インターネットで優良店を調べておく事が重要!大切な時間も短縮できる

優良店の調査

1円でも多く還元してもらいたいなら、換金率の高い優良店を調べておく事

今の時代は、世の中に物が氾濫するように売られています。

まさに、人間の物欲をかきたてるように、商品がいやがうえにも、目に飛び込んできます。

それは現実社会のみならず、ネットの世界にも同じことがいえます。

毎月、お金のやりくりが上手く行けばいいのですが、時に物欲に負けたり、予定外の出費で手持ち資金がショートする場合もあります。

そんなときに頼りになるのが、クレジットカードではないでしょうか。

日本では、欧米に比べてクレジットカードで頻繁にショッピングをする人はそれほど多くはないかもしれませんが、ネットショッピングの決済などにも必要なので、たいていの人は1枚や2枚は所有しているはずです。

クレジットカードには、キャッシング機能のほかに当然ながらショッピング機能がついていますが、何らかの商品を買ったとしても、決済までには月末や、25日というタイムラグが数日発生します。

クレジットカード現金化とは、このタイムラグを利用して現金を取得する方法の事です。

クレジットカードの現金化で注意しなければならないのは、カードショッピングで手に入れた商品を高い値段で買い取ってくれるお店、つまり換金率の高い優良店をしっかりと最初にチェックすることです。

当然のことではありますが、十万円で買った商品を十万円や、それ以上の金額で買い取ってくれる業者などありません。

そんなことをしたら業者が損をしてしまいます。

換金して欲しい商品はおのずと買い取った金額よりも安くなってしまうのですが、その中でもより換金率の高い優良店を事前に調べておく必要があるのです。

同じ商品をせっかく換金してくれるのであれば、やはり元値の8割で買ってくれる業者より、9割で買い取ってくれる業者のほうが良いに決まっています。

クレジットカード現金化業者の換金率とは、消費者金融でいうところの金利と同じと考えれば良いでしょう。

お金を借りるなら、0.1パーセントでも金利が安いほうが後々の支払いも楽です。

ですので、インターネットなどを駆使して、換金率の高い優良店を調べておくことをお勧めします。

ここまでの説明を総括すると次のようになります。

クレジットカードにはキャッシング機能とショッピング機能のふたつがあるので、ショッピング機能を活用することで、一時的に現金化することが可能になります。

その際に利用する現金化業者はたくさん存在するので、換金率の高い優良店をネットなどで事前に調べておくことが重要ということです。

クレジットカードの2つの機能の特性を間違えないように理解しよう!

2つの機能
インターネットは今や、地方であろうが十分に活用できる環境になっています。

このインターネットを活用すれば、仮に都会から遠く離れた、極端に人口の少ない地方に住んでいても、短時間でお金を借りることが可能なのです。

「お金を借りる」というと、まず頭に浮かぶのが、テレビCMなどでも盛んに流れている、大手サラリーローンではないでしょうか。

しかし、サラリーローンの場合、インターネットであっても、実際に有人や無人の店舗に足を運んだ場合であっても、ある一定の審査を受けなければなりません。

もちろんサラリーローンとしては、大切なお金を貸すわけですから、相手がどこの誰かを事前にしっかりと把握しておきたいと思うのは当然のことです。

しかし、

  • そんな手続きは面倒だ!
  • 今は一刻も争うほどお金が必要だ!

という方には、クレジットカードの現金化がなにより最適といえます。

この、クレジットカードを使って現金を調達する方法は、クレジットカード本来の使い用途であるショッピング機能を利用するものです。

まず、インターネットで、「クレジットカード現金化」というキーワードを入力し、検索します。

すると多くのクレジットカード換金業者が出てくるはずです。

あとは手順に沿って登録を済ませ、クレジットカードで商品を購入すれば、即日にそれを買い取ってくれて、現金を指定口座に振り込んでくれます。

その際、スピーディーに取引が出来るよう、クレジットカード、銀行口座の番号、それと免許書などの身分証明書を事前に用意しておきましょう。

それと、本人確認の電話が換金業者からかかってくるケースがあるので、電話がすぐにとれる環境にあることも大事です。

身分証明は写メールで相手業者に送るのですが、今の時代、携帯やスマホにデジタルカメラが搭載されているので、あらためてカメラを用意する人もいないでしょう。

このように、今はインターネットひとつで自宅にいながら手軽に現金を調達することが出来ます。

わざわざ、店舗に足を運ぶ必要もないので、交通費もかからず、無駄な労力を要することもありません。

一昔前なら、至急現金が必要!となればサラリーローンの無人ATMに駆け込むくらいしか手がありませんでしたが、今なら地方にいたとしてもインターネットでのクレジットカード現金化がとても重宝する時代です。

このことからも、サラリーローンでお金を借りるより、地方においてはクレジットカードの現金化が効果的といえるのです。

時間は還元率に比例する!?カードが持てるまでの最短時間と振込みまでの必要時間

時短は買える
クレジットカードというと、なかには不道徳なイメージを持つ方もいるかもしれません。

勤勉を誇る日本人としては、手持ちのお金がないのに、カードでショッピングやキャッシングをするということに、少々抵抗感があるのは否めないところです。

しかし、欧米ではクレジットカードが売買の主流になっており、現金払いよりも効率的で安全と考える向きがあります。

特に治安が日本ほど良くない海外では、現金を持ち歩くこと自体に不安を感じる人も少なくありません。

日本でもネットショッピングの決済などにはクレジットカードが必要ですし、今後もその需要は高まって行くでしょう。

では、クレジットカードが出来るまでの過程を調べてみましょう。

クレジットカードを始めて作るという方にとっては、その流れや手順をしっかり頭に入れておく必要があります。

特に、何らかの事情により、早急にクレジットカードを手に入れたいという方にとって、カードが持てるようになるまでの必要時間は大変重要です。

以前は、自動車販売店や銀行などに行くと、各クレジット会社の書類がビニールに包まれて置いてあったものです。

それに記入して、封書で送れば、後日クレジットカードが届けられる仕組みになっていました。

しかし、最近ではこれらも例に漏れず、インターネットでスムーズに手続きできるようになっています。

手順としては、自分が所有してみたいと思うブランドのカード会社のホームページなどから、必要項目を記入していけば、審査後、自宅へ待望のクレジットカードが送られてくることになるのです。

クレジットカードは単にショッピングするだけでなく、他にも様々な用途で利用することが可能です。

クレジットカードを所有していると、買い物したものを現金化業者に買い取ってもらい資金を調達することが出来ます。

自分でショッピングをして、それを金券ショップに持って行って、買い取ってもらう方法もありますが、それでは大きな手間と時間を要してしまいます。

しかしネットで「クレジットカード現金化」と検索すると、多くの現金化業者を見つけることが出来ます。

これらを利用した場合、現金調達にかかる必要時間は、数分から数十分というごく短時間なので、至急現金が必要という場合にとても便利です。

ただし、現金化までの必要時間が短い分、換金率が低かったり、手数料が多めにとられるというリスクもあるので、優良な現金化業者をしっかり見極める必要があります。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする