顔写真付き身分証の提出が業者を利用する場合に本人確認として求められる

顔写真付き身分証の提出

あくまでもカードの名義人と同一人物かを確認すのが目的

クレジットカードの現金化業者を利用すれば、クレジットカード会社にバレるリスクを抑えつつ、ショッピング枠を現金に換えることが可能です。

ただ、本人名義のクレジットカードをお持ちの方なら難しいことではありません。

現金化業者が利用条件に掲げるのは、
  • 本人名義のクレジットカードを持っていること
  • 申込者とカードの名義人が同一人物であることを確認できること

の2点のみです。

この2点の条件さえクリアできれば、誰でも現金化業者を利用してクレジットカードの現金化が可能になるというわけです。

しかしながら、クレジットカード現金化業者は、どの業者でも申込者の本人確認に細心の注意を払っています。

なぜ、そこまで厳格に本人確認の必要があるのかというとクレジットカード決済を行う側の義務だからです。

万が一トラブルになった際にカードブランドの会社との決済提携が切られてしまう可能性もありうるのでそこは確実に行っているというわけなんです。

そのため、パスポートや運転免許証など、本人の顔写真付きの身分証明書の提出が必須です。

もちろん提出といっても身分証明書の現物を業者に送るわけではありません。

スマホなどでパスポートや免許証の顔写真の部分を撮影して、メールで送信するだけの簡単なものです。

基本はこれだけで本人確認がクリアでき、業者から現金を振り込んでもらうことが可能になります。

参考サイト

【参考文献】https://www.jcb.co.jp/merchant/regulation/index.html
JCBの加盟店規約についての詳しい内容が公式サイトに掲載されています。

写真つきの身分証を持っていない場合はどうなの?

では、パスポートも運転免許証も所持しておらず、顔写真付きの身分証を持っていない人はどうすればよいのでしょうか。

顔写真付きの身分証を持っていない場合でも、保険証や住民票の写しなどはほとんどの方が用意できるでしょう。

顔写真付きでなくとも、それらを身分証として本人確認が可能です。

ただし、それらの身分証一点だけで良しとしてくれる業者はほとんどありません。

現金化業者が気を付けているのは、本当に申込者本人が自身のクレジットカードで現金化を申し込んでいるのかということです。

顔写真付きの身分証ならその画像の提出で確認できますが、顔写真付きではない身分証の場合、その画像を提出されただけでは本人であることを証明することができません。

そのため、顔写真付きでない身分証の場合、それに加えて、公共料金の明細書など本人の住所の確認が可能な公的な郵便物の写真も一緒に提出することを求めてきます。

これら2点を併せてようやく本人が確認できるのです。

現金化業者はどこもこのように慎重な手段で申込者を審査しています。

なお、身分証と併せて提出する書類は、住所のわかる公的な書類でなくてはなりません。

どこかのお店のダイレクトメールや手書きの宛名の郵便では認めてくれないので注意してください。

本人確認のために現金化業者に提出する写真について

本人確認の写真

クレジットカード現金化業者を利用するには、申込者がクレジットカードの名義人と同一人物だということを確認するために、顔写真付きの身分証の提出が必要という話をしましたね。

写真付きでない身分証しかない場合は、公共料金の明細書など住所のわかる公的な郵便のコピーを併せて提出することで本人確認としてくれます。

基本的にはこれだけで現金化業者の利用が可能になるのですが、業者のなかにはこれ以外にも写真の提出を求めてくるところがあります。

顔写真のない身分証しかない場合、公的な郵便物と併せて、本人の顔が確認できる写真を提出するよう求める業者もあるようです。

どういうことかというと、身分証をご自身の顔の横など確認しやすいところに持ち、セルフ写真を撮影するといった感じです。

こうすれば、本人であることがさらにはっきり確認できます。

なぜ業者はここまで慎重にならざるをえないのか

なぜ現金化業者がここまで慎重なのかというと、業者も利用者による不正利用を恐れているからです。

現金化を希望する側が心配するのは、悪質業者に引っかかってカードの不正利用や詐欺などの被害に遭わないかということですが、業者にとっても他人のクレジットカードで申し込んでお金を騙し取る不届き者を恐れています。

もし他人のカードで現金化ができてしまうと、当のカードの持ち主は身に覚えのない決済のためにカード会社に問い合わせることは確実です。

そうなるとカード会社も徹底的に調査しますから、現金化業者の存在が遠からず発覚します。

そうなると、カードの不正使用ということで警察も黙っていないでしょう。

要は、現金化業者は自分の身を守るために利用者の本人確認を徹底しているというわけです。

「自分の写真まで撮って送るなんて面倒だ」と感じるのはもっともですが、カード会社に現金化目的の利用を悟られないためにも、こうした手順が必要だということが理解していただけたのではないでしょうか。

現金化業者に求められる写真は基本的には以上です。

要はクレジットカードが申込者本人のものであることが確認できればそれでよいわけで、それ以上の詮索はされません。

写真の提出を求めるが過度な要求には応じないこと

しかし、現金化業者のなかにはクレジットカードの両面を撮影して送信するよう求めるところもあるようです。

「本人確認のためなら」と思って素直に従う方もいますが、これはたいへんリスクのある行為であることを自覚してください。

もし悪質業者ならば悪用されることが確実です。

そうなるとクレジットカードを停止するしか手段はありませんから、くれぐれもクレジットカードの写真を送ることはやめてください。

現金化業者に身分証やクレジットカードの写真を送るリスク

クレジットカード現金化業者を利用するには、本人確認のために身分証の写真を提出する必要があることがわかりました。

これはどこの業者にも当てはまることであり、身分証の提出なしで現金化をしてくれる業者はほぼないと考えてください。

なぜなら、それが可能だとすれば、他人名義のクレジットカードでも簡単に現金を引き出せることになるからです。

そうなれば、カードの持ち主も身に覚えのない請求を不審に思ってカード会社に相談するでしょう。

カード会社が調査すれば不正利用があったことは簡単にわかります。

となると、現金化業者も営業できなくなってしまう恐れがあるため、現金化業者は厳重に申込者の本人確認を徹底しているのです。

本人確認のために身分証の写真を提出する必要性はわかったものの、それでもそうした写真を業者に送信するのはリスクのある行為であることを認識しておいてください。

いったん送信してしまえば、その写真をどう利用されようともこちらではどうすることもできないからです。

悪質業者に引っかかってしまったら、最悪の場合個人情報を悪用されるリスクもあります。

そうなると、免許証の写真を提出したのであれば、免許証の再発行なども必要になるでしょう。

現金化には本人確認が必要ですが、業者の言うままに何でも渡してしまわないように注意してください。

特に、クレジットカードの両面を写真に撮って送るよう要求してくる業者には注意です。

表面だけならまだしも、有効期限とセキュリティコードのある裏面の写真まで送ってしまっては、その気になればカードを好き放題使われてしまいます。

たとえクレジットカードの写真を送信することになっても、裏面の写真まで送ることだけは避けてください。

もし要求されたのなら、ただちにその業者との取引をやめた方が身のためです。

参考サイト

【参考文献】https://www.smbc-card.com/nyukai/magazine/security/number.jsp
万が一、セキュリティコードを送ってしまった際の三井住友カードの対処方法になります。

悪質な犯罪行為をする業者が多いわけではない

このように、業者の言うままに写真などを送ることにはリスクがあるわけですが、よほどの悪質業者に引っかかったのでなければ、個人情報やクレジットカードを悪用される可能性は低いと考えられます。

なぜなら、そのような行為は明らかな犯罪だからです。

不正利用がわかればクレジットカード会社も徹底的に調査しますし、警察も黙っていません。

そうなると現金化業者は営業できなくなります。

そんな危険を冒してまで個人情報の悪用を企む業者はごく少数と考えられますので、それほど不安に思う必要はないでしょう。

そうはいっても、相手が最初から犯罪目的の悪党なら話が別ですので、写真の送信を求められた時は慎重に慎重を重ねるべきと言えます。

現金化は日本の法律では逮捕される?違法なの?

日本の法律では違法?

クレジットカード現金化について、取り締まりが厳しくなりつつあるという話を聞いたことがありませんか?

実際に逮捕された業者もいるので、クレジットカードを使った現金化は違法ではないかと心配している方も多いでしょう。

しかし、クレジットカードによる現金化は、決して違法ではありません。

逮捕された業者もクレジットカードによる現金化そのものに関してではなく、所得隠しによる所得税法違反や、極端に高額な手数料の徴収といった出資法違反などによって摘発されています。

しかし、クレジットカード現金化については、クレジット会社が規約違反としているのは事実です。

クレジットカード現金化と違法性については、最低限でも知っておいたほうが安心できるはずです。

現金化の種類を大きく分けて違法性があるかもチェック

クレジットカード現金化には大きく分けて、商品買取式とキャッシュバック式の2つの方法があります。

これはもう皆さん知っていると思いますが改めて確認していきましょう。

1
商品買取方式

商品買取式は最も一般的なサービスで、古くから行われています。

この方式を採用している業者は、古物商として古物営業法に基づいて営業をしています。

つまりユーザーがクレジットカードで購入した商品を、中古品として買い取っているわけです。

古道具屋や質屋、リサイクルショップなどと同じような営業法であるということです。

このため、商品買取式でクレジットカードを使った現金化を行っても、違法ではありません。

商品買取式の業者を利用する場合は、ホームページの会社概要などに古物商の許可番号が表示されているはずです。

利用前にチェックしておきましょう。

古物営業法で現金化を行う場合に、業者が守らなければいけない法律は、次の2つです。

  1. 各自治体の公安委員会が許可をした古物商の許可番号をホームページや店舗などに掲載すること。
  2. 買い取りに際して、本人確認を行うことです。この2つさえ守っていれば、違法ではありません。
2
キャッシュバック式

キャッシュバック式は、古物商とは異なる法律が適用されます。

こちらに適用される法律は、景品表示法というものです。

この法律のうち、利用した人全員がもらえる「もれなく型」の景品が、キャッシュバック式に該当されます。

この法律では、商品に付ける景品は商品価格の20%まで。

そして、誇大広告など消費者が誤解するような大げさな広告は禁止しています。

この法律を守るとすると、キャッシュバック式で現金化するときの換金率は、最高で20%ということになります。

しかし、実際には換金率が90%など高い換金率の業者が多いはずです。

これにはわけがあります。

実は、景品がキャッシュバックの場合は20%以上でも良いとされているのです。

携帯会社に申し込むと携帯電話がほぼ0円で手に入るのも、キャッシュバックには金額の制限がないのが理由です。

このようにクレジットカードによる現金化は、決して違法ではありません。ただし悪質業者にだまされないように注意してください。

実際に起きてしまった!業者が逮捕されたその理由とは?

逮捕されたその理由

クレジットカード現金化業者が逮捕されるニュースが報じられるなど、クレジットカードの現金化について違法性があるのかないのか、さまざまな説が取りざたされています。

現金化業者の逮捕では、罪状は出資法違反というものが目立っています。

クレジットカード現金化ではじめて業者が逮捕されたのは、2011年です。

この業者は1個100円前後のアクセサリーを何十倍もの高価格で購入させていました。

逮捕に至ったのは、

  • ユーザーが自分が購入した商品が何であるのかを知らされていなかったこと
  • 購入金額が本来の商品の値段に比べて非常に高いことが問題視されたから

とされています。

さらに、クレジットカードでの取引なので、業者側はクレジット会社から確実にお金が支払われます。

つまり、クレジットカード取引を装った、貸金業に相当すると認められ、違法とされました。

この業者は、ユーザーが購入した金額から手数料を差し引いたお金をキャッシュバックしていました。

その差額を金利として計算すると、法定利息の10~23倍程度の高利だったといいます。

このため悪質な手口として逮捕されたのです。

消費者金融などの貸金業の場合は貸金業違反として摘発できますが、現金化業者は貸金業者ではないので、罪状は出資法違反となっています。

逮捕された業者を利用していた消費者はどうなったの?

クレジットカード現金化では消費者を守るという観点から、業者のみの摘発となっており、利用者の逮捕は一人もありません。

しかし、クレジットカード現金化を利用した個人ユーザーに違法性がないかといえば、限りなくグレーといえるのです。

というのは、クレジットカードで購入した商品は、利用代金をクレジット会社に支払うまでは、クレジット会社のものです。

ユーザーの手元に商品があっても、お金を払っていないのですから、その商品はユーザーのものではないのです。

クレジットカードの現金化の場合、商品をクレジットカードで購入しますから、この時点ではクレジット会社に所有権があります。

クレジット会社に許可なくその商品を現金に換えることはできません。

クレジットカード現金化は、自分のものではない商品を勝手に現金に換えたことになりますから、横領罪に問われる危険があるのです。

しかし、ここまで厳密に取り締まるのは現実では難しいといえます。

というのも、どのような商取引を行うかを決めるのは、個人の自由であると考えられているからです。

またクレジットカードの現金化で、実際に損をするのはユーザーの方です。

業者は儲ける側ですから、利用者が罰せられるという可能性は限りなく低いといえるでしょう。

ただし、悪質業者の増加などでクレジットカード現金化による被害者が多数に上り、社会問題となるようなら、規制強化などの対応がとられることも十分にあり得るでしょう。

クレジットカード現金化で逮捕される業者の特徴ってどこなの

逮捕される業者の特徴

違法性などの問題もあり、賛否両論が唱えられているクレジットカードの現金化。

利用すると逮捕されるのでは?と不安に感じている人も多いのではないでしょうか。

まず結論として、クレジットカードの現金化は違法ではありませんから安心してください。

ただし、まったくの合法でもなく、グレーゾーンという位置づけです。

違法ではないとはいえ、実際にクレジットカード現金化業者が逮捕されている現状がありますが、その理由は、悪質な商法など、クレジットカード現金化とは認められない違法な行為をしていたからです。

クレジットカード現金化業者は、貸金業者ではありません。

貸金業者としての届け出をしていませんから、お金を貸しているとみなされると、違法性が指摘されることがあります。

お客様から商品を買い取って、その代金として現金を振り込んでいます。

決してお金を貸しているわけではありません。

と明言できる仕組みがきちんとある業者であれば違法性は認められず、摘発されることはありません。

しかし、中には少しでも多くのお金を取り上げようと、違法な行為をする悪質な業者もいます。

こうした業者が摘発の対象となっているのです。

これまでに摘発された業者の手口を確認してみましょう

これまで逮捕された業者の悪質な手口を理解しておけば、悪質業者に騙されることもなくなるのではないでしょうか。

業者が逮捕される理由として、次のような手口があります。

まず、ユーザーに商品を選ばせず、何を購入したのかわからないという手口です。

質屋でもリサイクルショップでもそうですが、現金化をする場合、ユーザーが中古品を持ち込み、それを査定して適切な価格で買い取るのが基本です。

しかし、ムリヤリ買わせた商品を買い取って現金化するのは強制となります。

ユーザーが自分で選んで購入した商品ではないので、出資法違反や貸金業法違反といった罪に問われる可能性があるのです。

また、購入した商品が購入金額に見合わない、価値の低いものである場合も悪質とみなされる可能性が高くなります。

仕入れ値が50円程度のものを5万円で売るなど、価値の低いものを、非常に高い値段で買わせるのは詐欺として罪に問われる可能性があるのです。

現金化はお金を貸すのではなく、商品の売買によってお金の取引がされるものです。

価値の低い商品を極端な高値で買い取る取り引きは違法となり、金貸し目的とみなされます。

また、商品の受け渡しが行われないケースも要注意です。

商品の現金化でクレジット決済をした商品は、その後発送されます。

通常はインターネットのECサイトなどで商品を購入したのに届かなければ、クレームが発生します。

しかし現金化目的の場合、本当に欲しいのは商品ではなくお金ですので、商品受け取りは不要と考える人が多いのではないでしょうか。

しかしこれでは、商取引は成立しません。

面倒でも、商品の受け取りは必要なのです。

業者のなかには、商品を送ってこないケースもありますが、このような業者は違法です。

カード決済をユーザーではなく業者が行うのも違法です。

商品を購入する際に、業者がカード決済を代行するところは非常に危険です。

自分で購入しなくてもいいので手間がはぶけますが、クレジットカードの情報を相手に教えることになるため、悪用されると大損害を被ります。

このような業者とは絶対に取り引きしないでください。

違法な取り引きを行う業者をしっかりとチェックして、信用できる業者を利用しましょう。

クレジットカード現金化で逮捕されないけれど利用停止に注意

逮捕でなく利用停止に注意

急にお金が必要になったのに手元に現金がない!

そんなピンチのときに、とても助かるのがクレジットカード現金化サービスです。

しかし、業者が逮捕されるなど違法性が指摘されており、利用しないほうがいいのではないかと不安に感じている人も多いでしょう。

個人のユーザーがクレジットカードの現金化を使うこと自体は、決して犯罪ではありません。

違法ではないので逮捕されることはありませんから、安心して使えます。

逮捕されるのは、クレジットカード現金化を悪用して不当に儲けている悪質な業者です。

とはいえ、クレジットカードを使っての現金化は、クレジットカード会社が契約違反として認めていません。

また、高金利など詐欺被害に遭いやすいとして、金融庁でも警戒を強めています。

クレジットカードの現金化は違法ではないけれど、クレジット会社との契約違反で使用停止になるリスクが非常に高いことを覚えておきましょう。

カード会社って何をみて『現金化』と判断するのだろうか?

クレジット会社はユーザーが、契約通りにクレジットカードを利用しているかを常に監視しています。

取引内容のすべてを、細かくチェックしているわけではありませんが、クレジットカード現金化ではないか?と疑われる取引があれば、利用停止となる危険があります。

次のような商品を購入するときは、十分に注意してください。

まず、

  • 商品券
  • 金券
  • 新幹線の回数券

です。

これらの商品はクレジットカードで購入してチケット販売店などに転売すると、高い還元率で買い取ってもらうことができます。

このため、クレジットカード現金化に利用する人がとても多いのです。

これらの商品を10万円、20万円など大量に購入している場合、現金化を疑われます。

どうしても現金化をする必要があって、これらの商品を購入するのなら、多くても5万円程度までに抑えておきましょう。

このほかにも

  • ブランド商品
  • 家電製品

など、換金性の高いとされている商品の購入はチェックの対象になることがあります。

ただ、金券に比べてブランド品や家電は、現金化目的ではなく実際に自分が利用する目的で購入する人も多い商品です。

特にブランド品や家電製品は価格が高いですから、クレジットカードで決済して分割やリボルビング払いで支払う人は少なくありません。

ですから商品券などに比べて、現金化目的での購入かどうかがわかりにくい商品でもあります。

それでも、今までほとんどクレジット決済をしなかった人が、突然何十万円ものブランド品を購入したなど、不自然な利用をするとチェックされることがあります。

また、

  • クレジットカードのキャッシング枠ギリギリまでお金を借りている人
  • 急にショッピング枠での買い物が増えた人
  • 返済が遅れたことがある人

は、ほかの人に比べてチェックが厳しくなります。

例えば、キャッシング枠をギリギリまで使っている人が、金券を20万円分買っているといった場合は、現金化目的ではないかと疑われやすくなるのです。

クレジットカードの現金化は、このようなデメリットがあることを理解した上で、無理のない範囲で利用しましょう。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする