クレジットカード現金化

365日お申込み可能!24時間 年中無休 電話・メール受付OK

amazonギフト券の売買の方法は限りなく存在する

amazonギフト券売買

クレジットカード現金化の業者を通さず、自分で現金化を行えないかと考えている人もいるかもしれませんが、これは十分に可能です。


業者を通せば一定の手数料は取られるものの、逆に言えば一定の換金率は保証されているわけです。


現金化を自分で行う場合の難点は、何かを購入したものの予想以上に買取が安く、大きく損をするケースがある点です。

そんな中、クレジットカード会社からも目を付けられにくく、換金率にも期待が持てるのがamazonギフト券です。


配送業者の過酷な労働環境などがよく問題として挙げられるものの、日本でもECサイトは生活に欠かせない存在になりました。

amazonギフト券は特定のサービスでしか使えないギフト券であるにも関わらず、需要がある商品です。

コンビニでの購入など販売方法も多数ですが、プレゼントのためにクレジットカードで購入されるケースも多く、クレジットカードでamazonギフト券を購入しても違和感がありません。


このamazonギフト券をどうお金に換えるかですが、金券ショップに持ち込んでも大抵の場合は買い取ってもらえません。

amazonギフト券は、発行されたコードを入力してチャージする商品なので、コードがあってもそれがチャージされたものなのか、まだ使われていないのかが判別できないのです。

そのため、金券ショップではamazonギフト券を扱っていないところが大半なので、他に現金化の方法を考える必要があります。


amazonギフト券はインターネットオークションでよく出品されており、自分で現金化するならオークションが第一候補です。

インターネットオークションでは額面より高い価格で出品されているにも関わらず、それが売れるなんてケースも珍しくはありません。

送料がかからない商品なので、amazonギフト券を求めている人にとっては使いどころがあります。


インターネットオークションで利用できるポイントがあるなら、そちらで支払えば負担は皆無でamazonギフト券が手に入り、これを逆の立場から見ればamazonギフト券を出品することでお金に換えられるというわけです。

額面以上にはならない場合もあるものの、額面通りの価格で落札してくれる人がいたら、業者の換金率を遥かに上回ります。

需要が高い商品なので落札には期待が持てるものの、それでも必ず落札されるとは限らず、売れないなら値下げを余儀なくされる場合もあるでしょう。


そのような売れるか売れないかの不安に悩まされたくないなら、クレジットカード現金化の業者を利用してお金にするのが確実です。

一緒に読まれている記事  

電子マネーを経由した転売で現金化を行う方法も

電子マネー転売

自分で現金化を行う際に使える電子マネーはamazonギフト券だけではなく、楽天Edyなどでも使えます。

楽天Edyもamazonギフト券と同じくチャージするタイプの電子マネーですが、間違えて多くチャージしすぎて困るというのは割とよくある問題です。


他の電子マネーでもチャージしたものの払い戻しには基本的に応じておらず、払い戻しができるのは故障などが原因の限られた場合のみです。

このような電子マネーをチャージしすぎた場合にどう対処するかですが、普通に使う以外に何かを購入する手があります。

現実的に考えると、新品で購入したものをほぼ同じくらいの価格で買い取ってもらうのは難しいですが、人気商品なら近づけることは可能です。


最近は転売が社会問題と化していますが、どうして転売が起こるかといえば儲かるからです。

身近なものだとゲームソフトがよく転売のターゲットとして狙われており、人気作品だと換金率が9割くらいに達するケースも珍しくはありません。

電子マネーが何らかの理由で余っているようなら、このような換金率が期待できるものを購入して売却する手もあるんです。


amazonギフト券以外で電子マネーを扱っている現金化の業者はそう多くはありませんが、そのような場合には何かを購入して換金するのも有効な方法です。

ただ、この方法の難点はどれくらいで買い取ってもらえるかが未知数な点で、大きく損をするケースもあります。


先に挙げたゲームソフトの場合は、何らかの理由で中古市場に多く出回ってしまい、発売から数日で価値が大暴落したものもあるのです。

ゲームソフトでなくゲーム機なら急に価値が下がるケースはほとんどないものの、換金率はやや下がります。


ブランド品は知らない人が手を出すのは危険な分野ですが、ブランド品の価値について詳しいなら有効な手段です。

どのような商品を狙うかは人それぞれですが、基本的には暴落の危険性がある商品より価値が安定しているものがよいでしょう。

一応、裏技的な方法としてはECサイトで電子マネーで買い物をして、それを返品する方法があります。

電子マネーで購入した場合でも現金で返ってくるなら、現金化の目的で返品するのも手です。

ただ、返品の処理はサービスによって対応が異なり、電子マネーで購入したら電子マネーで返ってくるECサイトもあります。

そのため、この方法を使うなら本当に現金で返ってくるのか、現金で返ってくるまでにはどれくらい時間がかかるのかは必ず事前に調べたいポイントです。


ポイントサービスを利用すれば電子マネーや現金を得られるが...

ポイントサービス利用

現金化を自分で行うなら電子マネーをうまく使うのが重要ですが、合わせて電子マネーを獲得できるサービスを利用するのも手です。


ポイントサイトやお小遣いサイトと呼ばれるサービスがありますが、こちらはサイト内の行動やサイトを経由したインターネット通販によりポイントを獲得できるサービスです。

ポイントが貯まれば電子マネーに交換したり、指定の口座に現金を振り込んでもらったりもできます。

ポイントサイトでポイントを貯める方法としてはアンケートに答える、サイト内のゲームで結果を残すなどの方法があり、普段から意識して利用するのが効果的です。

インターネット通販をよく利用しているなら、普段の買い物で使っている通販サイトに対応しているポイントサイトを利用するのが基本です。

ポイントサイトによってはポイント還元に対応していない通販サイトもあるので、どのポイントサイトを選ぶかは非常に重要です。


どのポイントサイトも電子マネーへの交換には対応しているものの、目当ての電子マネーに対応しているとは限りません。

電子マネーに交換してから買い物をして換金する、そのような面倒な手順を踏まず、現金に交換できるサービスを選ぶのも手です。

換金率が予測できない電子マネーでの換金とは違って、現金と交換すればそのような心配は不要です。


このようにポイントサイトを使う方法は有効ではあるものの、やはり自分で行う現金化には限界があります。

転売ではどれくらいで売れるか分からないという不安がついて回るので、何回も利用すると精神面での負担も大きいのです。

むしろ、業者の換金率を大幅に下回って大きく損をするケースも多く、素直に業者に任せておけばよかったと頭を抱える人もいるでしょう。


自分で行う現金化の場合、換金率が業者のそれを上回っているようならお得なのですが、そのような商品はそうはありません。

ポイントサイトで現金と交換するなら確実ではあるものの、買い物でポイントを貯めるなら出費もそれなりにかかりますし、買い物なしでポイントを貯めるなら相当な時間が必要です。


クレジットカードの現金化業者を利用することにもデメリットはあるものの、信頼できる業者を見つけられれば安定した交換率でお金に換えられるのが大きなメリットです。

自分で現金化を行う場合のメリットとデメリット、業者に依頼する場合のメリットとデメリットを比較した上で、クレジットカードからどう現金を手にするかを考えてください。

お役立ち特集

↑ PAGE TOP