楽天Edyにチャージ後でも現金化が出来る3つを解説

楽天Edy現金化

利用できる店舗が多くてポイントが貯まる

ショッピングをするのにキャッシュレス化が進んでいますね。その中でも個人的に推したいのは電子マネーです。

ピッとやるだけで会計を済ませられるので、小銭が見つからないなど手間取る心配もないです。

電子マネーはいろいろとありますが、楽天Edyはいろいろと使えるお店があるので持っておいて損はないと思います。

全まず日本全国にチェーン展開しているコンビニであれば、基本どこでも使えるはずです。

コンビニは24時間営業していますし、ちょっと身の回りのものを購入しておきたいと思った時に重宝しますよね。

そのほかにも全国にチェーン展開しているところでも使えますね。

特に個人的におすすめしたいのは、スーパーやドラッグストアで使える点です。

楽天Edyで支払いをすると

200円で楽天ポイントが1ポイント付与されます。

スーパーやドラッグストアの場合、日用品などを頻繁に買い物しますよね。

それを楽天Edyで支払い続ければ、着実にポイントが貯まるという計算です。

スーパーだと
  • イトーヨーカドー
  • コープ
  • ヨークマート
  • アピタ
ドラッグストアの場合
  • マツモトキヨシ
  • ツルハドラッグ

あたりが利用できますからおすすめですね。

もちろん飲食店でも結構使えます。

有名なところでは

  • マクドナルド
  • ロイヤルホスト
  • ガスト
  • いきなりステーキ

あたりは利用できますね。

このようなお店で頻繁に利用している人は、楽天Edyに支払方法を変えてみるとポイントも効率的に貯められます。

喫茶店だと
  • サンマルクカフェ
  • 上島珈琲店

などでも利用できます。

このように有名なお店が使えるようになっているので、活用しない手はないと思いますね。

使えるかどうかは調べるよりも聞いた方が早い

楽天Edyが利用できるかどうかの見分け方も簡単です。

よく支払い可能なクレジットカードのロゴが店の入り口などに出ていますよね。

この中に楽天Edyのロゴマークがついているかどうか確認するだけです。

赤いRに下にEdyと書かれているロゴが楽天Edyの利用できるお店ですね。

コレがレジ横に記載されていれば利用することができます。
楽天Edyのロゴ
楽天Edyの公式サイトから出典

支払の時に「楽天Edyで」といえば、店の人が操作してくれ、端末にタッチするだけです。

決済音がしたらそれで手続きは完了。

端末に乗っけるだけですから、初めて利用する際でもそれほど難しくないと思います。

使えるのかなぁ?と心配でロゴを探すなら店員さんなどに支払いの時に「使えますか?」って聞くのが早いです。

楽天Edyの付帯しているクレジットカードでもいいでしょうし、アプリをスマホにダウンロードすれば、おサイフケータイ機能を使って支払いも可能です。

個人的にはスマホにアプリをダウンロードするのがいいと思いますね。

そうすれば、スマホ一つで現金化しなくても手軽にショッピングできます。

チャージ済みの楽天Edyの現金化は可能か知りたい?

楽天Edyは現金もしくはクレジットカードなどであらかじめチャージして、キャッシュレスでショッピングする電子マネーです。

ところでこのいったんチャージしてしまった楽天Edyを再度現金化することは可能でしょうか?

基本的には換金することは難しいと思ってください。

しかし色々と調べてみると、現金化する裏技ともいうべき方法がいくつか紹介されていました。

特定の商品による転売

まずは転売ですね。

つまりいったん特定の商品を楽天Edyで購入します。

その買った商品を転売して現金を得る方法ですね。

転売するにあたって効率的に現金化するためには、あたりまえですが換金率の高いものを購入したほうがいいです。

気を付けて欲しいのが

換金率の高い商品の代表格は金券類なんですが、楽天Edyの場合、金券類の購入ができませんので注意が必要。

では次に換金率の高いものですが、ブランド品や家電製品などが考えられます。

購入して、フリマアプリやネットオークションに出品して現金化しましょう。

限定されるが購入品の返金

そのほかには楽天Edyである商品を購入して速やかに返金する方法もあります。

購入が電子マネーでも返金手続きをすると、代金は現金にて払い戻しされる場合も少なくありません。

しかしこの方法をとる場合には、お店のルールを確認することです。

自己都合による返品における返金の取り扱いについては、店舗によっても異なるからです。

ココに注目!

また返金に対応しているお店でも、楽天Edyと連携してEdyで戻すところもあります。

これでは現金化が実質できないので注意しましょう。

ちなみに大手のところで電子マネーで購入した商品を現金にて返金しているのは、ドン・キホーテです。

ドンキはいろいろな商品を取り扱っていますから、こちらで買い物して返金手続きするのも一つの方法ですね。

Edyそのものを買取してもらう

最後の現金化の方法として、Edyそのものを買取専門店に引き取ってもらう方法も考えられます。

上で紹介した2つの方法の場合、いったん商品を購入しなければならず手間ですよね。

しかしこの方法であれば、自分で商品の購入手続きをとることなく、現金化できるので手間も省けます。

このような買取業者はネットのみで営業しているところがほとんどです。

ですからまずは検索してみることです。
ただし中には換金率が低くて、思っているほどの換金ができなかったという体験談も一部見られます。

もし心配であれば、特定の業者の口コミをチェックしてみるといいです。

口コミでいい評価のあまり見られない業者は利用しないほうが賢明です。

Amazonギフト券が買えるって他のサイトにあるけど?

前述で楽天Edyでは金券類の購入ができないとご説明しましたが、実はamazonの公式サイトでのみ楽天Edyで購入することができます。

公式サイトで購入できるギフト券の種類は3種類です。

購入できるギフト券
  • Eメールタイプ
  • 印刷タイプ
  • チャージタイプ

この中で楽天Edyで購入することが出来るのはチャージタイプのみとなります。

知ってる人はお気づきだと思いますが、チャージタイプはアカウントに直接チャージしてしまうのでギフト券の買取などの転売は出来ません。
※一部店舗では買取を行っているところもあるようです。

なのでチャージタイプを購入したところで簡単には現金化する事は出来ないので知っておいてください。

他のホームページなどではチャージタイプでの換金方法などを紹介している所もありますが楽天Edyからチャージタイプを購入して換金するのはおすすめしません。

どうしてもという方のために一応、現金化できるとしたらこの3つだと思います。

  1. チャージタイプを買取してくれる店舗
  2. amazonで商品を購入して転売
  3. アカウント自体を転売する

もちろんメリットやデメリットはありますのである程度調べてから利用するようにして下さい。

楽天Edyの使い方について解説

もちろん現金化する以外にも楽天Edyを使ってショッピングすると、今までよりも手軽に手続きできるといったメリットも多いです。

しかし電子マネーのようなキャッシュレスをやったことのない人にとって、自分に使いこなせるのかと不安に感じるでしょう。

私も最初のうちはそうでした。

でも実際にやってみると非常に簡単なのでそれほど心配する必要もないです。

楽天Edyの決済方法ですが、私の場合スマホのアプリを使っているのでそれで紹介します。


  1. 買い物をしてレジに行きます。
  2. 会計時に「楽天Edyで」と店員さんに伝えます。
  3. 端末にスマホをかざすように言われますから、おサイフケータイのマークが来るように端末の上に乗せましょう。
  4. しばらくすると「シャリ~ン」という音がすると思います。

これで手続きは完了です。

正しい位置にスマホをかざせば、1秒くらいで決済音がすると思います。

小銭を財布の中で探す手間を考えると早いですよね。

楽天Edyのチャージ方法
  • 現金
  • クレジットカード
  • Edyチャージアプリの利用

などいろいろな方法があります。


その中でも個人的におすすめしたいのは、クレジットカードを使ってチャージする方法ですね。

この時楽天カードを持っていると、楽天ポイントが一気にたまります。

ココに注目!

楽天カードから楽天Edyにチャージすることで、クレジットカードとEdyの両方でポイントを獲得できます。

その結果、還元率は1.5%になります。

これだけの還元率のクレジットカードは、ちょっとほかにはなかなかないでしょう。

オートチャージにすれば、自分でいちいち手続きする必要もないです。

ちょっと驚きますが、電子マネーよりもポイントの方が現金化が簡単にできるので本当にポイントはおすすめです。

ポイントの2重取りですが、そのほかの方法でも可能です。

例えばNTTドコモユーザーの中には、dポイントカードを持っている人もいると思います。

コンビニのローソンやファストフード店のマクドナルドでは、dポイントが貯まります。

これらで買い物する際には、

  1. まずdポイントカードを提示
  2. スキャンしてもらって、その後楽天Edyで支払い

こうすればdポイントと楽天ポイントの両方とも稼げます。

このように使い方を工夫すれば、いろいろなポイントを1回の買い物でどんどん付与されます。

しかもこのポイント、現金のように後々ショッピングで活用することも可能です。

実質的に買い物するたびに割引のサービスを利用している、現金化しているのと同じような形になりますね。

毎日のショッピングも今まで以上に楽しめるようになると思いますね。

使ってみて分かった楽天Edyのメリットは?

楽天Edyを使用するメリットで大きいのは、やっぱりポイントの貯まる点ではないでしょか。

楽天グループで使用できる楽天スーパーポイントが200円の買い物ごとに1ポイントたまります。

ちなみに

ポイントプラス加盟店がいくつかあるのですが、こちらでは倍のペースでポイントがゲットできます。

楽天市場や楽天ブックスなどを利用する人はもちろんのこと、楽天ポイントを貯められるところでは使うことも可能なお店もたくさんあります。

こちらで活用すれば、自分のお金を出す必要がないです。実質的に決済するたびに現金化しているような感覚ですね。

楽天Edyはクレジットカードからチャージをすることも可能です。

もしクレジットカードでチャージする場合におすすめしたいのは、楽天カードですね。

楽天カードからチャージをすれば、その時点で楽天スーパーポイントが発生します。

しかも楽天Edyで決済したときにもうえで紹介した割合で楽天スーパーポイントが付与されます。

このため、短期間でもまとまったポイントを獲得できる可能性があります。

そのほかのクレジットカードでチャージした場合でもそのカードのポイントはたまると思います。

でも楽天のポイントに集中したければ、楽天カードを作っておいた方がいいと思います。

実際に使ってみて感じたこと

楽天Edyを使ってみて感じたメリットですが、キャンペーンが比較的多く開催されている点ですね。

例えば初回利用しただけでまとまったポイントをゲットできます。

初回利用で400ポイントが付与されますし、エントリーや楽天スーパーポイントを設定すれば、1000ポイントがプレゼントされます。

つまり何も買い物していなくても1400円に相当するポイントがあてられるわけです。

これはなかなかおいしいキャンペーンではありませんか?

そのほかにも

いろいろとキャンペーンを実施しているので、個人的には定期的に楽天のWebサイトにアクセスしたほうがいいと思います。

あと買い物しやすいのは見逃せません。

スマホをかざしてピッと終わってしまうので、買い物に関する手間暇がだいぶ短縮できると思います。

現金で買い物する場合、財布の中に十分お金が入っているかどうか不安になることはありませんか?

しかしキャッシュレスの電子マネーである楽天Edyを使用すれば、財布の中身をいちいち心配する必要もないです。

またATMで現金を下ろさずに済むのもメリットだと思います。

給料日の前後などは結構込みますが、この行列で自分の番を待つ必要もなくなりますね。

気を付けたいデメリットについて

楽天Edyを実際に使ってみてのデメリットについてですが、基本的にはあまりないと思います。

その中でも注意したいのはオートチャージですね。

楽天のオートチャージ

楽天Edyではいくらを切ったらいくらチャージするという設定をすると、その条件を満たせば自動的にチャージするサービスが備わっています。

ところがこの設定をしていても、自動的にチャージしないことがあります。

2000円を切ったところで1万円チャージするようにオートチャージ設定したことがありました。

しかし2000円を切っているのに、いつまでたっても1万円がオートチャージされないのです。

最初の設定の際にはきちんと機能するのですが、2回目以降ではできるときとできないときとがあります。

すぐにはできないだろうと待って、1日寝かせても相変わらず2000円未満の状態だったりすることもありました。

いちいち待つのは面倒なので、自分でチャージするようにしています。

自分でチャージをしても、さほど時間はかかりません。

このオートチャージ機能はもっと敏感に機能できるように改善してほしいな、と個人的には思っています。

あとデメリットというよりも注意点ですが、楽天Edyを使っているとついつい買い物しすぎてしまうかもしれませんね。

スマホやカードを端末にかざすだけで購入できてしまいます。

これはクレジットカードによるショッピングと似ているところがあります。

クレジットカードが普及してしばらくすると、カード破産という言葉が社会問題化しました。

今後電子マネーのユーザーが増えてくると、電子マネー破産という件数も増えてくるかもしれません。

使ってみた感想は「ポイント」

楽天Edyの場合、200円の買い物で1ポイント付与される仕組みをとっています。

そうなると例えば390円とか590円のお代の時に1ポイント損したという気持ちになりますね。

このような時にせっかくだからということで、何か余計なもの一つ買ってしまう人も出てくるでしょうね。

1個1個はそれほどのダメージではないですがちりも積もれば、ということも考えられます。

お金の管理については、今まで以上に慎重になったほうがいいかもしれません。

でも楽天Edyを使用すると楽天スーパーポイントがたまるのはやっぱり魅力ですね。

デメリットよりも

ポイントは現金のようにショッピング時に使用できるのが魅力!!

しかもポイントは現金化が簡単にできる。

このため、買い物をすればするほど実質的には現金化しているような感じになります。

注意点を踏まえながら、楽天Edyを活用するといいと思いますね。

今日からでもできるクレジットカード現金化のお得な利用法

お得な利用法

クレジットカードの現金化において、できる限りお得になるような工夫の方法のひとつが、高い換金率の業者選択です。

1%でも高い換金率を提示してくれる業者を選択することは、何といってもお得につながることなので、とても大きなポイントになります。

ただ、公式サイトでは換金率98%と記載しておきながら、実際は75%程度しか取引しない業者も存在しているので、騙されないように注意しましょう。

1%でも高い換金率の業者を選ぶことも大事ですが、あまりにも高い換金率は真偽が疑わしいので、最低でも表記通りに取引してくれる業者を探すことです。

お得に現金化する方法のひとつとして、クレジットカードに付帯しているポイント還元システムというサービスを活用すると良いでしょう。

ほとんどのポイント還元システムでは、キャッシュバックがあったり景品交換できたりと様々な用途があるのでお得に活用することができます。

しかも現金化は1回の取引が高額になるので、通常の買い物をするよりもポイント額が大きくなり、その分お得感も大きくなると言えます。

また、それと共に活用したいのがカードのキャンペーンで、誕生月は還元率アップなどのサービスをタイミング良く使うことです。

ただ現金化のシチュエーションは緊急を要するケースが多いので難しいと思いますが、カードのキャンペーン情報は欠かさずチェックしておくと良いでしょう。

できる限り余裕を持って現金化することもお得な方法のひとつで、即日入金してもらうよりも数日待って入金してもらう方がお得なケースもあります。

これは、業者のプランによって換金率が少しだけアップするという特徴のひとつで、約1~3%程度数値が変わることもあるので、高額申込なら数千~数万円変わるのでお得です。

ただ業者によって違いがあるので事前に確認しておく必要がありますし、緊急を要するケースの場合には活用できない方法と言えます。

現金化業者が実施するお得なイベント・キャンペーンを積極的に利用して取引するのも、お得に利用する方法のひとつになります。

例えば、新規契約者にはキャッシュバック、お友達を紹介すると両者にプレゼント、期間限定で換金率アップ、お得なレディースプラン展開などがあります。

イベントやキャンペーンの時期に合わせて取引可能な場合は、大きな魅力になりますしとてもお得な取引になると考えられます。

ただ、公式サイトに記載されるイベントやキャンペーンの内容をしっかりとチェックしましょう。

安易に利用すると騙されてしまうこともあるかもしれません。

自分でやる現金化の方法には様々な裏ワザがあるけど?

裏ワザ知ってる?
クレジットカードで現金化をする状況は、人それぞれでシチュエーションが違うでしょうが、裏ワザを知っておくと役立つことが多いです。

例えば、できる限り多くの現金を手に入れたいと考えている方におすすめの裏ワザは電子マネーの活用です。

最近では、コンビニなどでの買い物をする際にスマートフォンや携帯電話を利用して電子マネーによる支払いをする人も多くいます。

この電子マネーをチャージする方法としては、現金払いだけではなくてクレジットカードを利用することも可能です。

そこで、電子マネーにクレジットカードでチャージをして、電子マネーで換金率の高い商品を購入して転売すれば現金が手に入れられます。

つまりクレジットカードの現金化と同様の効果が得られることになりますし、商品を返品するといった裏ワザを活用するとさらにお得になります。

電子マネーで購入した商品を、できる限り購入した当日のうちに、レシートを持参して返品すると100%の換金が可能になるのです。

換金率100%の現金化を実施している業者はいないので、とてもお得な裏ワザと言えます。

クレジットカードで現金化できるのは、ショッピング枠の利用限度額の約70~80%程度で、その金額では必要とする額に届かないというケースもあります。

そのような時には、ショッピング枠の一時増枠というサービスを活用するといった裏ワザを使うと、必要とする金額を現金化することが可能になります。

実はカード会社では、期間限定になりますがショッピング枠の上限額を一時増枠してくれるサービスを実施しているのです。

これは冠婚葬祭や海外旅行など特別にお金を使う月を事前にクレジットカード会社へ連絡することで、一時増枠を行ってくれるサービスです。

一時増枠をしてもらってからクレジットカードで現金化を実施すれば、現金化できる金額も増枠分だけ多くなります。

ただし、一時増枠のサービスを受けるためには再審査が必要になるので、時間と手間がかかってしまいますし、再審査が通過しないとサービスは受けられません。

このように自分でやる現金化の方法には様々な裏ワザがあってメリットもありますが、その反面でデメリットやリスクが伴う可能性もあります。

なぜ現金化業者が商売として成立しているのかというと、業者はデメリットやリスクを回避する手段を知っていて、安心・安全に現金を入手できるからです。

裏ワザを活用して自分で現金化するのも良いですが、現金化業者にお願いすることもひとつの手段と理解しておきましょう。

クレジットカード現金化の中でも実は早い方法ってあるのか検証してみよう

早い方法がある
クレジットカードは、ショッピング枠を使用した買物や公共料金などの支払いがメインで利用している方が多いです。

ただ、手持ちのお金がなくて現金がどうしても必要になった場合には、キャッシングしてお金を借りるケースもあります。

近年は電子マネーやクレジットカードが主流になっているとは言っても、現金が必要になる場面はたくさんあるものです。

では、そのような時にキャッシング枠が利用限度額に達して使用できない場合には、どうしたら良いのでしょうか。

その対処方法のひとつとして、本来は買い物などに利用するショッピング枠を利用して現金化するといった方法があります。

この方法は、現金化業者が指定する品物を購入し転売することによって、設定された換金率の現金を振り込んでくれる仕組みです。

このように緊急を要することなので、できる限り早く現金を手にすることができる方法を知っておく必要もあります。

現金化業者には来店する店舗型とインターネットを活用したネット型があって、早く現金化したいのなら店舗型の方が良いです。

その理由は、本人確認するための身分証明を送る必要がないですし、金融機関の営業時間外でも即日現金を手渡してくれるからです。

しかし、店舗を利用できる環境でない場合や現金化業者の店舗へ出入りするのを他の人に見られたくないという方もいます。

そのような人の場合は、ネットから申し込んで利用することもひとつの選択になりますが、その際の業者選びを間違えないことが大事になります。

優良店を選択する基準や方法にはいろいろとあるため、どの業者を選んだら安心・安全なのか選択方法に迷うこともあります。

そのような場合には、早いという点をチェックすることも優良店を見つけるひとつの方法になることを知っておくと良いでしょう。

現金化で即日振込んでもらうための条件もありますが、ほとんどの業者は即日現金化してくれて全額を振込んでくれます。
>
条件を満たしているのに何らかの理由をいって、即日に全額振込んでくれないような業者は疑ってみる必要があります。

また優良店ほどスピーディーな対応をしてくれるもので、それはオペレーターなどスタッフをしっかりと揃えているからです。

多く顧客に対して早い対応を心がけている証拠で、悪質な業者はそのような配慮をしていないのです。

このように早い対応ができない業者は、悪質な可能性も考えられると認識しておく必要もあります。

対応が早いということは、このように利用者にとって魅力になると共に、優良店を見極めるひとつの基準にもなるのです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする