとともに提携企業によるポイント機能付きとなっております。
ご返済方式も一回払い(元利一括返済方式)とリボルビング払い(残高スライド元利均等返済方式)の選択が可能となっており
お借入れ利率も実質年率 7.8%~18.0%(遅延損害金/実質年率20.0%、28年1月1日付)となっております。

こちらもまた、全国展開の一番利用者がいる楽天クレジットも楽天ポイントとキャッシング機能があります。楽天クレジットを利用してキャッシングを利用した場合を見てみましょう。

楽天クレジットの金利グラフ
※上記は(参考)楽天クレジットから画像を借りてます。(28年1月1日付)

殆どのところが同じような状況ではありますがキャッシングの方が実質利率が若干高いように思われます。 ですから経済の変動により大きく左右され易い事もありますのでお得なのか損なのかすぐに答えはで