電子マネーを換金する方がお得?ギフト券の買取と何が違うのか調べてみた

電子マネーの違い


amazonギフト券はインターネットショッピングモール大手のamazonでのショッピングでのみ使うことの出来る電子マネーの一種です。

換金や買取方法が違うのか気になる

電子マネーとは、名前の通りでパソコンやスマホなどを使って、現金の代わりに買い物をした際のお支払に使えるカードやその方法であり「仮想マネー」とも言われます。

前もってお金をカードやスマホなどの携帯端末にチャージ(入金)しておき、その分を使えるプリペイド型と、買い物をした分、後払いでクレジットカードに請求が起こり、支払いをするポストペイ型2種類があります。

それでは、amazonギフト券は電子マネーとどう違うのか、ということですが違いはありません。

先ほどの2種類のタイプでいうと、先にギフト券を購入することがチャージを行うことになり、その分の買い物ができるタイプのギフトカードになりますので「プリペイド型の電子マネーの一種」ということになります。

プリペイド型のメリットは、先払いのためクレジットカードでの後払いのように使いすぎの防止になります。

お金の管理もしやすいので、よくインターネットショッピングをされる方にもギフトカードを予算に合わせて購入することはあっているといえるでしょう。

ギフト券は、アマゾンで購入、もしくはコンビニなどの販売店で購入をします。
amazonでの購入は、よくキャンペーンも行なっていますので時期をみて、お得に買いましょう。

amazonギフト券を購入する場合ですが、Eメールタイプと印刷タイプのギフト券の購入はクレジットカードのみでの購入になっています。

コンビニ払いやネットバンキングを使ってのお支払、また電子マネーやWebマネーを使っての購入も出来ません。

もし、クレジットカード以外での購入を希望でしたら、グリーティングカードタイプ、カードタイプ、パッケージ版の購入であれば可能です。

また、後々、必要でなくなった時にアマゾンギフト券買取を検討したいのであれば、Eメールタイプがおすすめです。

買取りに手間も時間もかからず、メールのやりとりだけで買取が完了することと、またamazonギフト券買取業者によってはEメールタイプのギフト券の買取強化キャンペーンを行なっているところもあります。

amazonギフト券買取の業者を選ぶ時には、そのようなキャンペーンや条件も見てから選びますと、換金できる金額が大きくなりますので、積極的に比較して選ぶといいですよ。

アマゾンギフト券買取の方法と買取のやりかた

買取のやり方

amazonギフト券買取のやりかたを順にみて行きましょう。

まず、amazonギフト券買取の業者を決めましょう。

インターネットでの詐欺も多いようです。

換金率や買取価格だけでなく、評判や口コミなども必ずチェックし、安心できる業者を選ぶようにしましょう。

また買取を希望の時に「換金率の引き上げ」や「新規優遇キャンペーン」などをおこなっている場合もありますので、何社かを比較し確認してみると良いでしょう。

またその日によって「レート」が違う場足もあります。

時間に余裕があるようでしたら、数日様子と傾向を見てみるのもいいでしょう。

さて、どちらの業者との取引にするかが決まりましたら、早速買取をしましょう。

パソコンからだけでなく、気軽にスマホからの申込みも可能です。

アマゾンギフト券買取にあたり、まずは手元に買取用のギフト券本人確認書類、また振り込まれる口座を用意してください。

そして、買取サイトのメールフォームから必要事項を入力して送信します。
そしてかえって来た「ご案内」と「手順」のメールに必要事項の入力をし、本人確認書類を添付して返信します。

基本的にはこれだけです。

アマゾンギフト券買取の業者によって、振込までの時間や詳しい部分は変わってきますが、上記のようにメールのやりとりだけで振込までの手続きは完了し、インターネットではじめての買取利用であっても数分から長くて30分ほどで振込が完了、手元の口座に現金が振り込まれます。

営業時間も土日の間も営業、年中無休でしたり、さらには24時間対応のところも多くあります。

インターネットバンクの口座をお持ちでしたら、さらに便利です。

アマゾンのギフト券には種類が何種類もありますが、ここで最速で取引ができるのはEメールタイプのギフト券になります。

他のタイプのものですと、買取までの時間がかかる場合もあります。

また、中には時間はかかっても構わないけれど、メールでのやりとりだけでは不安、と思われる方もいらっしゃるでしょう。

メールだけでなく、amazonギフト券買取のための申込書を書き、郵送での買取方法を用意している業者もあります。

現金の受け取り方法も口座振込だけではなく、受取り側の希望で現金書留で受け取りが出来る買取業者もあり、換金の方法は業者によって様々です。

すぐに現金が必要な時、用意をする方法は何種類もありますが、アマゾンギフト券買取は、今、最速で用意ができる方法です。

顧客満足度が高い業者はココを見ればよかったのか!

顧客満足度が高い

アマゾンギフト券を専門的に買取している業者はいくつかあります。

選択肢があるので、アマゾンギフト券を売却したいけれどもどの業者が良いのかよくわからないという人もいるでしょう。

その場合には、比較サイトやランキングサイトを利用するのがオススメです。

どの業者の顧客満足度が高いのか、一目で確認できるからです。

比較サイトやランキングサイトはそれぞれ独自の調査でランキングや評価をしています。

ですからサイトによって、若干評価も違ってくるでしょう。

そこで複数のサイトの情報を確認することです。

そのうえで、大体のサイトでランキングの上位を占めている、おおむね評価の高い買取業者を利用すれば、きっと満足できる買取ができるはずです。

ところでアマゾンギフト券買取業者を利用するにあたって、顧客満足度の高くなる条件としてどのようなものがあるでしょうか?

やはりまずは対応の早さがあるでしょう。

買取業者を見てみると、申し込んでから入金されるまでのスピーディさを売りにしている所が多いです。

10分を切る時間で入金対応していることを売りにしている業者も結構あります。
対応がスピーディということは、それだけ売買の成約力を持っている業者、いうなれば信頼性の高い業者となるわけです。

買取率がどうかという点も重視されます。

アマゾンギフト券ですが、自分が購入した値段通りで売却できることはまずありません。

やはり多少値下げした価格で売却することになります。

しかしできるだけ高い値段、自分が購入した価格に近い値段で売却したいところです。

そこで自分が買い求めた価格に対してどの程度の割合で売却できるか、買取率も顧客満足度に影響を与えるでしょう。

買取率は業者によって多少違っていて、85%程度という所もあれば、95%近い高い買取率を売りにしている業者も見受けられます。

また、どの銀行からどの銀行口座に振り込みを行っているかも顧客満足度を左右する条件となるかもしれません。

ネットバンクを中心として、同じ金融機関の振り込みアクションであれば、土日祝日、深夜・早朝でもほぼリアルタイムで入金が反映されるところも結構あります。

もし皆さんがネットバンクに口座があれば、そのネットバンクに口座を持っている買取業者であれば、土日でもすぐに現金を手に入れられます

土日など休日彼女とデートをするための資金が欲しくてアマゾンギフト券を売却したいと思っている人もいるでしょう。

そのような場合に、ネットバンク対応している業者であれば、いつでもスピーディに対応してくれるはずです。

気になるアマゾンギフト券が買取できるその仕組みを紹介

換金の仕組み
大手オンラインショッピングサイトのアマゾンでは、アマゾンギフト券と呼ばれるものを発売しています。

amazonで普段から頻繁にショッピングをしている人はギフト券を持っている人もいるでしょう。

もしギフト券が余っているのであれば、これを現金化する方法があるのをご存知でしょうか。

アマゾンギフト券を現金化する仕組みですが、買取業者に売却することで現金を得るのが基本です。

ではどこでギフト券を買取してもらえればいいのでしょうか?

これにはいくつかの候補が想定できます。

まずはギフト券などを専門で買取しているショップを利用する方法です。

このようなショップの中には、アマゾンギフト券の買取に積極的な所も見られます。

アマゾンギフト券買取の仕組みですが、言い換えるとギフト券番号の買取だと思いましょう。

ただしこの場合、買取可能になるためには2つの条件をクリアしていなければなりません。

1
有効期限

一つは有効期限切れになっていない番号であることです。

1秒でも有効期限を過ぎてしまうと、そのギフト券はアマゾンでは無効であると認識してしまいます。

単なる意味のない番号の羅列になってしまうのです。


2
アカウント登録

そしてもう一つの条件として、アカウント登録されていない番号であることです。

もしひとたびアカウント登録されてしまうとキャンセルができなくなります。

二度アカウントの登録ができなくなるので、そのようなギフト券を買取しても実質使いようがないということになります。

続いて間接的にアマゾンギフト券を現金化する方法です。

この仕組みですが、まずはアマゾンギフト券を使ってアマゾンで販売されているゲームソフトを購入します。

その購入したソフトをほかのゲームショップに持ち込んで売却する方法です。

アマゾンを使ってゲームソフトを購入するメリットですが、今どのソフトに人気があるのか簡単に分かる点です。

アマゾンではランキングを紹介していて、それで上位にランキングされているソフトは人気が高いと推測できます。

ゲーム買取を依頼する場合、人気のソフトの方が高値のつく可能性が高いです。

このような方法でアマゾンギフト券を換金した場合、95%を超えるような高い換金率で現金化することも可能だと口コミサイトで紹介されています。

ゲームソフトは人気で、中古ソフトの需要も高い状態で推移しているので、利用を検討してみると良いでしょう。

このように使わずに余っているギフト券が手元にあれば、買取サービスを利用することも考えてみる価値はあるはずです。

amazonギフト券を使えばショッピング枠だって即換金!

クレジット
急な現金が必要になり、あわてた経験はないでしょうか。

また、借金の返済で困った経験はないでしょうか。

クレジットカードのショッピング枠が現金になるとキャッシングよりも大きな金額の現金が手元に入るということで、現金化をする人が多いです。

ただし、クレジットカードの現金化は、クレジットカード会社や消費者庁から明確に禁止された行為であることを知らなくてはいけません。

そこで、amazonギフト券買取業者に買取してもらうことで直接の換金目的でのクレジットカード利用ではなくなるため、クレジットカードのショッピング枠の現金化とは認識されなくなるという裏ワザがあります。

他に、転売業者を使わずにギフト券を現金化する方法として、最新ゲームをamazonギフト券を利用して購入し、高い値段で中古ゲームショップなどに買取ってもらい、現金化をする方法もあります。

最新式のゲームやゲーム本体などをインターネットで購入し、持込む方法になります。

ただし、この転売方法は実際のアマゾンからの購入があるため、日数もかかります。

インターネット上で完結ではなく、実際のショップへの持ち込みも必要になりますし、とても手間もかかり難しい方法です。

また何を購入するかを探すことも大変ですし、価格や中古ショップでの買取価格もわかりづらく、場合によってはアマゾンでの注文後、自宅に配送される間に、中古ショップでの買取価格が大幅に値下がりしてしまった、といった目も当てられない事例もあるようです。

一度くらいならいいかもしれませんが、何度もゲームの転売による安定した価格というのは得づらいものになるのがおわかりいただけるかと思います。

それに対して、専門業者によるアマゾンギフト券買取のメリットは、まず、換金率が90%以上のところが多く、とても割がいいことと、とても手軽で簡単に申込みから現金の受け取りまでが出来ることです。

はじめての申込みでも通常の手続きで30分前後でインターネットバンキングに振込の確認ができます。

早いところでは5分ほどでできるところもあります。

この初めてでも簡単に利用することができるというところも、今、amazonギフト券買取が人気となり、買取を専門にする業者がどんどんと数を増やしている秘密です。

その他にも、インターネット上で完結できることや、ショップまで来店する必要がなく、あっという間に手元に現金が振込されるということもメリットです。

アマゾンギフト券買取は手軽に出来る現金化の方法、といえるでしょう。

金券ショップに持って行っても現金化できるのだろうか?

金券ショップで現金
「金券・ギフト券の買取」、と言いますと、街の金券ショップや中古チケットショップ、質屋などへ持ち込んでの換金を思い浮かべる方も多いと思います。

これはamazonギフト券買取でも同じことですね。

金券ショップなどにアマゾンギフト券買取に持込をされて、断られた、ということを経験したことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そうなんです。

実は、残念ながら、金券ショップやチケットショップではamazonギフト券買取自体を取り扱っているショップというのはほとんどありません。

アマゾンのギフト券は、特殊な商品券ですので、せっかくショップまで来店をして持ち込みで買い取りを希望されたとしても、金券ショップや中古チケットショップでの買取は基本、出来ないのです。

その理由は、アマゾンのギフト券はギフト券に書かれているカード番号(コード)を入力することでチャージをし、チャージ分の金額をamazonでショッピングできるようになっているという少し他のギフト券とは異なった仕組みになっています。

そのため、街の金券ショップでの買取は、ギフト券自体の管理をすることが難しいという理由で断っているところが大半なのです。

さらにカード番号が不正に使われ、買取後のカードが使用できなくなっている可能性もあります。

買取ショップにとっても、とてもリスクの大きい買取になってしまいます。

そのため、街の金券ショップやチケットショップでは、進んで買取を行っているところはほとんどありません。

インターネット上でも探しましたが、残念ながら金券の買取をしているショップの中でアマゾンギフト券買取をされているショップの確認はできませんでした。

ですので、アマゾンギフト券買取をしたい方は、インターネット上にあるamazonギフト券買取を専門にしている業者に依頼することになります。

インターネットでの金券ショップのように来店する必要はありませんが、インターネット詐欺などもありますのでお店選びは、街の金券ショップの時よりも慎重にした方が良いでしょう。

実際に利用された方の口コミやインターネット上でのショップの評判なども事前に調べて、信用のおけるショップを選ぶようにしましょう。

便利で、プレゼントなどでもいただく機会のあるギフト券ですが、有効期限もありますし、ほしいものがなく、ギフト券が使えなくなってしまうのでしたら、早めに上手く現金に換えてその分を大切に使いたいものですね。

ショッピング枠も現金化にできる方法とは?

ショッピング枠とは

クレジットカード現金化というサービスを目にしたことのある人も多いでしょう。

クレジットカード現金化は数十年前からすでに営業しているサービスで、歴史は意外と長いです。

クレジットカード現金化とは、皆さんが持っているカードを使って何か商品を購入します。

そしてその商品を買い取ってもらうことで、クレジットカードのショッピング枠を現金化できるというものです。

今ではカードで買い物できる商品のバリエーションも広がっていますが、それでも現金がないと購入できない、取引のできないケースもあるでしょう。

そのような現金がどうしても必要なときに、クレジットカードの現金化業者があると助かります。

このクレジットカードのショッピング枠を現金化する方法もいろいろな種類が出てきています。

例えばamazonギフト券のような電子ギフト・電子マネーを使った方法も近年注目を集めています。

amazonギフト券を購入するにあたって、自分のクレジットカードのショッピング枠を使います。

そしてamazonギフト券を入手したら、それを買取業者に売却します。すると間接的にクレジットカードのショッピング枠を現金化できるわけです。

amazonギフト券をカードで購入して買い取ってもらう仕組みですが、大まかには以下のような手順で進められます。

まずはamazonギフト券を購入します。

この場合、Eメールタイプのギフト券を購入しましょう。

Amazonでアカウントを作成して、クレジットカード決済をすればEメールタイプのギフト券は購入可能です。

そしてこのEメールタイプのギフト券を買取できる業者で手続きを進めます。

買取専門業者がいくつかあります。

その大半はオンラインサービスになっていて、公式サイトに申込フォームがありますので、必要事項を入力して申し込みをします。

この時本人確認書類が必要です。

運転免許証やマイナンバーカード、パスポートなどの顔写真入りのものいずれかを準備しましょう。

写メなどで画像データを提出することで、本人確認をします。

ここまでの手続きが問題なく行われると、買取金額が業者より自分の口座に振り込まれます。

クレジットカードの現金化の場合、ショッピング枠を現金に換えるのは違法ではないかという議論が出ています。

またクレジットカード会社の利用規約違反になるのでカードが使えなくなるというリスクも指摘されています。

しかしこのamazonギフト券の場合は、ショッピング枠を直接現金化するわけではないので、違法性の問題もクリアできるとして注目を集めているのです。

クレジットカードの現金化はキャッシングとは異なる

キャッシングではありません

クレジットカード現金化というサービスは名前は知っているけれども、間違った認識をしている人もいるようです。

クレジットカード現金化はキャッシング枠を買い取って現金をもらうシステムと思っている人はいませんか?

現金化サービスはキャッシング枠ではなく、ショッピング枠を使って現金を得るサービスになります。

ショッピング枠を使って何か業者の指定した商品を購入します。

その商品をキャッシュバックする、もしくは商品そのものを買取することで現金を支払うシステムです。

キャッシング枠を使い切っていても、ショッピング枠がまだ残っているようであれば、クレジットカードの現金化サービスが利用できます。

しかしこのクレジットカードを現金化する方法は、あまりお勧めできません。

というのもいろいろな問題が後々起こる可能性も出てくるからです。

まずはカード会社の利用規約違反に該当する可能性がある点です。

カード会社の利用規約違反に該当すると判断されれば、そのクレジットカードは利用停止になります。

ショッピング・キャッシング両方の枠がまだ残っていても、一切利用できなくなります。

そしてカードを利用する際に一括ではなく、分割・リボ払いを選択する人もいるでしょう。

もし利用規約違反とみなされると、分割・リボ払いではなく残金を一括で一定の期間までに返済するように要求されます。

分割などで少しずつ支払っていこうとしていたものが、一気に全額支払わないといけなくなります。

すると予期しない支出が増えますので、日常生活の家計のやりくりが難しくなるでしょう。

その結果、借金を重ねる・破綻してしまうリスクも出てきます。

もしクレジットカードの現金化の利用がカード会社にばれてしまうと、今後クレジットカードが作れなくなる恐れもあります。

利用規約違反をした場合、カード会社から信用情報機関に事故情報として通告されます。

信用情報機関ではこの事故情報を管理していて、一般的に信用情報に事故情報が掲載されている場合、まずクレジットカードの審査にはどこも通過できなくなります。

またローン会社も審査をするにあたって、信用情報機関に照会します。

この時に事故情報が確認されれば、審査落ちになって必要なお金を融資してもらえなくなる可能性が大です。

このような事情もあって、クレジットカードの現金化を利用するのはリスクが高いわけです。

ほかの方法で現金を確保できるように、いろいろと模索してみましょう。

クレジットカード現金化をすると借金免責にならない?そのリスクとは?

借金から逃れられない

クレジットカードの現金化は時折ニュースなどで取り上げられることがあります。

なぜならこのクレジットカード現金化、違法性が議論されることがあって、グレーゾーンではないかという意見も出てくるためです。

クレジットカード現金化サービスを利用している人の中には、借金で困っている人も多いです。

いろいろなところで借金を重ねて、もはや借りられるところがほかにはないからカードの現金化サービスを利用するケースは少なくありません。

クレジットカード現金化は、カードさえ持っていれば審査なしで当面の現金を確保できるからです。

多重債務者のような、カードローンの審査で引っかかりそうな人でもこのクレジットカード現金化であればOKというケースも出てきます。

クレジットカードの現金化などできる手をすべて使って資金のやりくりをしてきたけれども、それでもやっぱり資金繰りのできなくなることもあるでしょう。

この場合、債務整理をするという方法も検討すべきです。

債務整理にはいくつかの方法があり、その人の状況によってベストな方法も変わってきます。

借金があまりに大きくて、どのような整理・処理をしても返済のめどが立たないと判断されれば、自己破産という方式をとる可能性もあるでしょう。

自己破産という言葉を聞いたことのある人もいるかもしれませんが、要するに自分が生活するのに欠かせない身の回りのもの以外の財産をすべて債権者側に処分し、それでもなお残る借金についてはチャラ、返済義務の免責が受けられるという処理方法です。

もし自己破産の手続きが完了した後で、また仕事などをしてお金を稼いでも、そのお金を借金のカタとして取られる心配もありません。

しかしクレジットカード現金化をしていると、この自己破産という究極の借金処理方法が取れない恐れがあります。

自己破産は破産手続き開始決定を受けて、破産宣告がなされます。

その上で免責許可の決定が下されると借金がチャラになるという流れです。

実は破産宣告を受けても、免責許可の決定が下りないこともあります。

免責不許可事由というのもがいくつかあって、ギャンブルなどの浪費が理由の借金が該当します。

悪質な借金を重ねている場合、もしかすると自己破産はできても借金をチャラにするための免責の許可の下りない可能性があります。

クレジットカード現金化の場合、カード会社の利用規約違反に当たる可能性が高く、悪質とみなされるかもしれません。

その結果、自己破産ができずに債務整理の手続き可能な選択肢がかなり狭められる恐れが出てきます。

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする