クレジットカード現金化

365日お申込み可能!24時間 年中無休 電話・メール受付OK

カードの『キャッシング枠』も『ショッピング枠』も無い時に現金化できるって本当なのか?

何もなくても

ほとんどのクレジットカードにはショッピング機能の他、キャッシング機能がついています。

ちょっとした現金が必要になった時、キャッシング枠を使うことで簡単に現金を取得することができて便利です。
しかし、クレジットカードのキャッシング枠は少なめに設定していることが多く、すぐに限度額いっぱいになって借入ができなくなるという方も多く見られます。

カードのキャッシング枠が残っていなくても、ショッピング枠が残っていればそれを利用して現金を取得する方法があります。

それがクレジットカード現金化です。

クレジットカード現金化は商品を購入し、商品を売却することによって現金を取得するというものです。
これは個人で行うこともできますが、個人でクレジットカード現金化を行う場合、購入から売却までの手間がかかる、購入時から商品の買取価格が変動しないとは限らないといったデメリットがあります。

しかし、クレジットカード現金化は業者に依頼することにより手間を簡略化させ、あらかじめ設定された還元率に則った現金を取得することができるようになります。

ですから、このショッピング枠が残っていない場合、クレジットカード現金化の手続きに必要となる商品の購入ができなくなるので、クレジットカード現金化を行うことができないのが常識です。
クレジットカードのキャッシング枠もショッピング枠も残っていないとなると、すぐに現金を手にするためには家族や友人に借りるか、銀行や消費者金融に融資を申請するくらいしか方法はありません。

しかし、その他の方法として、携帯電話のキャリア決済を現金化するといった方法があるのをご存知でしたでしょうか。

携帯電話のキャリア決済とは、ドコモではドコモケータイ払い、auではauかんたん決済、ソフトバンクではソフトバンクまとめ払いと呼ばれるものであり、携帯電話の毎月の支払いにその他の支払いをまとめることができるサービスのことです。

キャリア決済を利用すれば商品を購入することができるので、これを売却することで現金を取得することができます。

そして、近年ではクレジットカード現金化の業者の中に、携帯電話のキャリア決済の現金化に対応しているところが出てきています。

これを利用することにより、クレジットカードのキャッシング枠とショッピング枠が残っていなくても携帯電話さえ持っていれば現金を調達することができます。

しかし、携帯電話のキャリア決済はまだ生まれたばかりのサービスであり、還元率が低いなどデメリットも多いので、それ以外に選択肢がないという場合にのみ利用した方がいいでしょう。


一緒に読まれている記事  

職業や仕事内容、給料や時給の金額、正社員・アルバイトにかかわらず利用できるなんて他では無い

関係ない

クレジットカードの現金化は、誰もが気軽に現金を手に入れることのできるサービスの一つです。

クレジットカードを所有し、ショッピング枠に余裕がある方であれば、どんな職業や仕事内容の方であれ、給料や時給がいくらであれ、利用することのできるサービスです。

パートやアルバイトの方でももちろん利用できますし、無職という方でも、クレジットカードさえあるならば利用可能です。
お金を借りる手段としては消費者金融が一般的ですが、借入事情の厳しい昨今では、誰もが自由にお金を借りることができるわけではありません。

収入によっては借りられる金額に限りがあったり、まったく貸してくれない場合もあったりします。
また、消費者金融を利用すること自体に抵抗があるという方も多いことでしょう。


ところが、クレジットカードの現金化なら、クレジットカードのショッピング枠に空きがある方であれば、職業や収入の多寡にかかわらず、誰もがお金を手にすることが可能です。

また、オンライン上で申し込みできる業者がほとんどなので、誰にも会うことなく短時間でお金を手に入れられます。

現金化自体は、借金ではないため、信用情報機関に情報が登録されることはありませんし、ふつうに買い物をした時と同じ処理なので、誰にもばれずにお金を手にすることができます。

たとえ、過去の信用事故でブラックリストに載っており、消費者金融からお金を借りることができないような方でも、クレジットカードのショッピング枠が残っているならば、なんら問題なく現金を手にできます。

現金化業者が見るのは、クレジットカードのショッピング枠だけですから、あなたがどんな職業や収入状況や、もしくは多額の借金をしているような状況であっても、なんら関知しません。
収入によって換金率が変わることもないので、受け取れる金額にも差がありません。


一つ注意すべきなのは、現金化するクレジットカードは、本人の名義であること、つまり法人名義や事業主名義であるということです。

たとえ収入がなかったり無職だったりしてもクレジットカードの現金化に問題はありませんが、他人のカードはもちろんのこと、家族カードであっても、勝手に現金化すると後々大きなトラブルになる可能性が高いです。

また、クレジットカードの現金化は、ショッピング枠を利用して買い物をするのと同じことですから、いずれはカード会社に全額返済することになります。
以上のことを理解して、自分で返済できる範囲で利用するのであれば、誰もが気軽に利用できるサービスです。


現金を一番早く手に入れることができるのはこれです

1番早い

冠婚葬祭、病気、怪我などで急に現金が必要になることは誰にでもあります。
そんな時、貯金を使い果たしており、クレジットカードのキャッシング枠も残っていないという場合、どうにかして現金を調達しなければなりません。

もっとも手軽にできるものが家族などの身内に現金を借りるという方法です。

身内ならば基本的に利子が設定されることもないので、返済もしやすいでしょう。
しかし、現金をやみくもに無心しているようだと信用を失うことに繋がるので注意が必要です。

また、現金は友人に借りることもできますが、どれほど親しい仲でもお金の貸し借りをしたくないと考えている方は多いので、良好な関係を保ちたいのであれば避けた方が無難です。


現金調達手段としてもっとも一般的なのが仕事をして現金を稼ぐことです。
忙しくて仕事に時間を割けないという方もいることでしょうが、内職ならば自宅の隙間時間を活用して稼ぐことができます。

近年ではWEBライターなど、インターネットでできる仕事も増えてきているのでそちらを探してみるといいでしょう。
その他、日雇いのアルバイトならば土日などの空いた時間に働きやすいです。
すぐにお金が欲しい場合、週払いにしてくれるところもあります。

所持品の売却も手軽な現金調達法です。

着なくなった洋服、使わなくなった家具、遊ばなくなったゲームなどはリサイクルショップやネットオークで売却することにより、予想以上の収入になることがあります。

クレジットカードのショッピング枠を利用して現金を調達することもできます。

商品券、図書券、新幹線チケット、ライブチケットなどを購入して売却し、現金を取得するというものです。
この方法は購入から売却まで全て自分の手で行わなければならないのでいくらか時間がかかりますが、これをシステム化したサービスがクレジットカード現金化です。

クレジットカード現金化の業者に依頼することにより、クレジットカードのショッピング枠を現金に変えてもらうことができます。

クレジットカード現金化の業者は全国に300社ほど存在しており、それぞれサービスの品質は異なりますが、早いところであれば申し込みから5分で手持ちの口座に現金が振り込まれるとされています。
最速で現金を手に入れる方法として、クレジットカード現金化はとても便利です。

しかし、早く現金が欲しいからといっても、クレジットカード現金化の業者には悪徳業者も多いので、選択はしっかり吟味する必要があります。


お役立ち特集

↑ PAGE TOP