住宅ローンの返済にカードの現金化は使える?

住宅ローン

住宅ローンの返済に悩む人は多い

住宅ローンの固定金利が下がる中、高い金利の時期にローンを組んで複雑な思いでいる人も多いと思います。

金利の上がり下がりは常ですので、ある程度は仕方ないとわかってはいても、やはり自分たちよりも優遇されている人がたくさんいるというのは良い気分がしないものです。

金利の高い時代にローンを組んだ人も、また低金利で運よくローンを組んだ人も、「ローンの返済が苦しい」という悩みはどちらであっても抱えることがあるでしょう。

現在はフラット35などの住宅金融公庫でしか行っていなかったサービスなども各銀行などでも採用され始めて、固定金利や変動だけでなく沢山のバリエーションの中から選べるというメリットの面と、それを当然素人のような借り手側で経済を先読みして選ばなければならないというデメリットがあり、このプランや金利で「得をした」とか「損をした」というのが短期ではわかりづらくなっております。

また、昨今の経済不況と言われている中では変動の方が金利が明らかに低いという事もありますが、固定では低金利で長期での返済計画が立てやすいというのも返済が滞る原因を減らせるというのも必要なことです。

さて、日本は景気上昇といわれてはおりますがまだまだ、リストラなども多く、長期でのローンは非常に不安を感じます。

また、病気などでの入院・通院による給与の減額なども有り得る事です。

管理人も含めて世帯年収が平均300万円とも言われている状況では、事実貯蓄なども非常に難しいです。

そういった場合にも、一定期間の減額や期間の延長が可能なケースもあるというのをご存知でしょか。

「病気で入院していたため一時的に収入が減った」など、住宅ローンを組むときには予想もしなかった出来事が起こる場合もあるでしょう。

銀行などのローンを利用している人は、まずは金融機関に状況を説明をし、支払いについて相談してみましょう。

一定期間の減額や返済期間の延長などが可能なケースもあります。

ただし、金融機関の条件に合わない場合は申請が却下されてしまいますので、他の方法を検討する必要があります。

全ての方がご利用できるというわけではないようですので、すぐに返せるならば借金という手もあります。

転職による収入の低下や、リストラで再就職が決まらないなど、ローンの支払いが苦しくなる原因は色々あります。

身近な人にも相談しにくいこともあるでしょう。

将来的に確実な収入があることが決まっている場合は、一時的に借金をしてしのぐという方法もあります。

「今月だけローンが払えないが、来月になればまとまった現金が入ってくる」といったケースであれば、カードローンやキャッシング、消費者金融などから借り入れても、すぐに返済できます。

ただし、「返せるあてはないけれど、とりあえず借りたい」ということでしたら借金は避けるべきだし、おすすめはできません。

結果的に2重ローンとなりうる可能性がありますのであくまでも一時的な場合の検討です。

では、クレジットカードの現金化という方法はどうか?

借金をせずにお金を工面するにはどうしたらいいでしょうか。

急いで対策を考えないと返済期日はどんどん迫ってきます。

解決する1つの方法として、クレジットカードの現金化があります。

現金化ならば借り入れとは違いますので、金融機関の審査が必要ありません。

ショッピング枠に余裕があればすぐに現金を手にすることができます。

インターネット上で探してみると、たくさんのカード現金化業者が見つかります。

中には、悪質な業者のサイトもありますので、そこの見極めは重要です。

ただし、ローンの返済をカードの現金化で行う場合も、やはり返済能力やリスクについてしっかりと検討しなければなりません。

返済の方法は選択ができますのである程度の軽減も可能ですが、最終的には返済をしなければなりません。

一概には判断できませんが、一時的なローンの工面であれば一番良い方法なのかもしれません。

返済がキツイ、そんな時は!!
返済厳しい
返済がキツクなってきたらこんなのはどうでしょうか?

クレジットカードの金利は意外に高い

クレジットカードを利用している人は多いと思いますが、ショッピングやキャッシングをしたときの金利を気にしたことがあるでしょうか。

たとえばショッピングの場合、1回払い、ボーナス払い、リボルビング払いなど払い方によって金利はずいぶん違ってきます。

基本的には、支払い期間が長くなればなるほど金利は高くなる傾向にあります。

大きな買い物をしたときなどは支払総額にだいぶ差が出てしまいますから、金利についても計算してみましょう。

払い方を工夫することでお得になる場合があります。

また、クレジットカードのキャッシングの場合も同じことで、返済期間や回数によって金利がずいぶん違います。

実際の支払総額を知るためにも、具体的な数字をチェックしてみるといいでしょう。

カードローンやキャッシングの金利の上限

近年では銀行系カードローンや消費者金融のキャッシングを利用する人も増えています。

金利の上限は法律で定められているので、ヤミ金融などを利用していない限りは常識的な金利での利用となります。

とはいえ、ショッピングやキャッシングの金利は案外高いものです。

たとえば、10万円以上100万円未満を貸し出す場合の上限金利は18%と定められていますので、各社とも18%に近い金利となっています。

利息だけでもかなり支払う計算になります。

返済は無理なく計画的に

ショッピング、キャッシング、カードローンなどさまざまなサービスが普及していることで、便利な世の中になっていることは確かです。

ただその反面、軽い気持ちで買い物やキャッシングをしてしまい、返済に苦しんでいる人も大勢います。

利用する前に、返済方法に無理はないのか、金利がプラスされるとどれだけ支払うことになるのか、これらの点についてしっかりと確認するようにしましょう。

無理のない計画的な返済が大切です。

返済方法としてのクレジットカード現金化

キャッシングやローンを組むときには大丈夫だと思っても、避けられない事情で返済が苦しくなってしまう場合があります。

自分や家族の病気やけが、リストラなどによる収入の減少など、予想もしなかったことが起こる可能性は否定できません。

そんな場合、滞ることなく返済を続ける方法の1つにクレジットカードの現金化があります。

新しく借り入れをする場合は審査が必要ですが、「事情により審査が通りにくい」「すぐに現金が必要」といった場合、カードの現金化であればそれらの問題をクリアにすることができます。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする