利用する前に理解しておかなければならないのが業者の換金率という表示について

自己解決

カード会社に被害を訴えも認められることはなく、最後は自分で解決するしかない

クレジットカードを活用して現金を得るという方法があり、それを利用する前に理解しておきたいのが換金率についてです。

この換金率というのは、簡単に言うとカードのショッピング枠で決済した額面のいくらが、現金になって利用者の元に戻ってくるのかという割合を指します。

例えば、クレジットカードのショッピング枠の10万円を現金化に利用した時に、換金率が95%なら95,000円、85%では85,000円が入ってくるのです。

このことからも理解できるように、換金率が高ければ高いほど利用者にとっては得になるので、利用する際に確認しておく必要があると言えます。

換金率の相場を知っておくことも大事なポイントで、普通の業者を利用した場合は、一般的に約80%~95%程度が適正な相場と認識しておくと良いです。

また、このように換金率の相場に開きがあるのは、単に取扱い業者の違いだけではなくて、利用するプランの違いも関係しているからです。

条件やプランによって高い換金率になる可能性があるという点も理解して、換金率をチェックしてみる必要もあるのです。

ただ、あくまでも一般的な相場であって、この範囲に入っていない換金率の業者イコール詐欺業者ということはありません。

また逆に範囲内だからと言って安全とは言い切れないので、ひとつの目安と考えて利用に際しては慎重に判断することが大事です。

利用した後はクレジットカード会社に返済する必要があるので、換金率が100%ではない理由についても理解して納得しておくことも大事です。

100%でない理由は簡単なことで、クレジットカード会社同様にカード現金化業者も、運営していくために儲けないといけないからなのです。

カード会社の場合は、会員の年会費や金利手数料、また加盟店から納められる手数料などを利益として運営しています。

カード現金化業者の場合は、利用者の代理で現金化するための手数料を利益として運営するので、手数料分を引いて換金する必要があるのです。

その為、換金率を100%にすることができないですし、換金率99%などを提示している業者は運営が成り立たないはずです。

100%に限りなく近い換金率は利用者として魅力になりますが、このような高換金率を提示するのは怪しいカード現金化業者と注意する必要があります。

また怪しいカード現金化業者を利用したことで被害を受けて、クレジットカード会社に訴えたとしても認められることはないと理解しておくことも大事です。

換金率を考えた商品選びも重要なポイント

換金率と商品
クレジットカードの現金化方法には2つありますが、現在では比較的違法性が少ない商品買い取り方式が主流になっています。

この商品買い取り型の流れは、業者からカードのショッピング枠で商品を購入して、購入した商品を業者がすぐに買取るという仕組みです。

このように業者に買取ってもらうことで、ショッピング枠を現金に換金することが可能となり、しかも古物買い取りの手続きと同様に考えられます。

その為、警察からの摘発などはほとんど実施されていないですし、違法性やリスクが少ないクレジットカード現金化方法と言えます。

商品買い取り方式では、購入する商品を業者側が指定するケースが多く、オンライン上で換金を完結させる業者が一般的です。

ただし業者によっては、量販店やネット通販で利用者が購入した商品を買取ってくれるというケースもあります。

また、リサイクルショップの出張買い取りと同様に、自宅まで買い取りに来てくれるケースも稀にあって、各業者が独自のサービスを展開しています。

サービス内容や換金率などが買い取り業者で異なるので、失敗しないように念入りに業者を調べて損しない見極めが大事です。

商品買い取り方式を利用してショッピング枠の現金化をする場合には、買い取り業者の選択も重要ですが、商品やアイテム選びも非常に重要になります。

その理由は、優良な買い取り業者であったとしても、商品の価値がもともと低いとなれば換金率が悪くなって、損をしてしまうリスクが大きくなるからです。

換金率を少しでも高くしたいと考えるのならおすすめはブランドのバッグや時計で、人気があり値下がりも少ないので比較的好んで選ばれています。

ただブランドなら何でも良いというわけではなくて、なるべく世界的に知名度のある人気ブランドを選択することも大切なポイントです。

それから服飾系のアイテムは、人気ブランドであってもトレンドに左右されやすいので、ファッション知識がない方は注意が必要です。

商品券や新幹線の回数券などは90%以上の換金率が期待できる商品で、業者へ持ち込むのに適した商品のひとつと考えられます。

ただ、需要がありそうなものを選ぶことが重要で、特に新幹線の回数券については、区間で換金率が左右されることを理解しておく必要があります。

またカード会社も換金に目を光らせている可能性があって、商品券や回数券などを大量購入すると利用停止というリスクもあると理解しておくことです。

ゲーム機やソフトも人気のある品なら換金アイテムとして検討してみるのもひとつの選択肢ですが、基本的に新品未開封というのが条件です。

換金率・信頼性・時間を考えて業者選択を

業者選択の重要性
クレジットカード現金化を考えた場合に、どの業者を利用するのか選択するポイントのひとつは換金率で、高ければ高いほど利用者にとってお得になるためです。

また、個人情報の流出などのトラブルを回避するためにも、信頼できる業者かどうかの信頼性も重要なポイントになってきます。

それから、あえて現金化をすると言うことは、急を要している場合が多いと考えられるため、実際に入金されるまでの時間も非常に大事です。

急に現金が必要になった場合に、キャッシングやカードローンの利用枠に余裕があれば工面するために時間は必要ありません。

しかし、利用限度額の枠がいっぱいの方やカードを所持していない人は、すぐに現金を用意することは難しいです。

即日融資可能とか審査が短時間の金融サービスも様々ありますが、最も短時間で現金を工面する方法はクレジットカード現金化です。

業者のホームページなどでは、最短5分で振込・業界最速で即日現金化などと言った言葉が並べられていますが、現実的には難しいことと考えられます。

しかし、仮に申し込みから現金が振り込まれるまでの時間が1時間であったとしても、最短5分という表現は嘘ということにはならないのです。

それは、このような表現方法は換金率など様々なものにも使用される方法で、最大値での表記になっているためだからです。

では、実際に現金化をしてくれる業者に申し込みして、現金が入金されるまでに必要な時間はどの程度かというと、新規申し込みなら30分から1時間程度です。

新規申し込みの場合には、基本的に本人確認などの手続きを実施している関係で、最低でもこの程度の時間が必要になるのです。

2回目以降のリピーターの場合なら、お金が振り込まれるまでの時間は約10分~20分程度と考えておくと良いです。

クレジットカードを利用して現金化するのにも30分~1時間程度必要になるのかと感じるでしょうが、このような短時間でお金を工面できる方法は他にはありません

キャッシング可能なカードを作る時には、必要書類を送付し審査を受ける必要がありますし、カード発行までに数日から数週間の時間が必要となります。

また消費者金融からお金を借りる時にも、収入証明書などの書類が必要で厳選な審査があるため、申し込みをしても審査を通過しないとお金を工面できないのです。

一方、カードで現金化する場合は審査がないので、カードで商品が購入できると必ず現金化できるため、確実性と時間を考えると最も適した方法という結論になります。

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする