どの業者に頼んでも絶対に身分証明書の提出が要求されるのは何故?

身分証が絶対に必要

身分証を提出しないで現金化の利用はできないのは何故!?

クレジットカードの現金化をするときに必ず必要となるのが身分証です。

これがなければクレジットカード現金化を行うことはできません。

クレジットカードの現金化は決して犯罪ではありませんが、クレジットカード会社側からすると気持ちの良い好意ではありません。

そして、クレジットカード現金化を行っている企業は不安要素の残る企業も多く、個人情報を渡してもいいのか不安に感じる方も多いはずです。

しかしクレジットカードの現金化を行うときは、必ずといっていいほどどの業者でも身分証明書の提出を求められます。

逆に求められない業者のほうが危険な可能性が高いので注意をしましょう。

ここで必要となる身分証ですが何でもいいという訳ではありません。

クレジットカード現金化で必要とされているものは、

身分証として認められるもの
  • 運転免許証
  • 年金手帳
  • 健康保険証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 在留カード
  • などのの公的身分証となります。

公的身分証ではなくても顔写真入りの学生証であれば身分証として受け取って貰えるでしょう。

この際、必ず表面と裏面の両方をしっかりと確認されます。

裏面に住所変更や氏名変更の記載があった場合はそちらもチェックされるので注意をしてください。

いくら氏名が記載されていても、診察券やポイントカードや定期券は身分証明書代わりにはなりません。

氏名と住所と生年月日はクレジットカードの現金化をする上で必須となっています。

これらが記載されているものを必ず用意をしてください。

市役所などでは二つ以上の身分証明書が必要になる場合もありますが、クレジットカード現金化のときは顔写真入りのきちんとした身分証明書が一枚あれば問題ありませんが、当然ですがコピーなどは通用しません。

身分証明書情報は必ず業者側がコピーを取ることになります。

コピーを拒否することは出来ません。

万が一のことがあったときの証明となるのでこちらは必ず提出をするようにしましょう。

クレジットカード現金化は古物営業法に基づいて行われていて、中古品の買取を行うのと同じような行為です。

古物営業法は公安委員会の許可番号を掲載しているか、そして取引前に買取をする本人の確認をしているかどうかが義務付けられています。

クレジットカード現金化も古物を買取する延長の行為のため、身分証明書が必ず必要となり、万が一のことがあったときのためにコピーをとったり番号を控える必要があります。

身分証明書は必ず用意してからクレジットカード現金化を行いましょう。

身分証の提示はどの業者に行っても同じこと。

法律で定められているから業者に言っても変わる事はありません。


相手

古物営業法っていう法律で決まっていることなんだね。

業者が勝手に個人情報を集めてるわけではないんだね(笑)。


この古物営業法のなかで施行されている内容は意外と多く、「窃盗などの犯罪行為の防止を図り、被害の拡大を抑えましょう。」みたいなことがずらずら書いてある感じです。

クレジットカード現金化で身分証明書が必須な二つの理由

必須の2つの理由
クレジットカード現金化を行う際には、身分証明書がなければなりません。

クレジットカード現金化をする上で必ず身分証明書が必要になる理由は大きく分けて二つあります。

一つは法律で定められているから、もう一つはクレジットカードの不正利用防止のためです。

まず、一つ目の法律で定められている点について説明します。

クレジットカードの現金化というのは、クレジットカードのショッピング枠を現金化することを言います。

実際には指定されたものをクレジットカードのショッピング枠で購入し、購入した商品を業者が買い取ることで現金化をすることが出来るというシステムです。

その場でクレジットカードで商品を購入する、購入するものが決められている、新品状態で手放す、ということを除けば、中古ショップで家具家電やブランド品を売ることと違いはありません。

このとき業者側は、客の持っているものを買い取るという行為を行います。

利用者の商品を買い取るという行為は中古売買となりますので、古物営業法に基づいて行わなければいけません。

古物営業法は、まず第一に相手の住所氏名職業年齢を確認すること、そして住所氏名や年齢が書かれた文書の交付を受けることが義務付けられています。

実際に中古ショップで物を売ったことがあるという人は、売買の際に必要書類に住所氏名年齢職業などを記載した身分証の提示を行った経験があるかと思います。

これはクレジットカード現金化をするときでも同じことをする必要があるのです。

業者は中古品を買い取るとき、必ず相手の身分証明書を確認しなければいけません。

次に、クレジットカード不正利用防止のためです。

クレジットカードのみで現金化が出来るとなると、人から盗んだクレジットカードでも現金化をすることが出来ることになります。

クレジットカードには氏名しか記載されていないので、自分のものだと簡単に偽ることが出来てしまうでしょう。

クレジットカード現金化は犯罪ではありませんが、決してクレジットカード会社に認められていることでもありません。不要なトラブルを避けるため、また盗難クレジットカードの利用を防ぐため、クレジットカード現金化をするときはそのクレジットカードが本当に自分自身にものだと証明をするために、身分証明書の提示を徹底しています。

この際、確実に本人のものだと証明するために、顔写真入りの身分証明書の提示が必須となっているところも多いです。

ネット上でクレジットカード現金化を行うときに身分証明書を送る方法

身分証の送付方法
最近はクレジットカード現金化をインターネットの手続きのみで出来るサービスが増えています。

店舗に行くのは不安だという方や店舗が身近にないという方の場合は、インターネットを使う方が便利です。

その際に必要になるのが自分の所有しているクレジットカードと身分証明書です。

身分証明書は、本人確認のために必要となります。

店舗などでクレジットカードの現金化を行うときはその場で確認をしてコピーを取る、番号を控えるなどの手続きを行いますが、ネット手続きの場合は写真を送る場合がほとんどです。

ネット上で身分証明書を確認する場合は、後日コピーしたものを郵送する方法が主流でした。

しかしコピーしたものを郵送する方法だとどうしてもタイムラグが発生してしまいます。

そのため最近はすぐに身分証明書をチェックできるように写真を撮ってメールで送信をする方法が主流となっています。

この方法はクレジットカード現金化だけではなく、インターネットを通じて中古品を売るときでも使われている主流の方法です。

ネット上で身分証明書を確認するために送る写真は多くて4枚必要となります。

まず一枚目が身分証明書の表面です。

これがなくては意味がありません。

ちなみに身分証明書は顔写真のついたものが基本となっています。

写真のついていない身分証明書は断られる可能性があるので注意しましょう。

保険証などは公的な身分証ではありますが顔写真がついていないので身分証明書としての利用ができない場合があります。

運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなどであれば、公的身分証であり顔写真も付随しているので身分証明書として認められます。

次に、身分証明書の裏面です。

裏面には特に何も記載されていない場合もありますが、住所変更などが記載されている場合もあるため必須となっているのです。

三枚目は必須ではない場合も多いですが、身分証明書を持った自分自身の写真です。

これは身分証明書の顔写真と手続きを行っている本人が一致しているかどうかの確認のための写真です。

最後に、現在住所を確認することができる公的郵便物です。

公共料金の支払い書などの場合もあります。

これは確実にそこの住所に住んでいるかどうかの証明のために必要となります。

三枚目と四枚目は必須ではない場合もありますが、これらの写真も求められる場合もあります。

基本的には、身分証明書の表と裏のみの送信で問題なく取引を行うことが出来ます。

クレジットカード現金化の実際の利用者の特徴をまとめてみた

実際の利用者
クレジットカード現金化を利用したことない人が、実際の利用者の特徴と聞かれて思い浮かべるのは、多重債務でどこからもお金を借りることができず、困った末に利用している人というようなイメージがあるのではないでしょうか。

ところが、実際の利用者の特徴を調べてみると、ごく一般的なサラリーマンや学生、主婦たちが利用していることがわかります。

そこで、なぜこれらの人たちが現金化を利用するようになったのかを調べてみました。

一般的なサラリーマンやOLもクレジットカード現金化を利用しています。

毎月決まった収入があり、消費者金融もわりと簡単に利用できるのに、どうしてわざわざクレジットカード現金化を利用するのかといえば、借金の記録が残らないという理由が大きいです。

たとえば将来住宅ローンを検討しているとします。

そんな人が消費者金融でお金を借りまくっていると、いざという時に銀行のローン審査で不利になることがあるのです。

クレジットカード現金化はショッピング枠を利用する方法なので、借金の記録は残りません。

つまり、いくら利用してもローンの審査で不利にならないということです。

もっとも現金化の事実がカード会社にバレて強制解約となっては、その記録は将来のローン審査に影響します。

学生にもクレジットカード現金化を利用する人は多いです。

学生はレジャーや旅行など何かと現金が必要になる機会が多いですが、仕送りやアルバイトの収入は限られています。

しかし、学生が消費者金融でお金を借りるのはハードルの高い行為です。

学生でも利用できる消費者金融はありますが、保護者の同意が必要だったり、借入額が低く制限されていたりといった問題があります。

その点、クレジットカード現金化なら、そうしたことと無関係に利用できます。

クレジットカードなら学生でも比較的簡単に持てるため、こうした手軽さゆえに選ばれているのでしょう。

主婦にも現金化の利用者は多いです。

自分も働いている人なら消費者金融や銀行カードローンの利用も可能ですが、主婦は家庭があるだけになかなか自由に借金ができません。

旦那さんに知られずに借りる方法もありますが、消費者金融からの請求でトラブルに発展するケースもあります。

その点、クレジットカード現金化では、請求もクレジットカード会社からのみです。

ふつうにショッピングに利用したのと変わらないため、旦那さんにバレにくいことから主婦に現金化を利用する人が増えていると考えられます。

新社会人や大学生がクレジットカード現金化を利用する際の注意点

新社会人や大学生
学生や新社会人など新しい生活を始める方にとって、生活が落ち着くまでは何かと入り用かと思われます。

そんな時に便利なのがクレジットカードです。

ただ、初めてクレジットカードを持った学生や新社会人だと、調子に乗ってキャッシングをし過ぎて限度額いっぱいまですぐ使い切ってしまうということもあるでしょう。

そんな方でもショッピング枠に余裕があれば、現金化サービスを利用して現金を早急に手元に用意することが可能です。

しかし、もちろんクレジットカード現金化にも注意しなければならないことはたくさんあります。

後先考えずに使ったばかりに、後でとんでもないトラブルに巻き込まれることにもなり得るので、現金化サービスを利用する前に「本当に必要なのか」「確実に返済できるだろうか」をもう一度考えましょう。

グレーゾーンと言われるクレジットカード現金化ですが、カード会社にバレると強制解約のうえ残債一括返済という重い措置を取られてしまいます。

そのため、これまであまりクレジットカードを使わなかった方が、急に高額なショッピングを繰り返しているように見えたら、カード会社も現金化を疑って当然です。

ですので、利用する時はまずはどうしても必要な最小限の金額からにしましょう。

それも、「○日が給料日なので絶対に返せる」と確実に返済ができることが条件です。

次の収入が入る見通しもないのに現金化してしまうと、返済できなくなって非常に困ったことになってしまいます。

また、学生にも社会人にも当てはまることですが、クレジットカード現金化は生活費のために利用しないことが大切です。

生活費が足りないので現金化に頼るというようなケースでは、生活状況を何とかしないことには毎月常にお金に困ることになってしまいます。

無駄な出費はないか、収入に見合わない生活レベルではないかを見直してください。

クレジットカード現金化は急な出費の時に役立つものです。

「葬儀に出席することになり香典が必要だが、今手持ちがほとんどない。でも、来週には給料が入る」というような時にぴったりのサービスですので、キャッシング感覚で使わないように気を付けましょう。

現金化サービスを利用すると、翌月には利用分をカード会社に返済しなければなりません。

カードの返済方法はいろいろ選べて便利ですが、注意したいのがリボ払いです。

リボ払いは返済額が毎月一定なので一見負担の少ない返済方法ですが、借金が減りにくくいつの間にか大きな負債を抱えてしまいやすいという危険があります。

なるべく一括払いで返済できるようにしましょう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする