大阪で現金化するなら今話題の店舗とおすすめの業者の傾向

大阪

多くのクレジットカード現金化の業者があり、現金化激戦区の一つでもある大阪の話題の店舗や業者の利用者の傾向も含めて調べてみました。

現在の大阪ではどういった換金ができるのか、換金率の高い方法なども紹介します。

大阪でクレジットカード現金化を選択する利用者の傾向とは

大阪は東京と並ぶ日本を代表する大都市であり、ビジネス・観光・娯楽においても活気にあふれた地域でもあります。

それだけに資金調達の手段としてクレジットカード現金化を利用する人も多く、その需要に応える形で多くの業者が存在しています。

そんな大阪のクレジットカード現金化に見られる傾向としては、やはり梅田や難波といった繁華街に実店舗を構える業者が多い点です。

こうしたエリアに直接赴くことができる人はまず店舗を確認してみるとよいかもしれません。

じつは大阪ではこの実店舗を持つタイプの業者の間でよしあしに大きな違いが見られるのです。

クレジットカード現金化を扱っている業者の数は多い分、悪質な業者の評判も多く聞く、というのが大阪の特徴でもあります。

そうなるとサービスの質や換金率以前の問題としてきちんとした業者を見つけられるかどうかがポイントとなってきます。

また大阪では性別や世代を問わずにクレジットカード現金化を利用する人が多い傾向が見られます。

ギャンブルやお酒目的で中年男性が利用することもあれば、クレジットカードでは購入できないものを買うための資金調達として若い女性が利用することもあります。

こうした事情もあって、訪れやすさ、敷居の低さを重視した店舗が多く見られるのも大阪の特徴として挙げられるでしょう。

クレジットカード現金化を扱っている業者となるとどうしても怖い、怪しい、といったイメージがつきまといますし、実際雑居ビルの一室に店舗を構えていて店内はどんな雰囲気なのかよくわからないといった昔ながらの業者も見られます。

大阪で業者を探す場合には、まず入りやすいところ、そして外から店内を覗き見て雰囲気を確認できるところから探していくのがよいでしょう。

女性の利用者を前提とした明るく開放的なところや、人通りが多く駅からのアクセスもよい立地に店舗を設けている業者も多いので、まずネットで情報収集を行ってみてはいかがでしょうか。

また大阪県内でチェーン展開を行っている業者もあります。

大阪の中心エリアだけでも複数の店舗を持っているところもあります。

こうした業者はどの店舗も原則としてサービス内容を確認しやすいうえに口コミなどの情報が入手しやすい環境にあります。

不安な方、はじめて現金化を目指す方はまずこうした情報を事前に入手しやすいところを利用してみるのもよいのではないでしょうか。

選択肢は多いけれども悪質な業者に引っかからないよう慎重に業者を見極める、これが大阪でクレジットカード現金化を利用する上での大原則です。

大阪を中心とした現金化店舗や金券ショップの口コミ評価をチェックしよう

店舗の口コミ
大阪でクレジットカード現金化を利用しようとする際には、口コミ情報を重視して業者を慎重に選んでいきましょう。

大都市でビジネスや娯楽が発展しているエリアということもあってクレジットカード現金化を取り扱っている業者の数も多い大阪ですが、一方で悪質業者の存在もよく話題にのぼります。

大都市圏ではこうした悪質業者の存在は避けられない面もあるわけですが、大阪はとくに悪質な業者が多いという評判が立てられていますから、引っかからないためにも慎重な情報収集や検討は欠かせないのです。

良い業者、安心して利用できる業者を見つけ出すためにはどうすればいいの?

では良い業者、安心して利用できる業者を見つけ出すためにはどうすればいいのでしょうか。

そこで利用したいのが口コミ評価です。

ネット上ではさまざまな業種に関する口コミ情報やそれをランキング化したサイトが存在します。

クレジットカード現金化でも例外ではなく、さまざまな店舗・業者に関する口コミ評価を知ることができます。

よほどこの手のサービスを使い慣れている人でもない限り業者の名前は聞き馴染みのないところばかりです。

事前に店舗を訪れたり、通りかかった時に店内を覗き見る機会があればよいのですが、そうでない場合には海のものとも山のものともわからない業者の中から選んで利用することになります。

直接店舗に赴いて、店員の対応やホームページに記載されていたサービス内容と著しく異なる、といった問題がはっきりすれば断ることもできますが、わざわざ店舗に赴いてそれでは時間と労力の無駄、また性格的に断りづらいというケースも多いはずです。

それなら、その業者を利用したことがある人の評価や感想を確認するのも一つの方法ではないでしょうか。

口コミ評価の魅力は単によいか悪いかではなく、サービス面など具体的に内容を知ることができる点です。

よかったならどの点が良かったのか、悪かったのならどういった点がマイナス評価になったのか。

クレジットカード現金化の場合はとくにこうした具体的な内容についても見ておきましょう。

  • 店員の対応が悪い
  • 実際の換金率が宣伝の数字に比べて著しく低い

といった評価が複数見られる場合には避けたほうが無難です。

また、口コミの中にはニセモノ、つまり自分たちの店舗の評価を上げるために良い評価を投稿しているといったケースも見られます。

特に悪質業者にその傾向が見られます。

ただこうしたニセモノの口コミはマニュアル通りの内容が多く、見るからに「自分の言葉で語っていない」という雰囲気がするものです。

これを見破るためにもひとつひとつの口コミの内容をできるだけ詳しく確認しておきたいところです。

本当に謎が多いカード現金化を行っている業者の実態について

大阪の謎が多い業者
クレジットカードの現金化は昔から存在している金策の方法です。

ですが、カードの現金化自体は法律で禁止されてはいないものの、カード会社の規約では禁止されています。

法的にアウトではないものの、グレーゾーンの業界と言えます。

そんなグレーゾーンの業界で営業している業者の実態は、主に2つに分けることができます。

1
きちんと営業している業者

真っ当に営業している現金化業者は、

  • この仕事を専業でやっている業者
  • 他にメインの業務があり、兼業として現金化を行っている業者

に分けることができます。

いずれの場合でも、真っ当に営業している業者は、法律を守って営業を行っているため、安心して利用することができます。

真っ当な業者は、こそこそと隠れる必要がないため、HP上にしっかりと企業の情報を掲載していたり、複数店舗展開しているなど、堂々と現金化というビジネスを行っているのが、大きな特徴と言えるでしょう。

2
詐欺を狙った悪質な業者

一方で、詐欺目的の悪質な業者も少数ですが存在します。

こういった業者を利用してしまうと、本来なら振り込まれるべきお金が振り込まれなかったり、クレジットカードの情報を悪用されたりするなどの被害に合う可能性が出てきます。

こういった悪質な業者も表面上は、まともな業者と同じように見せかけて営業をしています。

ですが、業者の実態がつかみづらいよう、あまり情報を公開していないのが普通ですので、カードの現金化業者で、情報がそれほど手に入りにくい、業者の実態がつかみづらいところは、利用するのを警戒したほうが良いでしょう。

悪質な業者も、現金化をしたいお客さんに来てもらう必要があるため、HPなどもキレイに作っていたりします。

ですので、パッと見の印象では、悪質な業者かどうかは見分けがつきづらいと言えます。

ただ、よく見るとHP上にメールアドレスしか公開されていないとか、住所があっても、ネットでその住所を調べてみると、どうもあやしげな建物しか見つからないなど、業者の実態がつかみづらいケースが多いと言えます。

悪質な業者はすぐに逃げられるよう、きちんとした店舗はかまえづらいです。

ですので、真っ当な業者と悪質な業者を見分けるには、その業者の実態がつかみやすいかどうか、その点を基準にするとよいでしょう。

そういった意味で、ネット上でのみ営業をしている業者より、実店舗を構えて営業している業者のほうが、信頼できる度合いは高いということができます。

大阪の悪質な業者の特徴を探して見極める方法

大阪の特徴
クレジットカード現金化サービスはその仕組みそのものがグレーゾーンな部分があるため、どうしても悪質な業者が入り込みやすい面があります。

優良な業者と悪質業者をきちんと見極めることができるかどうかがショッピング枠の現金化を賢く活用できるかどうかの生命線にもなっているのです。

そして大阪はとくに悪質な業者が多いといわれており、口コミ評価などでもかなり厳しい評価の業者・店舗が少なくありません。

そうなると情報収集の段階から悪質ではないかどうか、厳しい視点でチェックし見極めていくことが求められます。

大阪エリアでこの悪質な業者を見極めていくには少し手間がかかりますが、しっかり行っていけばほぼ確実に見極めて避けることができます。

まずもっとも直接的な方法となるのがネット上での評価の検索です。

クレジットカード現金化を扱う業者の口コミを紹介しているサイトをチェックするのもよいですが、より直接的に検索エンジンで「業者名 悪質」「業者名 評判」といったキーワード設定をすることで、詳しい情報をチェックすることができます。

こうしたキーワードで検索すると口コミサイトだけでなく個人のブログや掲示板などの情報も拾うことができるのがポイントです。

悪質な業者を名指しで批判しているもの、自分がどんな痛い目にあったのかを詳細に紹介しているものもあるのでかなり参考になります。

まず換金率やサービス内容などである程度業者を絞り込んで、ひとつひとつの業者の評判を絞り込んでみてはいかがでしょうか。

意外に見逃せないのがホームページの存在です。

店舗を持たずにクレジットカード現金化を扱っている業者のみならず、実店舗型でもほとんどが公式サイトを持っているので、その作りや内容、質によって業者のよしあしを判断することができます。

簡単に言えばしっかりとビジネスとして行っているところはホームページもお金と手間をかけてしっかりと作られているものです。

  • かなり雑な作りをしている
  • スマホとパソコン両方に対応していない
  • 更新が滅多に行われない

こうしたホームページの業者は避けた方がよいでしょう。

またホームページで換金率について詳しく書かれているかどうかも大事な点です。

トップページに大きく掲載されている「換金率98パーセント」といった数字はあくまで最大であって、実際にはずっと低い換金率になります。

最大の数字だけでなく、利用する金額やカードの種類ごとにどれぐらいの換金率になるのか、大まかな説明があるところのほうが信用できます。

こうした基本的な部分だけでも大阪の業者をかなり絞り込んでいくことができるはずです。

現金化の業者は信頼できるのか?悪徳業者の実態はこれ!

審査や総量規制による縛りがない現金化が断然注目を集めています。

特にクレジットカード現金化と携帯電話会社のキャリア決済現金化が主流で、少額の資金調達に利用するケースが非常に増えています。

ですが、この現金化サービスを提供しているサイトはどういった会社が運営しているのでしょうか?

最近ではメディアを使って大々的に高換金率を謳っている現金化業者の宣伝がなされていますが、これらの業者の実態はどうなっているのか?との疑問が出てきます。

結論から言いますと、ほとんどトラブルを起こしていない優良サイトはたくさんありますが、一方で騙しや詐欺が目的で集客している悪質サイトも混ざっています。

最近の現金化ブームによって、むしろ悪質サイトの営業が目立つようになってきたとも言えるでしょう。

ちなみにクレジットカード現金化サイトで始めて摘発されたのが2011年でした。

それ以降も度々代金キャッシュバック式の現金化サイトで逮捕者が出ています。

このケースの容疑としては、出資法違反となったようです。

クレジットカードのショッピング枠を利用した商品販売の際に、現金還元のキャッシュバックをプレゼントすると称して、実際は現金の貸し付けを行っていたのです。

つまり現金化は客を釣る餌で、それ以上の資金が必要な利用者には違法な高金利融資を陰で行っていたという業者の実態が見えてきます。

この場合に貸金業の登録を行っていても違法金利の貸し付けは犯罪となります。

また、全く価値のない商品を数十万円で購入させる現金化についても警察の手入れが入っています。

この場合はキャッシュバックではなく、単にお金を貸し付ける目的だと警察側が判断をして検挙した例です。

彼ら悪徳サイトの特徴としては、他業種の業者でありながらクレジットカード現金化にも手を伸ばして、収入源にしているケースが目立ちます。

つまり腰掛の金儲けですから、利用者へのサービス精神が欠けていて、しかも詐欺行為を平気で仕掛けてくるという業者の実態があるのです。

こういった悪徳現金化サイトの氾濫は、現金化利用者の急増と法整備の不十分さがあります。

2011年から事件化している実態を知りつつ、2019年現在でも法改正がなされていません。

ですから利用者は、優良サイトか詐欺サイトなのかを見極めなければなりません。

これから更なる高齢化が進み、年配者の利用を考える

年配者の利用も増える
20歳以上の自分名義のクレジットカードを持つ人なら誰もが現金化は可能です。

ただ、現在クレジットカードを持っていない人だと、まず新規にクレジットカードを申し込むところから始めなければなりません。

では、年配者がクレジットカードに新規で申し込んで審査に通るのでしょうか。

銀行カードローンや消費者金融では利用できる年齢に上限があります。

業者によって差はあるものの、だいたい60代が上限であり、70歳を過ぎた年配者が新規に申し込んでも年齢条件で拒否されることがほとんどでしょう。

これはクレジットカードについても同じです。

65歳以上の年配者が新規に申し込む場合、返済能力がよほどしっかりしていない限り審査を通過しないと思われます。

もちろんこれは、今までクレジットカードを持ったことない人が初めて申し込む場合のケースで、すでにクレジットカードの実績を積み上げてきた人ならこの限りではありません。

自分名義のクレジットカードを持っていなくても、家族カードがあれば現金化はできます。

家族カードとは、安定収入のある主契約者の扶養に入る配偶者や子ども(18歳以上)が同じようにクレジットカードを使えるためのものです。

年配者でも子が契約するクレジットカードの家族カードを持っていれば、自分名義のカードでもなくても現金化は不可能ではありません。

もっとも、カードの請求は主契約者にされることになるので、こっそり現金化サービスを利用しようと思っても家族に知られることは確実です。

あまり賢明な方法とは言えないでしょう。

自分名義のクレジットカードを持っているとして、年配者がクレジットカード現金化を利用する際の注意点を見てみましょう。

何より気を付けなければならないのが悪徳業者です。

ホームページに掲げる数字よりあからさまに低い換金率でしか振り込まないような業者はけっこう存在しますので、確実に信頼できそうな業者を見つけるまで軽率に利用しない方がよいでしょう。

特にネットに不慣れな方は要注意です。

ネットに不慣れな年配者ほど、書かれている内容を鵜呑みにする傾向があります。

「詐欺ではないか?」と常に疑ってかかるぐらいが、新規で現金化業者を利用する際はちょうどよいです。

ただ、最近の巧妙なネット犯罪を避けるにはネット経験も必要ですから、少しでも不安を感じるなら店舗型の業者を探した方が安全でしょう。

数は少ないですが店舗型の現金化業者もあります。

直接業者と顔を合わせてやり取りするため、詐欺に引っかかるリスクはネットのみの業者より確実に少なくなるでしょう。

スマホやガラケーのキャリア決済機能で少額の現金化が可能になる!?

携帯電話(ガラケー)やスマートフォンの普及率は1億5000万件を超えていて、10代の子供から80代の高齢者まで、ほぼ一人に1台の割合で利用されています。

このガラケーやスマホを利用して現金化ができると言ったら、皆さんはビックリするでしょうか?

既に知っている方も多く、実際に利用している方も少なくないのですが、「携帯のキャリア決算機能」を使えばクレジットカード現金化と同じ資金調達が可能になるという事実はあまり知られていないのです。

つまり、諸事情でクレジットカードが作れない人でも、これまでクレジットカードの利用を好まずにカード自体を持った事の無い方でも、携帯電話の利用契約をしていればキャリア決済による現金化で資金調達ができます。

現在では電子マネーの普及によって、ドコモやauやソフトバンクなどの携帯電話会社はショッピング決済の際に、後払いの買い物ができるサービスを提供しています。

これは普及率が高い『おサイフケータイ』機能が付いている端末であれば、どなたでも簡単に利用できるサービスですから、わざわざクレジットカードを用意しなくても大丈夫です。

ガラケーやスマホで利用できる『おサイフケータイ』は電子マネーを利用した決済方法で、このキャリア決済を利用すれば翌月の携帯電話料金と一緒に後払いができます。

つまり現金化して2ヵ月後から返済する形になります。

急にまとまった現金が必要な時は現金化サイトでキャッシュバック式の商品を購入し、その場で現金の振り込みを受ければ購入代金の80~90%の現金が手に入るシステムです。

もちろん商品買取式の現金化サイトでも問題ありません。

現金が振り込まれるまでに2~5日程待ちますが、一般的に換金率が高いので大きなメリットになります。

これはクレジットカードのショッピング枠と全く同じ機能で、設定金額の範囲内であれば自由に現金化ができます。

もちろんキャッシングではないので、いくら利用しても個人情報機関での借金履歴には登録されません。

つまり消費者金融で年収の3分の1まで借り切った方でも現金調達ができることになります。

ちなみに具体的な利用方法を説明しますと、まずスマホやガラケーのアプリ一覧を見てください。

そこに『キャリア決済』のアプリがあればセットアップさせるだけでOKです。

反対に古いガラケーですと、このアプリが使えないことがありますので注意してください。

また現金化できる金額は10万円ぐらいが上限になります。

ですから数万円レベルの資金調達には便利ですが、数十万レベルの資金調達が必要な場合はやはりクレジットカード現金化が便利でしょう。

換金後の振込口座に地方銀行を利用する場合は・・・

クレジットカードの現金化業者は、ほとんどの金融機関の口座にお金を振り込んでくれます。

都市部にお住まいの方でも地方にお住まいの方でもこの点で有利・不利はありません。

ただ、早急に現金を振り込んでほしい時には銀行口座によってスピードに違いが出ることもあります。

地方にお住まいの方なら、その地方を広くカバーしている地方銀行の口座を持っていることでしょう。

地元の企業の多くが利用しており、給料の振込も地元の地方銀行を指定されることが多いです。

店舗もATMもその地方ならたくさんありますので、皆が利用する地方銀行を利用しないのは不利が多いぐらいでしょう。

もちろん地方銀行の口座にもクレジットカードの現金化業者にお金を振り込んでもらうことは可能です。

ただ、地方銀行の営業時間は平日の午後3時までがほとんどですので、それ以降の取引は翌営業日以降にずれ込んでしまいます。

早急に現金化が必要な時でも、一般の会社員では銀行の営業時間に間に合わないということもあるでしょう。

もちろん現金化業者はほとんどがネット営業ですので、24時間365日申し込みは可能です。

午前中に申し込んでおけばその日のうちに振り込んでもらうことも可能でしょう。

ただ、やはり午後3時というタイムリミットは即日振込にとってかなり不利になってしまいます。

では、全国に支店を持つメガバンクならどうでしょうか。

もちろんメガバンクの口座にも現金化業者は振込してくれます。

メガバンクのなかには地方銀行と違って午後3時を過ぎても振込手続きをしてくれるところがあり、早急に現金が必要な時は地方銀行より役立つ場面が多そうです。

これを考えると、現金化のためにメガバンクに口座を開設しておいてもよさそうですが、近所に支店やATMがない限り、あえて開設した方がよいとまでは言えません。

メガバンクでもやはり夜間や土日の振込は翌営業日以降になるからです。

こうした地方銀行やメガバンクの営業時間のことを考えると、早急に現金化したい方におすすめしたい銀行はネットバンクに絞られます。

そもそも現金化業者のほとんどはネット営業ですので、ネットバンクへならスムーズに振込処理ができますし、業者の対応しているネットバンクなら、いつ申し込んでも24時間365日の振込が可能だからです。

ただし、ネットバンクならすべての現金化業者が対応しているわけでもありません。

事前に業者に問い合わせて対応の金融機関と振込スピードを調べておきましょう。

それほど急ぎでないのなら、地方銀行の口座でも特に不都合は感じないでしょう。

コメント一覧

この記事へのコメントはありません。

コメントする