業者に騙されないための8つのチェックポイント

8つのチェック

申し込む時が必要な時!!業者選びには時間が掛けられない!

キャッシングを限度枠いっぱいで利用してしまい、もう融資を受けられないという場合には、クレジットカード現金化を利用することで、新たに現金を用意することが可能となることはご存じでしょう。

しかし、このクレジットカード現金化の利用にはリスクを伴うことは否めなません。

そのため、このリスクを回避するには、信頼のできるしっかりとした業者を選ぶことが重要になるのです。

そうとはいっても、インターネット上にはさまざまな業者が存在しているため、どの業者が優良業者であるかが分からないという方も多いでしょう。

そのような方に、ここでは業者を見分ける際の最低限のチェック項目を作りました。

初めて利用しようと思われている方は特に、このチェック項目を覚えておきましょう。

会社所在地が明記されており、尚且つその住所が存在すること

1
会社の住所の確認および実在する住所かもチェック

業者のホームページに会社の住所や電話番号などが明記されていることをしっかりと確認しましょう。

こういった基本情報が記載されていない場合には、その悪質性が大きく疑われます。

また、その記載されている住所が確かに存在されているものかどうかも確認してみましょう。

でたらめな住所を記載している可能性もゼロではありませんので、注意が必要です。

換金率がほぼ一律であり、保証がしっかりしていること

2
換金率の変動が大きくないかと最低還元率のチェックも

カードのブランドによって換金率が変動する業者があり、なかには10%下がることもあります。

よく考えてみますと、従来の買い物でカードによって手数料が変動するということはありませんよね。

悪質業者はあの手この手で理由を付けて、利用者から少しでも多くの手数料を搾取しようと企んでいるのです。

どのカードでも一律80%以上の保証をしてくれるなどといった、保証がしっかりしている業者を選ぶようにする方が安全かと思われます。

実際に必要なのは還元率ではなく、最低保証率を確認するようにしましょう。

即日一括入金であること

3
振り込みを分割してくるようなら要チェック

業者によっては、振込を一度でせずに2度3度と分割して行うところがあります。

しかし、こうした業者のなかには、入金を最初しか行わないなどの詐欺行為を行うものがあるようです。

従来であれば、振込は、一括で行われるものですので、分割振込を提案してくること自体が怪しいのです。

振込も基本的には即日で行われますが、申し込みの時間帯が遅ければ翌日の振込になってしまうこともありますので、即日の振込を希望される場合には、午前中までに申し込むようにされるとよいでしょう。

即日可能の買取専門業者であること

4
即日での振込み対応かもチェック

近年では、クレジットカード現金化に対する取り締まりが強化されており、2011年にはクレジットカード現金化業者の逮捕例もありました。

その逮捕者が行っていたキャッシュバック方式に違法性があると判断された事も理解しておいたほうが良いでしょう。

前述の件により、キャッシュバック方式をしている業者と契約することが、リスクの高い行為であることが伺え得ますよね。

そこで、現在では安全に利用できるように買取方式をしている業者が増加しています。

こちらは、ブランド品などの価値のある商品を即日で買い取る業者でありますので、その違法性が問われることがなく、安心して利用することができます。

インターネット上の掲示板などを利用して、自作自演の宣伝をしていないこと

5
口コミや評価でステマ行為がないかチェック

2ちゃんねる5ちゃんねるやYahoo!知恵袋など、多くの方が情報源として見るサイトで自作自演の宣伝を行っている業者がよくみられます。

こうした業者も、その信頼性があまり高くない傾向にありますので、注意するようにしましょう。

ホームページやサイトの更新がされていることを確かめましょう。

6
公式サイト更新がされているかなどもチェック

ホームページなどは経費の掛からない広告として非常に大きな役割を果たします。

見た目にも綺麗なホームページなら信頼できそうと思ってしまいがちですが、綺麗なだけなら悪徳業者でも簡単に作れます。

大切なのは更新(メンテナンスやアフター)をしっかり行っているかどうかです。

そうすることでユーザーの為に発信して手間を掛けているという事がサイトから伺えます。

申込みの記載欄に必要以上の個人情報の収集がないか

7
個人情報の入力もチェック

個人情報の収集のみを目的に行っている業者もいるようです。

クレジットカードのコピーや口座暗証番号など重要な個人情報は入力、伝達をしないようにしましょう。

どうしても教えないとできないと言うようであれば迷わずその業者からは手を引きましょう。

購入商品が有形か?無形か?

8
購入所品の価値についてもチェック

現金化を行う際に購入する商品が無形である場合、特に情報やデータなどの際は価値の判断が非常に難しくなる為、トラブルになることがあります。

もしも、騙されたとしてもある程度の価値があれば多少は被害額を補える可能性があるが、無形の物の場合では細心の注意が必要です。

総評としては企業としての責任をあるていど果たそうとしていることが伺えるかどうかが一番の判断材料だということがお分かりでしょう。

悪質業者はその責任から逃れられるように、不安定な情報が多いのが特徴となっています。

以上の点を参考にして、安全なクレジットカード現金化業者をお探しください。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする