amazonギフト券の有効期限を延長する方法まとめ【裏ワザ】

有効期限が設けられているので仕方なく利用する

インターネットショッピングを使ったことがある内の約4人に1人がAmazon利用者というくらいの巨大ショッピングサイト。

日本一の売り上げを誇るという実績もありますから知名度も実力も日本のトップといっても過言では無いくらいです。

管理人の個人的な感想ですが、楽天よりも非常にサイト自体がシンプルで見易いという印象です。

このあたりは個人的感想という事もありますので掘り下げません。

今回は、そのAmazonで利用されているAmazonギフト券の有効期限についてお話しさせて頂きます。

さて、まずはAmazonギフト券はご存じでしょうか。

三越伊勢丹や高島屋などでも販売されている商品券と思っていただけるとわかりやすいでしょう。

「インターネットで使えるギフト券でしょ?」なんて思っている方も多いと思いますが、日本一の売上を誇るサイトで、1億種以上もの商品を購入できるというギフト券となります。

このギフト券の入手方法はいくつかありますがAmazonで購入またはコンビニ、友人や知人からのプレゼントだったり、アンケートや企業からの配布などあるかと思いますが、どの方法でも有効期限があるのをご存知だったでしょうか。

その有効期限というのは券種毎に異なっているようです。

ここからはAmazonの公式サイトから抜粋または確認しております。

まずは発行日からの換算ということが前提になり、有効期限日の午後11時59分に失効するという事です。

もちろん日本時間となりますが、この辺りはインターネットですから店舗の閉店時間を過ぎてしまって使えないとか、休業日だから使えないという事も防止できるので需要のある要因の一つだと思います。

発行日から1年 Amazonで購入またはコンビニで購入されたプラスチックカードタイプのもの「POSAカードタイプ」
発効日から2年 法人向けに発行し、アマゾン以外の法人から配布又は販売されるもの(POSAカードタイプおよびシートタイプを除きます)「法人向けタイプ」
発効日から3年 コンビニエンスストア等の店舗に設置された端末にご入力いただき印刷されるシートによりご購入いただく「シートタイプ」
ギフト券の発行日から1年 Eメールタイプ 印刷タイプ カードタイプ
ギフト券の発行日から2年 法人向けのギフト券
ギフト券の発行日から3年 シートタイプ

オンデマンドタイプの有効期限は全て発行日から1年となっているようです。

注意

現在はすべてのギフト券が有効期限10年と変更されています。

もう少し詳しく見てみると、印刷タイプやEメールタイプ等の電子的に送信されるタイプのものについては送信した時点が「発効日」とみなされます。

以外にもボックスタイプやグリーティングカードタイプ等の配送されるタイプのものについては発送した時点が「発効日」となります。

チャージタイプ等のお客様のアカウントに直接登録するタイプのものおよびPOSAカードタイプについてはご購入いただいた時点。

シートタイプおよび法人向けタイプについては第一次的な取扱先に対してアマゾンが定める方法によりギフト券を送信、発送または有効化した時点をそれぞれ「発効日」とするようです。

それぞれが非常にわかりづらい仕様またはシステムとなっている為、期限の確認は受取のEメールかギフト券自体の表示での確認となるようです。

発効日の記載がないものや分からなくなってしまった場合は、

カスタマーサービス(フリーダイヤル 0120-999-373)

に携帯電話でも繋がりますので、電話で確認することと明記されております。

実際に電話して分からないことや疑問を聞いてみました。

1
有効期限のアナウンスは何故されないのか?

ギフト券の有効期限などのそういったサービスは行っておりません。という回答のみでした。

基本的にはご自身で確認を頂くという事になっております。


1
電話で延長できるという噂は本当か聞いてみました?

カスタマーセンターのオペレーターさんの回答は「できない」とのことでした。

他のホームページなどには「できます」だったり「できました」等々がありましたが電話での対応は駄目でした。

再度、メールでの問い合わせにてチャレンジしたところ下記のような返信となりました。

期限

今回に限り」という前置きがついておりますがサインインしたところ即座に反映されておりました。

正直一回しか使えない方法なのか?

という検証は行ってはおりませんが、延長してくれることについては実際にできましたので嘘ではなさそうですね。

電話やメールで1度断られてもあきらめない方がいいかもしれませんよ。

但し、何度もしつこく問い合わせを行うはやめましょう。

実際に行って見て分かったことは延長申請は確実に期限が切れてから行わなければなりません。

期限が残っていれば「利用してください」と言われるのは当たり前の話です。

有効期限が切れた後は半年くらいが一つの目安です。

1年後でもできたというような方もいるようですが、一般的に半年が有効期限延長の猶予と考えた方がよさそうです。

以外にも過去にトラブルのあったアカウントではできないという事も言われているようですがこちらは正直わかりません。

分からないというのはトラブルがあったとか、問題があったアカウントかどうかの確認ができないという事です。

問題がった定義も不明の為、そのアカウント自体の評価もわかりません。

こちらはカスタマーに聞いても分かりませんでした。

まとめちゃいます

基本、有効期限の確認はご自身で行う必要があるということの解決にはなっておりませんので必ず確認は怠らないようにしてください。

特にプレゼントされた場合などではAmazonの利用をしたことが無いという方もいることでしょうから十分に注意が必要です。

アマゾンギフトを購入または、プレゼントされた時に利用が無いようなときは、有効期限を忘れる前にアマゾンギフト券の買取を検討・ご相談のうえで現金されてみてはいかがでしょうか。

但し、通常の質屋や金券ショップなどでの買取はできませんので専門店をご利用戴くことをお勧め致します。

使う基準の1つが、高水準なポイント還元かどうか

ポイント見てる?
amazonギフト券はアカウントにポイントをチャージして、それを現金のような支払いとして使えます。

amazonで使えるポイントはamazonギフト券以外にamazonポイントもあり、非常に混同しやすいのです。

アマゾンギフト券はカードタイプやチャージタイプなど種類が色々とあるものの、購入した金額分だけポイントをチャージする仕組みです。

それに対してamazonポイントは、amazonで特定の品物を購入した場合に付与されるポイントです。

使い方自体は似ていて、貯まったポイントは現金のように支払いで使えます。

品物によっては全くamazonポイントが付与されず、そのために買い物の際にあまり気にしないという人も珍しくはありません。

amazonギフト券を使って別のアマゾンギフト券の購入ができないのはよく知られているものの、amazonポイントも同様にamazonギフト券の購入の際には使えません

非常にグレーな手段ではあるものの、amazonギフト券は買取業者に高水準で買い取ってもらうこともできます。

しかし、amazonポイントに関しては受け渡しができないので、付与されたものは自分で使うしかありません。

amazonで効率よく買い物をするならこの2つのポイントをどう貯めて、どう使っていくかが大きなポイントです。

amazonポイントは服などのファッション系の商品、腕時計、スーツケースなどで付与されることが多く、これらをamazonでよく購入する人はamazonポイントの付与率についてもチェックしておきたいところです。

また、amazonが手がけている電子書籍、Kindleもamazonポイント付与の面では非常に優れています。

ポイントが付与される商品が限られているのがネックですが、どのような商品がamazonポイント還元の面で役立つのかは知っておいて損はありません。

amazonギフト券で支払った場合もamazonポイントの還元が受けられるので、ポイントのことを考えると還元率が高い商品を優先的に購入するのが1つの基準です。

もっとも、実際には欲しい商品がポイント還元なしといったケースもよく起こるので、このような商品は貯めたamazonポイントで支払うのもよいでしょう。

ギフト券もポイントも、出店型出品者以外のマーケットプレイスでは利用不可で、使用方法についても非常に似ています。

いずれも有効期限が定められているので、ポイントを忘れずに使うのは何より重要なのです。

出店型出品者からamazonギフト券で買い物をする場合の落とし穴

マーケットプレイス

ECサイトの大手、amazonは商品の数が魅力です。

全ての商品をamazonが扱っているわけではなく、個人や他の小売店が出品しているものも多いのです。

amazon以外の出品者による販売形態はマーケットプレイスと呼ばれていて、商品数の多さに一役買っています。

ところが、マーケットプレイスはシステムがやや違っているので、知らない人は戸惑うことも珍しくはありません。

まず、amazonが扱っている商品はamazonの倉庫に在庫があり、そこから消費者に向けて発送されるのです。

それに対してマーケットプレイスでは発送の方法が2つに分けられていて、1つはアマゾンが発送するタイプです。

出品者はamazonではないのですが、amazonの倉庫に在庫があり、発送についてもamazonが代行します。

そのため、マーケットプレイスでありながらamazonが扱っているものとほぼ変わらず、送料もamazonの商品と同様に扱われているのです。

もう1つは、出品者が在庫を持っていて、注文があったらそれぞれの出品者が対応するタイプです。

個人、小売店のように出品者はそれぞれ規模が違うので送料などの対応も異なっています。

そして、マーケットプレイスを使う場合に最も戸惑うポイントが、amazonギフト券が使えるかどうかです。

マーケットプレイスへの出品者は3つに分けられていて、出店型出品者の商品だけ、アマゾンギフト券を使えます。

小売店の中でも規模の大きなところが出店型出品者としてamazonに出品しており、新品や中古、コレクター向けなど商品のバリエーションは様々です。

出店型出品者から買い物する場合はamazonギフト券を使えるのですが、どうしても送料がネックになります。

amazonが扱っている商品なら数量に関わらず送料は一律なのですが、マーケットプレイスでは1点毎に送料がかかるのです。

例えば、マーケットプレイスで中古の本を10冊買った場合は1冊ごとに送料がかかるので、本自体が安くても送料で相当のお金が必要です。

そのため、このシステムを知らない人がamazonギフト券を使おうとした場合、予想外の金額が表示されて戸惑うでしょう。

amazonは基本的に新品しか扱っておらず、中古品を手に入れるならどうしてもマーケットプレイスを利用する必要があるのですが、送料は大きな落とし穴です。

逆に、単品で購入するのであれば支障もありません。

広告の表記に注意!悪質な業者は知識があれば見抜ける

業者広告

近年は金券ショップの代わりにamazonギフト券を現金化できる業者が爆発的に増えています。

amazonギフト券は便利ですし、利用しやすく代金手数料を省けて、マーケットプレイスでの買い物にも対応するという優れた面があるため、利用者が増えつつあり、それに伴ってギフト券の中古売買市場が成立しています。

amazonギフト券を持っているものの使い道がなく、現金化したいと考える人や、クレジットカードのショッピング枠を使った手軽な現金化方法としても定着しつつあります。

ただ、どういった業者を選んだら良いのか迷うことろです。

換金率の良いことを広告でうたった業者もあれば、代金の送金のスピードを売りにしている業者もあります。

amazonギフト券で最も良く売れるのはEメールタイプです。

店舗によっては高い換金率を表記しているところもあります。

とろこが、実際に売ってみたら表記通りに買い取ってもらえないというケースもあります。

半ば詐欺まがいの業者も多く存在するので、業者選びは充分注意しましょう。

amazonギフト券を換金するときに最も気になるのが換金率でしょう。

高い換金率の業者の方が良いと考えるのは当然のことです。

amazonギフト券は電子マネーです。

有効期限があるため、金券ショップによっては取り扱いがないケースもあります。

期限があることで焦りも出てきます。

こうしたとき、早く現金化しようとして悪質な業者に騙されてしまう危険性が高まります。

高い換金率を表示している業者には注意しましょう。

広告で表示されている換金率よりも低い率で買取価格が出る場合の業者側の言い訳として良く使われるのが手数料です。

こちらが購入したカードに対して、そのタイプのものには手数料がかかるというケースです。

こういった場合には取引は中止した方が懸命でしょう。

また、消費税がかかると言われるケースもあります。金券の中古品を売る場合には、基本的に消費税はかかりません。

それなのに買取では消費税分を差し引くと言われた場合にも、取引は中止した方が良いでしょう。

このようなケース以外にも通信費や発行手数料など不透明な名目で手数料を差し引こうとする業者は数多くいます。

amazonギフト券の中古取引で手数料としてかかるのは、せいぜい銀行の振込手数料程度です。

なかには送金手数料などと言って広告の表示額よりも1円でも高くしようとしてくる業者もいるので注意しましょう。

業者を選ぶにあたっては、公式ホームページに古物商としての許可証番号がしっかり表示されているか、電話を掛けた場合には対応に納得できるかなどをチェックしましょう。

買取を使った詐欺や騙しが横行している

詐欺や騙し

amazonギフト券の買取業者は近年急速に増えつつあります。

従来の金券ショップがamazonギフト券を買い取りするようになり、さらにネット上でやり取りできるため、ネットを利用した買取ショップでも取り扱いが始まっています。

2014年くらいから急激に業者が増えたと言われています。

なかには、amazonギフト券を専門にする業者も存在し、今後は金券の中古市場でも中心となることが予想されています。

こうした業者のなかには、電子マネーを悪用した詐欺や騙しを行う悪徳業者も数多くいるため、消費者センターや国民生活センターなどから注意喚起が行われています。

amazonギフト券を利用した詐欺や騙しの方法としては、ギフトのナンバーを詐取するという方法もありますし、悪質な手口で個人情報を盗み出すケースもあります。

クレジットカードの情報を盗み出して不正利用を行い現金を詐取するという被害も報告されていますので注意しましょう。

amazonギフト券を買い取る業者は、正規であればクレジットカードの情報を聞き出すことはありません。

もしカードに関する情報を聞いてくるような業者があれば、それはギフト券買取を装った騙しを行う業者と判断できます。

amazonギフト券を騙して詐取しようとする業者には、一定の特徴があります。

まず、業者のホームページが雑に作られていて、閲覧できるページ数が少ないという点が挙げられます。

また、会社の電話番号が記載されていないか、携帯電話の番号しか載せていない場合、古物商としての登録番号の記載がないか、虚偽の番号を記載している場合も悪徳業者の確率が高いです。

もしamazonギフト券を騙し取られたという場合には、すぐに国民生活センターや消費者センターに相談しましょう

全国に拠点があり、無料で相談できます。

弁護士などの法律の専門家や警察よりも良いと言われています。

無料というだけでなく、こういった商品のやり取りに関する詐欺の被害の相談を専門的に取り扱っているからです。

また、電話や直接訪問によって相談できますが、職員は有能で、対応も親身です。

詐欺にあったとか、騙し取られたという場合には精神的なダメージも大きいものがあります。

そのような場合は特に、専門のセンターに行く方が良いでしょう。

amazonのサイト内でも、注意喚起が行われています。

近年はギフト券の番号をメールやFAX、電話などを利用して不正に取得する被害が増えていることや、そういった相談事例にはアダルトサイトのワンクリック詐欺がからむことが多いなどの記載があります。

これから購入する人は必見、人気の種類はどれ?

人気の種類

アマゾンギフト券はアマゾンでオンラインショッピングをする際に支払に使用できるアイテムですこのアマゾンギフト券は、いくつかの種類で提供されています。

もしアマゾンギフト券を購入しようと思っている、誰かに贈ろうと考えているのであれば、種類人気ナンバーワンといっていいのが、Eメールタイプのアマゾンギフト券です。

Eメールタイプのアマゾンギフト券がなぜ種類人気ナンバーワンになっているかですが、手軽に送れるからという点が挙げられます。

ほかにもアマゾンギフト券には、カードタイプや印刷タイプがあります。

しかしこれらの種類でもし誰かにプレゼントする場合、手渡ししなければなりません。

近所に住んでいる家族や知人であればいいかもしれません。

しかし遠方で暮らす人へのプレゼントとなると、どうしても手間暇がかかってしまいますし、場所によってはプレゼント自体が難しくなります。

しかしEメールタイプのアマゾンギフト券の場合、文字通りメールで送受信することができます。

つまり遠方に暮らしている人でも、手渡しすることなく、その場でギフト券をプレゼントできるわけです。

極端な話、海外の友人・家族に対してアマゾンギフト券をその場でプレゼントすることも可能です。

ただし海外の人に渡す場合には、アマゾンギフト券はその国内でしか使用できないので、その人の住んでいる地域のアマゾンギフト券を購入する必要があります。

自分がアマゾンでオンラインショッピングをするためにアマゾンギフト券を購入したいと思っているのであれば、カードタイプも人気の上位に来るでしょう。

カードタイプのギフト券は、外で手軽に購入できるのが、人気の理由です。

コンビニや電気量販店に行ってみると、アマゾンギフト券のカードバージョンがしばしば販売されています。

こちらで普通にほかの商品を購入する感じで買い求められます。

コンビニであれば、日本全国くまなく出店されているので自宅の近所にあるという人も多いでしょう。

また24時間営業しているので、仕事終わりの帰り道でちょっと立ち寄って買い求めることも可能なはずです。

もしアマゾンギフト券が余ってしまって自分で使用するつもりもない、換金したいと思っているのであれば、Eメールタイプがお勧めです。

贈り物をするために使用されることが多いので、高い人気を誇っているからです。

このためEメールタイプのアマゾンギフト券はほかのタイプと比較して、換金率の良くなる傾向が見受けられます。

簡単に現金にできる方法は・・・ハイリスクでハイリターン

簡単に使える方法

アマゾンでネットショッピングするにあたって、アマゾンギフト券を活用することが可能です。

このアマゾンギフト券ですが、使うつもりがないとか余ってしまって当面使う必要がないと思っている人で換金したいと思っている方もいるでしょう。

アマゾンギフト券の換金する方法は3つあります。

アマゾンギフト券が手元にあるけれども使うつもりがない、現金は必要というのであれば、以下の3つの方法のいずれかを利用してみるといいでしょう。

アマゾンギフト券を換金する方法でおすすめなのは、専門の業者に持ち込む方法です。

ギフト券を直接持ち込むわけではなく、ギフト券に表示されている番号を買取するというのが正確なところです。

このアマゾンギフト券の買取専門サービスですが、WEB入力だけで現金化することが可能です。

いちいち店舗に行く必要がないので、普段仕事などで忙しい人でも利用可能です。

しかも専門業者を見てみると、換金率は8~9割程度となっているのでかなりの高さになっています。

もしできるだけ高い金額でアマゾンギフト券を売却したければ、専門の買取サイトを利用しましょう。

2つ目の方法は、金券ショップで買取してもらう手法です。

乗り物のチケットやビール券などの現金化で普段利用している人も多いでしょう。

金券ショップを見てみると、一部店舗でアマゾンギフト券の買取サービスを実施しているところもあります。

しかし金券ショップの場合、アマゾンギフト券の換金率は店舗によってまちまちです。

8割程度のところもあれば、あまり買取に慣れていないと5割くらいまで安く買いたたかれる恐れがあります。

ですからどこであればアマゾンギフト券を高く買取してくれるのか、事前に調査しておいたほうがいいでしょう

ただしアマゾンギフト券にはいろいろなタイプがありますが、基本的にはカードタイプのものしか買取してくれないので、注意しましょう。

最後の方法は、オークションサイトを活用するものです。

いろいろなオークションサイトの出品状況を見てみると、アマゾンギフト券が出ていることもあります。

こちらのアマゾンギフト券であれば、どのようなタイプのギフト券でも換金することも可能です。

しかし個人間の取引になるので、売却する際には慎重に対応したほうがいいです。

よく商品を送ったのに現金が入ってこないなどのトラブルも聞かれますので、買い手とは十分にコミュニケーションをとっておいたほうがいいです。

このように3種類の換金する方法の中でも、専門の買取サイトを利用するのがお勧めです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする