クレジットカード現金化

365日お申込み可能!24時間 年中無休 電話・メール受付OK

主婦なら旦那にばれたくないのは当たり前

旦那にばれない

自分名義のクレジットカードさえ持っていれば、主婦の方でも現金化を行うことは可能です。

主婦と言っても収入がある方もいれば、仕事をしておらず収入がないという方もいます。

ただ、クレジットカードの現金化はショッピング額の残高さえあれば、収入のあるなしに関係なく利用することができるので、その点についてはさほど気にするところではないでしょう。


しかしながら、現金化と聞いて多くの方はあまりいいイメージを持っていないのも事実です。

もちろんそれが身近にいる家族であればなおさらではないでしょうか。

旦那にばれたくないというのが大前提のはずですから、主婦の方は利用するにあたってその点もかなり気になるところのはずです。


結論でいえば、クレジットカード会社から届いた明細を旦那が見ない、支払関係においてはすべて自分が管理しているというのであれば、ほぼばれるということはないに等しいと言ってもいいかもしれません。

ただ、家計の管理を旦那さんが行っている家庭については、クレジットカードの請求がくれば知られてしまいます。

もちろん、現金化するにあたって業者側も不審に思われそうなものの扱いをすることが少なくなってきましたので、仮に現金化をするために購入したものであっても、即座にクレジットカードの現金化をしたと分かるという事はほとんどないでしょう。


消費者金融で現金を借りるというのは、何となく不安があったり怖いイメージもあります。

その点、本人名義のクレジットカードさえあれば利用できますし、請求もクレジットカード会社からきますので、旦那に知られたくないという方は利用しやすいかもしれません。


しかしながら、旦那に知られる可能性も少なからずあることも念頭に置いておく必要があります。

また、クレジットカード会社側では現金化をすることは規約違反にあたるとしているため、ランダムにどういったものを購入しているか、また定期的に現金化するために利用していると怪しまれ調べられてしまう恐れがあります。

仮に、現金化をしていることをクレジットカード会社が突き止めた場合、定めている利用規約に反したとみなし強制解約に踏み切ることもあります。

実際に強制解約に陥ってしまった方もいるのです。

そうなってしまうとクレジットカードが利用できなくなるほか、ブラックリストに載ってしまう可能性も出てきますので、利用するにあたっては理解と覚悟をもって現金化を行うということが大切です。

一緒に読まれている記事  

男性専用は無いけれど、女性専用のクレジットカード現金化はたくさんあります

男性専用は無い

クレジットカードの現金化が誕生してからというもの、出始めた当初に比べるとかなり内容を充実させている現金化の業者が増えてきています。

何も現金化をするのは男性ばかりではなく、利用者は女性ももちろんいます。

ですので、近年の傾向として女性専用、女性の利用に特化した内容の現金化の業者も出てきました。


女性専用ですので、女性しか利用することができない場合がほとんどですし、ショッピング枠を利用して購入する商品も女性向けのもの、購入しても不審に思われないようなものを扱っています。

対応するスタッフも女性というところが多いですので、女性にとって利用しやすいと言えるでしょう。


中には女性の利用者にのみ換金率を高くしている業者もあるくらいですので、クレジットカードの現金化は女性に優遇されていると言っても言い過ぎではないかもしれません。

利用する側からしてみると、現金化をする業者は男性が多く怖い印象もあります。

悪徳業者も多いのも事実ですので、女性の利用は十分気を付けなくてはいけません。


もちろん対応するスタッフが女性だからといって悪徳業者ではない保証はないですし、逆にそこをついてあくどい商売をしている可能性だって考えられます。

ですが、それは女性専用に限ったことではありません。


現金化をしている業者であればどこが悪徳業者でもおかしくはないご時世ですので、事前にしっかりと下調べをして、安心して利用できる業者を見つけておくことが大切です。

扱っている商品も女性を対象としているものばかりですから、クレジットカード会社にチェックされたとしても不審に思われる点も低いですし、家族に現金化をしているということもほとんどバレません。

ただ、クレジットカードの現金化においてはカード会社のほとんどは、規約違反にあたるとしています。

当然、クレジットカードを現金化していることがカード会社にわかってしまった場合、強制的に解約させられてしまうこともあるのです。

実際にクレジットカードの現金化をしたことがカード会社にばれてしまい、利用停止後、強制解約してしまったという方もいます。

こうなってしまうとクレジットカードが利用できないほか、再度作ろうと思ってもブラックリストに名前が載ってしまっている可能性も非常に高いため、クレジットカードを新しく作れなくなります。


現金化においては自己責任、しっかりと理解をして何があっても誰も責めることはできないということを忘れてはいけません。


女性優遇キャンペーンが店舗によっては利用できる!

女性優遇の利用

現金に困ったときに利用できるクレジットカード現金化、近年は女性専用だったり女性優遇などのキャンペーンを行う業者が増えてきました。

現金化は男性の利用者が多いイメージでしたが、最近は女性の利用者も増加傾向にあるのです。


ただ、悪徳業者も多いのも事実。


クレジットカードの現金化をしてカード会社に現金化したことがわかってしまい、強制解約させられてしまった人も実際にいることから、いくら女性優遇だからといって利用するにあたっては自己責任であるということを忘れてはいけません。


男性に比べて換金率が高かったり、女性に得なサービスが利用できる特典があったりと、女性の利用者を獲得しようとしている業者も多いですので、女性でも気軽な気持ちで利用することができるように工夫されています。

しかしながら、換金率が高いとはいえど、やはりショッピング枠を使って購入した金額よりも少ない額の現金が振り込まれる形になります。


80~90%あればいいと言われているのがクレジットカード現金化の換金率ですから、10万円分のショッピング枠を使って利用した場合、8~9万円の現金の振り込みとなるわけです。

この額だけ見れば大金を手にする印象がありますが、返済する額はショッピング枠で利用した10万円となるのは変わりはありません。


また、カード会社経由の請求となるため、分割払いにしたりリボ払いにあとから変更することができる場合もあります。

月々の返済の額が少なく済むため収入の少ない主婦にとってはありがたい返済方法ではありますが、金利が発生します。


返済の期間が長くなればなるほど金利がその分取られることになりますから、トータルとすればショッピング枠を使って購入した10万円以上の返済をしなくてはいけないのです。

収入がしっかりとあって返済ができると自信がある人もいれば、収入が少なく返済に不安が残ってしまうという方もいるでしょう。


返済が難しくなっても責任を取らなくてはいけないのは自分です。

主婦だから、収入がないからと言って見逃してくれるわけではありません。

多重債務を抱えて自己破産に陥ってしまう主婦もいるのが事実なのです。


女性のためのクレジットカード現金化の業者も増えてきているため、女性も以前に比べると気軽に利用することができるようになってきています。

その分、債務に追われてしまう人、返済が難しくなって自己破産に追い込まれてしまっている人がいるということを忘れずに、クレジットカードの現金化を行うときは自己責任であるという認識をもって利用しましょう。


お役立ち特集

↑ PAGE TOP