ネット環境さえあればパソコンやスマホでどこからでも資金調達ができる

地方から

地方からの要望にお応えできる、現金化サービス

ここでは、地方でクレジットカード現金化の可能性を考えます。

地方というのは、都市部に比べて何かと不便なことも多いものです。

そんな時でもパソコンやスマホがあれば、つまりネット環境さえあれば、クレジットカード現金化を利用して、簡単に資金を調達できる時代になりました。

クレジットカードの現金化なら自宅のパソコン、あるいは出先でのスマホの操作ひとつで、手軽に資金の調達が可能なのです。

まず、クレジットカードを所有していることが前提になりますが、それほど頻繁にクレジットカードでショッピングをしないという人でも、インターネット決済や身分証明の手段として、ある時期にクレジットカードを作った経験があるという方も多いはずです。

クレジットカードの現金化というのは、手持ちのクレジットカードのショッピング機能を利用して、購入した商品を換金業者に現金化してもらう手法の事です。

クレジットカードにはそもそもキャッシング機能の付帯したものもありますが、こちらは比較的借りることの出来る金額が低く設定されている場合も多く、もちろんサービスとしては十分です。

しかしながら、個人的な事情によりそのキャッシング機能が付いていなかったり、利用することができない場合もあり得ます

そういう状況だとしても、スピーディーに、なおかつ比較的大きな金額でも至急の資金調達が可能となるショッピング機能を活用することで解決できることもあるはずです。

また、クレジットカードの保有率と同じくらい多くの方が今日利用しているアイテムとしてスマホがあります。

スマホなどのモバイル端末のサービスとしてキャリア決済というものがありますが、これを現金化する手法があります。

まず、キャリア決済についてですが、これはスマホでネットショッピングしたものを、携帯の通話料金と共に引き落とすサービスです。

つまり、携帯版クレジットカードと考えると良いでしょう。

キャリア決済の上限額は各モバイル会社によって異なりますが、現在最大で10万円となっています。

現金化への手順としては、クレジットカードの現金化と大差はありません。

まず、モバイル会社のキャリア決済を利用してショッピングします。

その商品をキャリア決済での現金化としてネットに広告を出している換金業者に買い取ってもらいます。

すると、その買い取り代金が口座に振り込まれます。

購入した商品の代金は、次回の通話料と合わせて引き落とされます。

これで、スマホのサービスを利用して現金を調達できるわけです。

この際の換金率は、クレジットカードを利用して現金化するケースに比べてやや低いという欠点もありますが、手持ちのスマホを用いて即現金化できる手法として覚えておくと良いでしょう。

インターネットがあってこそクレジットカード現金化の利用価値があがる

インターネットとの関係
インターネットは今や、地方であろうが十分に活用できる環境になっています。

このインターネットを活用すれば、仮に都会から遠く離れた、極端に人口の少ない地方に住んでいても、短時間でお金を借りることが可能なのです。

「お金を借りる」というと、まず頭に浮かぶのが、テレビCMなどでも盛んに流れている、大手サラリーローンではないでしょうか。

しかし、サラリーローンの場合、インターネットであっても、実際に有人や無人の店舗に足を運んだ場合であっても、ある一定の審査を受けなければなりません。

もちろんサラリーローンとしては、大切なお金を貸すわけですから、相手がどこの誰かを事前にしっかりと把握しておきたいと思うのは当然のことです。

しかし、「そんな手続きは面倒だ!」、「今は一刻も争うほどお金が必要だ!」という方には、クレジットカードの現金化がなにより最適といえます。

この、クレジットカードを使って現金を調達する方法は、クレジットカード本来の使い用途であるショッピング機能を利用するものです。

まず、インターネットで、「クレジットカード現金化」というキーワードを入力し、検索します。

すると多くのクレジットカード換金業者が出てくるはずです。

あとは手順に沿って登録を済ませ、クレジットカードで商品を購入すれば、即日にそれを買い取ってくれて、現金を指定口座に振り込んでくれます。

その際、スピーディーに取引が出来るよう、クレジットカード、銀行口座の番号、それと免許書などの身分証明書を事前に用意しておきましょう。

それと、本人確認の電話が換金業者からかかってくるケースがあるので、電話がすぐにとれる環境にあることも大事です。

身分証明は写メールで相手業者に送るのですが、今の時代、携帯やスマホにデジタルカメラが搭載されているので、あらためてカメラを用意する人もいないでしょう。

このように、今はインターネットひとつで自宅にいながら手軽に現金を調達することが出来ます。

わざわざ、店舗に足を運ぶ必要もないので、交通費もかからず、無駄な労力を要することもありません。

一昔前なら、至急現金が必要!となればサラリーローンの無人ATMに駆け込むくらいしか手がありませんでしたが、今なら地方にいたとしてもインターネットでのクレジットカード現金化がとても重宝する時代です。

このことからも、サラリーローンでお金を借りるより、地方においてはクレジットカードの現金化が効果的といえるのです。

クレジットカードで今すぐ現金を調達したい

今すぐできる
今すぐ現金が欲しいという人にとって欠かせない方法がクレジットカード現金化です。

現実問題として、今すぐ現金を調達しようと思えば、この方法以外にありません。

それほど、クレジットカードの現金化は、資金調達に関して他を圧倒するスピード感があります。

例えば、サラ金でお金を借りようと思えば、実際に店舗に足を運び審査を受けなければなりません。

この審査ではねられるケースもありますし、今まで利用実績がなければ、借りることが出来る金額も限られてしまいます。

その点、クレジットカードの現金化は審査もなく、換金業者のサイトから個人情報を登録するだけなので、即日で現金が振り込まれるということが可能なのです。

これは、都会に限らず、地方でも同じことが言えます。

インターネットを利用できる環境になるなら、どこにいようが、同じサービスが受けられる仕組みになっています。

とにかく今すぐ現金というように、一刻を争うほど早急な資金調達に迫られている人にとっては、キャッシバック方式によるクレジットカード現金化をお勧めします。

実際にクレジットカードでショッピングをして、それを業者に買い取ってもらい、現金化する仕組みがわかりやすく換金率も比較的高いのですが、この場合現金化までの工程が長いため、ある程度の時間を要してしまうというデメリットがあります。

その点、キャッシュバック方式であれば数分から数十分という短時間での現金化が可能です。

そもそも、クレジットカードのキャッシュバック方式による現金化とはどういう方法なのでしょうか。

通常のキャッシュバックというと、商品購入の手数料分がキャッシュバックというように、キャッシュバックされる金額はごく小額になります。

しかし、クレジットカード現金化に際するキャッシュバックとは、仮に10万円の商品を購入した場合、8万円がキャッシュバックというように高額になります。

何故このようなことが可能かというと、換金業者から指定されてショッピングした商品自体が100円ショップなどで売っているもので、あまり商品価値のないものだからです。

ただし、購入者が納得しているのなら別に、100円の商品を8万円で買っても問題ありません。

つまりこの場合、10万円を融資してもらい、その手数料に2万円引かれているのと同じことです。

当然のごとく、次回のクレジットカード決済日には10万円を口座に納金しておく必要がありますが、今すぐ現金が必要な人にとって都合良いシステムであることには違いありません。

クレジットカード現金化で注意しなければならない事とは?

注意しなければいけない
クレジットカードの現金化は都会でも地方でも、インターネットが利用できる環境にあれば、誰しも迅速に現金を調達できる手段ではありますが、その際に注意しなければならないこともいくつかあるので、しっかりと理解しておきましょう。

そもそも、クレジットカードとは現金を持たずして、ショッピングすることが本来の目的です。

つまり、現金化を目的とする利用は本来認められないのです

クレジットカードを発行している会社は、不正なカード利用がないように、常に買い物履歴などをチェックしています。

それまで、インターネット決済などで、細々と利用していた人が突然、換金性の高い新幹線の回数券やブランド品を購入し始めると、当然カード発行会社は不審に感じるに違いありません。

その場合でも、ある日突然カードが利用停止になるわけではありませんが、カード会社から電話があり、何らかの説明をしなければならないケースもあるので注意しましょう。

クレジットカード現金化には買い取り方式とキャッシュバック方式があり、買い取り方式の場合は、いわゆる「足がつきやすく」不正利用の疑いをかけられる可能性がありますが、キャッシュバック方式の場合は、そのリスクは比較的低いと言えます。

キャッシュバック方式の場合、現金化業者が指定した商品をネットで購入して、そのキャシュバックがこちらの口座に振り込まれるシステムになっています。

つまり、形の上では、単に商品をクレジットカードで購入しただけなので、カード会社に現金化したことが気づかれにくいという利点があります。

ただこのケースでもリスクがゼロというわけではなく、まれに悪徳業者が存在していることに注意しなければなりません。

ネットはとても便利なものですが、ネットだけの情報しかないので、他店と比べてあまりにも好条件をうたった業者は「何か裏があるのではないか」と注意することも必要です。

また買い取り方式に比べて、やや換金率が低くなっていることも理解しておきましょう。

クレジットカードの現金化は、ネットのみで手軽に現金を手に入れることが出来る、とても便利な方法です。

このシステムが広がった背景には、サラ金業界の衰退があります。

利息制限法、出資法の規制で大手サラ金は銀行グループの傘下へ入る事になります。

その流れの中で中小のサラ金は姿を消しいったという経緯が過去にあります。

ここで注意しなければならないのは「歴史は繰り返される」ということです。

サラ金業界同様に、クレジットカード業界にも何らかの規制が今後かかる可能性があることも決して否定できません。

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする