クレジットカード現金化

365日お申込み可能!24時間 年中無休 電話・メール受付OK

優良店舗はゼロではない、正しい知識を身に付ければ詐欺行為も90%以上は防げる

90%以上防げる

クレジットカードによる現金化を考えた時に、業者の選び方はとても大事なことで、それにより詐欺に遭遇する確率を減らしたり、お得に利用したりすることができます。

ただ数多くの業者が存在しているので、なかなか比較検討することも大変な作業になりますが、複数の業者をピックアップして比較することから始めるべきです。

間違っても一番初めに見つけた業者に安易な考えで申込みすることだけは避けるべきで、その為にも業者の選び方のポイントを知っておく必要があります。


安心・安全な業者の選び方のひとつ目は、業者の公式ホームページに会社名、郵便番号や建物名を含めた会社の所在地、フルネームの代表者名が掲載されているかを確認することです。

また、営業時間が曜日別に記載されている、定休日が明確にわかる営業日を提示している、取引銀行が記載されているなども併せて確認しておくべき点と言えるでしょう。

会社情報が明確になっていない業者と取引することはリスクが高いと認識して、安心して取引するためにも会社概要が明確な業者を選択するべきと理解しておくことです。

一般的な企業と考えて確認するようにするとわかりやすいかもしれませんね。


本人以外のカードを使うことは、基本的に法律で禁止されている行為なので、現金化サービスを利用する際には必ず本人確認という手続きが実施されます。

このように本人確認自体は正当な手続きなので問題ありませんが、カード情報を悪用する目的で本人確認を利用する悪質な業者も存在するので注意が必要です。

クレジットカードの暗証番号やセキュリティコードなど、本人確認に必要ない事項まで聞き出してくる業者は悪質な可能性が高いので、そのような業者は選ばないことです。

一般企業でも言えることですが、利益を出して行かなくては経営を長く続けることはできないもので、創業年数も業者の選び方の参考になります。


業者の選び方として様々な情報を確認すると共に大事なのが、直接問い合わせをして親切・丁寧な対応をしてくれるのかなどを自身で確認してみることです。

また、公式ホームページに記載されていた固定電話にかけて、すぐに携帯電話に転送されるような業者は、実体のない悪質な業者の可能性が高いので注意が必要です。


このように業者の選び方のポイントも様々ありますが、チェックすることを面倒に思わないで一つ一つ確実にしていくことが大切なことです。

万が一業者の選び方を間違えてしまうと大きな損失につながる可能性があることを、しっかりと認識しておくことがとても重要です。

ホームページのチェックは業者の選定方法になる

ネットチェックで選定

手軽に現金を用意することが可能な方法としてクレジットカードの現金化というのがありますが、業者の選定方法を間違えると大変なことになる可能性があります。


では、どのような選定方法があるのかというと、業者の公式ホームページの内容やデザインをチェックしてみるのもひとつです。

現金化をしている業者の窓口は基本的にウェブで、利用の流れを説明したり魅力的なポイントを紹介したりして、利用者をできる限り呼び込もうとしています。

このように集客に大切な役割を果たしているホームページのデザインが崩れていたり、あまり良い印象を感じなかったりする場合は、その業者を少し疑うべきです。

その理由は、悪質な業者は息の長いビジネスをしようと考えていないため、いつでも手を引けるように適当なサイト運営をしているケースも少なくないからです。

その為、ホームページ制作業者などに依頼しないで個人で製作していることが多いですし、注目されないようにあえて品質を下げている可能性も考えられます。

ホームページのデザインに着目することで、業者の良し悪しも察知できる可能性があるので、違和感がないかをチェックすることをおすすめします。


ホームページの記載内容を確認することも業者の選定方法として大事なことで、重要な会社概要の項目がメインメニューの分かりやすい場所にない時は疑うべきです。

また、それと共に会社概要の中身において、所在地・建物名・代表者氏名・固定電話の番号など必要最低限の記載がされているかを確認することも必要です。

もし会社概要の記載が全くない業者は論外ですし、代表者氏名が苗字だけとか、電話番号が携帯電話のものしかない場合なども、悪質な業者の可能性があると言えます。

それから、可能であればストリートビューなどで会社の名前や住所を検索して、実際に存在しているのかどうかを念のために確認しておくことも良い方法です。

ホームページに換金率が明示されていることが多いですが、一般的な換金率相場と極端にかけ離れている場合には、注意する必要があります。

少しでも高い換金率の業者を選びたいと考える方も少なくないですが、相場より高い換金率を記載している業者程悪質な業者と言うことも考えられるので避けた方が賢明です。

また、それと同様にホームページに掲載されているキャンペーン情報についても注意する必要があって、真実味のある内容かどうかをチェックすることも大事です。

このようにホームページから業者を見極めることも可能なので、業者の選定方法のひとつとして知っておくと役立ちます。

業者の選定方法として換金率をチェックするのなら抑えるべきポイント

換金率のポイント

現金化サービスを利用する場合に、どこの業者を利用するのかを比較して決める必要があります。

その際の選定方法には様々なものがありますが、換金率を比較して選ぶのもひとつの選択肢です。

この換金率というのは、どの程度の利率で換金されるかを示す数字なので、高ければ高いほど手元に現金が多く入ってきます。

利用者にとっては非常に重要な部分で、少しでも換金率が高い業者を選択するでしょうし、高い換金率を提示する会社を選ぶのが一番と考えます。

ただし換金率が高すぎるのも危険で、最初から高換金率で顧客を集め、騙そうとしている可能性も考えられるのです。

実は、この換金率は業者の手数料であり利益につながるものなので、商売という観点から考えると100%に近い換金率は考えられないのです。

例えば換金率が90%なら残りの10%が業者の手数料になって会社の利益になるので、このような数字では真面な会社運営は難しいと言えます。

つまり、95%など高い換金率の表記は常識では考えられないことで、そのような業者を選んでしまうと多くの損をしてしまうこともあるのです。

単純に換金率が高ければ良いということではないので、業者を選定する際には十分注意をする必要があることを認識しておくと良いです。


では、一般的にどの程度の換金率なのかと言うと、相場として約80~90%と考えておくと良いですし、実換金率は70~80%程度が妥当なところです。

数字の幅が広くなっているのは、業者によって違いがあるのと共に商品によっても違いがあるからなのですが、90%以上は余程の高額でなければあり得ないと認識しておく必要があります。

適切なサービスの提供やまともな会社運営・維持をするためには、常識的な換金率になることを理解して換金率を業者選定の情報として活用することです。


また、業者のホームページに掲載されるキャンペーン情報にも注意をする必要があり、特に換金率に関連する内容は慎重にチェックすることが大事です。

単に集客のために掲載している情報なのか、真実味のある情報なのかを確認して、キャンペーン情報に惑わされないことも大切なことです。

例えば、換金率が通常90%のところキャンペーンに付き98%と言った内容なら、常識から逸脱しているので疑ってみる必要があると考えられます。

繰り返しになりますが一般的な相場を理解して、常識的な判断をすることが必要不可欠と理解し、詐欺手口に騙されない賢い業者選択をすることをおすすめします。

お役立ち特集

↑ PAGE TOP