クレジットカード現金化

365日お申込み可能!24時間 年中無休 電話・メール受付OK

業者選びから振込までの流れをまとめました

クレジットカードでのショッピング枠現金化の手順はそれほど難しくありません。

インターネットがつながる環境で、クレジットカードと免許証などの身分証があれば、10分程度ですべてが完了するところもあります。

業者によって若干の違いはありますが、ここではもっとも普及しているキャッシュバック方式の業者に申し込む時の流れを説明します。




①まずは業者選び


まず、ショッピング枠を現金化してもらう業者を選びます。

還元率や現金が振り込まれるまでのスピードなど、業者によってさまざまですから、いくつかの業者を比較してみましょう。

還元率とは、クレジットカードでの決済額の何%が振り込まれるのかを表すものなので、高い方がお得なのは間違いありませんが、業者のなかにはサイトに表示している還元率通りに換金してくれないところもあります。
あまりにも高過ぎる還元率だと悪徳業者の可能性もあるので、いろいろ見比べて高過ぎず低すぎずという業者を探しましょう。




②クレジットカードの確認


クレジットカードのブランドによっては現金化に対応していない業者もありますが、VISAやMasterなどの有名ブランドであれば、ほぼすべての業者で現金化ができるようです。

JCBやアメックスでは対応してないところもあるので、申し込みの前に確認しておきましょう。

また、ご自身のカードの有効期限やショッピング枠の残りもチェックしておいてください。
ショッピング枠を使い切った状態では、現金化は不可能です。

ショッピング枠の利用限度額と残高はカード会社に直接問い合わせることができますので不明な場合は事前確認をしておきましょう。




③申し込み方法


申し込みの方法は、業者によって店頭、電話、メール、インターネットと用意されています。

いちばん簡単なのはインターネットによる申し込みです。

業者のサイトで申し込みフォームに必要事項を入力するだけで、多くの業者では24時間申し込みを受け付けてくれます
送信後は業者から電話やメールで確認の連絡が来ます。
本人であることを確認する必要があるので、身分証のコピーをFAXで送信したりする必要がある場合もあります。

この際、疑問があったらすべて聞いて、納得いかないようならば他の業者に変えても問題ありません




④決済と振込


次に、業者が指定する商品をカード決済で購入します。

この手順もすべてオンライン上でできる業者がほとんどなので、特に手間もかからず問題なくできるでしょう。
決済が確認されれば、指定の口座に現金が入金されます。

あと、商品を買った特典としてキャッシュバックがあるという方式ですから、決済後はその商品を受け取る必要があります

商品をどうしようとかまわないのですが、カードの支払いが終わるまでは、念のため手元に置いておきましょう。




お金が手に入れば終わりというわけではありません

前述の流れや手順でほぼすべての方がお金を手にすることができるようになりますが、あくまでも返済がある事を忘れてはいけません。

ショッピング枠を利用した現金化はあくまでも買い物をした状況と同じですから、お金が振り込まれたあとは買い物の代金の支払いがあります。
この返済方法が一定額ではなくリボ払いやボーナス払いができるのもショッピング枠を利用した特徴と言えますし、カード会社にもよりますが分割でも利息が付かないものもあるようですから便利であることは間違いありません。


では、表面上は買い物の代金を支払っているという事はどういったものなのでしょうか。



キャッシングやカードローンの返済と同じように考えている方もいるようですので比較して考えてみましょう。

まず、キャッシングなどの返済方法は「Aという会社」から借りれば「Aという会社」に返済するのが当たり前です。
これは「Aという会社」からお金を借りているのですから当然と言えば当然のシステムです。

キャッシングの例





ですが、ショッピング枠の現金化では「業者A」から指定された商品をクレジットカードによる決済で買い物をすると『現金』がご自身の口座へ振り込まれて手にすることができます。

しかし、返済は「クレジットカード会社」への支払いとなります。これが大きな違いとなり、勘違いをしている人が多くいる内容となります。

クレジットカードの例





ごくまれに、現金化を行ったあとに商品決済などの内容でカード会社へ問い合わせをする利用者がいるようですがこれは大変危険な行為です。
特に利用停止や一括返済といった状況に陥ったときは逃げ場がありませんし、カードも再登録ができなくなることもありますから注意が必要です。


キャンセルを行う場合などもまずは販売業者への相談が先となります。
例えば、返済方法の変更や残高の照会などは直接カード会社で大丈夫です。ショッピング枠の残高なども大丈夫ですので分からなくなったらカード会社に聞いてみましょう。

もちろんショッピング枠の上限に達していなければ通常どおりネットショッピングでも利用できますから現金として必要な分だけを利用するようにしましょう。


支払いについてはご承知のとおりですが、ショッピング枠専門の業者を使えば手数料が取られますから、入金される金額よりも返済する金額の方が多くなる傾向にあります。

利息を含めた場合を考えると返済の負担は多くなりますので毎月の返済が滞る事ない金額をしっかりと考えてから利用するようにしてください。

特に返済する会社と決済をする会社が相違するシステムでは決裁権がある業者側が優位になる状況となる場合が多く、支払する金額や振り込まれる金額のすり合わせをしっかりと行う事や手数料の「見える化」を行う事が大切です。



信用できる安全な業者を見分けるための知識と情報

信頼できる

ショッピング枠現金化は法的にはグレーゾーンであり、カード会社の規約においては完全な禁止行為に該当します。


グレーゾーンという一面があるせいか業者の中には悪徳業者も多数存在しており、被害者も殆どの人が表沙汰にしようとはしないので、実際にはどのくらいの被害が出ているのかはわかりません。
そのため、初めて利用する業者などには特に注意が必要です。

悪徳業者を見抜くためには、悪徳業者に関する知識や情報を知っておく事が大切になってきます。


悪徳業者の手口の一つが誇大広告です。

インターネットで高い還元率を謳っているものの、実際の取引においてはなにかと理由をつけて還元率を下げてくるといったものがこれに該当します。

具体的には、年収、カードの種類、カードのブランドなどが還元率を下げる理由として使用されるようです。

申込みにおける還元率が表示されている還元率と1パーセントでも異なる場合、その時点で利用を見送った方がいいでしょう。


換金率を隠すのも悪徳業者がよく使う手口です。

具体的には、最初に低い還元率を提示し、利用者が還元率の低さから利用を断ると、別の物販サイトで高い換金率で処理できるようになった、というようなものです。
お得感があるのでそれに釣られてしまう方も多いですが、すぐに別の換金率を提示してくるようであればそもそも初めから本来の換金率を隠していたと考えた方がいいでしょう。

換金率を隠していてそれを手口として利用する場合、お得感を出すために換金率のふり幅が異常に大きい傾向にあります。

換金率に5パーセント以上のふり幅があるようであれば利用を見送った方が無難です。


換金率詐欺とは、申込時における換金率より低い換金率の現金しか振り込まれないというものです。

これも悪徳業者がよく使う手口となっています。
具体的には、換金率90パーセントで100万円のショッピング枠の現金化を申し出たものの、実際に振り込まれたのは50万円だけだったといったものです。

さらに悪質になると、1円の現金も振り込まれないという完全な持ち逃げのパターンもあります。


換金率詐欺に遭遇した場合、電話やメールをしても連絡がつかないということが多いので、対策としてはまずこのような悪徳業者を利用しないことが大切です。

ショッピング枠を使った現金化を利用する場合、しっかりと業者については調べておきましょう。

しかし、インターネットの口コミや評判はその業者によって作成されたものである可能性があるため、安易に信じ込むのは危険です。
クレジットカード現金化は申込書の内容、手続き時の対応などから、相手が信用できる安全な業者と確信できる場合のみ利用をするようにした方がいいでしょう。



多くのリピーターに選ばれる理由

多くの人に選ばれる

クレジットカード現金化は、ショッピング枠さえあれば手軽に現金を取得することができるというものです。

近年ではその利便性の高さからクレジットカードを利用したショッピング枠専門の現金化業者は増え続けており、リピーターも増加傾向にあるとされています。

なぜ、リピーターから選ばれるのかというとキャッシングや融資とは異なるメリットがあるからです。


クレジットカードで通常のキャッシングを行うと、返済にリボ払いが効かないことも少なくありません。
そうなると、一時的にキャッシングで支払いを肩代わりしてもらったまではいいものの、すぐに全額返済しなければならなくなり、経済的負担が大きくなることがあります。

しかし、現金化を行った場合、ショッピング枠を利用することになるので、どのような支払いであってもリボ払いで返済を行うことができます


事業への先行投資、事業資金の調達、回収に時間がかかるような消費に対して、ゆっくりと返済をしていくことができるのです。

こうした返済のしやすさがクレジットカード現金化のメリットの一つとなります。


別の面では審査や登録などの手続きが不要なのもメリットです。

通常、銀行や消費者金融から融資を受ける場合、審査や登録などの手続きが発生し、時間が必要となります。
また、手間をかけて手続きを完了しても、確実に融資を受けられるとは限りません。

しかし、クレジットカード現金化の場合はクレジットカードのショッピング枠を使用するので、通販で買い物をするような感覚で気軽に現金を取得することができます。
審査や登録などの手続きは一切不要です。
一般的に、インターネットを利用して申し込みができるようになっているので店舗に行く必要もありませんし、簡単な入力を行うだけで完了できます。


また、収入による制限もありません。銀行などの融資は総量規制に基づき、年収の3分の1までしか受けることができないと定められています。

実際にはクレジットカードのショッピング枠の限度額内という制限はありますが、個人収入による制限はありません。
収入が全くない専業主婦なども家族カードなどでクレジットカード現金化を行えば、すぐにまとまった現金を取得することができます。

但し、収入のない無職の人がクレジットカードを作ろうとしても発行してくれる所はないと思いますのでこういった場合は利用はできません。


クレジットカード現金化は近年の需要拡大を受けてシステムが洗練されてきており、サービス品質に優れる業者も増えてきています。
業者の中には、24時間365日、年中無休で営業しているような業者もあります。

多くのリピーターは現金化を上手に活用して、申込からわずか5分で現金を取得したりしながら使っているようです。



  • 管理人画像
    管理人

    業者の選び方から、振込までの手順や流れをご紹介いたしました。
    このフローと違いがあったり、必要ないことまで情報を聞かれるようであれば疑ったほうが良いでしょう。

    特に初めてお申込みをされる方などは絶対に覚えておいてください。

お役立ち特集

↑ PAGE TOP