相場を研究!買取業界の換金率っていくらなら納得できるの?

業界の相場

必要な金額によって換金率も変わるので考慮して検討しよう

個人の生活費の資金繰りにおいて、金券の現金化の世界に一石を投じた存在。

それがamazonギフト券だと言ってもいいのかもしれません。

世界最大の通販サイトであるamazonで使える金券であるamazonギフト券は、Eメールでも送付可能な便利なギフト券です。

従って、手軽なギフトとして数多く発行され、多くの人が利用しています。

しかし、amazonで買い物をする予定のない人や、他でショッピングをしたい人にとっては、どう扱っていいか迷うものでもありました。

2012年頃からamazonギフト券の買取りを行う業者が登場すると、現金化して他の業者でも利用できると俄然注目を集めます。

持て余していたギフト券を買取り業者に販売し、現金が振り込まれることでショッピング枠の現金化が完了。

これら全ての手続きがネット上で行えるため、従来の金券の現金化に比べて、現金を手にするスピードが段違いに早まったのです。

そうなると、やはり気になるのが一体どれくらいの現金が手にできるか、つまりamazonギフト券の換金率です。

amazonでの買い物で使えば額面通りの金額を使えるギフト券ですが、それを業者に買い取ってもらうとなると、業者のマージンや手数料などが発生するため、額面よりも低い現金となってしまいます。

やはりより高い現金を手にしたいのが人情で、換金率がより高い業者に買い取ってもらいたいものです。

ところが、前述のようにネット上で全てが完結してしまう取り引きだけに、詐欺まがいの業者が横行しているのも事実。

より高い換金率を提示して、ギフト券をだまし取ろうとしている輩もいるのかもしれません。

そういった詐欺に引っかからないためには、高い換金率に飛びつくのではなく、amazonギフト券の買取り相場を知っておくことが大切です。

とある調査によると、amazonギフト券の買取り相場は、1万円未満で75%~80%、1万円以上で80%~90%、このあたりの帯域で買取を行っている業者が多いようです。

しかし、サイトに90%という換金率を謳っている業者も、振込手数料などを引くと結果85%に落ち着く、という事例もあります。

業者側がマージンを一割程度に考えているとして、振込などにかかる手数料などを引いていくと、実際には88%程度がMAXと考えてもいいのかもしれません。

まずは、サイトに掲示されている換金率を鵜呑みにせず、電話で問い合わせて、売りたい額面とそれに対する振込み金額を確認してみましょう。

その結果、88%以上の金額になった場合は、その業者を利用することを検討してみても良いのかもしれません。

インターネットの換金率だけじゃ分からない?amazon買取業者の選び方

業界の選択
では、実際にどこでamazonギフト券を買い取ってもらうのでしょうか。

前述のように、取引きの全てはインターネットで行われますから、買取業者もインターネット上で探すのがベストでしょう。

従来のような実店舗を持った金券ショップでは、amazonギフト券の買取を行ってくれるところは稀です。

それは、amazonギフト券自体が、実体を持たない電子マネーのような存在だからです。

amazonギフト券は様々なタイプがあります。

カードの形になったものや、紙にプリントされたものもあります。

あたかも、従来の金券の様に形あるものとして売買できるような気がしますが、カードにも紙にも価値は無く、実際にギフト券として効果を持つのはそこに印刷されたギフトコードという文字列です。

このギフトコードをamazonアカウントに登録してしまうと、カードにもプリントにも全く価値はなくなります。

価値があるのはギフトコードだけなのです。

その証左がインターネットで簡単に取り引きができるEメールタイプのギフト券の存在で、メールにギフトコードが記されているだけです。

これが、取り引きを超スピードで行える理由でもあります。

インターネット上で店舗を持っている業者に、ギフトコードをメールで送れば、その時点で譲渡は完了します。

さらに、昨今は銀行自体もインターネット上に店舗を持つ時代です。

ネット銀行などを使えば、24時間365日、買取代金を振り込むことが可能ですから、早いところでは数時間で取り引きが終了することになります。

しかし、ここでも業者選びのポイントとなるのが換金率です。

誰でも、換金率が1%でも1円でも高い所に売りたいと思うことでしょう。

しかし、前述のように詐欺まがいの業者が存在する業界でもありますし、インターネットのホームページに高い換金率が書かれているからと、即飛びついては痛い目を見ることになるでしょう。

では、どうやって数ある業者の中から安心できる業者を見つけるのか。

それは、取引きのスピードを重視するこれまでの話と矛盾するかもしれませんが、インターネットだけを頼りにするのではなく、あえて電話という一世代前の連絡手段を活用することです。

電話によって、相手と直接対話をしてみるのです。

インターネットという非対面のやり取りでは分からない情報を沢山得ることができます。

  • 電話での対応は丁寧か?
  • 質問にはすぐ答えてくれるか?
  • 電話してからメール送付までの反応は迅速か?

そういったことを総合的に判断してみて、安心できる業者を選ぶことが大切だということです。

amazonギフト券買取の換金時間の目安は?

換金時間の目安
信頼できる業者を探す際に、換金率の次に気になるのが換金時間ではないでしょうか。

ネット上で手軽にできるamazonギフト券買取りの手続きにおいて、こちらからギフトコードをメールで業者に譲渡してから、こちらの口座に代金が振り込まれる間の換金時間は、まさに魔の時間とも言えます。

既に自身の財産であったはずのギフト券が業者のモノになってしまい、でもその対価はまだこちらに返ってきていない時間。

非常に不安な時間であると共に、もしも何らかの犯罪行為が行われるならば絶好のタイミングでもあるのです。

利用者にとって、この換金時間は短ければ短いほど良いため、多くの業者が換金時間の短さをアピールしています。

中には数分で振り込むことを謳っている業者もあるのですが、本当にこんなに早く換金できるものなのでしょうか。

買取りを申し込まれた際には、買取り業者は申込者が提出した個人情報などに不備は無いか、送付されたギフトコードの真偽は大丈夫か、などを確認した上で振込作業を行います。

実際には、新規の申込みで40分から1時間程度、以前に利用した実績があるのなら30分程度かかるのが、換金時間の相場のようです。

ここに、他の申込みが重なって作業が立て込んだりすると、換金時間はさらに伸びる傾向にあります。

ですので、3時間ほどかかる場合もあるでしょう。

この点も、換金率と同様に事前に電話で換金時間を確認しておくことが大切です。

実際に取り引きを行う前に、現在申し込んだらどの位の後に振込みが行われるのか、と聞いておいてください。

ホームページに記載されていた換金時間と違う場合には、なぜ時間がかかるのか、問い合わせてみましょう。

申込みが立て込んでいたらそれなりの換金時間がかかることを教えてくれるでしょう。

理由も告げずに長い時間待たせるような業者は避けた方が無難です。

ところが、現在、この換金時間を利用して換金率を引き上げることも可能なサービスも登場しています。

翌日振込みなど、換金時間を遅らせることを了承すると、換金率をアップするという業者が出現しだしたのです。

申込みが立て込むと、換金時間が長くなり、客に逃げられてしまいます。

それを避けるために、あえて翌日まで振込みを待ってくれる客の手続きを後回しにする替わりに換金率を上げることで、客の数を確保することを狙っているのです。

換金時間が長くなるのは正直不安ですが、信頼できる業者ならば待ってもよいでしょう。

換金時間と換金率は、よく天秤にかけて吟味することが必要なようです。

複数店舗から比較して買取業者を選ぶときに最低限必要な知識

最低限の知識
不要になったamazonギフト券の買取をするサービスが注目を集めています。

インターネットで検索にかけてみると、いくつもの買取業者があります。

それぞれ同じ額のamazonギフト券でも買取金額は違ってきますので、少しでも早く高い価格で売却したければ、いくつかの業者を比較する必要があります。

業者の比較対象項目はいくつかありますから、総合的に見てどこに売ったらお得なのかを慎重に検討することです。

amazonギフト券の買取サービスは一部店舗があるものの、オンラインサービスが主力です。

オンラインサービスは、パソコンやスマホなどで簡単に手続きできるのがメリットです。

しかし一切店の人と顔を見合わせることなく手続きが行われるので、特に初めて利用する際には「本当に大丈夫なの?」という不安を感じる人もいるでしょう。

そこで安心感が感じられそうかどうかが、買取業者の比較対象にすべきです。

例えば丁寧に対応してくれるか、メールで問い合わせをした際にレスポンスが早いかどうか、買取金額や入金されるまでの時間など親切に教えてくれるところであれば、安心して利用できるはずです。

当然ですが、amazonギフト券の買取サービスは、1万円のギフト券を1万円で買い取ってくれるわけではありません。

これでは業者に一銭の利益も出ないので、各業者で独自に換金率を設定しています。

換金率が高ければ高いほど、より多くの現金を手にできるわけです。

換金率を比較対象にするのは、買取業者を選ぶにあたって無視できないことです。

換金率ですが、1万円以上の場合80~90%・1万円以下の場合70~80%といったところを目安にしましょう。

これよりも下回るところはもちろん、極端に高いサイトも注意が必要です。

実際に買取の申し込みをしたところ、手数料などといろいろな名目で買取金額を差し引かれる可能性が考えられます。

amazonギフト券の買取サービスの比較対象として、申し込んでから振り込まれるまでにかかる時間も検討すべきです。

WEBサイトを見てみると、「最短5分」や「最短10分」のような短時間手続きを売りにしているところも見られます。

しかしこれはあくまでも最短であって、すでに過去にそのサイトを利用したことのある人にしか適用されない場合が多いです。

初回申し込みの場合、少なくても1時間はかかると思ったほうがいいでしょう。

中には翌営業日以降という業者もありますので、今すぐ現金が必要であればこの時間も比較対象にすべきです。

amazonギフト券の買取業者を換金率で比較・目安は?

比較や目安
先に述べたようにamazonギフト券の買取サービスは、額面1万円のものを1万円で買い取ってくれる業者はありません。

これでは業者が儲けを出すことができず、経営が立ちいかなくなります。

そこで額面よりも安い値段で買い取りますが、この額面に対する実際の買取価格の割合を換金率といいます。

業者それぞれに換金率を設定しているので、お得に買取サービスを利用するためには、換金率の高い業者を探すことが基本線となります。

では換金率の相場がどのくらいなのかを知っておく必要があります。

前にも少し紹介しましたが、だいたい換金率は85%前後が相場といわれています。

85%に少しでも高い換金率を提示している業者かどうかで選別をしてみるといいでしょう。

ただしここで注意したいのは、あまりに相場よりも高すぎる換金率を提示している業者です。

一見すると魅力的ですが、これは罠である可能性があります。

例えばいざ実際の買取手続きをする際に手数料などの名目で買取価格を差し引かれることが考えられます。

結果的に手数料などのコストを差し引いてみると、さして高い換金率ではなかった場合も十分あり得ます。

だいたい優良な業者であれば、せいぜい高換金率でも90%程度が限度でしょう。

もし95%以上の換金率といっている業者がある場合、少し慎重になるべきです。

amazonギフト券の買取業者の中には、ホームページで掲載している換金率よりも交渉によって買取価格をアップできるケースもあり得ます。

その場合、コツがいくつかあります。

まずは他の買取業者の換金率がどうかもチェックしておくことです。

例えばAというところが88%・Bというところが86%の換金率だったとします。

この時Bに買取交渉する際に「Aというところの換金率が88%だったのですがもう少し買取額をアップしてくれませんか?」といった感じです。

このような交渉を持ち出すと、「あなたの返答次第ではAにamazonギフト券を売却しますよ」というニュアンスも出せます。

このようにライバルの存在をちらつかせることで、換金率をアップしてくれる可能性は高いです。

また換金率だけでなく、コスト面の比較をしておくといいです。

オンラインを中心として、買取業者の多くは皆さんの指定する口座に振り込んで買取手続きは完了ですが、この振込手数料がどうなっているかを確認しましょう。

換金率が高くでも手数料がこちら負担だと、実質買取率はマイナスになりますので、手数料も想定して比較してください。

カードタイプのamazonギフト券の買取だとしても店舗を利用することは難しい

店舗では利用できない
何度か紹介したようにamazonギフト券の買取サービスで主流となっているオンラインサービスのサイトを見てみると、電子ギフト券の買取を主に行っているところが多いです。

電子ギフト券とは、メールやオンラインなどの手段で送られてくるギフト券のことです。

しかし中には、カードタイプのamazonギフト券を持っていて処分したいと思っている人もいるでしょう。

日本国内には少ないですが、店舗にカードタイプのamazonギフト券を持ち込んで買い取ってくれるところもあります。

コンビニなどでカードタイプのamazonギフト券は販売されていますが、こちらが不要になったので処分したい、勤務先や自宅の近くにお店があれば持ち込んでみるといいでしょう。

店舗買取の場合、店員さんと直接対面する方式で交渉します。

オンラインサービスの場合、実際に顔を合わせることなく取引するのでそれが不安という人もいるでしょう。

店舗の場合、店員さんの顔が見えるので安心して手続きできます。

もし手続きの途中でわからないことがあっても、その場で直接相談できるのも店舗買取のメリットの一つです。

ところで店舗買取の場合、金券ショップを利用してもいいのではないかと思う人もいるでしょう。

しかしamazonギフト券の買取に対応している金券ショップはほとんどありません。

なぜamazonギフト券の買取に対応していないのか、それは使用済みや偽物をつかまされるリスクが買取業者にはあるからです。

amazonギフト券の場合、Eメールタイプのギフト券もあるのですが送るときに送信先アドレスにamazonギフト券の番号も送信する形になります。

そしてこの番号を入力してアカウント登録できてしまいます。

もしアカウント登録されれば、そのギフト券は使用済み扱いになります。

使用済みかどうかは金券ショップでは判断できないので、買取不可になってしまうわけです。

カードタイプのギフト券の場合、番号は銀シートで覆われていて、そのシートをコインで削って初めてアカウント登録できるスタイルをとっています。

ならばコインで削られていなければ、未使用であると推測できるので金券ショップでも買い取ってもらえるのではないかと思う人もいるでしょう。

しかしカードタイプでも、偽物・使用済みの可能性はゼロにはできません。

疑わしい商品は買い取らない、トラブルに巻き込まれないようにしたいという金券ショップが多いです。

ですから金券ショップではカードタイプのamazonギフト券はまず買い取ってもらえないと思ったほうがいいです。

メリットは利用方法で変わってくる

教えて!
amazonギフト券はAmazonをはじめとして、いろいろなサービスで活用できるのであれば便利なアイテムといえます。

しかし購入しても全く使っていない人もいるでしょう。

当面使用する予定がなければ、amazonギフト券の買取サービスを利用することも検討してみるといいでしょう。

amazonギフト券の買取サービスを利用するメリットはいろいろとあります。

まず大きいのは、不要なギフト券を処分できるメリットです。

amazonギフト券を持っているけれども使っていない、余っていて自分では使いきれないという悩みを抱えている人はいませんか?

amazonギフト券は有効期限があるので、使わずにその期限を迎えるとただの紙くずになりかねません。

有効期限が来るのをただ黙って指をくわえてみているのであれば、買取サービスを利用して現金に換えてしまえばいいでしょう。

現金であればどこでも買い物するときに使用できますし、有効期限を気にする必要もないです。

この現金に交換できるのも、amazonギフト券の買取サービスを利用するメリットの一つといえます。

amazonギフト券の場合、基本的にAmazonであれば各種サービスで利用可能です。

しかしそのほかのオンラインショッピングや実店舗で買い物するときには利用できません。

amazonギフト券を現金に換えてしまえば、どこでもいつでもショッピングを楽しめます。

amazonギフト券の買取サービスを見てみると、その大半がオンラインサービスです。

ですから自宅に居ながらにして手続きを完了できる点も注目ポイントです。

「amazonギフト券の買取サービスを利用するのに興味があるけれども面倒そう…」と思っている人も多いでしょう。

しかしオンラインの手続きであれば、自宅から一歩も出ることなく買取をお願いできます。

身分証明書の提示が必要ですが、これも写メを使えば自宅の中で行えます。

パソコンのほかにもタブレットやスマホを使って買取サービスを利用できる業者もありますから、これなら外出先のちょっとした時間を使って、買取サービスを利用できるでしょう。

オンラインサービスのメリットとして、24時間・365日いつでも買取サービスの利用できる点も着目しましょう。

買取サービスを利用したいけれども、日中はずっと仕事で深夜や早朝でないと自由な時間がないという人でも、オンラインのamazonギフト券買取サービスであればいつでも手続きできます。

このようにいくつものメリットがあります。

amazonギフト券の買取サービスにはデメリットもあるので知っておく必要もあります

知っていますか?
先ほども紹介したようにamazonギフト券の買取サービスはメリットがいくつもあります。

使い勝手が良くて利用している人も増加傾向にあります。

しかし、amazonギフト券買取サービスはメリットの一方でデメリットもあることは頭に入れておくべきです。

メリットデメリットの両面を見て、買取サービスを利用すべきか、タイミングは今か検討することです。

まず売却できる先が限定される点です。

amazonギフト券のような金目のものを売却する場合、近くの金券ショップの利用をイメージする人も多いかもしれませんが、金券ショップではamazonギフト券の買取に対応していないところが多いです。

カードタイプのものであれば引き取ってくれるところも見られます。

しかしメールアドレスタイプのものの場合、それが使われていないか確認する手段がないので本当は価値のない物をつかまされるリスクが金券ショップ側にはあります。

このような事情もあって、金券ショップで買取をしてくれません。

amazonギフト券の買取サービスを実施しているところもあるにはありますが、オンラインスタイルのものが中心です。

自宅で手続きを進められるメリットがありますが、中にはデメリットに感じる方もいるでしょう。

例えばオンラインスタイルの場合、対面方式ではないところがデメリットといえます。

対面式の場合、いろいろとサービス内容や手続きでわからなくなった場合確認しながら確実に行えます。

しかし一切顔を合わせずに手続きを進めるとなると、不安に感じる人もいるでしょう。

amazonギフト券は金銭的な価値のあるものですから、手放すときに一切相手の顔を見ないことが心配という意見もしばしば見られます。

またオンライン形式のamazonギフト券買取サービスのデメリットとして、インターネットの使えない人は利用できない点も注目です。

自宅にパソコンがない、そもそもインターネットの回線を引っ張っていない場合は利用できません。

また普段からパソコンなどのデバイスを利用していない人には、ハードルの高いサービスに感じられるでしょう。

何とか申し込みフォームに必要事項を入力できても、身分証明書の提出で困る人も出てくるかもしれません。

オンラインのamazonギフト券買取サービスの場合、写メなどで撮影してその画像データを添付して提出する方式をとっています。

写メの撮影の仕方が分からない、どうやって画像データを添付して提出すればいいかわからないと、サービス利用できないデメリットがあります。

悪質な買取業者は最大のデメリット!気を付ければ見分けられるもの?

悪質な業者はやっかい
このようにamazonギフト券買取サービスにはメリットデメリットの両面があります。

デメリットの中でもしばしば指摘されるのは、買取サービスを行っている業者の中には悪質な営業を行っているところもある点です。

大半の買取サービスはきちんとしたところですが、一部悪徳業者のあるのは事実です。

amazonギフト券の悪徳業者を利用した体験談を見てみると

「最初に聞いていた買取価格よりも安い金額しか振り込まれなかった」

「amazonギフト券をメールで送ったのに買取代金が振り込まれなかった」

という意見も投稿されています。

amazonギフト券買取サービスに限ったことではないですが、実態がよくわからないインターネット買取サイトではこのようなデメリットはどうしても付きまといます。

ただし悪徳業者にはいくつか特徴があります。

この特徴を頭の中に入れていれば、amazonギフト券の悪徳買取業者に引っかかる心配はかなり低くなるでしょう。

悪質業者の見分け方としてポイントになるのは、メール・電話で必ず確認することです。

その中でも少なくても2点「実際に口座で確認できる金額」と「振込までにかかる時間がどのくらいか?」は確認しておくことです。

電話だけの場合、言った言わないの水掛け論になりかねません。

そこでメールでやり取りをするのがおすすめです。

もし最初に言われていたのと話が違った場合、メールが証拠になるからです。

証拠が手元にあれば、買取サービスも下手なことはできなくなります。

悪徳買取業者のもう一つの見分け方として、換金率の高さがあります。

優良店を見てみると、換金率は80~90%といったところが相場のようです。

90%をはるか超えるような換金率を宣伝コピーに使っているのであれば、何か裏があると思って注意したほうがいいでしょう。

このような換金率の高さでお客さんをひきつけ、いざ手続きをしてみると事務手数料だ何だといろいろな名目でお金をとって、結局換金率は低かったというケースも見られます。

中には結果的に換金率10%台だったというケースも口コミサイトでは見られます。

相場よりも低いところはもちろんですが、あまりに高すぎるところも利用しないほうがいいでしょう。

何か気になることがあれば、どんどんその業者に問い合わせることです。

もしその結果あいまいな回答しかよこさないのであれば、そのサイトは利用しないほうがいいです。

悪質な営業をしている業者があるので、このようなデメリット・リスクのあることを頭に入れて利用することが大事です。

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする