クレジットカード現金化

365日お申込み可能!24時間 年中無休 電話・メール受付OK

大切なのは「対応できる場所」「換金率のタイミング」「払い戻しの必要書類」

定期券で現金

通勤や通学に便利な定期券は、乗車運賃を毎日購入するよりもディスカウントされた価格で利用できるので、たくさんの人が利用しています。

最初に購入する際にはまとまった金額になることが多いため、購入時にクレジットカードを使う人が多いのですが、この定期券を利用してクレジットカード現金化をする事ができることはご存知ですか?


定期券を使ったクレジットカード現金化をする際には、いくつか知っておきたいポイントがあります。

鉄道会社やバス会社などの企業ごとに払い戻しに関するルールが異なるため、まずは定期券の払い戻しに関する各会社のホームページをチェックすることから始めましょう。

知っておきたいポイントは、どこで払い戻しに対応しているのかという場所、そしてどのタイミングで定期券の払い戻しをすると換金率がマックスになるのかという点、そして払い戻す際に必要となる書類を確認するという点です。

払い戻しできる場所は、一般的には定期券を販売している駅や窓口で対応可能となっています。

定期券を購入した場所と同じ窓口に行けば、大体対応してもらえますし、別の駅でも対応してもらうことは可能です。


払い戻しをするタイミングですが、一般的には月単位となっています。

つまり、1日過ぎただけでも1ヶ月間使ったという扱いになるということです。

そのため、購入した翌日に払い戻しを希望しても、1ヶ月間使ってから払い戻しをしても、換金率は同じとなります。

それなら、1か月未満の期間は購入した定期券を使ったほうがお得です。

1カ月定期を購入してクレジットカード現金化する場合には、購入してから何日以内なら払い戻せるのかというルールが各交通機関ごとに異なるので、その点は最初にチェックしておきましょう。


カードで購入した定期券の払い戻しは、基本的にはクレジットカードへの返金という形になります。

現金で受け取れるというわけではありません。

しかし、運営会社ごとにそうしたルールや線引きは異なるので、確認しておくと良いでしょう。

また、クレジットカードで購入した場合でも、払い戻しの前にそのカードを解約していると、銀行振り込みでの返金という形で現金化することができます。

もちろん、クレジットカード現金化するたびに新しいクレジットカードを作ることになってしまいますが、知っておくと便利な方法ではないでしょうか。

また、かかる手数料も交通機関ごとに異なるので、その辺もチェックしておくと良いでしょう。

定期券でクレジットカード現金化をする確実な方法

確実な方法

定期券を使ったクレジットカード現金化は、可能です。

これは払い戻しという方法を利用する方法なのですが、何回もするとカード会社にバレてしまいやすいため、どうしても困った時に利用する最後の砦としたほうが良いでしょう。


定期券を購入する際には、いろいろな支払い方がありますが、カードで支払っても現金化することはできます。

ただし、どの交通機関運営会社でもクレジットカード払いの払い戻しは、同じクレジットカードへの返金という形を取る事が多いため、クレジットカードで払って現金をゲットすることは簡単ではありません。


運営会社が現金での払い戻しに対応しているのなら、この方法を利用するのが良いでしょう。

もしも現金での払い戻しができない場合でも、支払いの際に使ったクレジットカードを解約している場合には銀行振り込みでの払い戻しができます。

カードを解約しなければいけないという手間がかかってしまいますが、覚えておくと急場の際で役に立つことがあるかもしれない方法です。


クレジットカードを解約することなく定期券を現金化する方法もあります。

それは、定期券を購入する際の支払い方法として電子マネーを使うことです。

電子マネーのチャージは、どれも基本的には現金のみとなっていますが、場合によっては定期券を購入する時だけはクレジットカードを使ってチャージできるという例外があります。

そこで、クレジットカードを使って少し多めにチャージしておき、定期券を購入しましょう。

定期券の払い戻しは、窓口で行っています。

ただし、発券機を使って定期券の払い戻しはできませんから、定期券の区間を間違えたなどの理由をつけて、窓口に足を運んで払い戻しの手続きをする事になるでしょう。

定期券の払い戻しには手数料がかかりますし、1日でも使うと1ヶ月間使ったものとみなされるので、購入価格と同額を返金してもらえるというわけではありません。

しかし、業者の現金化サービスを利用するよりは、高い換金率で現金化できるでしょう。


定期券の払い戻しという方法を利用してクレジットカード現金化することは、1回ぐらいなら問題ありませんし、駅員から疑われることもありません。

しかし、毎月同じことをしていればさすがに怪しまれますし、カード会社から連絡が来たり調査が入るリスクが高くなるので注意しましょう。

頻繁に現金化するのなら、定期券の払い戻しではなく別の方法を利用することをおすすめします。

一緒に読まれている記事  

学割で買った定期券のクレジットカード現金化

学割の定期券

定期券を購入する場合、学生が通学のために使う定期券だと学割が使えるため、通常の社会人料金よりもリーズナブルに購入できます。

学割を使って購入した定期券でも、使わなくなったり区間を間違えて購入した場合などには払い戻してもらうことができるので、クレジットカード現金化としても利用することは可能です。

定期券は購入する期間が1ヶ月と短いものから、半年以上や1年など長期間で購入出来ることもありますが、長期間分をまとめて購入したほうが割引率は高くなるのでお得になります。

しかも、クレジットカード現金化という視点で見ても、長期間分をまとめて購入したほうが購入価格は高くなるので、現金化する際にも怪しまれにくいのです。


学割で買った定期券を払い戻しという形でクレジットカード現金化する場合には、通常の定期券の払い戻しと同じ手続きを踏むことになります。

学割を使って定期券を購入する場合には、学生であることを証明するための学生証の提示が必要となりますが、払い戻しの際には学生証の提示を求められることは少ないとされています。

ただし、払い戻す時に身分証明書の提示が必要となるので、運転免許書やパスポートを携帯していないのなら学生証を持っていたほうが安心です。


学割で購入した定期券を払い戻してクレジットカード現金化する場合には、購入する前に払い戻し率がどのぐらいになるのかという点は事前にリサーチしておきたいものです。

それぞれ交通機関運営会社のホームページを見ると、どんなタイミングで払い戻しをするとどのぐらい返金されるかという点が記載されていますし、かかる手数料などについても詳細な情報が掲載されています。

それに基づいて、どの鉄道会社でクレジットカード現金化するのがお得なのかという点を検討してください。


学割を使って購入した定期券でもそうでなくても、定期券を使ったクレジットカード現金化は、一度ぐらいなら疑われることはありませんが、あまり頻度が多くなると疑われてカード会社から連絡が入るリスクが高くなります。

学生の場合、通っていた学校を辞めて別の学校に通い始めるというケースはあるので、2回目から必ず疑われるというわけではありませんが、あまり頻繁にやり過ぎないように肝に銘じておきましょう。

カード会社に疑われると、細かい取引内容についても調査が入り、最悪の場合にはカードを解約されてしまいますし、信用機関にも連絡が入ってしまうリスクがあります。



クレジットカード現金化の利用者がゼロにならない理由とは?

利用者がゼロにならない

今はカードローン全盛の時代ですが、審査の厳しい銀行が信用度を超える貸し出しを行っていることで、返済がままならずに借金苦に陥っている方や破綻者が続出していると社会問題になっています。


一方で消費者金融は総量規制によって貸付率が低下していて、思うような融資が受けられずに困窮している方々が現金化を利用している現状があります。

それを証拠に、メディアではクレジットカード現金化を中心とした非キャッシングサイトが大々的な宣伝を行っています。

つまりそれ程までにニーズが高いということです。


もちろんクレジットカード規約では現金化を禁止していますから、カード会社の判断で利用停止処分がなされることは知っておかなければなりません。

それでもクレジットカード現金化の利用者がゼロにならないのは、安全性や確実性や利便性が担保されているからでしょう。

クレジットカード現金化はキャッシングを行う上で最も気になるのが個人信用情報の登録状況です。

もし年収の3分の1にあたるキャッシングをしていれば、貸金業者ではそれ以上融資が受けられません。

また金融事故の処理がなされていれば消費者金融でも銀行でも審査に通りません。

登録されている間は全くキャッシングもローンも組めなくなるのが一般的です。

ですがクレジットカード現金化は信用情報の対象ではないので、現金化を利用しても個人信用情報機関へ登録されません。


これこそ利用者がゼロにならない理由です。


クレジットカード現金化は昔から行われてきた資金調達法ですが、これまでカード利用者が刑事告発をされたり、民事裁判で訴訟されたという実例はありません。

つまり現時点では法的に違法とはなっていないということです。

ただしカード会社はこの利用法のリスクを回避すべく禁止令を出していて、利用者にもデメリットが大きな資金調達法である事は確かです。


今クレジット現金化サイトを見ると、換金率95%とか98%といった数字が大々的に宣伝されています。

もちろんここに手数料や消費税など諸費用が発生するので、10万円前後の現金化では80~85%になってしまうのですが、それでも消費者金融でキャッシングするのと同等か、場合によってはお得になるケースもあります。

この換金率の良さも利用者がゼロにならない理由です。

他にも利用者がゼロにならない理由がありますが、今後は法律の改正に注意しておきましょう。

またニーズの高まりに比例して詐欺サイトも増えていますから、利用先をしっかり選択するようにおすすめします。

クレジットカードの決済を利用した現金化で怪しまれる可能性はあるの?

怪しまれる可能性

クレジットカード現金化の方法は、すでにいろいろな手法が編み出されています。

その中でもポピュラーな方法の中の一つに金券類を購入して現金化する方法があります。


回数券や金券、商品券を使った現金化です。

なぜ金券類が人気か、それは換金率が高いためです。

よって、効率的にカードのショッピング枠を現金に換えられます。

しかしカード会社もクレジットカード現金化については、近年目を光らせています。

特に高額な金券が大量に購入されると、怪しまれる恐れがありますので注意しましょう。

具体的にどのような商品が怪しまれるか、代表的なのは新幹線の回数券です。

新幹線の回数券は単価も大きいです。

このため、現金化のツールとして活用されることが多いです。

ただし新幹線の回数券は実際に乗車するためにカードを使って購入する人もたくさんいます。

回数券は値段も高くなるため、なかなか現金で購入というわけにはいきません。

そこでカード決済を希望するお客さんが多いわけです。

しかしもし1度に新幹線の回数券を10冊単位で購入すれば、信販会社に怪しまれるでしょう。

10冊前後をクレジットカードで購入した場合、カード会社から電話のかかってくる可能性が高いです。

現金化を疑うほかにも、盗難に遭った・もしくは拾得した別人のカードを使って購入していることが疑われるためです。

この時にどのような言い訳を準備するかが重要です。

このとき相手が「それなら仕方がない」と思えるような納得できるような説明をすれば、それ以上追及されることはないでしょう。

よく使われるのは「上司たちと出張することが多いのであらかじめ多めに回数券を購入している」という言い訳です。

ただカード申し込み時に勤務先や仕事の内容をある程度申告している点に注意しましょう。

もしこの内容と食い違う、頻繁な出張の場合、さらに怪しまれる恐れもあります。

最悪クレジットカードの現金化に使われたとカード会社が判断すれば、強制退会を求められる恐れもあります。


自分でクレジットカードのショッピング枠を現金化する場合、上で紹介したようなリスクが伴います。

そこで安心なのは、クレジットカード現金化業者を利用する方法です。

現金化業者で商品を購入すれば、カード会社から怪しまれる心配もないでしょう。

ただし現金化業者の中には悪質な営業をしているところも見受けられます。

実績のある優良業者を使って、必要な現金を確保するように心がけましょう。

お役立ち特集

↑ PAGE TOP