giftissue【ギフティッシュ】の店舗詳細と特徴

giftissue公式サイト
Gitissueは、Amazonギフト券だけではなく様々な種類のギフト券売買取引に対応をしています。

買取だけではなく販売も同時に行っているので、できるだけお得に各種サービスを利用したいと考えているならとても便利なサービスですね。

勝手に管理人プレビュー

私が勝手にネットの公式サイトを調べてみた感想をかいてます。


注意したいポイントとして、他の業者とは異なり厳密に言えばAmazonギフト券買取業者とは異なるサービスという特徴があります。

大前提になりますが、Gitissueのサービスはマッチングサイトです。

これはギフト券を売りたい人と買いたい人がいて、はじめて成立するサービスになります。

現金を手に入れたいからクレジットカードなどを使ってAmazonギフト券を購入して、それを売りに出してもすぐに買い取られるわけではありません。

その出品したギフト券を買い取る人が現れて、そこからお金が手に入ります。

各種ギフト券専用の取引サイトなので、急いでお金を手に入れたい人の場合はあまりおいしくないサービスになる場合があるわけです。

実際にサイトを見てみると、Amazonギフト券は8.2%OFFで購入できると書かれています。

ただしそこからサービス側で2%の販売手数料が取られるので、実際には10.2%ということですね。

取引をする場所を提供する手数料と考えれば、これはそれほど高いものではありません。

実際にAmazonギフト券買取業者の換金率をチェックしてみると、80%台前半が多く目立ちます。

だけどこのサービスを利用すれば、90%近い換金率になるのです。

約10%という数字だけ見るとあまり大きな差に見えないかもしれませんが、何度も利用していくうちにその差はどんどん大きくなっていきます。

しかも購入したギフト券が無効だった場合は、30日返金保証も提供しているので安心できますね。

お金を必要とする側からすれば保証についてはあまり重要な要素とは言えませんが、サービス側で手厚い保証があるだけでも信頼性は上がります。

会員登録自体は無料でできるので、利用自体は誰でも簡単にできます。

不正ギフト報告についても情報を公開しているので、運営側がしっかりと取り締まっていることもわかりますね。

ギフト券買取業者とは勝手が違うので最初は戸惑うかもしれませんが、上手く活用すれば買取業者を利用するよりも多くの現金を手にするチャンスです。

その代わり迅速な現金入手は難しいという一面もあるので、サービス内容をしっかりと理解して使い分けるようにしてくださいね。

平日15時以降・土日祝日の振込みは?

振込については三菱UFJ銀行・ゆうちょ銀行・楽天銀行・住信SBIネット銀行から選択できるようになっています。

giftissue詳細一覧

企業名 株式会社DAYNEEDS
所在地 東京都新宿区西新宿1-3-13 ZenkenPlazaⅡ 10階
古物営業許可 東京都公安委員会 第 305491408223 号
営業時間 9:00~19:00 年中無休
お申込み方法 WEBサイト
買取率 90%前後 手数料2%
最短時間 記載無し
最低買取金額 額面200円以上~

複数のネット上にある口コミを調べてみたよ

勝手に口コミや評判などを調べてみたので書いてみました。


Gitissueを使えば誰でも手軽にAmazonギフト券の売買ができるようになりますね。

だけど気になってくるのが、本当にこのサービスを利用しても大丈夫なのかという不安です。

こればかりは実際に使ってわかることもありますが、利用した人の口コミ情報はとても参考になります。

そこでネット中にあるGitissueの口コミ情報をチェックしてみました。

まずこのサービスはAmazonギフト券買取業者ではないので、安定してすぐにお金を手にれられるわけではありません。

さらに言えば、売買価格は自分で設定できます。

そのことから自由度が高いサービスと口コミで言われていますが、あまり高くしすぎても売れずに残ってしまうだけなので、結局はほかの出品者と足並みをそろえることになるわけです。

ただ手数料は安いので、普通のオークションサイトへ出品する場合に比べて、利益率は高いところが高評価ですね。

上手くいけば買取サイトを利用するよりもかなり得をできるので、このあたりは良い口コミとして目立つ内容でした。

良かった口コミをまとめると・・・
  • 手数料が安い
  • 買取サイトよりも高くなることがある
  • 騙されるリスクは無し

逆に悪い口コミとしては、実際に購入した人からの意見が目立ちます。

これはサービスそのものと言うよりもギフト券売買に関するものでした。

そもそもの前提として、Amazon側ではギフト券の転売を禁止しています。

贈り物という形を取っているので問題はないはずですが、それでもどこかからバレてしまうと購入しても残高がゼロになってしまうのです。

このタイミングがいつになるのかはシステム次第ですが、問題のないギフト券を出品したつもりが停止されてしまい、結果的に低評価を受けてしまうことがあるので要注意ですね。

短期間に何度も売っていると怪しまれる可能性も高くなるので、ほどほどのペースで利用することが長続きするコツですね。

これに対して運営側は不正なギフト券を発見次第公開していますが、ある程度のリスクを覚悟の上で利用するサービスという点に違いはありません。

中にはカード会社側での引き落としができなかったのでAmazon側で止めた事例もあるので、販売する側も優良出品者として評価されるために注意をする必要があります。

悪かった口コミをまとめると・・・
  • 不正なギフト券が売られていることがある
  • amazon側から規制が入る可能性もゼロではない

このように口コミ情報をチェックしてみることで、サービスの紹介を見ているだけでは見えてこない部分がたくさん見つかります。

良い口コミもあれば悪い口コミもあるので心配に思えるかもしれませんが、しっかりとサービスの特徴をつかんで活用できれば良い現金化サービスとして活用できるので覚えておくと良いですね。

giftissueの申込みはどんな感じなのでしょうか

ここからは実際に私が申込みんだ時の印象や状況を詳しく載せてます。


GitissueはAmazonギフト券買取業者ではなく、自分で出品したギフト券に購入者がつくことではじめて利益が出るサービスです。

買取業者を利用する際は申し込みも簡単ですが、こういうサービスを利用するとなると本当にできるのかどうか心配になってきますよね。

そこで実際にGitissueへ申し込みをする際には、どんな流れになるのかを見ていきます。

このサービスを利用するためには、まず会員登録が必要です。

これはアカウントに必要なメールアドレスを用意することになりますが、FacebookやGoogleのアカウントを持っていればそのまま使えます。

giftissue申込み手順1

登録フォームでは色々と情報を登録することになりますが、連絡先としてのメールアドレス以外には名前や生年月日を入れます。

ここで買取業者の場合だと本人確認用の書類が必要になるのですが、Gitissueでは必要ありません。

注意

ただし、登録した名前と振込する際の口座の名義が違うとその都度本人確認が必要になってしまうので注意してください。

giftissue申込み手順1

そもそもこのサービスは売買の仲介をするだけで買取をしないからです。

これによってスピーディーな申し込みができるのはうれしいポイントですね。

ただしアカウントとしての本人確認は必要になるので、携帯電話番号を使ったSMS認証をします。

このあたりは普通のWebサービス利用登録と変わらないので、特に迷うことはないです。

ギフト券を出品する際には、種類と額面に番号、そして有効期限と販売率を設定します。

販売率自体は自由に決められるので、高くても低くても登録は可能です。

ただしそれで実際に売れるのか、利益がどれだけ出るのかは別問題なので、他の出品者を参考にして数字を決めると良いですね。

出品が終われば、あとは買い手がつくのを待つだけです。

取引が成立したらサービス上の残高としてチャージされるので、引き出しをすれば登録した指定口座へお金が入金されます。

申し込みというよりは実際にお金が入るまでの流れをまとめましたが、全体的に見ればこのような流れでギフト券の販売ができるようになっています。

他のオークションサイトを利用したことがある人なら流れはわかりやすいですし、登録する情報も最低限必要なものだけなので問題はありませんね。

入金確認は5分~60分くらい、遅くても24時間以内になっています。

ただし口座によっては土日に対応をしておらず、週明け確認で2日もかかってしまうことがあります。

その日のうちに現金を手に入れたい人には向かないサービスですが、買取業者に比べて換金率は高くなっているので、上手く使い分けると効果的ですね。

ここからは実際に当サイトに頂いた申込者の声

山口県 20代 男性

2019年4月
買取店舗かと思っていましたが違いましたね(笑)
まあ、でも売り手側としてはリスクも少ないし時間は掛かるけど不要なギフト券の処理と思えば便利なサービスだとおもう。


徳島県 30代 女性

2019年4月
急いでる人にはおすすめしません。
実際出品数が多すぎて、すぐには売れません。
また、入金までの時間も遅すぎ。


鹿児島県 20代 女性

2019年3月
出品したらほっとくか、価格を下げればすぐ売れます。
どっちにしても待っていれば最後は売れる。

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする