クレジットカード現金化

365日お申込み可能!24時間 年中無休 電話・メール受付OK

金策の方法は多くある中でショッピング枠現金化の利用は最終手段

金策の手段

現代は支払いの大半にクレジットカードを使用できますし、クレジットカード払いしか出来ない店舗も展開されるほど普及してきてはおりますが、それでも一部の公共料金や商店などの支払いではは現金でのやり取りがまだまだ主流と言えるでしょう。

そんな時、すぐに現金が必要になった際にまず思い浮かぶのは消費者金融からの借り入れです。


クレジットカード現金化との比較対象となりやすい消費者金融からの借り入れですが、こちらのメリットは家族や知人にバレないように一人でこっそり現金を入手しやすい反面、審査を待つ時間があるため即効性はないのがデメリットです。


仮に現在職に就いていないなどのケースでは結局現金を入手できなかったということもあります。


クレジットカード現金化の大きなメリットは、本人名義のクレジットカードのショッピング枠に余裕があれば現金を入手するチャンスがある点です。

少し前に仕事をやめてしまった…などの場合でも、クレジットカードを持っていればなんとかなる場面が多くなっています。

クレジットカードを作る段階で審査が入っているため、ショッピング枠現金化の際に何らかの審査があるということもありません。


デメリット面は、ショッピング枠現金化はクレジットカード会社は推奨していないため、何度も現金化をしていたり、換金率の高い商品ばかりを購入しているとカードの利用自体にストップがかけられる可能性が高い点です。

また、キャッシュバック型の場合は実際に商品を受取る必要があり、家族や知人に現金化を利用したことがバレてしまう可能性があります。


クレジットカード現金化で入手できる現金は、原則残っているショッピング枠の範囲の金額のみです。

そのため、その人の支払い能力を越えた借金になる可能性が低く、そのような点もメリット面とも言えます。

クレジットカードを持っている場合、多くは個人的な買い物にも利用しているでしょうから、仮にショッピング枠が10万円の設定でも現金10万円分にはならないことも多いです。

現金化を引き受ける業者の換金率などの対応による部分が大きく、入手できる現金に幅があるのがこの方法の難点とも言えます。

しかしどうしても現金が足りず、なんとか工面しなければいけない場面で、消費者金融からの借り入れ以外でも金策の方法があることは覚えておいても良いでしょう。

普段からお金の管理とやりくりに気を配りつつ、”万が一”のときのための苦肉の策として、クレジットカード現金化の仕組みについて知識を得ておいても良いのかもしれません。

仕組みを調べるなかで、悪徳業者や詐欺業者の特徴についても知っておきましょう。

一緒に読まれている記事  

クレジットカードの現金化~カードブランドで換金率が違うって本当?~

ブランドと換金率

クレジットカード現金化で覚えておきたいのが、カード会社のブランドによって換金率に差が出ることがある点です。


同じ現金化引き受け業者であればどのクレジットカードでも同じ換金率なのでは?と思いこんでいると、納得のいく現金化がおこなえない場合があります。

クレジットカードのブランドによって換金率に差が出る理由としては、そのブランドのカードのショッピング枠を現金化することで業者に大きなリスクが考えられる場合です。

例えば、カードを作る際の審査が厳しいカードブランドや、数万円の年会費がかかるなどそれなりの所得が求められるカードブランド、社会的地位が高い人が作ることのできるカードブランドなどはクレジットカード現金化での換金率が低くなる傾向があります。

カードでの決済が海外を通すタイプのカードブランドなども渋られる傾向があります。

これは日本に滞在しているのになぜ海外端末での決済がおこなわれているのかという疑問をカード会社が持ちやすいことから、ショッピング枠の現金化をカード会社が想像しやすいためです。

そのため、良心的な業者であれば無理をすることがなく、このような類のカードブランドのショッピング枠現金化はできないと断られることが多いでしょう。


これらの理由なくクレジットカード現金化の換金率を大きく下げられるケースは、大半が悪徳業者や詐欺業者に引っかかってしまった場合です。

クレジット会社の目が厳しいのでこのカードの場合は換金率は下がる、という旨を伝えてきます。

実際にカード会社の目が厳しいのは確かなのですが、利用者のすぐに現金が欲しいという気持ちにつけ込んだり、カードブランドでのリスクが全てのブランドに同じようにある素振りを見せたりして騙そうとします。

仮に換金率が60%~70%程度になりそうな場合は、悪徳業者ではないか?と冷静に疑うのが正解です。


クレジットカード現金化での換金率は常に一定なわけではなく、さまざまな理由で変動する特徴があります。

まずは「変動するのが当たり前」という意識を持ち、申し込む時期などによって手にできる現金に差があることは理解しておきましょう。

その上で、あまりにも不当な換金率引き下げなどを感じた場合は、勇気を持ってその業者では現金化しないと決めることが大切です。


現金化の際の換金率の平均をあらかじめ調べて知識を得ておき、納得できる換金率を提示された場合のみ現金化を実行するのがベターです。


さまざまな金策と比較してメリットの多いクレジットカードの現金化と注意点

メリットが多い現金化

知人に借金を頼む、消費者金融からの借り入れなどさまざまな現金入手の方法と比較して、人間関係の破綻や審査落ちなどのデメリットがないのがクレジットカード現金化のメリットです。

当然ながらクレジットカードがなければこの方法を利用することができませんが、クレジットカードを最初から現金化を目的として作るのはやめましょう。


クレジットカード現金化はクレジットカード会社から見れば避けてほしい行為であり、できる限り発生しないように目を光らせているのが現状です。

仮にショッピング枠の現金化をカード会社に疑われれば、カード自体の利用が停止され、普段の買い物や支払いに使えるカードも失うことになります。

クレジットカードのショッピング枠を利用した現金化は、あくまでも万が一のときのための苦肉の策として活用するべきです。


現金化を引き受ける業者と利用者の信頼関係も重要で、例えば昔の主流だったキャッシュバック型では実際に商品を受け取ることを大前提の条件としていました。

しかし、家族にバレる、商品がいらないなどの理由で受け取りを拒否するケースが多発し、そのせいで消費者金融の貸金業と同等と見なされ、業者が摘発されたケースが多々あるのです。

また、消費者の弱みにつけ込んで詐欺まがいの低い換金率で現金化をおこなう業者も数多くいます。

このような背景が、クレジットカード会社がショッピング枠の現金化を嫌がる理由の一つともなっているのです。


信頼できる安全度の高い現金化引き受け業者を探すのがまず一歩ですが、各種口コミサイトのみを判断材料にするのも危険な場合があります。

不自然に一つの業者だけの評価が高い、他をけなす内容の口コミになっているなどでは、悪徳業者が口コミサイトを作って印象を操作している可能性もあります。

また、業者が作ったサイトでなくても、人の目を引くように自作自演の口コミを書き込んでいる場合もあります。

どのように信頼性の高い業者を選ぶべきかについては難しい面もありますが、一つの目安としてクレジットカード現金化を引き受けている歴史がそれなりにあり利用者数が多いこと、また歴史にともなった良い評価を受けていることなどを見ながら選ぶと良いでしょう。


換金率に関しては、どの業者であってもさまざまな理由で変動するのが普通です。

見かけだけの「95%の換金率!」などの文句で利用者の目を引く悪徳業者もありますから、くれぐれも慎重に、冷静に業者を選んでください。

お役立ち特集

↑ PAGE TOP