クレジットカード現金化

365日お申込み可能!24時間 年中無休 電話・メール受付OK

楽天スーパーポイントは現金化することが可能!その方法と仕組みについて

楽天スーパーポイント換金

現在では楽天を知らないっていう人を探すほうが大変かもしれないくらい認知度が高くなった楽天ですが、2000年に株式店頭上場、2005年に東北楽天イーグルス誕生と記憶にも新しいところだと思います。

そのころから認知度も急成長したと感じます。
楽天株式会社の詳細は割愛させていただきますが、その楽天で利用できるポイントシステムである「楽天スーパーポイント」というのがあります。

楽天スーパーポイントは勿論貯めることが出来ます。

楽天関連での商品の購入や利用、CMでもお馴染みの楽天カード新規申込みでもポイントが寄与されているようですね。

また、楽天銀行や楽天証券などもその類です。
提携企業(楽天でない企業)でのショッピングでも楽天ポイントを貯めることができます。

更に驚きなのは、楽天ウェブ検索といって楽天公式サイトで指定の商品の検索をするだけでポイントが寄与されるものまであるようです。 詳しい情報は楽天公式サイトで御確認頂けますのでご覧ください。


では単純に貯めて使うだけなら問題もありませんし、公式サイトで確認することが望ましいでしょう。
ですが、今回は現金を手にするまでを解説して参ります。


まずは利用できるだけの楽天ポイントが必要です
ポイントを貯める方法は沢山ありますが、通常のショッピングでは総額の1%がポイントとして還元される仕組みになっております。

いつもポイント2倍とか5倍とかのキャンペーンがあるので実際の還元率を忘れてしまいます。

ポイントが貯まるまでは相当な時間が掛かるので貯まっている人はポイントを利用することをおすすめ致します。

現金化するためだけに考えるのであれば楽天ポイントギフトカードを利用するのが一番早い方法です。

楽天ポイントギフトカードは某ショッピングサイトのamazonギフト券と同じように全国のコンビニエンスストアで購入できる楽天専門のギフトカードとなっております。

金額の固定タイプと金額指定タイプがありますのでお手持ちの金額でご利用が可能となっております。
最低金額は1500円~となっておりますので注意が必要です。

ポイントは1500円=1500ポイントとなっており、利用する際も同様です。

ギフトカードのポイント受取はあくまでも楽天にログインしたサイト内での受け渡しとなっております。

ギフトカードを購入後に裏面のPIN番号を入力し「受け取る」をクリックするとご自身のアカウントに反映されるようになっております。
もちろん、ギフトカードですので友人へのプレゼントやお祝い、企業間での粗品などでも利用することが出来ます。


その楽天ポイントギフトカードですが、実はクレジットカード決済や電子マネーでの決済が可能となっております。

通常、クレジットカード以外での買い物を希望される方がこの商品を使うことを想定しているようですが、カード決済が出来るんです。

コンビニエンスストアや格安量販店などでも購入できますので是非試してみてください。


いよいよココからが大切になってきます。
ではどうやって楽天ポイント=現金に換わるのでしょうか。


楽天の商品券販売センターに行きます。
検索欄に「商品券販売センター」と入力してクリックすれば閲覧できます。

取り扱われる商品になります。
楽天商品券
これだけの商品券をポイントで購入することが出来ます。
ではどれを選べば良いのでしょうか。

ほとんどの方が新幹線回数券か信販系のギフトカードを選択されると思いますが、管理人は違います。
全国百貨店共通商品券を間違いなく選択するでしょう。

利用できる店舗の場所等によっては多少の不便さはあるかもしれませんがそれ以上に嬉しいことがあります。

実は全国百貨店共通商品券とジェフグルメカードはお釣りが出た際に現金で返却されます。

1000円の商品券で10円のものを買えば990円現金で返ってきます。
なんと換金率99%と成り得るわけです。

この金額は極端な例になりますが、大きな金額でも同じことが言えます。

しかも有効期限がありませんので安心ですし、本当に必要な物があれば北海道から沖縄までの利用できる店舗で買い物ができる。

これは信販系のギフトカードでは現金でお釣りが返ってくる事はまずありえません。

新幹線の回数券も金券ショップでは高価買取の商品として有名ですが、活用価値としては及ばないでしょう。

共通商品券も金券ショップでは恐らく90%台では買取してもらえるのではないでしょうか。


ここまで読んで頂いて疑問に思った方は凄い人です。
ん?と思ったその疑問とは、「最初からクレジットカードで商品券を購入すれば?」ということです。

実は商品券をクレジットカードでは購入が出来ません。

一部の商品券などは購入が出来る物もあるようですが、商品券や切手などの換金性の高い物は禁止されているのが現状です。

ネット販売などでは買える事もあるようですが、繰り返しの購入となるとカード会社からはマークされる事でしょう。

ヤフーでは公式サイトでTポイントから現金に変換ができる旨を掲載してます

Tポイント

国内で一番普及しているポイントと言っても良いくらいのTポイント。

このTポイントってYahooの公式サイトに「現金化できます。」って明記されているから驚きです。

もちろん条件やポイントの還元率は通常利用するよりも下がりますが現金化できるなら大丈夫と思う方はぜひ実行ください。


まずはヤフーにログイン後に残高確認を行い、利用規約に同意が必要になります。

現金に変換できる条件として1000ポイント以上たまっていることが必要です。

1000ポイント以上、100ポイント単位で換金できるようになります。
Tポイントの交換レートは100ポイント ⇒ 85円となっております。

さらにジャパンネット銀行の口座を持っていなければなりません。
口座が無ければ新規での開設も可能となっており、Yahoo!ウォレット受取口座登録を行います。

そのご口座に指定したポイント分だけ交換レートにて現金が振り込まれる仕組みになっております。

方法としては簡単ですが、約2週間ほど振込みまでに掛かるので急ぎでなければ十分に利用できるのではないでしょうか。

特にTポイントは他社のポイントから変換し易いメリットがありますから、いろんな企業のポイントを変換することができるはずです。

つまり色々な企業のポイントをまとめて現金化できるという事です。


しかし、さらに驚きの方法があるんです。

それは『Suica』です。
スイカへのチャージ変換は同額レートつまり、1000ポイントは1000円分です。

等価交換できるのはこれだけではないでしょうか。

但しこちらは1度の交換に上限があり10000ポイント以下と定められております。
さらに、スイカでも約2週間の期間が手続きから必要になるようです。

「電車も使わないし、等価交換だとしても現金にはならないんじゃないの?」と聞こえてきそうですが、実はここからが重要です。

Suicaの返却を行います。
そうすることによって手数料(220円)が掛かりますがチャージしている金額と預り金(デジポット500円)を合わせた金額が返還されるようになります。


「どうしても!」という時、当日に現金を手にすることができる最終手段として活用できればと思います。

借入や借金があってもクレジットカード現金化でお金を手にすることができる

借入OK

「すぐに現金が必要だけど、多重債務者だからもう消費者金融ではお金が借りられない」という方でも、クレジットカードの現金化によって、すぐに現金を手にすることが可能です。

お金が必要な時に行う事といえば、借金を思い浮かべる人は多いですが、すでに多額の借入がある人には、それ以上借入することが不可能な場合があります。

また、借入を行うには越えなければならないハードルがたくさんあります。
安定した収入がない方や専業主婦の方では審査に通らないこともありますし、保証人や担保が必要な場合もあります。

また、借りられたとしても、高い利息により返済に苦しむことも考えられます。

しかし、クレジットカード現金化は借金ではないので、消費者金融の審査に通らない方でも現金を手にすることができますし、保証人や担保を用意する必要もありません。

それに、クレジットカードのショッピング枠を利用するので、かかる金利はカードローンと比べてはるかに低いです。

消費者金融のように信用情報機関に情報が登録されることもなく、負担が少なく誰でも気軽に現金を用立てることができます。

クレジットカード現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を利用して、業者から商品などを購入し、そのキャッシュバックとして現金を振り込んでもらう方法が一般的です。

クレジットカードで購入したものを買い取ってもらうという方法が従来は一般的でしたが、これには法的にもクレジットカード会社の規約的にも何かと問題があります。


しかし、現今のキャッシュバック方式であれば、以前より安全性が高いです。

自分所有のクレジットカードがあり、そのショッピング枠の残高が十分であれば、短時間のうちにオンライン上の手続きのみで現金を振り込んでもらうことができます。

利用条件はそれだけなので、今、借金や借入がたくさんあるという人でも問題なく利用できます。

実際、多重債務に苦しんでいるという方のなかには、最後の手段としてクレジットカード現金化を利用している方もいます。

たとえクレジットカードのキャッシング枠が使えない状態でも、ショッピング枠に空きさえあれば現金を手にすることができるのです。
ただし、クレジットカードの現金化にも注意点はあります。

要は、カード会社から見ると、クレジットカードで買い物をしたのと同じことになるので、現金化した後にはそれを締め切り日までに全額返済しなければなりません。

便利な方法ですが、すでに借金や借入が多数という方は、しっかり返済計画を立ててから利用しましょう。

お役立ち特集

↑ PAGE TOP