最短振込みを実現するための必要口座とは?事前に条件を確認しておこう

最短振込み

即日入金で本当に必要な物は受け取り側の準備

近年、利用者の増大と共に物販や流通の業界に一大センセーションを起こしている大手通販サイトamazon。

そんなamazonに注目が集まる状況だからこそ、そこで使えるamazonギフト券の需要も増大することは当然なのかもしれません。

amazonギフト券は、文字通りamazonでの買い物で使える金券です。

しかし、従来の金券とは全く違った性質を持っています。

従来の金券は、必ず物理的・物質的な実体を持っていました。

一番多い形態が、紙に印刷されたものであるということです。

日本で流通する日本銀行券、つまり紙幣と同様に、発行元が本物であることを証明してその価値を認めた印刷物が、即ち金券という実体を持った存在になります。

コピーや複製はできませんし、その価値を認めている店舗ならばどこでも使えます。

従って、多くの金券ショップが取り扱います。

ところが、amazonギフト券は電子ギフト券です。

カードの形態をもっているものでも、その本質は記載された番号であり、実体は電子データです。

コピーも複製も容易ですが、発行元がその真偽を認めなければ価値が発生しません。

従って、その電子データが照合できる発行元でしかその真偽の判定ができず、つまりはamazonでないと使えない金券です。

この様な性質を持つためにamazonギフト券は一般の金券ショップでは扱いづらく、その為にネットのサイト上で電子データとしてのamazonギフト券を売買するという新しい業態が誕生しました。

amazonギフト券の買取を行う業者の出現で、金券の扱いに革命的な変化が起こったとも言えます。

それは、インターネット上で高速で金銭をやり取りするということが可能になったということです。

amazonギフト券の買取を行うサイトでは、よく「最短○分振込み」を謳い文句にしています。

これは、電子データを買い取ることで電子的に金銭をやり取りするために、可能になったスピードです。

取引の必要口座はどの金融機関でも対応できますが、このような高速なやり取りを可能にするならば、必要口座としてネット銀行のものを使用したいところです。

ネットバンクならば24時間いつでも入金可能であることが多く、amazonギフト券を売った場合の振込もネット上で素早く手続きが可能になります。

買取サイトが謳う高速な最短振込み時間を実現するための条件として、こういったネット銀行のものを必要口座と条件付けしているところも多いのです。

amazonギフト券の売買市場の出現で実現した高速な金銭のやりとり。

それを実感するためには、やはりネット銀行のものが必要口座と言えるでしょう。

最短振込みの秘密!申込み方法も簡単なamazonギフト券

何故早いのか
ネット銀行を始めとしたインターネット上の商取引が現実となった時、同時にネット上での金銭のやり取りを円滑にする電子マネーの構想も現実味を帯びてきました。

日本銀行券を始めとした物理的な実体に価値がある貨幣を、電子データとしてやり取りできるという仕組みは、個人(法人)がどれだけの資金を所持しているかというデータを第三者が証明することで成り立っています。

つまり、我々が銀行に預けた紙幣そのものは既にどこかに流通してしまっていて、我々の口座には幾ら入金があったかというデータしか残っていません。

しかし、銀行が我々の口座の中の残高データを証明してくれているからこそ、口座の残高以内ならば必要な時に必要な額が引き出せるということです。

amazonギフト券の場合は、amazonがそのギフト券の実体である番号に価値があること、残高があることを証明しているからこそ「電子マネー」として通用します。

ですから、amazonギフト券はamazonのアカウントに登録するまでは、まだ価値があるものか、それとも既に使用してしまって価値が無くなってしまったものか、はたまた偽物か、確認するすべがありません。

これが、一般の金券ショップがamazonギフト券を扱わない理由です。

番号を見ただけでは、それが偽造されたものかが分からないのです。

一方で、アカウントに登録してその真偽を確かめることができる業者にとっては、素早く価値を確認できてネットワーク上だけで決済がすんでしまうということで、非常に素早い取引が可能だという大きなメリットがあります。

しかし、ユーザー側では、amazonギフト券を相手に渡してしまった時点で既に相手のモノになってしまった後ですので、素早く代金が振り込まれなければ不安になります。

通常の商取引では代金の入金を確認してから商品を渡すのですが、amazonギフト券の取引はそれが逆にならざるを得ないのです。

ですから、多くのサイトは最短数分での振込みを謳っているのです。

その申込み方法も迅速な取引の理由でもあります。

多くの買取サイトが申込方法としてメールでのやりとりを謳っています。

メールに、ギフト券番号、有効期限、振込先口座、個人情報、さらに古物商取引では必須の身分証明書のコピーなどを添付します。

あとは指定口座への入金を待つだけなのですから、時間も労力もかからず、商取引の申込み方法としては史上最も簡単なものだと言われています。

しかし、申込み方法が簡便だからこそ、サイト選び等は慎重にしなければいけません。

ネットだけで完結するだけでなく、必ず電話で相手に確認することも忘れずに行いましょう。

最短振込みは優良業者の条件?amazonギフト券買取り業者選びのコツ

早い業者の選び方
ここまで語ったように、メールでのやり取りだけで商取引が完了し、最短数分という時間で代金が振り込まれるというamazonギフト券の売買。

しかし、簡便な取引だからこそ、詐欺まがいの業者が暗躍する土壌が豊富だと言うことも出来ます。

それだけに、業者選びは慎重にならなければなりません。

前に書いたように、amazonギフト券の買取りは、通常の商取引とは順番が逆です。

通常の商取引は、買う側が代金を先に入金して、その入金が確認できた後に商品を相手に渡します。

しかし、amazonギフト券は先に相手に番号を送り、その真偽を確認してもらってから入金があります。

このシステムが最短数分での振込という迅速な取引の根幹です。

ですが、物理的な商品と違って相手に情報を開示した途端にその所有権までも相手に渡ってしまう性質を持っているのがamazonギフト券です。

つまり、その取引は不可逆で、返品が効かないという性質を持っています。

メールで番号を送ったら取り返しがつかないだけに、業者選びは重要です。

数多ある買取サイトの中から最適な業者を選ぶには、買取率や最短振込み時間など、表面上のことに囚われていてはいけません。

最適な業者選びをするには、まずはそのサイトを運営している業者が実体を持っているかを確認することが大切です。

まずはサイトに書かれている電話番号に電話をかけることを推奨します。

そもそもサイトに電話番号が書かれていない場合は実体が無い業者だと思って間違いないでしょう。

電話をして、ホームページにある内容をまずは確認します。

買取率、必要手数料、買取金額、最短振込み時間などを実際に口頭で確認するのです。

そして、その内容をまずはメールに明記して送付してもらうように依頼しましょう。

詐欺まがいの業者の中には、サイト上に掲げたり口頭で伝えた買取率よりも少ない額を振り込んできたり、告げていなかった手数料を差し引いて安く買い叩いたりする手口を使う輩がいます。

そういったことを防止するために、電話で確認したことを証拠としてメールに書かせて提出させるわけです。

そういった行為を拒絶する業者は選ばないことが大切です。

さらに、最短振込み時間も数分から1~2時間以内というのがこの業界の通例です。

ところが、1日以上かかるという業者がいたら、避けたほうが良いでしょう。

振込みまでの時間を遅らせて、その間にサイトを削除してギフト券そのものを掠め取るという詐欺行為も横行しているからです。

簡単に売り買いできるものだからこそ、その業者選びには慎重になりましょう。

それぞれの買取プランの違いとは?

プランの違い
不要なamazonギフト券は転売して現金化することが可能です。

自分のクレジットカードのショッピング枠を使ってamazonギフト券を購入して、それを買取ショップに持ち込めばキャッシング枠の使えない人でもショッピング枠を利用して現金を手にできます

近年ではamazonギフト券も取り扱ってくれる金券ショップがありますし、amazonギフト券のメールタイプなどを利用してネット上でやり取りできる買取業者も増えています。

消費者金融や銀行のキャッシングなどのキャッシングの審査の通りにくい学生や主婦、手取りの低い社会人にとっては、いざという時に頼りにできる手段です。

気をつけたいのは、この買取には当日プラン翌日プランというものがあるということです。

amazonギフト券を取り扱う業者のほとんどが、この2つのプランを提示しています。

当日プランは文字通り取引をした当日に現金化されるもので、翌日プランは業者側がしっかりと確認できる時間を持てることから、買取では翌日プランの方がお得になるケースが多いです。

よくある買取プランとして、amazonギフト券の額面の数パーセントを手数料として徴収し、手数料を引いた額を利用者の指定の口座などに振り込むというものです。

多くの業者が手数料を10%未満に抑えています

当日プランだと、申し込みから入金まで1時間から4時間程度かかります。

申し込みをしてすぐ業者は確認の作業に入らなければならないため、その分手数料は高めになります。

翌日プランの場合にはこの手数料が安くなります。
とはいっても当日プランが手数料8%のところ、翌日プランは7%とあまり大差はありません。

その程度は誤差の範囲で、むしろ現金化が早い方が良いと考えるのであれば当日プランで良いでしょう。

もうひとつ抑えておきたいのは、当日プランと翌日プランでは銀行への振込手数料に違いが出るケースがあるということです。

業者によって違いがありますが、当日プランでは業者指定の銀行への振込であれば手数料が200円程度かかり、翌日プランではゼロということがあります。

当日プランは、申し込みをしてすぐに現金化するという手段ですので、業者にすぐギフト券を渡さなければいけません。

多くの業者が平日の午後5時や午後7時までしか当日プランは受付できないとしています。

急ぎの場合には注意しましょう。

翌日プランであれば、午後7時、遅いところで午後9時くらいまで受付している業者があります。

この時間までにギフト券が到着していれば、翌日に振込手数料なしで現金を手にできます。

大口のamazonギフト券の最高額は?

大口の最高額
amazonギフト券には、額面が決まっているギフト券と好きな金額を設定できるバリアブルカードの2種類があります。

コンビニやスーパーなどで購入できるamazonギフト券の多くはカードタイプまたはシートタイプですが、これはある程度値段に限度があります。

この2種類は店頭で気軽に買うことができるため人気がありますが、実際にはamazonギフト券にはデジタルでやり取りできるものがあり、こちらは値段を自由に設定でき、また大口の額面のギフト券を購入することが可能です。

店頭で購入できるカードタイプは3000円からおよそ1000円単位になっており、シートタイプは2000円や3000円、最高額で2万5000円です。

amazonギフト券にはこの他、Eメールタイプというものがあります。

具体的に券として存在するのではなく、メールでやり取りするタイプの電子ギフト券です。

これは最低額が15円の設定で、最高額は50万円となっています。

ギフト券をpdfファイルでやり取りして、プリンターで印刷することで利用できるようにしたものもあります。

こちらも最高額は50万円まで設定可能です。

amazonギフト券のEメールタイプは最高額50万円となっていますが、これは複数枚1度に購入することもできます。

枚数制限があり、15枚が上限です。

そのため50万円×15枚ですから、750万円がamazonギフト券を1度に購入できる最高額ということになります。

これはクレジットカードで購入可能です

amazonギフト券の利用で注意したいのは有効期限があるということです。

amazonギフト券を購入してそれを転売して現金を手にすることもできますが、その際にも利用期限は厳しくチェックされます。

誰か友人や家族などにamazonギフト券をプレゼントする際にも注意が必要ですし、自分用に使う際にも利用期限はしっかり把握しておく必要があります。

amazonギフト券の利用期限は基本的に購入時から1年間です。
※現在は10年となっているのお間違えのないように。

良く勘違いされがちなことですが、amazonギフト券の利用では利用者のアカウントに登録して初めて使えるようになるので、アカウント登録から起算して1年と思ってしまうというデメリットがあります。

ギフト券の有効期限はアカウント登録時から数えるのではなく、あくまでも購入・発行してから1年間です。複数のamazonギフト券を所有している場合には注意しましょう。

複数枚のギフト券を持っていると、有効期限の早いものから使っていかないと無駄になってしまいます。

アカウント登録を済ませてからと思っているとあっという間に1年は経ってしまいます。

最低は15円という小額からある

最低金額
多くの利用者がいて、換金業者も数多くあるamazonギフト券ですが、その最低額は15円と小額です

実際に15円でギフト券を販売している人もamazon内には存在します。

15円という小額の使い道はほとんどありませんが、存在するにはそれなりの理由があります。

amazonギフト券は、たとえばコンビニで購入することができます。

一般的に流通しているカードタイプのamazonギフト券は最低額が2000円からになっています。

15円から買えるamazonギフト券は、Eメールタイプとチャージタイプの2種類です。

Eメールタイプは、オンラインショップでしか販売されていません。

15円から50万円まで1円単位で購入することができます。

また、クレジットカードのみの販売になっています。

利用期限は他のamazonギフト券と同様1年間となっています。

元来はプレゼント用ですが、Eメールのアドレスを自分宛てに発送することで自分が利用するものとして購入することも可能です。

チャージタイプは、自分で使うためのamazonギフト券として利用できるようにしたものです。

Suicaなどの電子マネーと同じ感覚で利用できます。

これもEメールタイプと同様、オンラインストアでのみ販売されています。

最低15円から最高50万円まで購入できる点や、1円単位である点、有効期間が1年であることもEメールタイプと同様です。

異なる点として、支払いした直後に自分のアカウントに自動的にチャージされるという点と、クレジットカードでなくても決済できるという点です。

コンビニやATM、ネットバンキングなどから選択して支払うことが可能です。

自分用にamazon内にチャージするもので、転売に出すことはできません。

この15円という最低額ですが、実際には利用価値はほとんどないと言っていいでしょう。

amazonで中古品を取り扱うマーケットプレイスでは1円という商品もありますが、これにはほとんどの場合送料が発生します

送料は品物にもよりますが、おおよそ300円以上かかります。

そのためたとえ商品の額が1円であっても、300円以上をアカウントに所有していないと使えません。

15円だけ購入しても何も買えないということになります。

ヤクオフなどのオークションサイトには15円のamazonギフト券が出品されていることがあります。

15円のギフト券を14円や13円で販売しています。
これは出品者が評価を目的としていると考えられます。

評価の高い出品者はオークションでは有利になるからです。

落札する方としても評価を上げることができますので、双方にメリットがあります。

申込みが15時以降でも入金可能!その際に必要なものって?

15時以降の入金
amazonギフト券の買取サイトを利用しようという人は、すぐにでも現金が欲しいという場合が多いでしょう。

買取業者もそれは分かっているので、多くの買取サイトが「即日入金」を謳い文句にしています。

「即日入金」ということは、買取を依頼した当日に、自分の銀行口座に買取金額が振り込まれるということを意味しますが、一つ注意しなければならないことがあります。

「即日入金」や「24時間対応」というamazonギフト券買取サイトでも、買取を依頼する人の口座の種類によって、それができない場合があるのです。

一般の銀行は9時から15時までが営業時間ですが、都市銀行や地方銀行の普通口座しか持っていないと、15時以降に振込があっても、すでに営業時間を過ぎていて入金が反映されません。

営業時間を過ぎて振り込まれた金額は、翌営業日になるまで口座に入金されないですから、たとえ即日入金のamazonギフト券買取サイトでも、amazonギフト券を売った当日に買取金額を受け取ることができないわけです。

このことを知らないと、「あそこは即日入金と謳っておきながら実際は翌日に入金してくる信用ならないサイトだ」というクレームにまで発展してしまいかねないのです。

即日入金のamazonギフト券買取サイトで、15時以降にも入金してもらうには、買取を依頼する我々にも必要なものがあります。

それは、15時以降の振込にも対応する銀行口座です。

どんな銀行の口座からというと、一般の都市銀行や地方銀行の口座ではなく、インターネットで運営しているネットバンキングの口座です。

もしくは、実店舗の銀行でもネットバンキング契約をしていると、15時以降の振込にも対応しているところはあります。

つまり、amazonギフト券買取サイトに即日入金してもらうのに必要なものとは、ネットバンキングの口座だということです。

ただ、ネットバンキングの口座があるからと安心するのではなく、本当にその日のうちに振り込んでくれるのかは、事前にamazonギフト券買取サイトに確かめておきましょう。

amazonギフト券買取サイトならどこでも口座振込に対応する金融機関の一覧を掲載しているはずなので、そこをチェックし確実に当日中に振り込んでもらえるかを確認してください。

なかには24時間いつでも対応しているところもありますが、15時以降対応のところでも19時までなど時間が決まっているところもあります。

いずれにしても、買取してもらう側として必要なものはネットバンキングの口座ですから、まだ持っていない人は早めに口座を開設しておきましょう。

即日入金に対応するamazonギフト券買取業者の注意点

即日業者の注意点
amazonギフト券買取サイトを選ぶときは、入金が完了するまでのスピードもチェックしておきたいところです。

買取業者のなかには即日入金に対応するところもありますが、即日入金のサイトでも、買取を依頼するこちらが15時以降の振込にも対応しているネットバンキング口座を持っていることが前提だということは先にお伝えした通りです。

それを踏まえて、実際に入金されるまでの時間を考えてみましょう。

即日入金のamazonギフト券買取業者なら、サイトに「最短○○分で完了」と宣伝文句を記載しているところが多いですが、「最短」というところがポイントです。

実際にamazonギフト券の買取を依頼すると分かりますが、手続きに時間がかかってなかなか最短の時間ですべてが完了することはありません。

特にそのamazonギフト券買取業者を初めて利用する場合は、本人確認のために身分証のコピーを提出したり、業者側でのチェックに時間がかかったりして、2回目以降の利用よりは時間がかかるものです。

たとえ「最短5分」と掲げている業者でも、初回の利用では数十分はかかるものと覚悟しておきましょう。

金曜の午後に買取を依頼した場合、土日が休業の業者だと実際に振り込まれるのは翌週の月曜にまでずれ込むことも考えられます。

買取をスムーズに完了させるためには、買取を依頼する側でもそのための準備が必要です。

買取の依頼をする前に、買取してもらうamazonギフト券と身分証明書、ネットバンキング口座を必ず用意しておきましょう。

これらの準備が整っていれば、平日の15時以降や土日祝日での買取依頼でも即日の入金が期待できるでしょう。

以上、買取依頼から入金完了までの時間を見てきましたが、amazonギフト券の買取を希望する人は、すぐにでも現金が必要ということが多いため、入金スピード以外のことに注意が向いていないことがあります。

しかし、amazonギフト券の買取業者のなかには、魅力的な宣伝文句で集客しておきながら、宣伝通りの換金率で換金してくれなかったり、お金を振り込んでくれなかったりするような、詐欺業者も存在します。

入金までのスピードが速いことに越したことはありませんが、宣伝文句に惑わされず、本当にサイトの記載通りの額面でスピーディーに振り込んでくれる優良業者なのかを見極めなければなりません。

そのためには、そのサイトを実際に利用した人の口コミを調べるなど、十分な対策が必要です。

24時間営業のamazonギフト券買取サイトについて

24時間対応のサイト

ネットバンキングの口座があれば、15時以降の買取依頼でも即日で入金してくれるamazonギフト券買取業者があることは説明した通りですが、「24時間買取受付」とあるから安心と早合点しないで、詳細までよく確認してから申し込むことが大切です。

ここ最近、amazonギフト券買取サイトの数が急増しており、それに伴って他のサイトと差別化を図るため、24時間の買取に対応していることを謳ったサイトも増えています。

ただ、24時間という言葉だけに惑わされないようにしてください。

amazonギフト券買取サイトのなかには24時間営業のところもありますが、なかには「24時間買取受付」と宣伝しているサイトもあります。

どちらも24時間とあるので紛らわしいですが、両者はまったく違うものです。

24時間営業の業者とは、文字通り早朝でも深夜でも24時間常に社員がいて顧客に対応する業者です。

一方、24時間買取受付の業者は、あくまで買取はいつでも受け付けているというだけで、手続きの処理や振込などまで24時間やっているわけではないのです。

営業時間外にサイトを通じてamazonギフト券の買取を依頼しても、申込メールが誰もいない会社に届くというだけで、処理は翌営業日の営業開始時間を過ぎてからになります。

ですので、すぐに現金が必要だからと24時間対応のamazonギフト券買取サイトを探すときは、「24時間営業」なのか、それとも「24時間買取受付」というだけなのかをしっかり確認してください。

ここ最近、急激にamazonギフト券買取サイトが増えていますが、それとともに詐欺サイトも増えています。

amazonギフト券をすぐにでも現金に換えたい人は、24時間振込対応や高い換金率といった魅力的な宣伝文句についつい惹かれてしまいますが、そのままよく考えずに申し込むのは危険です。

スピーディーな振込に対応とあるのにいつまで経っても現金を振り込んでくれなかったり、95%の換金率とありながら実際は20%程度だったりといった被害は実際に報告されています。

こうした被害を防ぐには、サイトの記述を盲信してすぐに申し込むのではなく、事前に電話で問い合わせることが大切です。

サイトの記述から理解した内容を、口頭で業者から裏付けを取りましょう。

すぐに明確な答えを返してくれないような業者は、サイトの記述通りの買取を行っていない可能性があるので、利用を控えた方がよいで

対応スピードや入金の早さが気になるけどホームページの時間って本当?

スピードが気になる

アマゾンギフト券が手元に余っていて、もったいないことをしている人はいませんか?

もし当面使うつもりがないのであれば、売却してしまうのも一つの手です。

インターネットで調べてみると、アマゾンギフト券の買取専門業者も見られます。

アマゾンギフト券の買取業者にはいくつか特徴がありますが、対応スピードの早さはチェックしておくべきです。

対応早さですが、専門業者のホームページなどをチェックしてみると「最短10分」のようなコピーを掲げている所もいくつかみられます。

絶対に申し込んでから10分で現金を手にできるわけではないですが、対応スピードは総じて速いのは確かです。

この対応早さの理由ですが、一つには需要の高さが関係しています。

早く買取が成立するのは、皆さんの売却したアマゾンギフト券の買い手がいるからです。

実は現在アマゾンギフト券ですが、大口の需要家が数多くいると言われています。

特に中国人の間で、このアマゾンギフト券のニーズが高い状態で推移していると言います。

「爆買い」という言葉を聞いたことのある人も多いでしょう。

中国人が日本観光をしたときに、日本の製品を大量に買い付ける行為です。

メディアではデパートなどで大量購入する光景を目にしますが、ネットショッピングでもこの爆買いが行われています。

この爆買いをするにあたって、アマゾンギフト券が大量にあった方が手間もかからず購入できるということで、マッチングサイトを使って買い求めているのです。

アマゾンギフト券を買い取った業者がどのように転売するかですが、マッチングサイトに出品します。

そして、そこで買取手続きが完了すると売却益が入ってきます。

このように言われると、「自分でアマゾンギフト券を直接マッチングサイトに出品すればいいのでは?」と思う人もいるでしょう。

通常このようなマッチングサイトに出品するにあたって、程度の良し悪しが価格に影響します。

しかしアマゾンギフト券の場合、そのような商品ごとの個性がありません。

ですから提示する価格が成約の行方を握っているのです。

高すぎても買い手が付きませんし、安すぎると買取率が悪くなって損です。

高過ぎず安過ぎずの微妙な価格設定をしなければ、最大限の利益をスピーディにあげることはできません。

このような適正な価格はいくらが良いのか、素人は情報を持ち合わせていないでしょう。

専門の買取業者であれば豊富なノウハウを持っているので、高い買取率でスピーディに買取してくれるわけです。

金欠でピンチ…そんなときには買取サービスを!

サービスの利用
今月いろいろな出費が重なって金欠に陥っているという人はいませんか?

カードローンなどでお金を借りないといけない、そのようなピンチに立っている人でアマゾンギフト券を持っている人はいませんか?

普段ネットショッピングを利用している人の中には、アマゾンショップ内で利用できるギフト券を持っている人もいるでしょう。

アマゾンギフト券はアマゾンの中ではショッピングで利用できるのですが、その他の実店舗などでは使用できません。

しかし、アマゾンギフト券を買取しているショップも最近では出てきているので、こちらに売却して現金を手にする方法はあります。

具体的にどのように買取依頼するかですが、業者によって若干の違いがあります。

しかし、たいていは以下のような流れで売却する形になります。

まず実際に手続きを始める前に、アマゾンギフト券を用意しましょう。

そして買取対応している業者のホームページにアクセスして、注意事項をしっかり確認します。

そのうえで申し込みフォームが用意されているはずなので、そこから買取手続きを進めます。

必要事項を申し込みフォームに入力して送信すると、業者の方からメールが届くはずです。

その中で、今後の取引についての案内が記載されているでしょう。

その案内に従って、取引を進めます。
この中で、アマゾンギフト券のコード番号を入力しなければならないはずです。

このコード番号が有効なものでないと、取引がキャンセルになりますので注意しましょう。

コード番号を入力して買取業者のスタッフが内容を確認し問題ないようであれば、支払が行われます。

皆さんの指定する銀行口座に入金という形で、売却益は支払われます。

このように通常アマゾンギフト券の現金化では、すべての手続きがWEBの中で完結するようなシステムになっています。

つまり店舗などに行って手続きをする必要がないのです。

またWEB手続きのため、基本的に24時間いつでも好きな時に買取依頼の手続きのできるのが魅力です。

急な出費が必要になって、持ち合わせがなくてどうしたらいいか…といった時でも極力スピーディに現金化ができます。

その他にも結婚祝いや就職祝いなどで、アマゾンギフト券をもらうというケースも増えています。

自分はアマゾンを普段利用しないので、ギフト券があっても使い道がないという人もいるでしょう。

その場合には、このようなアマゾンギフト券を専門的に買取してくれる業者を利用してみると良いでしょう。

専門店の買取ではスタッフや店員などの担当者が確認作業をするって本当!?

確認作業
amazonギフト券の買取を専門に行う業者が近年増加傾向にあるというのはご存知でしょうか。

amazonギフト券は基本的には金券ショップでは買取対象として取り扱ってくれませんが、需要が非常に高く、また普段amazonを使わない人にとっては現金化できることから人気になっています

クレジットカードを持っている人にとっては、カードのショッピング枠でamazonギフト券を買って、それを転売することによって現金を手にできるため、消費者金融を利用したくない人や銀行のローンの審査が取らない人などにとっては、簡単に現金化できるため、ありがたい存在です。
 
amazonギフト券の買取では、業者は慎重に確認作業をします。

1年という期限もありますし、本当に使えるギフト券であるか、ショップのスタッフや店員などの担当者が確認する作業が欠かせません。

そのため、金券ショップのように持ち込んですぐに現金にできないケースも出てきます。

基本的には、印刷タイプにしてもEメールタイプにしても、amazonギフト券を用意して、それを業者のサイト内の専用フォームにアクセスして申し込みをします。

この際には、名前や電話番号などの個人情報も入力する必要があります。

古物商取引にあたるため、売り手は個人を特定できなければ売買は成立しません。

専用フォームから申し込みをすると、業者からメールが送信されます。

その案内にしたがってamazonギフト券のコードを入力します。

店員やスタッフは、この入力されたコードを元にして確認作業を行います。

ここで問題が発生しなければ取引が成立し、申込者の指定口座に入金処理が行われます。

即日で結果が出て、すぐに入金されるケースもありますが、その場合には多少換金率が低くなります。

主に翌日プランといって、確認作業や入金手続きが翌日にするケースが多いですが、それは店員やスタッフによる確認作業に時間がかかるからです。

買取率はおよそ90%前後です。
1万円のamazonギフト券を買い取ってもらったら、9000円前後が入金されることになります。

普段amazonを使わない人にとっては、多少の差額は出るものの、無理にamazon内で商品を買わなくて済みますので便利でしょう。

また、消費者金融で借入するとほぼ年率は18%が適用されます。

10万円を借りると翌月には利息が1400円以上かかります。

それを考えると、amazonギフト券を買って現金化した方が手数料を差し引かれても得します。

ただし、amazonギフト券の買取業務にはあまり歴史がなく様々な業者がいます。
中には悪質な業者もいるため、業者選びには気をつけましょう。

業者はどの程度信頼できるのか

信頼度
amazonギフト券は商品券の一種であるため、その買取業者も金券ショップ系の店舗と思いがちですが、実際にはクレジットカードのショッピング枠を現金化する業者が業務の一環として行っているケースがほとんどです。

従来型の金券ショップはむしろamazonギフト券の買取を受け付けないことの方が多いでしょう。

amazonギフト券はクレジットカードで購入できます。

ネットだけで商品券をやり取りできることになります。

そのため、手軽にショッピング枠を使って購入可能です。

ショッピング枠で商品を買って、それを現金化するという業者は数多く存在しますが、これは法律的には限りなく黒に近いグレーゾーンにあたります。

そのため、クレジットカード現金化を行っている業者がこぞってamazonギフト券の現金化業務に乗り出しているというのが現状です。

ここで問題になるのが、そのような業者がどの程度信頼できるのかということです。

国民生活センターには、クレジットカードのショッピング枠利用で現金化する業者からのトラブルの事例が相次いで寄せられています。

その多くはホームページに載せられている換金率と、実際に送金される額が異なっているという問題です。

クレジットカード現金化業者には、たとえば最大で95%を還元するとうたって集客するところもあります。

1万円で商品を購入したことにして、それを転売するという形で9500円を還元するというものです。

このような高い還元率は実際にはありえません。

95%の還元率があると言っておきながら、実際には70%程度しか送金されないという悪質な業者が数多くいます。

こうした業者が、amazonギフト券の現金化に乗り出しているという現状があるので利用の際には充分注意しましょう。

amazonギフト券買取店で、クレジットカード現金業から業務移行した業者で、悪質なものには一定の特徴があります。

異様に高い換金率をうたっているもの、ホームページが貧弱でページ数が少ないもの、個人情報としてクレジットカードの番号を要求してくるものなどです。

高い換金率といえるのは、90%を超えてくるときです。
たとえば10万円のamazonギフト券を90%で買取するという業者であれば、そのギフト券にある程度の額を上乗せして販売して儲けを得なければいけません。

9万円で買取した場合には、たとえば9万5000円で転売したときに儲けは5000円にしかなりません。

相当の数をこなさないと利益にはつながらないことになります。

さらに95%の換金率になると、現実としてはまず不可能です。

高い換金率をうたっている業者には注意しましょう。

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする