クレジットカード現金化

365日お申込み可能!24時間 年中無休 電話・メール受付OK

個人事業主こそ救済しなければならない

個人事業主の救済

■個人事業主は資金繰りが大変

資金繰りに苦労している個人事業主は多いことでしょう。
すぐにまとまったお金が必要だというとき、個人事業主の場合は銀行など金融機関からの借り入れが難しいのです。

一定以上の収入が安定していて年数も長い場合は、銀行でも融資が可能だと思います。しかし、個人事業主は信用性がどうしても低くなってしまいますので、簡単には融資してもらえません。

では、個人事業主が事業資金をやりくりしたい場合、どのような方法があるでしょうか。


■個人事業主が資金を借りるには?

まず消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンなどが思い浮かびますが、これらは事業資金に使うことができないのです。
「生活資金を借りたい」というのであれば問題ないのですが、事業の資金に回す場合はキャッシングやカードローンは借りることができません。
事業用に借りる場合は、消費者金融や銀行などが扱う事業者ローン・ビジネスローンを利用しましょう。
ただし、事業者ローン・ビジネスローンを利用する際は収入証明書などの必要書類を準備しなくてはいけません。

また、審査にも一定の日数が掛かりますので、急ぎの場合はよく確認しましょう。


■クレジットカード現金化という方法も

「すぐにでもお金が必要だ」という場合は、クレジットカード現金化が役に立つかもしれません。
クレジットカード現金化ならクレジットカードのショッピング枠に余裕があれば大丈夫です。

面倒な審査もなくすぐに現金を手にすることができます。手軽でスピーディーというところがメリットでしょう。

デメリットとしては、現金化の際に悪徳業者に引っかかる恐れがあるというところです。
他社に比べて換金率が良すぎる場合などは、疑ってみる必要があるでしょう。
うますぎる話に引っかからないように気をつけてください。


■個人事業主ならではのメリット

クレジットカード現金化を考える場合、実は個人事業主だからこそ優遇されるメリットがあるのです。

それは、会社名義のクレジットカード、法人カードの利用です。

個人事業主は法人カードをもつことができますが、法人カードももちろん現金化できます。
しかも、個人のクレジットカードよりもショッピング枠が大きく設定されている場合が多いですし、さらに、換金率が高く設定されている業者も多くあります。
「どうしても急ぎで現金が必要」という場合は、法人カードの利用を検討してみるといいかもしれません。
ただし、現金化をするといざという時のショッピングに使えなくなります。

デメリットとメリットをよく理解した上で利用するようにしましょう。

一緒に読まれている記事  

他の金策方法にはないメリットってなんだろう

他の金策法にない

現金化の最大のメリットは、申し込みから現金を手元に受け取るまで非常にスピーディーに行えることです。
現金化のサービス業者によってその時間は異なりますが、短いところであれば15分から20分後には自分の口座に現金が入金されます。
他の融資方法にはない魅力のため、20~30代の若い人たちを中心に利用する人が増えています。

スピーディーに入金されるのは、クレジットカードを現金化するまでの手続きが、すべてオンラインで完結するからです。最近はカードローンなどオンラインから申し込めるものも増えてきましたが、ローンの場合、審査が不可欠なため、その手続きにかかる一定の期間はどうしても必要です。
クレジットカードの現金化には審査はありませんから、申し込みから入金まで、店舗を訪れたり業者の担当者と会話したりする必要もなく、一切をオンライン上で済ませることができるのです。
会社勤めなど忙しい生活を送る人にとって、メリットが大きいと人気なわけです。

入金までがスピーディーという点以外にも、メリットと呼べそうなものがあります。
それは、他の金策方法と違って、周囲の人に利用したことが知られにくいということです。
通常、カードローンでも消費者金融でも、融資を受けるには勤務先の在籍確認がともなうので、会社の上司にばれてしまうというリスクがあります。
しかし、そんな手続きはなく、しかも借用書や契約書が送られてくることもないので、家族にも知られずに現金を用立てることが可能なのです。
クレジットカード会社からは、何もしていないと請求書が届いてしまいますが、請求書の送付はいらない旨を事前に手続きしておけば、何の通知も送付されないので安心です。
クレジットカード会社に対する支払いが滞りさえしなければ、たとえ同居の家族がいる方でも、クレジットカードを現金化したことを誰にも知られる心配はありません。

もう一つメリットを挙げるなら、クレジットカードの現金化は借金にならないことでしょう。
消費者金融の場合、たとえ周囲にばれなくても、信用情報機関に借金の記録が残ってしまいます。ところが、クレジットカードの現金化なら、借金にはならないので、信用情報機関に何の記録も残りません。将来、融資が必要な時にも安心です。

ただ、クレジットカードの支払いを怠ると、カード会社からの督促状によりばれてしまうことがあるので、忘れないように支払うよう気を付ける必要があります。

お役立ち特集

↑ PAGE TOP