地方銀行発行のカードでは難しい?店舗によっては断られる場合もある

地方銀行のカードは断られる!?

地方銀行発行カードは信販系のカードよりも厳しくチェックされている

クレジットカード現金化は、法律では違法行為に当たるわけではありませんが、カード会社からは禁止されている行為です。

そのため、各カード会社は現金化している利用者がいないかどうかをチェックするシステムを構築していますし、もしも現金化していることがバレてしまうと、カードの利用停止という厳しい措置が取られてしまいます。

どのようなシステムで疑わしい情報を検知できるのでしょうか

カード会社がどんな風に現金化している利用者を見つけるかというと、現金化では利用されやすい商品がいくつかあるため、そうした商品を購入する金額や頻度などによって、疑わしい利用者をピンポイントで見つけています。

クレジットカードを発行している金融機関はたくさんありますよね。

  • 都市銀行
  • 地方銀行
  • 信販系の企業発行のカードなど

このうち、地方銀行発行のクレジットカードは、都市銀行や信販系のクレジットカードと比較すると利用者数が少ないことが多いため、現金化をすると発見されやすいと言われています。

もちろん、地方銀行と言っても千差万別ですし、クレジットカードの現金化にも業者を利用する方法と自分で行う方法があるので、必ずしも地方銀行発行のカードでは現金化ができないというわけではありません。

しかし、利用者数が少ないカードの方が、現金化をすると発見されやすいという点は理解しておいた方が良いでしょう。

地方銀行発行のクレジットカードは、それぞれ現金化を発見するためのシステムが構築されています。

そのシステムに対して、こういう条件の取引記録があったらデータを抽出するという条件設定をし、そこに引っ掛かって抽出されるとその後は担当者が取引内容をチェックして現金化かどうかを調べています。

ココに注目!

地方銀行では一般的に、システムに対して設定する条件が信販系のクレジットカードと比べて厳しく設定されていることが多いのかもしれません。

現金化がバレやすいと言われているのは、そうした発行側の警戒レベルが高いことが理由になっているのでしょう。

ただし、地方銀行発行のクレジットカードでも、決済代行会社を通して現金化をする場合には、かなり発見されるリスクを低く抑えることができます。

決済代行会社は、

現金化業者だけではなくて他にもたくさんの企業やショップと提携していて、毎日数億円の取引決済を代行しています。

そのため、クレジットカード発行元であるカード会社にとっては、その中からどの取引が現金化をしているのかを見つけることが難しいといわれています。

地方銀行発行のクレジットカードを自分で換金したい

地方銀行発行のカード

クレジットカード現金化は、大きく分けて2通りの方法があります。

  1. 業者を利用する方法
  2. 自分で行なう方法

このうち、業者を利用する場合には、決済代行業者などを使っているのでカード会社に現金化の事実がバレてしまうリスクは少ないのですが、手数料を少しでも抑えようと自分自身で現金化をする人は、カード会社にバレるリスクが高くなるので注意しなければいけません。

これは地方銀行発行のクレジットカードに限りませんが、信販系のクレジットカードと比較して利用者数が少ない地方銀行発行のカードの場合には、バレる可能性が高くなると考えたほうが良いでしょう。

現金化を自分でする場合には、注意が必要です。

まず、現金化しやすいアイテムには
  • ギフト券
  • 高級ブランド品
  • 家電製品
  • ゲーム機

などがありますが、こうしたアイテムは地方銀行側でも現金化されやすい商品ということを把握しているため、要注意アイテムになっています。

もちろんこうしたアイテムは自分で使うためにクレジットカードを使って購入することはありますし、ギフト用に購入することだってあります。

そのため、こうした商品をクレジットカードで購入したからといって、必ずしも現金化が疑われるというわけではありません。

具体的にどういう消費行動を取ると怪しまれるのか!?

こうしたアイテムで現金化が疑われるのは、

  • 頻繁に購入していたり
  • 購入金額が大きい場合

例えばゲーム機を使って現金化したいなという人の中には、最新のゲーム機を10台購入して現金化しようと考えるかもしれません。

一般的には全く同じゲーム機を10台も購入する人はほとんどいませんよね。

これは常識的に考えても無理ですよね。

極端な例ですが、こうした場合に転売が疑われたり、現金化が疑われることになります。

もちろん、地方銀行側が構築したシステムで自分の取引が抽出されたからと言って、すぐにカード利用が停止されるということはありません。

ココに注目!

システムが抽出した取引データは、担当者が一つ一つをチェックして、それがクレジットカード現金化なのかどうかを審査することになります。

ここで現金化だと判断されると、クレジットカードの利用が停止されるなど厳しい措置を取られることになるので注意しなければいけません。

もしも自分のクレジットカードが地方銀行発行のものだとしたら、現金化をする際にはできるだけリスクを低く抑えるためにも業者のサービスを利用したほうが良いでしょう。

業者を利用すると、手数料が発生するので換金率は80%程度になってしまうというデメリットはありますが、カードが使えなくなってしまうリスクが少ないという大きな安心感が期待できます。

業者から振り込まれるお金を地方銀行の口座で受け取る事は?

地方銀行の口座で受け取れますか?

クレジットカード現金化は、店舗型の業者を利用したなら、その場で現金手渡しという形で受け取れます。

しかし、この方法だと

  • 店舗に足を運ばなければいけないので面倒
  • 足を運びやすいロケーションに店舗がなければできない

近年では、現金化業者のほとんどは、ネット申込みに対応しています。

これが急激に成長した理由で、店舗が近くになくてもネットで購入出来る商品を使って現金化することができて、現金の受け取りは銀行振り込みで対応しているのでサービスとしては満点。

現金化した後の現金を受け取る銀行口座は、基本的にはどこの銀行でも問題ありません。

今使っている口座でも大丈夫かな?

地方銀行だと受け取れないかもしれない、なんてこともないので安心してください。

ココに注目!

しかし、地方銀行の場合には、振り込まれた現金が口座に反映されるまでに時間がかかってしまうことがあるため、今すぐ現金が欲しいという人にとっては間に合わない可能性があります。

参考サイト

※現在ではモアタイムシステムに加盟している銀行も多くなってきてます。
【参考文献】https://www.zengin-net.jp/company/time/

もしもクレジットカード現金化をしたいけれど、一刻を争うほど現金が必要ではないという人なら、すでに持っている地方銀行の口座を振込先に指定すればよいでしょう。

しかし振り込まれたらできるだけ素早く口座から現金を引き出したいという人は、週末や夜間でも入出金ができるネット銀行を利用したほうが良いかもしれません。

ネット銀行の場合、地方銀行のようにATMを持っているわけではありませんが、ネットでの決済の時にはとても便利です。

メインの口座でなくても1つ持っておくだけでもおすすめ。

ネットを良く利用する人にとっては、地方銀行に持っている口座よりも利便性は高いはずですし、またクレジットカード現金化においてもネット銀行だと便利に感じるのではないでしょうか。

もしも現金化で得た現金を地方銀行に振り込んでもらう場合には、カードの現金化が銀行にバレてしまうリスクはありません。

業者を利用した現金化の場合には、決済は代行業者を利用していることが多いため、現金化で得た現金を銀行口座に振り込んでもらう場合でも、その決済代行業者の名義で振り込まれることになります。

もしも心配な場合には、現金化を利用する業者にそうした点を質問してみてください。

優良な業者なら、丁寧に教えてくれるはずです。

ただしネット銀行の口座開設には時間がかかってしまうことがあるので、もしも近い将来にクレジットカード現金化を考えている人は、今のうちに受け取り用の口座を開設しておいた方が良いかもしれません。

誰でも簡単に申し込めるけどそれってホントなの?

誰でも申し込めるって本当?

  • 申込みについては本当に収入や年齢などの条件がないのでしょうか?

どうして誰でも申込みができるのか調べてみました。

現金化はカードを持ってさえいれば
  • 年齢
  • 性別
  • お住まいの地域

これらに関係なく利用する事ができるというのは本当です。

クレジットカード現金化を行っている業者であればほぼ100%そうでしょう。

例えば出張先でも、引越し先でも、旅行先でも申込みができます。

誰でも簡単に利用する事ができるんです。

そういった面からみても多くの方の申込みがあることは納得ができます。

だからといってどんな金額でも可能というわけではありません。

最初にカード会社と決められた利用上限額での利用となりますのでいくらでもというわけではありません。

収入の少ない若者でも現金化できる?

社会人になると、スーツ代など身の回りの品物を揃えたり、会社に近いアパートを借りたりと、何かと費用がかかります。

そんな時、手軽にキャッシングできる消費者金融と契約しておくと便利ですが、消費者金融の審査は誰でも通るわけではないんですよね。

消費者金融を利用するためには、安定した収入があることが条件となりますが、25歳未満の若い方は収入が低いとみなされ易い傾向にあります。

たとえ審査に通過しても融資枠が少ないことが多く、自由に使用できるお金が限られます。

現在、就職活動中という方は、より審査がシビアになるでしょう。

もしも、

  • 消費者金融の審査に通らなかったり
  • 融資枠が少なくて現金が足りなかったり

といった時は、クレジットカード現金化なら現金調達が可能かもしれません。

ココで言う現金化とは

クレジットカードのショッピング枠を現金化する方法、または現金化を扱うサービス業者のことを指します。

簡単に言えば、クレジットカードで購入した商品を転売したり返品したりすることで現金を作り出すことであり、現金化するためにかかった費用(商品代金や手数料)は、銀行口座から自動的に引き落とされます。

クレジットカードのショッピングという扱いですので、通常のショッピング同様、クレジットカードの支払日に引き落とされるようになっております。

なので・・・

一括払いする場合も支払いまで1~2ヵ月間の猶予がありますし、手数料のかからない二回払いやボーナス払いを利用すると、さらに支払期間を無料で引き延ばすことができます。

このように、クレジットカード現金化を行うために特別な手続きは必要なく、お手持ちのクレジットカードのショッピング枠に空きがあれば、誰でも簡単に行うことができます。

ただし、

  1. クレジットカード現金化を個人で行う場合
  2. サービス業者を利用する場合

いずれも、商品代金を100%現金化できるわけではありません。

10万円の商品を購入し、新品のまま中古店に持ち込んでも10万円で転売できるわけではありませんよね。

現金化も同じように、10万円の商品を購入しても銀行口座に振り込まれる金額は8万円など、消費者の負担となる差額が発生します。

消費者金融のように利息はかかりませんが、手数料がかかるのでそのことを頭に入れて取引する必要があります。

ココに注目!

商品代金に対していくら還元されるのか、還元率は業者によって異なりますので、ホームページに記載されている連絡先に問い合わせて確認しましょう。

ホームページにも還元率一覧表が記載されていると思われますが、決済手数料などが引かれていない場合もあるので、必ず詳細を確認してから申し込むようにしてください。

他では絶対にできない、学生だってできちゃう!

消費者金融の申込資格の多くは、20歳以上で一定の収入のある方となっており、大学生や専門学生でもアルバイトをしていれば申し込むことが可能です。

大学生になると、友達との飲み会やサークルの費用など、学費以外の部分でお金が必要になる機会も多くなります。

そのような時、消費者金融を利用できれば柔軟な計画を立てることができますね。

しかし、親と一緒に暮らしていると本人確認などで自宅に電話がかかってきますし、契約書類が郵送されてきます。

たとえ消費者金融が会社の名前を名乗らないよう配慮しても、不審に思われて親にばれてしまうことが多いです。

特に返済が遅れてしまった場合は、親バレを覚悟した方がよいでしょう。

家族にバレる事なくお金が調達できるのはコレ

どこからかお金を借りたいけれど、消費者金融は親バレのリスクが高くて利用したくない……。

そのような時に、ショッピング機能を利用して現金を手に入れることができます。

お金を借りるわけでは無い!

消費者金融のようなキャッシング(貸金)ではなく、あくまでショッピングとして扱われます。

たとえば、インターネット上の現金化サイトから問い合わせを行い

10万円必要であると伝えます。


すると、業者から
相手

12万円の商品を購入すれば、10万円を銀行口座に振り込みますよ。


などの説明を受けますので、内容に納得できたらクレジットカードで指定された商品を購入し、現金を受け取るという流れになります。

  • 実際にいくらの商品を購入すればいくら還元されるのか?
  • 取引する商品の中身や現金化までの流れ

などは、各業者によって異なります。

ココに注目!

上記の10万円の取引は、還元率80%の取引であり、現金化業界では一般的な還元率です。

利息はかかりませんが手数料の割合が大きく、消費者金融よりも割高です。

はっきり言って、収入の少ない学生の方にはあまりおすすめできない!っていうのが本音です。

できる事なら使わない方がいい事。

しかし、クレジットカード現金化では消費者金融のような審査が一切なく、身分証明書(運転免許証など)を提示できれば、それ以外の本人確認も在籍確認も必要ありません。

支払いもクレジットカードを登録している銀行口座から自動引落しとなるので、クレジットカードの利用明細を見られない限り現金化していることは分かりません。

たとえ利用明細を見られてもショッピングとして記されているので、高額の取引をしない限り「何を買ったの?」と不審に思われることはないでしょう。

クレジットカードの申込資格は消費者金融よりも緩く、高校生を除く18歳以上であれば申し込めることが多いです。

どうしてもお金が必要な時には、検討してみる価値はあります。

注意

ただし、クレジットカード現金化はクレジットカード会社の利用規約に違反するため、あくまで自己責任の取引となります。

誰でもできるからしっかりと支払計画を立ててから利用すること!

支払計画を立ててから

  • クレジットカード現金化を行ったものの、支払日に間に合わずクレジットカードを利用停止されてしまった。
  • 分割払いにしたものの支払日に遅れてしまい、一括請求をされてしまった。

そのような状態にならないためには、現金化を行う前に支払計画について考えることが大切です。

クレジットカード現金化は、キャッシングではなくショッピングとして扱われるため、信用情報に余計な情報が載らないというメリットがあります。

せっかく信用情報を汚さないままお金を借りることができたのに、延滞を起こして信用を傷付けるのはもったいないですよね。

さらに延滞が続くと

クレジットカードが利用停止になったり、解約されたりする可能性もあります。

ココに注目!

延滞しないようにするためには、クレジットカードで決済する際に、自分に合った支払方法を選択することが大切です。

クレジットカードは、一括払いだけじゃなく分割払いやリボ払いなど、様々な支払方法を選択することができます。

特に二回払いやボーナス払いは利息がかからないので、一括払いで支払えそうな時でも利用しておくと安心です。

クレジットカード現金化を行う方のほとんどは、貯蓄が少なく急な出費に対応できない方ですので、返済困難に陥らないよう、余裕を持った返済計画を立てましょう。

繰上返済できる場合は、分割払いやリボ払いでも良いでしょう。

特に返済の見通しが立たない時は、少額から返済額を設定できるリボ払いは便利です。

ただし、少額ずつ返済していてはいつまで経っても支払いが終了しないので、収入が入り次第まとめて返済するよう心がけましょう。

返済計画って難しい!収入と返済のバランス

クレジットカード現金化に限らず、借金の返済計画を立てる上で重要なのは、

  • 月々の収入と支出を正確に把握すること

です。

家計の収支を正確に把握すれば、使い過ぎている部分を節約したり、支出に見合った仕事を探したりと、健全な生活設計を立てることができます。

しかし、

  1. 金銭感覚のない方
  2. 借金をすることに慣れてしまった方

は、生活費が不足するとすぐにお金を借りよう考えてしまうので、改善できる機会を逃してしまいます。

どうしてもお金が必要な時には、クレジットカード現金化を行うことも選択肢の一つですが、家計の見直しを測り、返済計画を立てた上で行うことが前提となります。

金銭感覚って

金銭感覚は、生活の中で培われていく後天的な感覚ですので、環境によっては金銭感覚が全然なく、返済計画を立てることが苦手という方もいるでしょう。

そのような方は、見栄を張らず分相応な生活を心がけることが、健全なキャッシュライフに繋がります。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする