【オススメ】家族には絶対に知られたくない!だけどお金に困ってる時に読んでほしい

家族に知られない

自宅に届くのは請求書のみ、そんな現金化だから気を付けなければならない事とは

急にお金が必要になった場合、本来なら家族に借りられたほうが返済も楽ですし、金利も発生しませんから一番いいに決まっています。

しかしながら、家族に知られずに現金が必要となるケースもあります。

短期での借り入れ、その時だけ本当に必要だと言うケースの場合、クレジットカード現金化はとても便利なものにはなりますが、家族に知られてしまうのではないかという不安が少なからずよぎるのではないでしょうか。

クレジットカード現金化の基本は、クレジットカードを利用して指定されている商品などを購入し、購入した額の何割かを現金にて振り込むというのが一般的な流れになります。

つまり、クレジットカードさえ自分のものが用意できているのであれば、クレジットカードを使って買い物をするのと同じですから、まさか現金化を目的として商品を購入しているということが家族に知られるということはまずありません。

業者が出向いて契約を交わすことも、商品を持ってきたり現金を持ってきたりすることもほとんどありません。

ですので、家族に知られたくないという場合はさほど心配する必要はないのです。

自宅に届くのはクレジットカード会社の請求書になりますので、普通なら怪しまれるということはないでしょう。

また、現金については指定した口座に振り込んでもらうことができますので、自分専用の口座さえあれば家族に知られることはありません。

ただ、心配なのが商品が届く手段です。

通常であれば商品の届く手段においては日付や時間の指定ができますので、家族がいない間に届けてもらえば問題は解決します。

しかしながら常に家族がいるようなケースの場合、届く場所を会社にしてもらうなどして家族に知られないようにすることも可能です。

悪徳業者ではない限り、個人情報の取り扱いには十分注意していますので外部に漏れるようなこともないでしょう。

個人情報を逆手にとって脅されるようなことも悪徳業者ではない限りは考えられませんから、家族に知られたくない、悪徳業者に騙されたくないというのであれば、しっかりと情報を収集し悪徳業者を見分けるということが大切になってきます。

クレジットカードさえあれば現金を手にすることができてしまうわけですから、利用したくなる気持ちもわかります。

しかしながら、悪徳業者が存在していないわけではありません。

十分納得したうえで利用すること、早く現金が欲しいからといって簡単に借りられるようなところで手を打たないということが大切です。

家族名義のクレジットカードでも現金化はできる?

家族名義のカード
クレジットカードというのは収入がないと申し込むことができません。

また法が改正されたことで、収入があったとしても審査をした際に落とされてしまうケースも非常に多いのが現状です。

自分自身のクレジットカードがあるに越したことはないのですが、クレジットカードがない場合、家族名義のクレジットカードを使うしかなくなります。

家族名義のクレジットカードを使って現金化ができるのか、もしもできたとしても家族に知られてしまうことはないのだろうかと不安になる方も多いのではないでしょうか。

残念ながら、クレジットカードというのは名義人である本人しか使うことができません。

クレジットカード現金化という商売が出てくる前から、クレジットカードを利用できるのは本人のみだからです。

仮に家族名義であるクレジットカードを使って現金化した場合、それがクレジットカード会社に知られてしまったときには利用停止になってしまう恐れもあります。

ただ、一つ利用できる方法としてあげられるのが家族カードの存在です。

家族カードというのは収入がない方でも家族カードを持っていることでクレジットカード決済ができるとても便利なもので、契約者である本人の家族のために発行されるクレジットカードをさしています。

配偶者はもちろん満18歳以上の子どもも対象となります。

家族カードがあれば、家族カードの利用が許されているものであれば、家族カード対象者であればショッピングができてしまうのです。

ですので、自身のクレジットカードがなく家族カードを使って現金化される時は一つ問題をクリアしたと言えますが、気を付けなくてはいけないのが、利用した分の請求や明細は契約者の氏名で自宅に届く事です。

つまり、家族カードで現金化できたとしても、次の段階で家族に知られてしまう恐れがあるということになります。

明細や請求書を本人が確認することがまずないというのであれば大丈夫かもしれませんが、本人がしっかりとチェックしているような時は気を付けなくてはいけません。

ただ、買い物したものによっては現金化したことがわからないものもありますし、商品が仮に自宅に届いたとしても不思議に思われるものでなければ、クレジットカードの現金化をしていると疑われることは少ないかもしれません。

家族名義でのクレジットカードの現金化は、本人名義のクレジットカードに比べると家族に知られてしまうというリスクが高いのが現状です。

現金化した時の明細はどうなるの?

現金化の明細書
家族にバレずにクレジットカードの現金化をする方法はあります。

ただ、家族に現金化をしてしまったことがバレてしまう原因がないわけではありません。

その一つとしてあげられるのが明細の存在です。

自分自身のクレジットカードを使って現金化すれば、明細も自分宛てに届きますのでいかようにも処理の方法はあります。

しかしながら、クレジットカードは自分のものでも家族が明細や請求書を管理しているような時や、家族カードを使って現金化した時は利用した内容を知られてしまう恐れがあるため、十分対策を講じたうえで現金化を行わなくてはいけません。

近年は紙での明細や請求書を発行せず、ウェブ上で確認するスタンスを取り入れているクレジットカード会社が増えてきました。

ですので、明細をウェブ上で確認するのならバレる可能性は低くはなります。

しかしながら、こちらも家族カードの場合や自分以外の家族がウェブ上で確認してしまう恐れがある場合は、やはり確実な方法であるとは言えません。

自分以外の誰かが明細を見たりするような場合は、事前にクレジットカードを使って買い物をした旨を伝えてしまった方が自然です。

購入する商品によってもうまく言い訳ができるかどうかが変わってきますが、クレジットカードを使って買い物をすることがあるという方であれば、さほど怪しまれずに済むのではないでしょうか。

仮に明細が届いたとしても、事前に申告をしていれば「あの時言っていた買い物はこれか」くらいに思うだけでしょうし、購入した商品によっては趣味に通じるものだったり食品であれば突っ込まれずに済む可能性も非常に高いと言えます。

ただ、現金化をする金額によっては、その金額に見合っているものなのかどうかくらいはチェックされてしまう可能性もありますので、現金化する金額とは見合わない商品で現金化をしない方が無難です。

明細が届かないようにすること、ウェブ明細に移行できるものはしてしまうなど家族に知られないようにできることは事前に手配をしておくことも大切です。

引き落としの口座なども別にしてしまえば、家族に知られることはまずありません。

明細がみられても別に問題が発生するようなものではないものを購入する、購入する商品を借りたい金額相応に見えるものや買ったとしても怪しまれることがないものをチョイスするようにすることで、仮に明細を見られたとしても、それがクレジットカード現金化のためのものとは判断されることはほとんどないでしょう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする