配送タイプのギフト券はご存知ですか?どういった時に選ぶの?

配送
今回はどなたでも利用できて、喜ばれる「配送タイプ」のギフト券について調べてみました。

状況によりカードタイプを選択するのが正しい使い方

デジタルタイプと比べるとやはりアナログ感が拭えないような気もしますが、年齢に関係なく人気があるのも事実です。

では、買取するときなどのメリットやデメリットもみていきましょう。

配送タイプのギフト券には

  • 「ボックスタイプ」
  • 「グリーティングカードタイプ」
  • 「封筒タイプ」
  • 「マルチパック」

といったバリエーションになっております。

どれも基本的には物として手にできるようになっておりますが、使用するときは記載されているギフト券番号をアカウントに入れて使用するようになっておりますのでデジタルタイプとほとんど変わりはないです。

ですから、パソコンやスマートフォンといった環境に慣れていない方でも大丈夫かと思いきや、結局は使用する為にはアカウントへの登録が必要となるわけです。

そもそも、Amazonギフト券ですから利用する前提で選んで送るわけですからそのあたりは問題ないでしょう。

配送タイプはもちろん郵送や宅急便でのお届けとなるわけですから、電子メールのようにリアルタイムで送れるわけではありません。

その辺はお祝いなどで送られてきた際にやっぱり素直に電子メールなどでは味わえない喜びがあると思います。

デメリットと思われがちな面も時にはメリットとなることもあるんですね。

やはりデメリットとしては、ギフト券のトラブルなどがあった際に送り手側での対応ができない、または時間がかかってしまう事です。

他にも細かいことですがシリアル番号のシールを削ったら一緒に削れて見えなくなってしまう事があったり、シールをはがしたら一緒にシリアル番号まではがれてしまったりという事もあるようです。

また、有効期限の記載の無い物もありますから相手にも有効期限が1年という事をしっかりと伝えてあげなければなりません。

注意

現在ではカードタイプに関係なく有効期限は10年となっておりますのでご注意ください。

そういった問題はまだあるようです。

それぞれの特徴をみてみましょう

ボックスタイプ
ボックスタイプはいくつかの既存BOXケースから選んで発送できるというギフト券になります。

購入金額は設定されている5000円~5万円まで、4種類の中から選択するのみとなっていますので金額の自由度は一番低いタイプです。

BOXケース自体のバリエーションはあまりないようですが、可愛いデザインということもありとても人気があるようです。

お急ぎでの配送は場所にもよりますが、当日または翌日が最短での配送。有効期限は発送日から1年間となっております。

ギフト券のお支払方法は一番多いです。
また、メッセージなどの記載はできないのが残念です。

グリーティングカードタイプはオリジナルのデザインカードに入れられて発送されるタイプとなっております。

デザインも既存の種類のみで数種類です。

購入金額は1000円~5万円まで、7種類の中から選択することができまます。

配送タイプでは一番豊富です。

こちらも発送日から有効期限は1年間となっており、残念ながらメッセージの記載はできないようになっております。

このタイプの用途はご自身に発送させて手渡しでお渡しする利用方法がとても多いようです。

封筒タイプはそのままです。

贈答用の封筒に包まれて発送されます。御祝い事などにはとても喜ばれる商品です。

特に学生の方へお祝いでのご利用が多いようです。

購入金額は3000円~5万まで、5種類の中から選択できるようになっております。こちらの有効期限も発送日から1年間です。

こちらのタイプは手渡しでもそのまま発送しても喜ばれると思います。

マルチタイプは10枚セットなどになっているパック商品です。

こちらも有効期限は一緒です。

一度に購入される方や銀行振り込みなどにも対応しているので利用される方が多いようです。

それぞれの買取について

個人的な見解になりますが、贈答用として頂いたギフト券を専門業者に買取してもらおうという方は少ないように思います。

また配送タイプは基本的に1年間と有効期限が短く設定されていることもあり、ご自身で利用される方が多いのではないでしょうか。

出産や入学などのお祝いに何を送ろうか迷った時は、カタログギフトというのが定番でしたが、カタログが邪魔で捨てにくいという思いをした方もいることでしょう。

また、掲載されている商品がほとんど同じという事もあり、なんとなく飽きがきているといった感じです。

比べるとわかりますがAmazon.co.jpでは商品の豊富さが違います。

小さなギフト券だけで発送できますからその利用価値は比較にならないくらいです。

スマートフォンの増加に伴ってオンラインでの市場も急激に増加しているという時代背景にも後押しされて、選ばれる方が増えてきているのだと思います。

有効期限がある以上は期限内での使用をお勧め致しますが、少しでも期限が残って使い道が無いようであればギフト券買取専門業者への検討も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

買取してもらう時に配送タイプの種類で気をつけること

配送注意点

アマゾンで使えるギフト券には2種類あります。

デジタルタイプといってその場でダウンロードやメールでの確認ができるタイプのものと、後で届くようになっている配送タイプの2種類です。

アマゾンギフト券買取では両方とも買取をしてくれます

それでは、それぞれのギフト券がどのように違うのか、その違いをみていきましょう。

配送タイプは、デジタルタイプよりも手元に届くのが遅いとはいえ、お急ぎ便を使うと当日、もしくは翌日には手元に届きます。

日にちに余裕があるのでしたら、配送タイプの方が見栄えがいいので、プレゼントとして適しているのはこちらの方です。

ボックスタイプ、グリーティングカードタイプ、封筒タイプ、マルチパックのタイプがあり、それぞれかわいらしいラッピングがされています。

ボックスタイプは、かわいいものが多く、カップケーキの形をしたボックスのようにポップなものから、黒いボックスにオレンジのリボンがかかった目上の人へのプレゼントに選んだとしても喜んでいただけそうな素敵なタイプのボックスなど、種類も豊富です。

価格設定は、配送タイプは金額が固定されています。

ボックスタイプは5000円から、グリーティングカードは1000円から、封筒タイプは3000円から、となっています。

また、マルチパックのタイプは10枚組になっていて、10000円から50000円までの注文ができます。

デジタルタイプは15円から、ともっと安く、細かい金額設定が自由にできるので、その点では買いやすいですね。

他に、配送タイプのメリットはクレジットカード払いだけでなく、コンビニ、ATMでのお支払い、ネットバンキングや電子マネーでのお支払いも選べるようになっていることです。

また、アマゾンで直接購入する場合には3000円以上のギフト券を購入すると、アマゾンで使える500円分のクーポン券がもらえるキャンペーンなどをおこなっている場合があります。

コンビニなどで購入するよりもずいぶんお得に買えますし、キャンペーン自体も年に3~4回ほど行なっていますので、キャンペーンの時期を狙ってギフト券の購入をするとよいでしょう。

amazonギフト券買取を配送タイプのギフト券でする場合の注意点なのですが、配送タイプのギフト券の場合、amazonギフト券買取の業者に実際のギフト券を送付しなくてはいけません

この点が、メールのみのやりとりですむ、デジタルタイプの取引とは違っています。

ですので、アマゾンギフト券買取にデジタルタイプと配送タイプのどちらが適しているかといえば、デジタルタイプの方だといえるでしょう。

アマゾンギフト券買取時のリスクと注意点

リスクもある

たくさんの借金に困っている場合、すぐに返済のための現金が必要でも、新たにキャッシングなどで現金を手にいれることが出来ない、といった負のスパイラルに陥っている方もいらっしゃることでしょう。

そこでクレジットカードを使った手軽に現金を手にする方法として「直接換金目的のショッピング枠の現金化」ではなく、「amazonギフト券」という商品の購入をはさみ、買取業者に買取をしてもらうといった方法があります。

「直接の換金目的のクレジットカード利用」ではないため、法律的にに違法というわけではなくなります。

ただ、この方法のリスクと注意点は、アマゾンギフト券が手元にあり、または使う予定があって購入をし、使わなくなったので買取業者やチケット換金ショップ等で換金した場合には問題がないのですが、最初からアマゾンギフト券買取、つまり換金するために購入した場合はクレジットカード会社で定める規約に抵触する行為となり、カードの強制退会や利用停止などのペナルティを受けることがあるということです。

この基準が明確ではないため、「amazonギフト券買取は限りなくグレーゾーン」と言われます。

そしてamazonギフト券買取自体にもリスクや危険があることを忘れてはいけません。

今の法律において、amazonギフト券買取業者になるための明確な基準が示されていないため、誰でも買取りの業者になれてしまう、いわば無法地帯になっているのです。

数ある業者の中から、安心して買取を任せられる業者を見極めて選ばないと、詐欺の被害にあってしまうある可能性も否定できません。

また、それだけでなく、個人情報が流出したり、思いもかけないトラブルに巻込まれる恐れもあります。

今、現金化の業者間での個人情報の流出も問題になっています。十分に注意するようにしましょう。

具体的には、利用する業者を実際に使った人がいるかどうかを調べ、評判や感想を調べることが大前提になります。

インターネットの口コミは自作自演もできますが、評判までは消すことができません。

また、はじめからお店選びの際に、大手の業者を選ぶといった手もあります。不要なトラブルにまきこまれず、気持ちの良い取引ができるようにしましょう。

また、クレジットカードのショッピング枠で現金化することが出来たとしても、結局はカードの利用となることを忘れてはいけません。

換算するとものすごく大きい年利になっていることがあります。

知らず知らずのうちに、一時だけの借金返済のために手に入れた金額よりもさらに大きな負債を背負うことになりかねませんので、気をつけましょう。

お届け日時指定便で配達すれば誰にでも忘れずに送れる

日時指定便

amazonギフト券には、Eメールタイプや印刷タイプなどがあり、どれもプレゼントとして利用することができます。

手紙をそえることができるものもあります。

デパートの商品券や図書カードのように実物を手元に送ってもらい、それにメッセージなどを書き添えて相手に贈るというグリーティングカードを選ぶこともできます。

お年玉や誕生日プレゼントとしても利用可能です。

グリーティングカードには余白がたっぷりあるので、寄せ書きにも向いています。

印刷タイプでもこのように使うことができますが、クオリティではグリーティングカードの方が遥かに良いため、目上の人に贈るにも適しています。

また、ボックスタイプを選ぶこともできます。

さらに豪華なバージョンになっており、見栄えの良い化粧箱にamazonギフト券を入れることができます。

ラッピングも豪華で、デザイン性のあるも格好の良いもの、シックな大人向けのものまで幅広く用意されています。

配送するのではなく、直接手渡しする場合にも利用できます。

ただ、amazonギフト券の額面が5000円以上でないと利用できないというデメリットもあります。

フォーマルな贈り物や、お歳暮、お中元などに利用するのに向いています。

贈り物は前もって準備できていれば良いですが、突然贈らなければいけない状態になることもあります。

Eメールタイプや印刷タイプではなく、もう少ししっかりとプレゼントらしいものにしたいのであれば、グリーティングカードやボックスタイプを手配すると良いでしょう。

ただ、どうしても時間的に間に合わないという場合があります。

しかもお届け日の指定もしなければならないという状態では、かなり困った状況になります。

そのようなときに役立つのがamazonプライムというサービスです。

amazonプライムは年間の会員料金を支払って、配送料無料や音楽の無料配信など様々なサービスを受けられます。

amazonプライム会員は、お急ぎ便や当日お急ぎ便なども利用できますし、お届け日指定も可能です。

誕生日や記念日は、その日にプレゼントが届かなければ意味がありません。

そのような切羽詰まった状況では、amazonプライムは便利なサービスと言えるでしょう。

ただ、手配する期日がないからといって、わざわざ年会費のかかるプライム会員になりたくないという方もいます。

そのような方はいったんプライム会員になって30日以内に解約しましょう。

プライム会員は、最初の1ヶ月間は年会費がかかりません。

いったん会員になってamazonギフト券のお届け日指定を利用して、すぐに解約すれば良いでしょう。

曜日・時間帯によって混雑することも

時間帯での混雑
不要なアマゾンギフト券が手元にあるという人もいるでしょう。

その場合には売却して現金化してしまうのも一つの方法です。

アマゾンギフト券の買取サービスを実施している所もいろいろとありますので、このサービスの利用を検討してみてもいいでしょう。

アマゾンギフト券の買取サービスは、基本的にすべての手続きがウェブ上で完了してしまいます。

つまり来店する必要がなく、自宅ですべての取引が完了するシステムをとっています。

売ろうと思ったときに手軽に売却できるのが魅力です。

そしてもう一つ注目すべきポイントとして、買取サービスのスピーディさもあります。

アマゾンギフト券買取サイトをいくつかみてみるとお分かりになるでしょうが、「最短10分」のような短時間でも買取を売りにしている所が多いです。

中には10分を切るようなスピードで現金が手に入るようなサイトも見受けられます。

ただしこのホームページに掲載されている「最短○○分」というのは、あくまでも参考と思った方が良いです。

皆さんが買取サービスを利用したタイミングによって、現金が振り込まれるまでの時間は変わってきます。

アマゾンギフト券買取ですが、皆さんから引き取ったギフト券をマッチングサイトに出して買い手を見つけて売買が成立すると、その売却益の一部を皆さんに還元することで買取が成立します。

もしマッチングサイトでうまく売買が成立しない、利用者が混雑していて処理が追いつかないといった場合には入金されるまでの時間が多少かかる可能性があります。

ですから曜日・時間帯を見て、売却を検討する必要があります。

平日は夜、仕事が終わった後にギフト券の買取サービスを利用する人が増えるので混雑する傾向があります。

週末は休日の人が多いので、日中でも結構混雑していることも多いです。

混雑している時には10分前後で買取金額が振り込まれる可能性は低いでしょう。

しかしそれでも、申し込みをしてから1時間程度で売却代金の振り込まれるケースが多いです。

混雑していて時間がかかるという場合でも、他の現金化と比較すればかなりスピーディと言えます。

銀行振込で代金は入金されます。

その日のうちに現金を確保する必要があれば、銀行の閉店時間を意識することも大事です。

たいていの金融機関が平日午後3時に閉店しますので、それ以降の入金反映は翌営業日になってしまいます。

ネットバンキングの場合、24時間土日でも稼働している所があって、リアルタイムで振り込み反映している所もありますのでこちらを利用するのもおススメです。

申し込んでから銀行に入金されるまでの流れ

申込みから入金
「急な出費でお金が必要なのに、手元にお金がない……」そんなときに便利なのが、amazonギフト券の買い取りサービスです。

クレジットカードで購入したamazonギフト券を買い取ってもらえば、すぐに銀行口座に手数料を差し引いた金額が入金されるので、現金が調達できます。

Amazonといえば、インターネット通販で世界中の人が利用している巨大ECショップです。

インターネット通販の購入はクレジットカードで行うのが一般的ですが、Amazonでは独自のギフト券を販売しており、プレゼントに贈ったり、クレジットカードなしの決済に使ったりできるようになっています。

Amazonではありとあらゆるものを販売していますから、日常的にAmazonで買い物をしているユーザーは少なくありません。

そのようなユーザーにとって、手軽に購入できるamazonギフト券はとても便利なアイテムです。

このため正規で購入するよりも安く買える金券ショップなどでも、Amazonギフト券のニーズは非常に高いのです。

ですから不要なギフト券を業者に買い取ってもらえば、すぐに現金が手に入ります。

買取業者に申し込んでから、銀行に入金されるまでの流れは、次のようになっています。

まずインターネットで買い取り業者のホームページから申し込みを行います。

その後、運転免許証や保険証など本人であることが確認できる書類のコピーをメールまたはFAXで送ります。

本人であることが確認がされると、ギフト券の番号、有効期限、ギフト券のタイプを伝え、買い取るギフト券がAmazonで実際に使えるものであるかどうかの確認があります。

そしてすべての確認が終わると、指定した銀行口座にお金が振り込まれます。

入金額は手数料が引かれたもので、実際のギフト券の料金の80%~90%といったところが相場です。

買い取る割合を現金還元率と呼んでいますが、現金還元率が80%の場合、ギフト券の金額の20%を手数料として業者が受け取ることになります。

たとえば5万円分のギフト券を買い取ってもらうと口座に入金される金額は4万円となります。

業者を利用するメリットはインターネットによる取引なので、店舗まで出向く手間がはぶけることです。

そして、すぐに現金が手に入ることです。

銀行の営業時間内に取引が完了すれば、その日のうちに振り込んでもらえますし、ネットバンクなら24時間振り込み手続きを行ってくれます。

借金はしたくないけれど手元にお金が欲しいというときに、おすすめの換金方法です。

amazonギフト券を最短で現金にかえる方法

最短での入手方法
手持ちのamazonギフト券の期限が迫っている、あるいは急にお金が必要になったといった場合に、ギフト券を現金に変える方法はいくつかあります。

まず、金券ショップに持って行って買い取ってもらう方法です。

地下街や駅の近くにある金券ショップで買い取ってもらえば、簡単に現金化できます。

ただしamazonギフト券の買い取りを行っている店舗はとても少なく、取り扱いもコンビニエンスストアで購入できるカードタイプ限定といったケースがほとんどです。

また有効期限が1週間しかないなど短期間の場合は、買い取っても期限までに売れない可能性が高いので、引き取ってもらえないのが一般的です。

急な出費が必要となった場合に備えて、事前にamazonギフト券を買い取ってくれる金券ショップをチェックしておくことをおすすめします。

次にオークションサイトに出品して、売却するという方法があります。

楽天オークションやヤフオクなどで、手軽に売りに出すことが可能です。

ただしこの場合は落札されるまで時間がかかることが多く、価格設定によっては落札されないこともあります。

またオークションへの出品手続きを行う手間もかかります。

このように、自分でamazonギフト券を売りに出すことは可能です。

しかし今すぐ現金が欲しいといった場合は、インターネットからギフト券買い取り業者を利用するのが最短の方法となります。

インターネットの専用フォームから申し込み、本人確認、ギフト券の確認といった手続きがスピーディーに行えます。

早い業者では申込みから振り込みまでの時間が、初めての利用の場合で最短16分、2度目以降の利用なら最短7分で指定した銀行口座に振り込んでくれます。

ただし混雑時には手続きに多少の時間がかかりますから、なるべく早めに申し込むことが大切です。

9時~15時までの銀行の営業時間内に手続きが完了すれば、即日振り込んでもらえます。

それ以降は翌日の入金となりますが、楽天銀行やジャパンネット銀行などインターネットバンクを指定口座にした場合は、店舗の営業時間に関係なく24時間振り込みを行ってくれます。

すぐにamazonギフト券を現金化したい場合は、インターネットの買い取り業者を利用し、指定する振込口座をネットバンクにするのが最もスピーディーな方法です。

ネットバンクの口座をもっていない人は、いざというときのために事前に口座を開設しておくことをおすすめします。

返済が間に合わない…そんなときには活用するべきか

返済に利用すべきか

カードローンなどを利用していて返済できるお金が期日までに間に合わないかもしれないといった悩みを抱えている人もいるでしょう。

そのような方の中で、アマゾンギフト券を持っているようであれば、こちらを使って返済する方法があります。

実はアマゾンギフト券を現金化できる専門の業者がいくつかあります。

こちらにお手持ちのアマゾンギフト券を売却して、現金をつくり借金返済に充てる方法がありますので活用を検討してみましょう。

ただしこのアマゾンギフト券の現金化サービスを利用する方法は、あくまでも一時的な緊急避難と思ったほうがいいです。

アマゾンギフト券の買取サービスですが、その日のうちに売買は成立して口座に現金が振り込まれるでしょう。

しかしまた1か月後には返済期日がやってきます。

その時までにお金を準備できるのかを検証すべきです。

もしお金がまた不足するかもしれないというのであれば、家計の見直しを行いましょう。

出て行っているお金の中には、無駄なコストはありませんか?コストカットして返済資金に回せるようなお金がないか確認しましょう。

もし、いろいろと思わぬ出費が重なって、その月だけたまたま返済する資金が準備できないのであれば、アマゾンギフト券を使って返済する方法も有効でしょう。

ただし問題になるのは、常に返済期日になると返済するお金のやりくりで困ってしまうケースです。

これはもともと自分の返済能力を超える借金を抱えてしまっている恐れがあります。

常に返済期日が近づいてくると資金繰りで悩んでいるのであれば、まず上で紹介したような家計を見直して、無駄な出費がないか検証しましょう。

それでも返済の厳しい状況に変わりがないようであれば、それは自分の返済能力を超えているので返済し続けるのはいずれ破たんする恐れがあります。

債務整理など借金問題で解決できる方法もありますので、専門家の弁護士や司法書士に相談してみるといいでしょう

資産売却することで、借金問題の負担を軽減する方法もあります。

たとえばマイカーを持っていて、別に自動車がなくても生活できそうであれば、中古車買取店に相談してみるといいでしょう。

車種によっては、それなりにまとまったお金を手にすることも可能です。

そのほかにも家具など、売却すればいくばくかのお金になるものもあります。

このようにアマゾンギフト券の買い取りだけでなく、自分の持ち物で売却できそうなものがないか検証してみることも大事です。

借金返済する・そのためにはまず残高確認を

まずは残高確認

カードローンなど、現在ではちょっとお金に困った時でも手軽に借り入れができます。

しかし借金を抱えていて、期日までに自前のお金を準備できないという人もいるでしょう。

もしそのような人でアマゾンギフト券を持っているのであれば、アマゾンギフト券を換金して借金返済のための資金に充てる方法があります。

アマゾンギフト券を専門的に買取している業者もありますので、こちらで換金してみましょう。

ところでこのような買い取りサービスを利用する前に、自分のアマゾンギフト券がいくら程度残っているのか気になるでしょう。

そこで残高確認をしておきましょう。

借金返済できるだけの資金があるかどうか確認する方法ですが、比較的簡単です。

アマゾンギフト券の残高確認の方法ですが、アマゾンのホームページで2回クリックすれば完了です。

ちょっとした時間で簡単にチェックできます。

まずはアマゾンのホームページにアクセスしましょう。

するとホームページの左上のところに「ギフト券」というメニューがあるはずなので、こちらをクリックしましょう。

するとサブメニューとして、「残高・利用履歴」という項目があるはずなので、こちらをクリックします。

これだけで、皆さんのアマゾンギフト券の残高がどの程度あるのか、今までギフト券をいつどこで使ったかの履歴を確認できる画面が出てきます。

数分程度で終わってしまうので、換金したいけれどもどのくらい残っているか気になる人は実践してみるといいです。

ちなみにこの残高は次にアマゾンでショッピングするときにもちろん使えます。

またアマゾンギフト券だけでは不十分な場合でも、不足分をカードや電子マネーなど別の支払い方法で賄うことも可能です。

もし借金返済できるだけの残金が確認できれば、買取専門業者に買い取りの依頼をしましょう。

買取業者はスピーディに換金してくれるところも多く、数分程度で売却手続きが完了するケースもあるほどです。

もし借金返済の資金を自分で準備できないのであれば、このような方法で返済するお金を準備しましょう。

もし期日までに返済できないと、遅延損害金というお金を利息とは別に用意しないといけません。

また皆さんの信用情報にも傷のつく可能性があります。

何度も期日通りに返済できず、滞納を繰り返していると、今後に悪影響が及びます。

新規でカードローンで借り入れ申し込みしたい、クレジットカードを作りたいと思っていても審査で引っかかってしまう可能性が出てきまのでそのあたりは慎重に。

何をするのも優良店で行うのが安心で安全

優良店を利用したい

自分の家に使わないamazonギフト券がある時には、買い取り業者に依頼して現金に交換してもらうことができますが、今の日本では100を超える程、無数の業者があるため、多すぎてどの業者に依頼すれば良いのかわからないという人が増えています。

高い買い取り率と代金が振り込まれる時間を参考にして選ぶことができますが、悪徳業者もたくさんいるので注意が必要になります。

優良店を見分ける一つの方法は、買い取り率に騙されないようにすることです。

業者にamazonギフト券の買い取りを依頼する時には買い取り率を見ますが、広告に書かれている金額と実際の買い取り価格が違うという業者も多いようです。

広告に書かれているのが、80パーセントから90パーセントの比較的低い買い取り率であれば信用することができますが、93パーセントから98パーセントと書かれていれば、物理的に不可能なので信用しない方が良いでしょう。

業者はamazonギフト券を客から買い取った後に、それを別の会社や取引先に転売して儲けを出します。

取引先の買い取り価格は額面の90パーセントが相場なので、90パーセントで売るものを顧客から95パーセントで買い取ったら赤字になってしまいます。

そのため、広告にamazonギフト券の額面の95パーセントの買い取り率と書かれていれば要注意です。

また、悪徳業者が使う手口として銀行に振り込む手数料を客に請求したり、消費税を請求したりして客に返金する金額を徐々に減らしていきます。

私たちがamazonの公式サイトでamazonギフト券を買った時には消費税はかからないので、それと一緒で売る時も消費税はかからないことを覚えておくべきです。

そのため、取り引きをする前にamazonギフト券を現金に換える時には、換金率が幾らかを電話で確認すると良いでしょう。

業者と電話で話す時には、他社と比較して交渉することができ、優良店であればこちらの交渉に乗ってくれるので、気持ちよく取り引きができる業者を探すようにしましょう。

amazonギフト券買い取り業者の口コミやランキングサイトを目にしますが、こうしたランキングは当てになりません

というのもサイトを運営している人は、報酬を貰って業者の宣伝も兼ねてランキングを出しているので、本当の口コミとは程遠いものがあります。

また業者が自分でランキングサイトを作成して、自分のサイトをよく見せていることもあるので、全ての情報を信じないようにしましょう。

高価な現金に換える

高価な現金には罠

amazonギフト券を現金に換える時は、誰でも高価な値段を期待しますが、値段だけを見て業者を決めると損をすることがあるので注意が必要です。

買い取り業者の中には、広告で94パーセントから98パーセントという高い買取り率を宣伝しておきながら、実際には25パーセントの買い取りを提示して来る業者もいます。

また、契約が成立して振り込む寸前になって手数料や消費税がかかると言って手数料を引いてくる買い取り業者もたくさんいるので、広告の高価な買い取り率に騙されないようにしなければなりません。

買い取り業者を探す時には、買い取り率だけではなく、利用規約に目を通して手数料が記載されているかどうかをよく見極める必要があります。

悪徳業者はトラブルになった後に、手数料のことは元々書かれていて、確認しなかった方が悪いなどと言いがかりをつけてくるので、前もってホームページに目を通しておきましょう。

インターネットでamazonギフト券の買い取り業者を検索しますが、検索エンジンでamazonギフト券の高価買い取りと入力して検索に引っかかるのは、「amazonギフト券94パーセント換金」などと記されたサイトです。

これは悪徳業者の可能性が高いので注意が必要になります。

94%の高価格の買い取り率と書かれていても、実際に買い取り代金として振り込まれる金額は額面の15パーセント程度になります。

詐欺行為にも思われますが、利用規約に罠が仕掛けられていて、多くの人はそれに目を通すことなく同意の欄にチェックを入れて手続きを進めていきます。

そのため利用規約に明記してありそれに同意しているため法律上は勝つことができません。

高価な現金を手に入れるためには、自分で人気のあるゲームや希少価値が高いゲーム、発売されたばかりのゲームなどをamazonで購入します。

amazonでの発売金額とゲームショップでの買い取り金額の差が小さいので自分が買ったのと同じくらいの現金を得ることが期待できます。

人気のあるゲームソフトは買い取ってくれるゲームショップもたくさんあるので、amazonギフト券を現金に換えるのが簡単というメリットがあります。

なるべく多くの現金を得るコツとして、適当に買うのではなく、先にゲームショップの価格を見ておいて高価買取商品が何かを下調べしておき、買い取り価格が高い商品をamazonギフト券を使って買いゲームショップに売ると、高い金額の現金を入手することができます。

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする