現金化がカード会社にバレやすいケースって

バレてしまう

ばれ易いケースとはいったい!?

クレジットカード現金化の利用には、少なからず不安を感じられる方がいらっしゃることでしょう。

その不安とは、クレジットカード現金化の利用がバレないか、またはバレたことによるペナルティがあるのか、といった内容が殆どだと思います。

では、クレジットカード現金化サービスの利用でバレやすいケースをご紹介しましょう。

個人でクレジットカードのショッピング枠を現金に換金したいと思われた場合の実践例には、大量の金券を購入するというケースが多く見受けられます。

商品券などを金券ショップなどに売却すれば、確かに購入した金額に近い現金を得ることができますので、その還元率の高さから、金券を購入するという方法を選びたくなるのは分かります。

しかし、個人で金券類を大量に購入する行為は、非常に目立つ行為となりますので、カード会社からマークされる可能性が高くなってしまうのです。

また、少量の購入でも利用者の購入履歴などから、不正利用ではないかと思われることもあります。

特に新幹線などの回数券ではお住まいの地域と全く違った経路または、販売しやすい経路を大量購入するとほぼ間違いなく疑われます。

こうした行為は、クレジットカードでの現金化を目的とした行為として目を付けられやすいため、非常に危険な行為なのです。

明らかな換金目的とみなされた場合には、カードの利用停止などのペナルティが下されることでしょう。

よって、クレジットカード現金化を検討されている場合には、こうした危険行為は避けるようにしましょう。

クレジットカード会社はどうやって現金化を調べるの?

どうやって調べる
クレジットカード現金化は、クレジットカード会社の利用規約で禁止されており、発覚した場合は一括返済や利用停止などのペナルティを科せられる可能性があることはご存知でしょう。

しかし、電化製品やブランド品を購入しただけで、どうしてクレジットカード現金化だと分かるのでしょうか?

実はクレジットカード会社は、クレジットカードの不正利用を判別するための高性能ソフトを使用していると聞きます。

クレジットカード会員がカードを使用するたびに、購入履歴や購入地域などさまざまなデータがソフトに蓄積されてゆき、会員の購買行動を分析します。

過去のデータから逸脱した行動を取った時、不正利用の疑いありと自動的に判別し、クレジットカード決済が一時中断されます。

たとえば、今まで都内でしかクレジットカードを使わなかったのに、突然海外でカードを使用したり、今まで1000円や2000円の買い物しかしなかったのに、突然数十万円の高額商品を買ったりすると、ソフトが反応してしまいます。

クレジットカード現金化も不正利用に当たるので、チケットや貴金属など換金性の高い商品を購入したり、現金化の疑いのある店舗を利用したりすると、クレジットカード現金化の疑いありと判断されることも多いようです。

クレジットカードの不正利用を疑われた場合、いきなりクレジットカードが利用停止になることもありますが、大抵の場合は電話確認が行われます。

電話の内容は、「現在、○○でクレジットカードを使用しましたか?」「購入目的をお訊ねしても良いですか?」などの簡単な確認事項です。

この時、「現金化しようと思って」などと答えてしまうと、当然利用規約違反が発覚してしまいます。

電話をかけている時点では、クレジットカード現金化について確信がありませんので、「自分が使用するため」「プレゼントのため」などと言えば、確認が終了して再びクレジットカードを使用できるようになります。

ただし、明らかにクレジットカード現金化を疑われている場合は、1度は見逃してもらっても、2度目は即利用停止になる可能性があります。

なるべくクレジットカード会社から睨まれないようにするためには、昔から現金化を行っている老舗を利用するとよいでしょう。

運営実績の長い業者は、それだけクレジットカード会社とトラブルを起こさず運営しているといえるので、クレジットカード現金化が発覚するリスクが少なく、現金化詐欺に遭う可能性もほとんどありません。
知名度が高い老舗は体験談も多く存在するため、信用性について判断しやすいと思います。

本人確認のないクレジットカード現金化はありません

本人確認
利用を行う際は、初めに本人確認が行われます。

本人確認と言っても、身分証明書を提示するだけですので非常に簡単です。

運転免許証やパスポート、住民票など、名前と所在を確認できる書類を1枚提出すれば、すぐに本契約を行うことができます。

どうして本人確認をするのかというと、他人のクレジットカードの悪用を防ぐためです。

クレジットカード現金化は、文字通りクレジットカードを使用して現金を手に入れる方法です。

他人のクレジットカードでほいほい現金化できるようでは、クレジットカードの盗難被害を増やすだけです。

クレジットカードの悪用被害の多くは、被害者の家族によるものですので、家族に勝手に現金化されるというリスクを回避するためにも本人確認は必要不可欠です。

しかし、現金化業者の中には、本人確認なしですぐに現金化できると謳っている業者もいます。

本人確認を面倒に思う利用者、個人情報の流出を懸念している利用者をターゲットにしていると思われますが、いずれにしてもクレジットカードの不正利用に責任を持たない業者ですので、まったく信用できません。

万が一クレジットカードが悪用されると業者の信用に傷が付くので、真面目に運営している業者であればわざわざトラブルが発生するリスクを高めるようなことはしませんが、もしかしたらこのような業者は、初めから信用を落としても問題ないと思っている業者かもしれません。

つまり、利用者がクレジットカード決済しても銀行口座に送金せず、連絡を絶って逃亡するつもりであったり、すでに違法行為を行っており、トラブルの1つ2つ増えても変わらないと思っていたりする悪徳業者の可能性が高いということです。

もしくは、実際には本人確認があるにも関わらず、紹介サイトでは本人確認なしと謳っている場合もあります。

消費者金融の紹介サイトでもしばしばありますが、「本人確認なし」「即日入金」など利用者の関心を惹く言葉を並べて、業者の公式サイトに誘導させようとするケースがあります。

このようなケースとは例外ですが、公式サイトにしても紹介サイトにしても「本人確認なし」というキーワードが出てきたら、真っ先に疑ってかかる方がよいでしょう。

また、本人確認と偽って余計な個人情報まで引き出そうとする業者もいます。特にクレジットカードのコピー・画像を求められたら、100%悪徳業者と言えます。

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする