複数枚のamazonギフト券を持っている場合の一番お得な売却方法

複数枚の売却

複数枚持っていたら合算した方が換金率が高くなるかも

amazonギフト券が不要になったので売却したい、現金が必要なので手持ちのamazonギフト券を買取してほしいと思っている人もいるでしょう。

インターネットを中心として、amazonギフト券の買取サービスを行っているところもあります。

買取業者の利用を検討している人の中には、複数枚amazonギフト券を持っている人はいませんか?

もし複数枚amazonギフト券を持っていて、別に使う予定はないというのであれば、一気に売却したほうがいいでしょう。

小出しに買取をお願いするのと比較して、換金率の良くなる傾向がみられるからです。

amazonギフト券の買取業者を見てみると、いくら売却するかによって換金率を変えているところも多いです。

そしてこのような枚数によって換金率を変えている業者は一般的な傾向として、複数枚で多ければ多いほど換金率を高く設定しています。

つまり小出しに売却すると、低い換金率が適用されてしまうのです。

一方で一気に複数枚をまとめ売りすれば、高い換金率の方が適用される形になって、効率的な現金化ができます。

もしかすると今後amazonギフト券を使うことになるかもしれないので必要な現金だけ確保して、残りは手元で保管する方法もあります。

しかし当面amazonギフト券を使用する予定がなければ、まとめ売りをした方がお得になる可能性は大です。

amazonギフト券を将来的には現金化することも念頭に入れて購入する際には、額面を安くして複数枚持っておいたほうがいいです。

実はあまりに高い額面のamazonギフト券の場合、買取そのものを断られる可能性があるからです。

例えば何十万円の額面のamazonギフト券は、あまり見たことがないという人も多いでしょう。

このように高額のamazonギフト券は、世間一般ではあまり需要がありません。

つまり買取業者としても引き取ったところで買い手がつかないので、損するリスクが高いのです。

もしまとまった金額でamazonギフト券を購入するのであれば、複数枚に分けたほうがいいでしょう。

例えば50万円出してamazonギフト券と交換する場合、額面50万円のamazonギフト券を1枚持つのではなく、額面5万円のamazonギフト券を10枚持ったほうがいいです。

そして現金が必要になったときに、この10枚のamazonギフト券をまとめ売りすれば高い換金率で現金と交換してもらえる可能性が高くなります。

自分で行うamazonギフト券の残高確認方法とは

残高確認法
このようにamazonギフト券を売却する際に気になるのが、amazonギフト券の残高確認をどのようにすればいいのかという点です。

インターネットの使い方にまだあまり慣れていない人を中心に「残高確認の方法が分からない」という意見が出てくるようです。

しかしやり方は一度マスターしてしまえば簡単なので、その流れについて説明します。

結論から言ってしまうと、2回クリックしただけで行えます。

Amazonのホームページにアクセスすると、左上に「ギフト券」というメニューがあるのでこちらをクリックしましょう。

するとamazonギフト券のページにアクセスできるはずです。

続いてまた次のメニューの中に「残高・利用履歴」という選択肢がありますから、こちらをクリックしてください。

するとその時点における残高確認ができます。

このように一度そのやり方を聞いてしまえば、シンプルこの上ないと思いませんか?

残高確認のページにアクセスすると、有効期限についても記載されているはずです。

いつまでにどれくらいの額を使わないといけないのか、簡単に把握できます。

amazonギフト券の残高について知らない人も多いようですが、支払いは一回行うとその場限りと思っていませんか?

実はそのような事はありません。

もしAmazonでショッピングしてギフト券を使って残高がある場合、次回のAmazonのショッピングでも活用できます。

例えば皆さんのamazonギフト券が2万円あって、1万5000円の商品を購入したとします。

するとギフト券の残高は5000円になります。

この5000円は次回Amazonでショッピングしたときにも活用できます。

もし1度しか利用できないと思っているようであれば、一度手持ちのamazonギフト券の残高確認をしておいたほうがよいでしょう。

そのまま手付かずの状態になっている残高があるかもしれないからです。

amazonギフト券の残高だけで次に購入したい品物が買えない場合もあるでしょう。

その場合には、残高とほかの支払い方法を併用するやり方もあります。

残高とクレジットカード・コンビニ払い・ネットバンキング・電子マネー・ATMなど多様な方法で支払いが可能です。

このような多種多様な方法でショッピングの代金を支払い出来るのは、数あるオンラインショッピングサイトの中でもAmazonくらいといわれています。

ですからショッピングするときには、もっとamazonギフト券を活用しましょう。

アプリを使ってAmazonギフト券の買取サービスを充実させよう

アプリで買取サービス
前に紹介したようにamazonギフト券は換金することが可能です。

amazonギフト券を入手・もらったけれども使い道がない、現金が今すぐ必要なので換金したいという人は買取サービスを活用するといいでしょう。

amazonギフト券の買取業者はいくつかありますので、十分比較してより良い条件で換金できるところを見つけましょう。

選び方のポイントはいろいろとありますが、アプリの利用ができる業者かどうかもチェックしてみるといいです。

最近ではスマホユーザーもかなり多く、いろいろなアプリをインストールしている人も多いでしょう。

amazonギフト券の買取業者の中には、専用アプリを導入しているところもあります。

専用アプリがあれば、スマホから簡単に買取手続きを進められ、外出先でちょっとした時間を使って買取の申し込みができます。

しかも専用アプリを導入している業者の中には、ポイントシステムを採用しているところもあります。

買取サービスを利用すると、その価格に応じたポイントがもらえるというサービスです。

何度でも利用すると、ポイントがどんどん貯まっていきますから、しばしばamazonギフト券を購入する人ならアプリをダウンロードしておいても損はないでしょう。

このようなアプリを導入している買取業者を見てみると、サービスのきちんとしているところが多いです。

amazonギフト券の買取サービスを利用するにあたって不安な点として、結局自分のギフト券はいくらで買い取ってもらえるかがあるでしょう。

アプリを導入している買取業者の中には、買取価格のシミュレーターを用意しているところも見られます。

amazonギフト券の額面と合計金額を入力すれば、その業者の買取価格が瞬時にわかるシステムです。

このようなシステムがあるとあらかじめいくらで換金できるのかわかりますから安心して利用できるでしょう。

amazonギフト券はよくアプリをダウンロードする人の間で人気です。

通常アプリを購入するにあたって、ギフト券は使えないでしょう。

しかしamazonでは「amazonアプリストア」というサービスを実施しています。

こちらではアプリを購入するにあたって、amazonギフト券を使って支払いができます。

このようなサイトは他にはないので、現金がなくてもアプリをインストールしたい人向けのサービスです。

しかもこちらのストアでは、amazon以外のところで取り扱っているアプリでもギフト券を使って購入できます。

まだあまり知られていませんが、広く知られるようになれば、需要もますます高まってくるでしょう。

アマゾンの利用性別で男性が圧倒的に多い理由とは

熱狂的ファン
ネット通販はいろいろありますが、利用性別で分析するとアマゾンは女性より男性に人気があるようです。

Amazonと並んで日本でも有名な某大手ネット通販サイトのコア層は30代と20代の女性ですが、アマゾンでは60代男性の利用者が傑出しています。

40代以上の男性の中には、ネット通販はAmazonしか使わないという熱狂的なファンも多いです。アマゾンが多くの男性に選ばれるのはなぜでしょうか。

Amazonと大手ネット通販サイトとの大きな違いはコレクター商品が充実していることにあります。

外国製のレアな部品であったり、中古でもコレクターには人気のあるレコードやCD、自作のフィギュアなどを出店している人もいます。

売る人も買う人もコレクターが多い、国境を越えて同じ趣味を共感できるスペースがあるのもアマゾンの魅力なのでしょう。

実は、Amazonで男性の利用者が多いことには気がかりな問題が隠されています。

女性に多い買い物依存症が、アマゾンならではのシステムで男性がかかりやすくなっているのです。

60代男性ユーザーが飛びぬけて多いという事実は、退職して家で過ごすようになった男性たちがAmazonで買い物依存症になったことを示している可能性があります。

アマゾンには「当日お急ぎ便」というシステムがあります。

今日、注文した品物が朝8時~夜9時までの間に届くというサービスです。

渋滞にはまって夜9時に間に合わないと言うこともありますが、それでも当日に配達してもらえますので、食品の購入でも安心です。

沖縄と一部の離島を除いてカバー地域が広いことも当日お急ぎ便の利便性を高めています。

例えば、退職後に趣味で庭の畑作りなどをし、必要な物に気が付いたけれど近所では売っていない場合、アマゾンの当日お急ぎ便は大変重宝します。

送料はかかりますが、Amazonプライム会員になれば年間8回程度の利用で元が取れますので、無駄使いではありません。

当日お急ぎ便に対応できる商品には「○月○日○曜日にお届けするには、今から〇分以内に「当日お急ぎ便」を選択して注文を確定してください」と表示されます。

当日配達に間に合わせるには当然タイムリミットがあり、タイムリミットに向けてカウントダウンが始まります。

女性は買い物をする過程を楽しむ傾向があり、店員の「お似合いですよ」などと言った褒め言葉が買い物依存症の入口になるのに対し、男性は商品そのものがエサになってしまうと言います。

Amazonからクレジットカード情報を抹消し、アマゾンギフト券オンリーにすれば、知らない間に不必要なものを買いこまない予防策になるかもしれません。

利用年齢には制限がある?

年齢は?
最近は、スマホを使う高校生も増え、未成年者がアマゾンなどのネット通販を閲覧する機会が増えました。

テレビで新宿・渋谷・池袋などのおしゃれでかわいいお店が紹介されると、欲しくなってしまうのは子どもも大人も変わりません。

近くにデパートや専門店のない地方の高校に通う生徒たちにとって、必要な物が安く手に入るamazonは魅力的でしょう。

何でも買えて便利なアマゾンですが、アマゾンには利用年齢に制限があることはご存じでしょうか。

Amazon.co.jp利用規約をずっと読んでいくと、「アカウント」の項にアマゾンが販売する相手は20歳以上の成人に限定すると明記してあります。

amazonでの商品とお金のやり取りはすべて登録したアカウントとパスワードを使って行われます。

もし、アカウントとパスワードが第三者に知られ、勝手に使われてしまった場合、だれが責任を取って金銭の負担をするのでしょうか。

未成年者は日本の法律によって保護されていますから、amazonは未成年者に金銭的な補償を要求することはできません。

それで20歳未満の人は、親権者か後見人の関与が必要であると明記し、amazonはアカウントとパスワードの漏えいによってアカウント保持者が被る損害については責任を負わないと言い切っているわけです。

利用規約を読まずに「同意します」をタップし、アカウントを作成する人の方が多いかもしれませんが、アカウントを作成したと言うことは、利用規約を読んで同意したということになります。

ネット上には百戦錬磨の詐欺師がうようよしていて、騙されやすい未成年者を狙っています。

たとえお小遣いを自由に使って良いと親から言われていたとしても、万が一のことも考えて、amazonでの買い物は親に一言相談してからにしましょう。

親はネットで買い物をする時の注意点や怪しいサイトの見分け方、盗まれにくいパスワードの設定方法などについてアドバイスしてくれることでしょう。

アマゾンではクレジットカードでの決済が一般的ですが、未成年者は自分のクレジットカードが作れませんので、アマゾンギフト券を使うと便利です

チャージする金額を自由に選べるバリアブルカードは、コンビニでも買えますし、インターネットから注文してコンビニで支払うという方法でも購入できます。

コンビニのバリアブルカードは1,500円から1円単位で購入可能ですが、スマホから注文する場合は15円から1円単位でのチャージが可能です。

スマートフォンアプリを利用して上手に使う

アプリの利用
パソコンからインターネットに接続する人が伸び悩む一方で、スマートフォンでインターネットを楽しむ人は増えています。

どうしても場所をとるパソコンと比べると、嵩張らずいつでもインターネットができるスマートフォンはインターネット閲覧の面で便利です。

インターネット通販でも同様の傾向があり、ECサイト最大手のアマゾンもスマートフォンアプリ、アマゾンショッピングアプリをリリースしています。

何か気になる商品があるならスマートフォンで調べて、アマゾンに在庫があればそれを購入する、このような流れで買い物をしている人は非常に多いでしょう。

インターネットブラウザからでも買い物はできるものの、アマゾンがリリースしているアマゾンショッピングアプリをインストールするのも手です。

タイムセールの情報を知らせてくれる機能、商品そのものやバーコードをカメラでスキャンすれば商品詳細のページに移動するスキャン機能など、便利な機能が揃っています。

これらはブラウザからは利用不可な機能なので、スマートフォンから注文する人にとってアマゾンショッピングアプリは非常に頼りになる存在です。

一方で、スマートフォンのブラウザ、アマゾンショッピングアプリからどうアマゾンギフト券を使えばよいのか迷う人も珍しくはありません。

スマートフォンからの操作であっても、アカウントにサインインしてからコード番号を入力してチャージするのは変わりません。

ところが、スマートフォンは画面がさほど大きくないので、チャージするところをうまく見つけられない人も出てくるのです。

また、スマートフォンからアマゾンギフト券を使えなくて困るという事例も多いものの、アマゾンギフト券に対応していない商品を購入しようとしていないかよく確認したいところです。

また、スマートフォンアプリをよくダウンロードする人ならスマートフォンアプリのアマゾンアプリストアも非常に役立ちます。

アマゾンは他社のアプリをアマゾンアプリストアで提供していて、こちらはアマゾンギフト券を使った支払いにも対応しているのです。

そのため、アマゾンギフト券で買い物をして余りが出た場合、アマゾンアプリストア内をチェックするのもよいでしょう。

アマゾンアプリストアはアマゾンのサイト内からダウンロードする必要があるので、存在を知らないとなかなか見つけられません。

インストールの際に設定の変更が必要で導入が面倒なのがネックですが、アマゾンのヘビーユーザーならインストールしておきたいアプリです。

割引で買ったamazonギフト券が無効なら返金保証される

返金保証
amazonギフト券は、中古市場にも多数出回っています。

オークションサイトでも定価の数パーセント引きで販売されていますし、amazonギフト券を専門に取引する業者もいます。

こういった業者にamazonギフト券を何割引きかで売る人がいて、そこに業者の儲けを上乗せして販売されます。

売り手と買い手の仲介をするという点では、金券ショップと同様と言えるでしょう。

金券を出品する中古市場も活発ですが、近年ではオンラインで電子マネーを取引する事例が増えており、amazonギフト券はその主流と言っても良い存在です。

中には月商が4億円以上もあるという大手の業者も存在します。

amazonギフト券を定価以下で購入できるというのは魅力的でしょう。

多くの場合、額面の7%から8%引きで販売されています。

1万円のamazonギフト券が9200円から9300円で手に入るということになります。

このギフト券は、クレジットカード利用でなければ購入できない商品にも適用されるので、利用者側からすると非常に利便性が高いといえます。

とはいえ、不安が伴うことも確かです。

amazonギフト券はオンラインで販売されるものであるため、実体としての商品は存在しないからです。

買取業者やオークションで手に入れても、贈られてくるのは品物ではなくカード番号です。

もし、この番号が無効であったら、支払ったお金をまるごと損することになります。

実際にamazonでもギフト券の売買でトラブルが発生しているという注意喚起がされています。

悪質な業者が数多く存在しており、amazonギフト券を売る人には高い換金率をうたっておきながら、実際にはそれよりも遥かに低い値段で買い落とすという行為をしており、国民生活センターにも多数の苦情が寄せられています。

amazonギフト券を中古市場で買う側にもある程度のリスクが伴っているのも事実でしょう。

大手と言っていい業者は、このリスク回避のために、amazonギフト券が無効であったら返金保証してくれるところがあります。

返金保証がされる場合には、無効とされたギフト券の番号が有効かどうかの判断を行い、確認が取れたら即返金の手続きを取ります。

このような手続きを取る業者は、サイト上にも返金保証について詳細な情報を提供しています。

amazonギフト券を割引で買う際には、しっかりと販売サイトをチェックしましょう。

過度に安さをうたったサイトや、サイトの作りが丁寧でない業者には注意が必要です。

クレジットカードのショッピング枠を利用した騙しのテクニックを応用して詐欺を行う業者の存在が確認されています。

利用者規約で成人以上となっているのでトラブルも少ない!?

利用者は成人以上
Amazonギフト券の買取を行う人の年齢層は、若い世代から高齢者までさまざまです。

ただし、20歳以上の成人に限ります。

ちゃんとしたAmazonギフト券買取サイトならどこでもサイト内に利用規約を掲載していますが、それをよく読むと「未成年者の利用はお断りします」と書いてある事が殆どです。

一部では例外の店舗も御座いますが、ネット上で金券のやり取りをするわけですから未成年者が利用できなくて当然です。

もし、年齢制限なく利用できる買取サイトがあるとすれば、詐欺サイトの可能性が高いので利用しないようにしましょう。

そのためにも、買取サイトを利用するときは、まず利用規約をよく読んで、こちらが不利益を被らない内容かを確認してください。

そもそも本家Amazonにも年齢に関する規約があります。

Amazonの規約によると、Amazonが販売する相手は20歳以上の成人に限るとあります。

Amazonで買い物するには、アカウントを作成し、注文から決済まですべてアカウント内で手続きすることになります。

未成年者の利用に際し、もしアカウントを他人に悪用されて金銭的損害を被ったとすると、責任の所在はどこにいくのでしょうか。

未成年者は保護されるべきですので誰かが補償しなければなりませんが、Amazonはアカウントの悪用による金銭的損害の責任を負ってくれません。

そのため、最初から販売相手を自分で責任の取れる20歳以上の成人に限定しているのです。

とはいえ、Amazonが年齢制限を設けているといっても、実際は未成年者でもAmazonギフト券を購入できますし、それを使用して買い物することも可能です。

しかし、買取サイトでも金券ショップでも買取はできないことは変わりません。

以上のように、Amazonギフト券の買取を行っている人の年齢層は20歳以上に限られます。

20歳以上でよく利用している人の年齢層を考えると、高齢者よりは20~30代の若い世代が多いはずです。

余ったAmazonギフト券の処分に困って買取サイトを利用する人も一部いますが、買取を利用する人は今すぐにも現金が必要と切羽詰まっていることが多いでしょう。

また、Amazonギフト券の買取はネットを利用する方法がほとんどですので、ネットにつながる環境にある人が中心です。

このような背景を鑑みると、高齢者の貧困も社会問題化している昨今ではあるものの、たとえ貧困でもネットが生活に欠かせない若い世代の方が利用者が多いと推測されるわけです。

amazon利用者の男女比から紐解いていくと買取利用者の詳細が見えてくる

男女比
多くの人が利用するネット通販ですが、なかでもAmazonは飛びぬけて利用者の多い通販サイトです。

家電、書籍、洋服、食料など何でもそろっているので、ネット環境さえ整っていれば老若男女にかかわらず便利に利用できます。

ところが、Amazonの利用者の男女比を見ると、圧倒的に男性の利用者の方が多いことがわかります。

しかも、50~60代の年配の男性が多いところが、ほかの通販サイトとの決定的な違いです。

Amazonの利用者の男女比が男性の方が多い理由は、品ぞろえに理由があります。

たいていのものなら販売されているAmazonですが、他では手に入らないようなコレクター向けの商品も充実しているという特徴があります。

Amazonでは利用者も出品して自分の持ち物を販売できる仕組みがあるので、通常では手に入らないような海外製のフィギュアやレアなレコードも購入できるのです。

こういうコレクター向け商品を購入する層は、男女比で見ると圧倒的に男性の方が多いですから、全体的にAmazonの利用者層の男女比が男性側に傾いてしまうのでしょう。

Amazonの利用者の男女比では男性の方が多くなるものの、Amazonギフト券は男女にかかわらず幅広く利用されています。

Amazonギフト券を自分で購入し、自分の買い物のためだけに使うという人より、プレゼントとして誰かに贈るために購入するという人の方が多いですから、女性の利用者が増えるわけです。

では、不要なAmazonギフト券を買い取ってくれる買取サイトの利用者はどうでしょうか。

プレゼントとしてAmazonギフト券をもらったけれど、有効期限までに全部使えそうにないからと余った分を買取サイトに売却するという人もいますが、実際に利用する人の多くは今すぐにでも現金が必要というお金に困っている人たちです。

クレジットカードのローンのように審査など必要なく、Amazonギフト券さえあれば現金が手に入るわけですから、いざというときには非常に便利です。

金策のためにAmazonギフト券の買取を利用するということは、それまでにすでに他の方法をいろいろ試したという人が多いはずですから、クレジットカードのキャッシング利用者が大多数を占めるでしょう。

キャッシングを利用する人の男女比はおよそ7:3とされているので、この結果から考えるに、Amazonギフト券の買取サイトを利用する比率も男性の方が高いと考えられます。

また、先の記事で買取サイトの利用は若い世代に多いと書きましたが、それと併せて考えると、利用者の多くは若い男性だと予想されるでしょう。

地域を問わず利用できるからこそAmazonギフト券買取サイトが活用されている

地域別での利用者
Amazonギフト券買取サイトの利用者は、地域にかかわらず全国にいます。

金券ショップのような実店舗のある店ではなく買取サイトが広く利用されているのは、地域にかかわらずいつでもどこでも買取可能というメリットがあるからです。

実際、金券ショップにAmazonギフト券を持って行くとわかりますが、多くの店では買取に対応していません。

実はAmazonギフト券の買取に対応している店舗型の金券ショップは、全国を数えても十数軒程度しかないのです。

たとえば東京の新宿にはすごい数の金券ショップがありますが、あれだけ金券ショップが軒を並べる地域なのに、Amazonギフト券の買取に対応している店はたったの1軒しかありません。

近所の金券ショップが買取に対応していれば手間がかからなくて便利ですが、実店舗でAmazonギフト券を買い取ってもらうのはそう簡単なことではないのです。

では、なぜほかの金券は買取している金券ショップが、Amazonギフト券だけは対応していないのでしょうか。

それは、Amazonギフト券とはチケット自体に価値があるのではなく、チケットに記載されているギフト券番号こそが重要だからです。

Amazonギフト券は、ほかの金券のように直接店に持って行って買い物することはできません。

Amazonでの買い物のみに利用できるチケットですので、ネットで利用することを前提に作られたものです。

そのため、Amazonギフト券の使用法は、チケットに記載されているギフト券番号を自分のアカウントに登録してチャージするようになっています。

一度アカウントに登録してしまうと、Amazonギフト券自体には何の違いもありませんが、そのギフト券は使用済みとなり価値がなくなってしまいます。

つまり、Amazonギフト券を見ただけで、それが未使用なのか使用済みなのかが判別できないわけです。

これこそが、金券ショップがAmazonギフト券を買取しない理由です。

Amazonギフト券買取サイトの場合、売りたい人は自分の所有するAmazonギフト券のギフト券番号をネットを通じて送ります。

そのため、実店舗よりもギフト券の見極めが簡単にできるのです。

このような理由で、Amazonギフト券の買取は実店舗よりもネットサイトの方が活発に行われるようになったのです。

おかげでAmazonギフト券を売りたい人は、住んでいる地域にかかわらずインターネットさえあればいつでもどこでも買い取ってもらえるようになりました。

金券ショップなら利用者層は地域によって偏りが出ることもありますが、ネットで買取できるため地域にかかわらず全国に利用者がいます。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする