クレジットカード現金化

365日お申込み可能!24時間 年中無休 電話・メール受付OK

ヤミ金の借金は現金化で一括返済っていう事も!!

ヤミ金申込みの画像

消費者金融の審査に通らずヤミ金からお金を借りたが、10日で1割、10日で2割というペースで利息が増えていく……

利息の支払いだけで手いっぱい、元金を返済できず、ずっと利息だけを払い続ける日々が続いている。

これ以上ヤミ金にお金を払いたくない。


そのような時、どうするべきか。

本来、ヤミ金は法律で認められた貸金業者ではないため、消費者はヤミ金に対してお金を返済する義務が発生しませんが、かといってヤミ金を無視する勇気は一般の人にはなかなかありませんよね。
すでに利息だけで元金分を返済している場合は、弁護士を入れるとすぐに解決できるケースも多いですが、ヤミ金によってはその後も嫌がらせをしてくるケースがあります。
ヤミ金と揉めずに済む方法としては、もともとの取引内容を守ること、つまり元金をまとめて返済してしまう方法が考えられます。

「それができないから利息だけ払っている」と言われるでしょうが、現金化を利用できれば、まとまったお金を用意することができるので元金を返済できる可能性があります。

たとえば、クレジットカードのショッピング枠の限度額が50万円であり、現在クレジット会社に立て替えてもらっている代金がない場合は、50万円で換金率の高い商品を購入し、大体80~90%の換金率で現金に換えることができます(換金率は業者によって異なります)。
50万円の商品を購入して45万円に換金した場合、45万円までの借金ならまとめて返済することができます。ヤミ金からトイチで40万円借りており、10日ごとに4万円の利息だけ支払っているという方は、44万円を一度に返済すれば、もうヤミ金に利息を払わずに済みます。
あとはクレジットカードのショッピング代金として50万円をクレジット会社に支払うだけです。
こちらはヤミ金と違い、おおよそ年利20%以下の支払いですので、返済が楽ですね。
一括払い以外にも分割払い・リボ払い・ボーナス払いを選択可能であり、自分のペースで返済していくことができます。
もちろん、すでに利息だけで40万円以上払っているという方は、弁護士に相談して話をつけてもらえば、新たな借金を増やさず、その場でヤミ金と縁を切れる可能性もあります。
ただし、ヤミ金によって引き際が早い場合としつこい場合があるので、すぐに解決できるかどうか、実際にやってみないと分からない部分があります。
ヤミ金と揉めたくないという方は、クレジットカード現金化を利用することも方法の一つです。

一緒に読まれている記事  

申込みに審査がないから利用OK⇒そういった安易な考えは非常に危険です。

ヤミ金専用ダイヤルの画像

街頭やインターネットでは、多くのヤミ金業者が広告を出しています。

「即日300万円まで融資可能」「無職でもOK」など、お金に困っている方にとって非常に魅力的な内容が書かれています。
消費者金融の審査に通らなかった方が、このような広告を見てヤミ金を利用するケースは非常に多いです。

しかし、ヤミ金だからといって誰でも利用できるわけではありません。

ヤミ金には消費者金融のような書類審査はありませんが、貸したお金は必ず回収しないといけませんので、在籍確認は必ず行われます。
在籍確認は、消費者に収入源があることを確認するために必要であり、同時に消費者を脅すためのツールになります。
無職の場合、借金返済のあてがありませんので、担保や保証人を要求されることもあるようです。

また、業者によっては相手を一目見ただけで「お金を貸すか貸さないか」「貸すとしたらいくら貸すか」「利子は何割にするか」など、一瞬のうちに判断するといいます。

これもヤミ金独自の審査方法と言えるでしょう。しかし、いくら信用できそうな相手でも、ヤミ金が初めから10万円以上貸してくれることはありません。
最初は「信用できるか確認する」と言って、数万円の貸付を行います。
それを返済したあとで、初めて10万円以上交渉できるようになりますが、返済能力の低い方が大きな金額を借りられるとは思わない方がよいでしょう。

ヤミ金の広告はただの誇大広告であり、実態と大きくかけ離れています。
では、「簡単に現金を手に入れられる」というクレジットカード現金化はどうなのでしょうか?

  確かにクレジットカードでの現金化も誇大広告が多く、業者のホームページに記載された内容がまったく当てにならないこともしばしばあります。

しかし、それは悪徳業者の場合です。

度が過ぎた誇大広告を行わず、詳しい内容について事前に説明してくれる優良業者も存在しており、優良業者を利用する限りトラブルに巻き込まれる可能性は低いです。
また、サービスの性質上、特別な審査を行う必要がありません。
当然、在籍確認はありませんし、無職だからといって担保や保証人を求められる心配はありません。

また、クレジットカードのショッピング枠に応じて取引するので、ショッピング枠に空きがあれば10万円でも20万円でも現金化することが可能です。

銀行口座に現金を振り込んでもらったら、あとはクレジット会社への支払いとなるため、もう業者と関わる必要はありません。
「簡単に現金を手に入れられる」というのは確かに本当です。
ヤミ金を利用するよりも優先的に検討する方がよいでしょう。

一緒に読まれている記事  

ヤミ金は「ジャンプ」をせずに現金化で解決しよう

消費者金融で借りたお金を長期滞納したり、返済できずに債務整理を行ったりすると、信用情報に事故情報が記入されます。
所謂ブラック登録です。
ブラックになると、まともな金融機関はお金を貸してくれませんので、どうしてもお金が必要な時はヤミ金に頼らざるを得ません。
しかし、ヤミ金に借りると「トサン」や「トゴ」など非常に高い利息を取られます。

月収18万円の方が入院して10万円の医療費が必要になった時、ヤミ金からトサンで10万円借りても、事務手数料や借用書の書類代などと言われて最初に1~2万円(もしくは天引きとして3万円)引かれ、10日後には10万円+利息3万円を支払わなくてはならなくなります。

10万円必要ですので、実際は15万円など少し多めに借入して、10日後に15万円+45,000円の利息を支払うこととなります。
月収18万円で現在一文無しの人が、10日後に20万円弱を払うことは難しいですよね。
10日以内に給料日が来たとしても、生活費などを考えると一括払いは難しいでしょう。

ヤミ金は一部返済を受け付けていない場合が多く、元金を返済できない場合は利息のみの支払いとなります。
これを「ジャンプ」といいます。
45,000円を支払うと、また10日後に45,000円、20日後に45,000円払います。
給料日は通常月1回ですので、次の給料日までに2回ジャンプし9万円を支払ったあと、給料18万円と手持ちのお金を足して195,000円を一括払いし、ようやくヤミ金への支払いが終わります。
15万円をひと月借りただけでも、事務手数料(天引き)、2回のジャンプ、完済時の利息を合わせると約15万円の利息が発生します。
元金とほとんど変わりませんが、もしも3回目の支払いで「ジャンプ」してしまい、その後も「ジャンプ」を続けてしまうと、あっという間に20万円、30万円と利息が増えてゆきます。
このように「ジャンプ」を繰り返すくらいなら、思い切ってクレジットカード現金化を行い、早々に元金を一括払いしてしまった方が得策です。
クレジットカード現金化は、手持ちのクレジットカードのショッピング枠を現金化する方法です。
ショッピング枠が15万円あれば、ほとんどの業者で10万円以上換金することができます(現金化の相場は商品代金の80%です)。
現金をすぐに入手することができるうえ、商品代金の支払いは1~2ヵ月後ですので、余裕を持って返済できます。

一括払いが不安な方は、クレジット手数料のかからない2回払い、ボーナス一括払いを利用してはいかがでしょうか。

お役立ち特集

↑ PAGE TOP