クレジットカード現金化

365日お申込み可能!24時間 年中無休 電話・メール受付OK

交通系ICカードのSuicaは電子マネーカードです

今ではSuicaカードを持っていない人を探す方が難しいくらい普及してますが、このSuicaカードって何?って聞いたときにほとんどの人が定期券や切符という解釈をしている事でしょう。

suicaカード種別


正しくはIC付き電子マネーカードという方がわかりやすいかもしれません。
もちろん定期券としての機能はICに組み込まれていますので間違いではありませんが電子マネーです。

ですから、常にお金を持ち歩いているわけです。
もちろん、ポケットやバッグに入っているお財布よりかセキュリティは何倍も高いですから安心です。


このカードは東日本旅客鉄道株式会社と呼ばれる通称「JR東日本」が発行しているカードになります。
このJR東日本の1日あたりの利用者は約1700万人ともいわれておりますから近い数の人たちがSuicaを利用していると思って間違いないでしょう。

じつは電車に乗るだけでもSuicaカードがお得になっているという事をほとんどの人が理解してないのではないでしょうか。

電車に乗車るときに切符を買いますが切符の値段は全てが10円単位までしかありません。
実は乗車賃は1円単位が正式な価格なのですが現金で購入した場合は繰上げて購入している仕組みになっているようです。
電子マネーの利用であれば1円単位での支払いで運賃の支払いを行ってくれています。

Suicaには定期券としてはもちろんの事、それら以外の付加価値がとても重要になります。

例えばインターネットからチャージ(入金)ができる機能も備え、履歴利用履歴やその他設定の変更なども行えます。
また、ネットショッピングの決済としての利用価値もある為、Amazonや楽天など様々なECサイトでネットショッピングが行える以外にも、コンビニ、ショッピングモールや駐車場からタクシーまで幅広く活用できるシステムになっており、チャージした料金内での利用とすれば過度な浪費も防止できます。

さらには独自ポイントの運用も行っております。

Suica自体でクレジットカード機能を持たすことができることもあり、カードでの決済や電子マネーでの決済、Suicaクレジットカードでオートチャージをすればポイントが3倍になるというから驚きです。

それらすべてのポイントはもちろんsuica電子マネーへチャージすることもできますし、提携ポイント(T-POINT、WAONポイント)などへ交換することもできるようになっております。

その逆ももちろんできます。提携ポイントからSuicaポイントへの交換も可能です。


Suicaカードは絶対作った方が得?でも、日本全国では利用できない?

持っていた方が得

SuicaはJR東日本が発行している電子マネーカードという事もあり、当初はJRのみでしか利用できませんでした。
つまり関東近郊にお住まいの人しか利用価値が無いというのが本音でした。


また関東圏では私鉄や地下鉄などJRではない路線でも独自の電子マネーカードがあり利用する電車によっても利用できたり出来なかったり、更にはバスなどでも利用できる電子マネーが作られ逆にカードが多すぎて現金で払った方が財布がスッキリするくらいでした。

しかし、そういった不便さも解消されつつあります。
まずは関東圏の私鉄・地下鉄・バスなどでもsuicaが利用できるようになったことです。

これには利用者のほとんどの人がとても喜んだと思います。
今までの煩わしさが無くなったのですから利用価値、つまりカードの付加価値が上がったと言えます。

Suicaの利用エリアなどを公式サイトで調べてみても全国で拡大していることがわかるようになります。
西日本で利用されているICOCAエリア、PiTaPaエリアでは何の手続きもなくSuicaをそのまま利用することができます。

現状では東北や東海、北海道や九州のエリア間を跨ぐ際のSuica利用ができないとなっておりますが今後は全国での利用ができるようになってくるのではないでしょうか。


国土交通省としても交通政策基本計画という方針を打ち出し、2020年までにSuica、PASMO等の相互利用可能な交通系ICカードをすべての都道府県で使えるようにするという目標も定めており、インバウンド時代による外国人観光客が容易に国内各地を訪れることができるようになる為にはとても重要な一因として考えているようです。

Suicaがあれば困ったときに現金化できる。それが本当の付加価値!?

本当の付加価値

最近ではフリーマーケットサイトでの現金の取引というニュースが話題になりましたが、現金以外にもSuicaの売買が行われていたのはご存じだったでしょうか。
例えばSuicaに20,000円をチャージしたカードを23,000円でネット販売している者までいたようです。


そもそも現金を販売しているケースでは、何故?買う人いる?と思った方もいるでしょうが需要があったようです。
もちろん希少価値の高いお金を販売していたケースもあったでしょうが圧倒的に現行のお金が出回っていたという事です。

つまり30,000円の現金が必要な人が34,000円でそれを買う仕組みになっています。
もちろん決済はクレジットカードです。

クレジットカードで購入することにより、支払は翌月若しくは翌々月にできます。
しかも現金は自身の口座に振り込まれますから現金化と同じです。

もちろんこういった行為はクレジットカードの利用規約の中でも禁止事項となっている為、現金化を目的に行った決済であれば利用規約違反となります。

しかし、事態を重くみた運営者側の対応もあり終息しつつあるようです。

そこで新たに注目されたのがSuicaというわけです。

まずSuicaを発行する際はデジポットと呼ばれる500円を預け、それからチャージ・定期券購入ができるようになります。
つまりこのチャージした金額や定期券購入代金の払い戻しができるようなシステムになっているのです。

入金されている金額より手数料(220円)が差し引かれデジポットの500円が足されて払い戻されます。
チャージ料金が上限20,000円となっている為、多くの金額を一度に払い戻すのは難しいかもしれませんが記名式のSuicaでなければ提示を求められなければ身分証の必要がありません。
(定期券などの払い戻しでは身分証や代理人の委任状などが必要になります。)

ですから、クレジットカードによるチャージで複数枚のSuicaの払い戻しを行えばまとまった金額の現金が1.1%の手数料だけで手にすることができますから、現金化の専門業者を利用するよりも安いという事ですね。

この方法であればリスクも少なくある程度まとまった金額を必要とする人にとっては活用しやすいのではないでしょうか。


ですが、チャージ自体は500円・1,000円・2,000円・3,000円・5,000円・10,000円と決まった金額を駅やインターネットから簡単にできるのですが、払い戻しは窓口でしかできません。
しかもSuicaが利用できる駅でも払い戻しのお取り扱いができない駅もあり、バスの定期券が入った場合はバスの営業所等でバス定期券を払い戻した後でないとSuica本体の払い戻しが出来ません。

払い戻しを行うには特定の場所に行かなくてはならずその手間を考えると決して220円の手数料も安くは無いのかもしれません。

必要な金額を確認してSuicaを使って現金化することが得策なのかも一度考えてから行う事をお勧め致します。

現金化でお金を手に入れようとした時に1番大切な事は・・・

大切な事は

Suicaの払い戻しだったり、現金の購入や、amazonギフト券などの買取、もしくは店舗を利用してクレジットカード現金化をすることがあるかもしれません。

無い事に越したことはありませんが、どうしても必要な時は誰しもがあり、お給料やお金の支払いタイミングが合わないという状況は十分に考えられます。

では、現金化をこれから行う人だったり、もしくは利用したことがある人は考えてみてもらいたいのですが、利用しようとした時に一番重要視したのは何でしょうか。

「換金率」ですか?

「最低利用金額」ですか?

それとも「現金の振込み時間」ですか?

それぞれに状況が違えば重要視する項目も違うとは思いますが、私が考えるにこれらは大切ではあるが、重要ではありません。


一番に考えなければならないことは『いくら現金が必要なのか?』です。

あくまでも持論ですがいくら必要なのかが最も重要な項目と位置づけております。
というのも、必要以上の現金が手に入れば何かに使ってしまうでしょう。

現金化を行うという事はお金の管理が苦手な人が多いことが特徴です。
でもそれは決して恥ずかしい事ではありません。
もちろん、私も上手な方ではありませんからこういった結論に至った訳です。

もちろん必要な金額に満たなければ意味がありません。
この必要な金額がわかればどの方法で行えば最終的に支払う金額が少ないかも確りと比較できるようになりますし誤差が生じにくくなるはずです。

よくある事例として換金率が一番高い店舗で申し込んだつもりだったのですが、必要としていた金額では振込み手数料が掛かってしまいわずかではあるが下がってしまったというものです。
また、ギフト券などの換金などでも高額であれば振込み手数料が掛からないという場合もあります。

色々なサイトを見てもらえば、利用する金額を定めてから検討に入るという流れが一番有効である事が実感できるハズです。

私も含め何度か使ったことがあったりする人にはとても共感頂けるのではないでしょうか。
比較をしたり、調べたりという事がとても煩わしく感じる方もいると思います。

また、少額であれば多少の上限はしょうがないと考えてくれる方もいると思います。


ですが、やはりお金は1円でもお金という事で少額ではありますが損をしない、節約できる対策としてご紹介いたしました。

お役立ち特集

↑ PAGE TOP