クレジットカード現金化

365日お申込み可能!24時間 年中無休 電話・メール受付OK

信用情報を汚したくない方に現金化をすすめる理由

信用情報を汚したくない

消費者金融を利用すると信用情報に記録されます。
信用情報は時間が経つと消えますが、遅延事故などを起こしてブラック登録されると、5~10年間も記録が残ります。

銀行や大企業など社会的信用の高い会社の場合、信用情報が就職に影響を与えることがあると言われています。
一応、信用情報は金融機関の融資判断以外に使用しないよう定められており、本人以外信用情報の開示請求を行えないようになっています。

しかし、興信所などを利用すると、なぜか信用情報が本人の知らないところに伝わるという話もあるので、用心に越したことはありません。
しかし、どうしてもお金が必要という時、その信用情報によって金融機関のキャッシングやカードローンを利用できないのは大変不便です。
そのような時、使える方法としてクレジットカード現金化をおすすめ致します。

クレジットカード現金化は、クレジットカードで換金率の高い商品を購入し、古物商に転売して現金を得る方法です。
古物商に転売する方法以外には、キャッシュバック付きの商品を購入し、購入代金の一部をキャッシュバックしてもらう方法もあります。
街中で「クレジットカード現金化はこちら!」というプラカードを持ったアルバイトを見たことがあるかもしれませんが、街中に実店舗を構えているのが古物商の現金化業者であり、店舗で直接店員の顔を見ながら取引できるというメリットがあります。
一方、キャッシュバック型の現金化業者はほとんど実店舗を持たず、インターネット上の取引となります。相手の顔が見えないという不安がありますが、カード決済すねとすぐに現金を振り込んでくれるというスピード取引であり、急いでいる方に便利な方法です。
ただし、キュッシュバック型には悪徳業者も多いので、初心者の方はなるべく買取型の古物商を利用した方がよいでしょう。

現金化までの手続きは簡単で、業者に指定された商品を購入する、商品を業者に持っていき(または郵送し)換金するというツーステップです。
クレジットカードは商品を購入する時に使用するだけで、業者に直接提示する必要はありません。
犯罪防止のために、運転免許証などの身分証明書だけ提示する必要があります。

このように、クレジットカード現金化の手続きは通常のショッピングと変わらないため、利用明細書にショッピング代が記される以外に情報が残ることはありません。
キャッシングやカードローンと比べて業者手数料が高いというデメリットがありますが、信用情報に余計な情報を残したくないという方には検討する価値があるでしょう。

一緒に読まれている記事  

審査・担保・保証人なしだから大丈夫!?

信用情報が残らないワケ

クレジットカード現金化は、クレジットカードを所有していれば誰でも今すぐ行うことが出来るサービスというのはご存知でしょう。
なぜなら、クレジットカード現金化はキャッシングやカードローンを利用する時のような審査がなく、担保・保証人も一切求められないからです。

どうして審査がないのかというと、クレジットカード現金化は業者が直接お金を貸すのではなく、クレジットカード会社の立替払いを利用するからです。

クレジットカードを使用したショッピングは、すべてクレジットカード会社が消費者の代わりに代金を立て替えてくれます。
クレジットカード現金化もショッピングですので例外ではありません(ただし、現金化はクレジットカード会社の利用規約で禁止されています)。
決済さえ完了すれば、一定期間後に業者にお金が入ってくることは分かっています。
ですので、決済後に業者から消費者に対して何らかのアクションを起こされる心配はありません。
クレジットカードを利用することで、消費者は業者ではなくクレジットカード会社に対して借金をすることになるのです。
そのため、支払方法も銀行口座から自動き落としとなり、口座振替を行う必要がありません。
万が一支払いが遅れた場合も、ハガキや電話で支払いを促されることはありますが、ヤミ金のように自宅や職場への電話が鳴りっぱなしになることはありません。
担保・保証人がないのも、クレジットカードでショッピングをする際に、一々担保・保証人を要求されないことと同じです。

クレジットカードをこれから作る場合も、審査を請け負う保証会社が保証人となっているため、消費者側が担保・保証人を求められる心配はありません。
無料系クレジットカードなら厳しい審査も行われず、収入なども自己申告となるため、比較的簡単に通過することができるでしょう。
また、審査がないということは、在籍確認や電話確認などもないということです。
消費者金融から職場に電話がかかってきて気まずい思いをしたり、自宅にかかってきて家族から不審がられたりした経験を持つ方もいるかと思いますが、クレジットカード現金化ならそのような心配が一切ありません。
もちろん、信用情報をチェックされることもありません。
消費者金融を利用できない無職の方やブラック登録されている方でも、気軽に利用できるのがクレジットカード現金化の最大のメリットです。

クレジットカード現金化の換金率の相場は商品代金の80%前後であり、ショッピング枠の範囲内なら一度に大きな金額を取引することも可能となっております。

一緒に読まれている記事  

生活に困窮した時は市役所に相談しよう!貸付支援を受けることができるかもしれない

お金がどうしても必要になるという事は決して恥ずかしい事ではありません。
信用情報を汚したく無かったり、家族にも相談できない、といった内容でお話を頂くことがありますが信用情報が汚れてしまうというのは返済ができない場合の話であって借りたら即ブラック登録という事ではありません。

また、家族や知人に相談できないという方はそもそも借入自体が『悪』と決めつけた固定観念があるからです。
もちろん、闇金や消費者金融などで理由なく借りてしまう行為自体は良くは無いと思います。

でも、現在の制度では知らない人も多いと思いますが各市町村の自治体で金銭的な支援制度があるんです。

簡単に言うと市役所でお金が借りられる制度です。


生活福祉資金貸付制度と呼ばれていますがどういった制度なのか具体的にみていきましょう。


まずこの制度は必要な相談や資金の貸し付けなどの生活支援を行って、その世帯の生活と経済的自立を図る為の物と明記されております。

この制度の貸付も一般と同じように資金種類があるようです。
「総合支援資金」「福祉資金(福祉費)」「福祉資金(緊急小口資金)」「教育支援資金」「不動産担保生活資金」となっております。

これだけの種類が設けられているならスグにでも借りたいと思いますよね。

金利がわからない闇金や消費者金融などで借りるより、信頼ができると思いますし、考えようによっては家族にも相談しやすいかもしれません。

しかし、利用できる世帯の条件というのが決まっております。

低所得者世帯

支援を受けることによって自立できる世帯かつ、自立に必要な支援を他から受けることが困窮である低所得世帯。 概ね世帯総収入が生活保護基準の1.7倍以下と言われています。

障害者世帯

「身体障害者手帳」「療育手帳」「精神障害者保健福祉手帳」の交付を受けている方が属する世帯。 または、障害者総合支援法によるサービスを利用している。

高齢者世帯

65歳以上の高齢者の属する世帯

となっております。
あくまでも見る限りでは属する世帯となっておりますので本人で無くても大丈夫なようです。

貸付にあたり連帯保証人を立てなければなりませんが、居なくても申し込みができるようです。
この辺りはとても市民にはありがたい緩和措置といえるでしょう。

総合支援の手順



では返済についてはどうなのでしょうか。

償還(返済)については貸付決定時にいつから返済を開始するか定められ、据置期間が経過したのちに開始されるようです。

ですから、必ずしも借りた翌月から返済が始まるわけではないようです。
世帯の状況や利用目的に応じた返済計画が認めれるようです。

現在では自立相談支援事業の利用が要件となっており、就職探しや自立のプランを立て実行していく必要が求められているようです。
また、貸付は原則3ヶ月とし、最大でも12ヶ月まで。返済期間は10年以内。


このように、相談窓口は沢山設けられております。
多くの困窮者は知らない制度ですし、毎日の生活で大変ですから知ろうにも手段が無いのかもしれません。

やはりこの辺りは国の宣伝の方法や仕方も考えてもらいたいです。

インターネットで宣伝してもスマホやパソコンを持っている人は利用することが無いような制度というのを理解してもらいたいです。

お役立ち特集

↑ PAGE TOP